頭足類のタグまとめ

頭足類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには頭足類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「頭足類」タグの記事(13)

  1. やろっさFUKUI - Beachcomber's Logbook

    やろっさFUKUI

    1月末に三里浜砂丘で行われた博物館のビーチコーミング、ちょいとお顔を出してきました。福井市広報のTVカメラが来ていまして、少しインタビューを受けました。その放送は福井のCTVで流れているそうですが、何とやろっさFUKUIYouTubeでも見られるようですので、良ければご覧ください。TVと言えば、10年前にNHKの「熱中時間」で登場したのですが、あれから10年・・・シミも増え、すっかりジジイに...

  2. 来た来たソデイカ! - Beachcomber's Logbook

    来た来たソデイカ!

    暖かな元旦の水晶浜、貝拾いをしていましたがふと汀に目をやれば大きなモノが漂着するところでした。慌てて駆けよれば大きなソデイカ!まずは写真を数枚!そして掴んでみましたが重い!感覚的には5㎏はありそう!海の神様からのお年玉を頂きました。それにしても今季はソデイカの漂着をよく見ますが、これも温暖化の影響かも。.

  3. 見つけたよアオイガイ! - Beachcomber's Logbook

    見つけたよアオイガイ!

    先人の足跡に沿って歩き、アオイガイの欠片は5個ほど見つけることができました。これでアオイガイが漂着していたのを確認できましたので、当初の目的は達成しました。まだ他の浜のチェックもあるので、最後に波打ち際をもう一度歩きました。そうしたら、新たな波が寄せてくれたのがこのチビちゃん。小さいけれど欠けの無い個体!やったね。(笑)海水温の低下とともに、日本海に流入してきたアオイガイの一部が若狭の岸辺に...

  4. アオイガイ探検隊北へ! - Beachcomber's Logbook

    アオイガイ探検隊北へ!

    さて、元旦の浜歩き、一番の目的はアオイガイの確認です。今季まだオレは自分の目でアオイガイを見てないのです。福井あたりでもネットなどではアップされていますが、これは自分で見つけないと!敦賀半島を北上して向かったいつもの白木ですが、満潮線だけではなく、幾重にも重なった漂着物ライン沿いに先人の足跡。(笑)こりゃ来ていても先に拾われていますね。それでも、足跡に沿ってビーチコーミング開始です。(笑)そ...

  5. セピア色 - Beachcomber's Logbook

    セピア色

    みなさんセピア色ってご存知ですよね。そう黒にとても近い焦げ茶色のことを言う色名です。この上の写真は生のセピアを海水で薄めて作ったセピア色のグラデーションです。さて、このセピア色はどこから来たかと言うと・・・はい、ここです。水晶浜に打ち上げられていたソデイカの墨袋から採取したものです。この墨はかなり粘性が強く、そこらにあった白いプラスチック片に付着させ海水に浸けても簡単に流れ落ちるようなモノで...

  6. ソデイカ多いよ水晶浜 - Beachcomber's Logbook

    ソデイカ多いよ水晶浜

    アオイガイの到着が遅れている水晶浜ですが、まだ海が温かいせいかソデイカが多いのですよ!ほらこんなのが来ていました。分かりますよね。ソデイカはコウイカ類のような石灰質のフネはありませんが、スルメイカ同様に透明な軟甲があります。この甲だけが打ち上げられているのはかなりの数が揚がってる証拠ですね。もちろん漂着物もあります。あたりの足跡は浜男とその仲間にカラス、トビがつけたもの。そして墨を流しながら...

  7. 2018秋アオイガイ前線 - Beachcomber's Logbook

    2018秋アオイガイ前線

    寒くなり、日本海側は漂着のシーズンに入りました。これまでに知り合いのビーチコーマーや、FBでお知らせいただいたアオイガイの漂着状況を図にしてみました。この秋の特徴は、例年通り海水温の低下とともに、北から前線が南下してくるパターンに加え、山陰方面では11月中旬から下旬にかけて漂着のピークが見られたことです。その時期の山陰地方では海面水温が19~20度程度であり、北海道から南下してくる漂着のタイ...

  8. 隠れ家ダイスキ! - Beachcomber's Logbook

    隠れ家ダイスキ!

    隠れ家って、イイですよね。海の近くに小さなものでいいから、オレも一軒欲しいと思うのですが・・・(笑)隠れ家が好きなのは頭足類のタコも一緒のようで、たこつぼ漁は大昔の人もやっており、貝塚などからもたこつぼが出ています。さて、渥美半島表浜の汀でプラスチック製の箱の漂着がありました。近寄ってみたら、マダコが一緒にいました。このプラ箱を隠れ家にしていたため、プカプカ漂着していました。打ちあがってから...

  9. 気になる・・・ウスベニコウイカ - Beachcomber's Logbook

    気になる・・・ウスベニコウイカ

    浜辺の汀線を歩くと、真っ白なサーフボード形をしたコウイカの甲がよく落ちていますね。Cattlefish boneとも言われて、鋳造の型や様々な用途があるものです。同じコウイカ類の甲でも、ピンク色をしたウスベニコウイカが気になるのはオレ!(笑)なぜなら、南方系のコウイカなので、こいつの漂着があれば、南方からの寄りモノが期待できるからなのです。でも,最近見かけるのは南方系でもゴミが多いのですよ・...

  10. コレ、分かるよね~! - Beachcomber's Logbook

    コレ、分かるよね~!

    このブログをご覧のみなさんなら、写真のモノが何だか分かりますよね。そう、コウイカ類の甲ですね。イカの舟やら、イカのホネ、烏賊骨、イカのサーフボードとも言われるものです。この甲、様々な使い道がありますが、面白いのは銀などの鋳造の型にするものです。高温に強く、削りやすいイカの甲を使ったアクセサリー作りなどもできます。.

  11. ソデイカの季節 - Beachcomber's Logbook

    ソデイカの季節

    みなさん、カラスはお好きですか?本州に普通に見るカラスには、くちばしの形状などで見分けると、ハシボソガラスとハシブトガラスとがいます。場所によっても違いますが、若狭の浜辺で見かけるのはハシブトガラスが多いですね。カラスが群れている・・・そんな「カラスの集会」があれば、そこにはきっと生ものがあるはずです。カラスには悪いけど、近寄ってみました。そこにあったのは大きなソデイカの喰い残し・・・(笑)...

  12. 581 島根県産 ~スルメイカを買って~ - 眼遊記

    581 島根県産 ~スルメイカを買って~

    今日は家で写真を撮った。最近アニサキスが話題のようだ。アニサキスとは海に住む回虫の仲間で、色々な生物の身体に寄生しながら一生を送っている。最初はオキアミに寄生し、そのオキアミを食べた魚やイカに寄生、そして最終的にその魚やイカを食べたクジラやイルカに寄生し、卵を産んで一生を終えるという、綱渡りのようなライフサイクルを持っている。アニサキスに寄生されている魚やイカを生で食べ、生きたアニサキスが胃...

  13. 571 鳥取県産 ~春の味覚 ホタルイカ~ - 眼遊記

    571 鳥取県産 ~春の味覚 ホタルイカ~

    今日は家で写真を撮った。ふと近所のスーパーへ立ち寄ると、鮮魚コーナーである商材が目を引いた。鳥取県産のホタルイカ (Firefly Squid)だ!日本海側はこのイカの産地で、ありがたいことにスーパーでも生を入手することが出来る。勝手な想像だが、産地以外ではこのような光景はないのではないだろうか。■ ホタルイカ (Firefly Squid) Watasenia scintillans早速湯...

総件数:13 件

似ているタグ