音楽のタグまとめ

音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「音楽」タグの記事(2935)

  1. 三島「音楽」は海峡づくし(16)〜(20) - 憂き世忘れ

    三島「音楽」は海峡づくし(16)〜(20)

    「音楽」海峡づくし、続きです。何を意味するか、いまいち解らないものもあります。16音戸瀬戸オンド麗子から手紙が来たのは〜クリスマスも近づくころの〜暮=呉(市)逞しかった手が篠竹のようになって、しかも黄味がかって煤けた色になり〜ハチク=呉竹死んだ鶏の肢を握るような〜鶏の足=もみじ=もみじ饅頭=広島以上から、呉市にある音戸瀬戸と推理。危篤の許嫁の手を握った麗子は、突然、私は『音楽』をきいたのです...

  2. 見るのとやってみるのとの大違い - rin時日報3

    見るのとやってみるのとの大違い

    何となく出来上がった腹巻き帽子。しかし何度もほどいて作って、腹巻きにはならない。何故って細めです。私の頭が少し小さいので本の通りに編むと大きすぎるし、腹巻きはいらないので編みなおしたら今度は少し小さかったかな?、ま、首巻きにもなるし、色が綺麗で◎えっちらおっちらやっているバイオリン、先生からウィーンのお土産のチョコと御年始に、とバイオリンの形の干菓子をいただいた。相変わらずバイオリンは、全然...

  3. すごく繊細なエレキベースができた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    すごく繊細なエレキベースができた

    ギリギリまで弦高を下げたので、ソファに腰掛けて少しリラックスした姿勢で弾くと、途端にビビる。ネックに左手の重みをかけるとすぐにネックが逆反りになってしまうからだ。そんな遊びのないレーシングカーのような調整をしてしまった。これから毎日、ロッドスパナと六角レンチでの調整がかかせなくなった。そして、弦の振動も、指板に平行でないとすぐにビビる。だから、ブリッジ寄りの位置で、指を立てて、係りを極端に少...

  4. 三島「音楽」は海峡づくし(11)〜(15) - 憂き世忘れ

    三島「音楽」は海峡づくし(11)〜(15)

    続きです。15章が面白かった。11鳴門海峡ナルト「僕は今までこんなに引きずられたと感じたことはありません。まるで深い淵へ引きずり込まれるようなんです」うず潮=鳴門1947年、林芙美子「うず潮」が関係あるかは解りません。代表作「放浪記」の真の作者が谷崎っぽいのですが、他の作品を読んでいないので何とも…。12佐渡海峡サド私は自分の患者がこうして打ちのめされている姿を見るのが、好きだという感情をど...

  5. Nahre Solさんて、こんな自然体なのに、凄い才能のあるピアノ女子だ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    Nahre Solさんて、こんな自然体なのに、凄い才能...

    「もうベース専任になるから、キーボードはハーモニー確認目的だけでいいや」と決意し、持っているフルサイズ鍵盤のキーボードを売却し、ヤマハ"reface CP"というミニ鍵盤のポータブルキーボードを買おうとおもい、サイトを検索していたら、Nahre Solさんという、ピアノ奏者・作曲家の女子をみつけた。アカデミックでもあるし、天才肌のようでもある。容姿・振る舞いから、全てが力...

  6. 三島「音楽」は海峡づくし(1)〜(10) - 憂き世忘れ

    三島「音楽」は海峡づくし(1)〜(10)

    ということで、各章の解説。読まないと解らないと思いますので、答え合わせのためのポイントだけ。1関門海峡カンモン主人公は都心に「開業(海峡)」している精神分析医。昔なら一家一門の不名誉にもなるべき、精神病院への来診などという気分が全くなくなったのは、大きな進歩である。精神科のドアは、いわゆる「関門」ということ。2甑海峡コシキ患者の麗子は、甲府の旧家の娘、父親で十七代。幼児から決められた又従兄の...

