文化・芸術ジャンル×音楽のタグまとめ

音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「音楽」タグの記事(199)

  1. さすらいのギター Mandschurian Beat - 夜つぐみの鳴くところで

    さすらいのギター Mandschurian Beat

    原曲はロシアの作曲家、Ilya Alekseevich Shatrov が1906年に書いた円舞曲 (ワルツ)です。シャトロフは日露戦争に軍楽隊員として従軍しており、戦死した友を偲んで作った曲とされ、ロシアでは現在も吹奏楽団や民族楽器オーケストラの重要な演目となっている。 日本では 笹谷栄一郎 が日本語詞を書き 「満州の丘に立ちて」 などのタイトルでロシア民謡として、当時の うたごえ喫茶 な...

  2. 海辺の本棚『村上春樹の100曲』 - 海の古書店

    海辺の本棚『村上春樹の100曲』

     8月5日、初めてラジオのDJをつとめた村上春樹氏。音楽と書くことの長距離ランナーとしてこれまでの人生を振り返ってのトーク。お楽しみになられた方も多いと思います。(私は所用で聞き逃しましたが)『村上春樹の100曲』はファンである筆者たちからの熱い熱いファンレターのような本。「80年代以降の音楽」「ロック」「クラシック」「ジャズ」。4つのカテゴリからなる編集。各分野のエキスパートが春樹氏の作品...

  3. ベームの火の鳥 - Fouko

    ベームの火の鳥

    ストラビンスキーの『火の鳥』 バレエ音楽で創られた音楽。1975年 NHKホール カール・ベーム指揮 ウィーン・フィル演奏43年前の演奏残っていたとは。カール・ベームさんは、同時代活躍されたカラヤンさんから比べると地味で理論的な指揮をされる方だったらしい。そして とても親日家の方で このときかなりご高齢で引退間近のようだったそうだけれど ドイツから遠く日本まで来て指揮をされていた。演奏後 日...

  4. 『ホールトーン』 楽器が奏でる音を 響かせるホールと奏者 - Fouko

    『ホールトーン』 楽器が奏でる音を 響かせるホールと奏者

    『ホールトーン』ということがあるそうで・・・私は ただただ ピアノとかヴァイオリンは それを弾く 奏者の楽器が聴こえてくるというふうにしか理解していなかったのだけれどその 聴こえてくる音はホールの音響により 良くも悪くも 聞こえるということを知ったのだ。(というか思い出した。。。)ん? 名演奏家という人が そこに居さえすれば 良い音楽を聴けるということばかりでもないらしい。演奏家からの『直接...

  5. 「Message vol.8」ありがとうございました! - 食べて、歌って、ひさとみ!!

    「Message vol.8」ありがとうございました!

    どうも!先日は「Message vol.8」にお越しいただきありがとうございました!久しぶりのトリで緊張したー💦写真とセットリスト⬇︎シュワっと!サイダーおやすみ、また明日(新曲)君の歌be yourselfでした!この日はかなりハッチャケてたみたい(´▽`)俺らしくMessageを届けられたかな?だと嬉しいな✨次回のMessageは9/8になります!是非、また遊びたいに来て...

  6. autonomy - Life.

    autonomy

    とある研修で、自分が仕事に何を求めているか(何を大事に考えているか)を測るテストのようなものがあって、僕の場合はAutonomyが一番だった。人からあれこれ指図されるのが嫌で、自分でコントロールしたいということ。確かにあたっているなと思った。そして、この数年間は割と仕事でそれができているのかなとも思う。誰からもあれこれ言われなくても、ビジネスの状況がままならないことは多いので、決してストレス...

  7. 本番でのエピソード・緊張した時の対処法 - takatakaの日記

    本番でのエピソード・緊張した時の対処法

    先日の教室イベント「音楽パーティー」では、「演奏者コメント」をお願いしていました。①ピアノを始めたきっかけは?②本番でのエピソード・緊張した時の対処法等③自己紹介・趣味など今回は②のコメントをご紹介します。♪頭が真っ白になったことがあって、緊張の対処法を教えてほしい。♪深呼吸をする。 とにかく苦手な箇所を何度も練習する。♪何回やっても緊張して失敗ばかりです。 今回は3回目のリベンジで開...