  7. 映画「ラ・ラ・ランド」はミシェル・ルグランさん - 『つかさ組!』

    映画「ラ・ラ・ランド」はミシェル・ルグランさん

    今日FMで、ミシェル・ルグランさんの映画音楽を流しておりました。思いましたネっ。映画『ラ・ラ・ランド -La La Land-』はミシェル・ルグランさんの映画音楽と同じだ って。そういえば、「シェルブールの雨傘」や「ロシュフォールの恋人たち」を彷佛させるシーン、ありましたものネっ。2 l'arrivée des camionneursLes Demoiselles de Roche...

  8. レッスン185回 - 夢みる ヴァイオリン

    レッスン185回

    全く雨が降らない今日この頃。乾いています。何もかもが。とうとう私のカカトがひび割れました。ぎゃー!そんな状態ですから、楽器も弾けばカスカスした音になっております。弦が劣化してるのか、乾燥しているせいなのかわからないけれど、妙にキンキンした安っぽい響きが気になります。そして、ちまたではインフルエンザが大流行中。皆さんもちろん気をつけているのでしょうが、バタバタと感染していきます。怖いです。うが...

  9. 三島「音楽」は“海峡”づくし。解読完了 - 憂き世忘れ

    三島「音楽」は“海峡”づくし。解読完了

    前に書きました。「音楽」=サウンド=海峡44の細かい章に分かれているこちらが「日本の海峡」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%B3%A1#日本の海峡水道と瀬戸の表記もあり、ダブっているのもありますが、全部で48。この中から44使われている。とりあえず、こういうことです。1関門海峡カンモン2甑海峡コシキ3尾道水道オノミチ4明石海峡アカシ5国後水...

  10. 【開催終了】平成30年度川越市人材発掘公開オーディション - 公益財団法人川越市施設管理公社blog

    【開催終了】平成30年度川越市人材発掘公開オーディション

    1/20(日)開催川越市人材発掘公開オーディション※この事業は終了しました。合格者は後日、公社HPと川越市HPにて発表いたします。1次の書類選考、2次の音源審査を通過した6組を対象に、最終審査として公開オーディションを行います。実際の状況を想定し、小学生向けの演奏及びワークショップを各組20分程度行ってもらいます。観覧は無料です。どなたでもご覧いただけます。ぜひ応援しに来てくださいね♪日時:...

  11. 映画鑑賞ノート32(2019.1.1作成) - 晴読雨読ときどき韓国語

    映画鑑賞ノート32(2019.1.1作成)

    2018年9月~12月に見た映画の覚え書きです。1行目:タイトル(原題)制作年・制作国監督(鑑賞日)2行目:キャスト3行目:一言メモ画像は「ドクトル・ジバゴ」 世界一嫌いなあなた 2016米英 ティア・シャーロック(9/5)サム・クラフリン、エミリア・クラーク片やハンサムだが首から下が麻痺した城主の息子、片や体型も服装も子どもっぽいけれど元気いっぱいの労働者階級の娘、そんな二人に恋が芽生えて...

  12. SURF&SNOW in Naeba 準備完了 - Something Impressive(KYOKOⅢ)

    SURF&SNOW in Naeba 準備完了

    来月12日の初参戦ユーミンin苗場、とりあえず予約チケット類の準備完了。先日丁度1か月前に西武観光バスの、苗場ホワイトスノーシャトルの往復をネットで予約、コンビニ決済でチケットゲット。行きは池袋駅~ホテル最寄りの浅貝、翌日ホテル10時にチェックアウト後、バスが現地15時発なので、それまで再度苗場プリンスを、雰囲気だけでも味わって、と思って、帰りは苗場プリンス~池袋駅に。予約ホテルも、場所やプ...

  13. hiroyon 20th century DEMO songs file no.1 - 風はウエストコーストから

    hiroyon 20th century DEMO s...

    しばらくです!正月も終わりもう1月も半ば、早いですね時流は。もうあっという間に2020年の正月来ちゃいますから!タイトルご覧になりましたか?そうです、とうとう昔の音源UPすることにしました。もうめんどくさいタイトルですいません 当初、大好きな「青春の光と影」というジョニミッチェルさんの曲タイトルを拝借しようかと予定してましたが自作曲のコーナーですから止めました。ここは面倒でもあしからず!音楽...