  8. Tiny desk - Life.

    Tiny desk

    彼らは実際に一緒に住んでいるらしい。めちゃ楽しそうだと思う。このTiny Desk Concertのシリーズは他のバンドのもよくて、この次に流れる(かな?)Daughterもいい。Daughterはいつ聴いても悲しい曲をやっていて、もしかして全曲そうなのかな、と思ってしまう。

  9. 辻井伸行 『プロコフィエフ ピアノ協奏曲第三番 op26』 - Fouko

    辻井伸行 『プロコフィエフ ピアノ協奏曲第三番 op26』

    辻井伸行さんは、ホントに天才だと思う。彼のピアノは、美しいし 透明な一音一音が聴こえてくる。遠くからも聴こえて来るし 近くからも聴こえてくる。youtubeで聴く デジタル音なのだけれどこれはすごいな~~~と思った。特に クラシックを知らないけれど(そう なんでも深くは知っていない)しかし このリズム感 オーケストラの協調と戦い これはすごい!なんで ピアノ協奏曲などを聴いたのかというとその...

  10. 時が移ろう 夜明けから日没へ。三浦大知『ララバイ』 - Fouko

    時が移ろう 夜明けから日没へ。三浦大知『ララバイ』

    砂丘の一角に 設えられた石のような硬質な舞台トーネットの椅子に座る5人山高帽をかぶった 4人のバックダンサーは影 シルエット。朝 そして太陽の位置が変化していくそして 夕方太陽が沈んで 赤い空 残照のシルエットシュールな マルグリットの絵を思い出した 私だけか・・・MJが亡くなったあとオマージュの意味で創った動画のようだ。ララバイ。子守唄。 傷ついて疲れた人を 眠りに誘う。近年 眠れない人が...

  11. シューマンの音楽 - 音大ピアノ講師です。

    シューマンの音楽

    文学者 シューマン ロマン派の大作曲家ロベルト・シューマンがピアノを学ぶ子供達のためにたくさんのアドヴァイスを書き残していることをご存知ですか?  それらの言葉は子供達だけでなくピアノ指導者にとってもとても参考になる宝物なので、これからブログ記事として少しずつご紹介していきたいと思います。 そこでまず作曲家シューマンについてのおさらいから始めましょう。 ローベルト・アレクサンダー・シューマン...

  12. ユーミンからの、恋のうた(’18) - Something Impressive(KYOKOⅢ)

    ユーミンからの、恋のうた(’18)

    先日、4月にリリースのユーミンベストアルバムを、溜まってたamazonギフト券駆使でゲット。            <(C)UNIVERSAL MUSIC>オリジナルアルバムは、少女期に買ったLP版はもう持っていないけれど、全てCD、録音テープで手元にあるし、これまでベスト盤は一切買ってはいなかったのだけれど、今回は、このアルバムに秋からのタイムマシーンツアーの最速先行抽選応募のためのシリア...

  13. 矢野さん -   Pink-soda,tropicaliland-pie

    矢野さん

     えーと、画面中央の巨大モニターが見えますでしょうか……。矢野(顕子)さんです。たまたま外出先で今日はフェスをやっておりまして白い壁の向こう側で矢野さんがピアノを弾いておりました♪わお(^o^)/生の姿は拝見できないのですが、会場に設置してあるモニターは隙間からチラ見が出来るのでモニター越しにお姿拝見致しました。音は野外フェスなので会場の外にも駄々漏れです。普通に全部聞こえます。うぇーい矢野...

  14. The Beatles - I Feel Fine - 夜つぐみの鳴くところで

    The Beatles - I Feel Fine

    1964年にリリースされたビートルズ 8枚目のシングル。実質的にはジョンの作品でリードボーカルもジョンです。なんと言ってもイントロのフィードバック(ハウリング)が印象的ですね。リハーサルの時にアンプに立てかけてあったジョンの「ギブソン・J-160E」が偶然ハウリングポールが弾くベースの「ヘフナー・500-1」に共鳴したんですね。実際の録音では、ジョンのギターを5弦開放した状態でポールがベース...

  15. おうちでDJ~7インチの夏 - 暖炉に火をくべて

    おうちでDJ~7インチの夏

    2018.8.37インチ回しました。 1. 翼の折れたエンジェル(中村あゆみ)2. めだかの兄妹(わらべ)3. チャコの海岸物語(サザンオールスターズ)4. 母と子の絆(ポール・サイモン)5. 日・サイレント(山口百恵)6. カリフォルニア・コネクション(水谷豊)7. ブーメランストリート(西城秀樹)8. Y.M.C.A.(ヴィレッジ・ピープル)9. 喜びの世界(スリー・ドッグ・ナイト)10...

  16. ボレロを観てきた 2 - Fouko

    ボレロを観てきた 2

    昨年 11月に観に行った続きです。今頃だけど・・・モーリス・ベジャールは、かつて自ら芸術監督となり 古典ではない 現代に生きるバレエを創作してきた人。モーリス・ベジャールは、1927年 1月1日パリで生まれる。1946年ヴィシーでダンサーとしてのキャリアをスタート、ロンドンのインターナショナル・バレエで踊った。1949年クルベリ・バレエのスウェーデン・ツアーに参加し表現主義的な振付の可能性を...

  17. 【UVI Darklight IIx】が、8/6まで60%オフだって! - テツの日記

    【UVI Darklight IIx】が、8/6まで6...

    【Fairlight CMI】...80年代当時、1200万円もするこのマシーンは機能面のみならず、価格面でも夢の楽器でありました。それ故にPeter Gabriel、David Bowie、Michael Jackson、Kate Bush、Herbie Hancock、Jean Michel Jarre、Thomas Dolbyをはじめ、著名アーティストがこぞってこのマシーンを重用した!...

  18. 火星が地球に大接近 - 夜つぐみの鳴くところで

    火星が地球に大接近

    火星は15年~17年の周期で地球に大接近するんですね。南東の空にオレンジ色に輝く姿は肉眼でも十分楽しめます。でも昔から火星が地球に近づくと戦争が起こると云われてきたんですよ。グスターヴ・ホルスト Gustav Holst (1874年9月21日 - 1934年5月25日)イギリスの作曲家であり最も知られた作品は管弦楽のための組曲 「惑星」 である。占星術から着想を得た壮大なテーマを火星から海...

  19. 夏の少女 - 南こうせつ - 夜つぐみの鳴くところで

    夏の少女 - 南こうせつ

    今夜はオーディオが冴え冴えと鳴っています。こんな音がいつでも出たらもう何もいらない!(爆)でもこれって・・・心当たりがあるのであーる。台風の影響が残って只今の気圧は 998hPa。このくらいの低気圧が自分の耳にはあっているのかも? ♪♪♪ 泣いてる君の顔が季節を変えてゆき 冷たい潮風が熱い胸をぬけて 思い出は涙にゆれる1977年6月にリリースした3枚目のシングルです。

  20. おねむの実 * sleepy baby, sleepy berry - ももさへづり*うた暦*Cent Chants d' une Chouette

    おねむの実 * sleepy baby, sleepy...

    ねんねんころりよ… ♪ heidschi bumbeidschi bum bum…棘痛く赤い実は酸い黒イチゴじつは優しい姉さまなのにDie Brombeeremit Dornen und roten sauren früchtenIn Wirklichkeitsie ist eine süße Schwester赤と黒の二色だと思っていたベリー、じつは赤が熟れて黒くなるのだとか。そういえば、...

1 - 20 / 総件数:199 件

似ているタグ