  14. 身体の使い方 - ぴあねこせんせの教室blog

    身体の使い方

    去年はblogをかなりおサボりしてしまったので、今年はこまめに更新しようと心掛けています。いつまで続くか分かりませんがf(^_^;自分で弾くときも、生徒さんが弾くときも、最近気にかけていることがあります。どうしてもつっかかりやすい箇所がある場合、その箇所に入る直前の身体の使い方(筋肉の使い方?)に意識がいくようにする事です。苦手な箇所に近づくと人は知らないうちに緊張して身体に力が入ります。そ...

  15. hiroyon 20th century DEMO songs file no.2 - 風はウエストコーストから

    hiroyon 20th century DEMO s...

    とうとう開けてしまったかという気持ち。パンドラの箱をね!墓場まで持っていこうと思ってましたから。これらの音源は♬発表なんて毛等も思わなかったし、やはりお告げなのか(笑)振り返れば録音時は全くライブは行わなかった。録音に集中してたから。今は…同じく全くライブは行っていない。編集に勢力傾けているからね。両方一度には出来ないものなんだろう。また何れライブ出来る日がくればいいなさて file no....

  16. 夜、豊洲大橋から - 絵を描きながら

    夜、豊洲大橋から

    橋の上から、晴海ふ頭と、建設中の選手村レインボウブリッジ左は豊洲市場橋は坂道で、アシスト付きの自転車だから、なんとか、、ピアノですが、、スターダスト、、譜面には、強弱は書いてはありません。でも、抑揚も何にもつけなくていいというわけではないらしくて、、表現して歌わないと、、練習曲やってるみたいだと言われて、、こういうの表現するって、ちょっとこっぱずかしいと思ってしまいます。(だから女優にはなれ...

  17. チクチクのお供 - jujuの日々

    チクチクのお供

    1月ももう半ば過ぎですが今頃やっと紅白歌合戦の録画を見(聞き)終えました音楽番組を録画して課題のチクチクの宿題ビーズを1針ずつ指しながら耳で楽しんでいます

  18. 2年前に考えたこと。 - 泰日一記

    2年前に考えたこと。

    今を整理するために、2年前に音の講座や自分の演奏について考えていたことをUpします。当時、茶会記から、茶会記に出演している人たちのステイトメントを頼まれたときに考えた文章の草案です。今はもう少しジャズの言語としての音符へ意識が向いていて、実際の言葉を使うことと、音の言語的なところとの関係に興味があります。以下2017年に書いたものです。本来私たちが持っている音を”聞きとる能力”が、現代の管理...

  19. 今日届いたベースがおもいのほか良かった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    今日届いたベースがおもいのほか良かった

    楽器としては品質も演奏性もとても良かった。80年後半の日本製だ。この頃はデジタルシンセが普及してきたりしてアレンジの密度が濃くなり始めた時代だ。だからとおもうが、ベースもハムバッキングピックアップにしたり、アクティブサーキットにしたりして音の輪郭がはっきりして、且つ、図太い音になっていたとおもう。素のままで試奏してみても、その80年代のイメージのままの良い出音だった。コンプやイコライザーのイ...

  20. 昨日習志野文化ホールに辻井伸行さんのピアノを聴いてきました。 - Fouko

    昨日習志野文化ホールに辻井伸行さんのピアノを聴いてきました。

    全くなんて素晴らしいんだ!!!私は大して聴く耳のある聴衆ではないけれど、冒頭の音から胸に来ましたぜ!ドビュッシーの『アラベスク』なめらかな音の掛け合いはまさに印象派!ドビュッシー『映像第1集』ラヴェルの『ソナチネ』大きな音から入る緩急。ショパンの『スケルツォ』諧謔曲辻井さんの解釈は、強くボールが弾むよう。しかし丁寧で優しい。終了拍手!3方への丁寧なお辞儀。マネージャーさんに連れられて舞台袖へ...

総件数:2935 件

似ているタグ