顕正会のタグまとめ

顕正会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには顕正会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「顕正会」タグの記事(13)

  1. 偽本尊について - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    偽本尊について

    創価学会と顕正会の本尊は偽本尊である。このことについて詳しく述べていきたい。このことに関してはかなり重要なことです。創価学会の場合は本尊をコピーして変造して会員に販売している。顕正会もどこの本尊かは知らないが勝手に作りコーピーしている。こうしたことは創価学会員や顕正会員は知らないので今後詳しく調べて投稿するつもりだ。

  2. 政治と宗教 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    政治と宗教

    このテーマも書きたかったことだ。政治と宗教についてだ。ヨーロッパでは中世の時に宗教の権威は強かった。カトリックの力が浸透して人々を苦しめる結果になったと思われる。最終的には政治的な権力を握り腐敗していく。その中で新たな派閥(プロテスタント)ができてカトリックの力は衰退していく歴史的背景はあると思う。教会が力を持てば宗教の力がましその宗教の都合で政治が動かされれば迷惑するのは民衆だ。そうした中...

  3. カルト教祖は恐ろしい - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    カルト教祖は恐ろしい

    このことも言っておきたかったことでもある。オウム真理教の凶悪な事件はかなりの人命を奪った。教祖様は絶対と考えることからきている。そのことについて世界的にも人民寺院の集団自殺、ブランチダビディアンなどの武装蜂起などもあるが教祖様の命令はすべてに優先するとしたことによって起きた悲劇である。詳しくは下の動画を見てもらいたい。それはそうと創価学会の場合はどうなのかが関心事がある。集団自殺や武装蜂起な...

  4. 駅前でチラシ配り - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    駅前でチラシ配り

    最近、東武東上線の沿線でよく顕正会がチラシと新聞を配っている。私は元創価学会で公明党のチラシを配った経験がある。駅前でなくデパートの前でやらされた記憶がある。今考えるといいように使われていたしよくあのようなバカバカしいことをしたと思う。顕正会の話に戻るが彼らも本当に真剣だ、だが間違えたことまた日蓮大聖人の意に沿わないことを大変な結果を及ぼすだろう。顕正会は正統な血脈相承を受けていない浅井昭衛...

  5. リチャードドーキンスの本を読んで、 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    リチャードドーキンスの本を読んで、

    タイトルはリチャードドーキンスの本だが、ドーキンスは面白いことを言っている。ヒットラーとスターリンは無神論者であったのかである。キリスト教の人たちは両者が無神論者だから悪いことをしたという、スターリンに関しては母親に神学校に無理やり行かされたことは有名だ。成績も悪くついていけなく放校処分になった。その恨みで宗教、特にロシア正教の教会を破壊していったと思われる。スターリンに関しては無神論者であ...

  6. 正義の味方にはなかなか会わない。折伏の達人にもなかなか会えない - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    正義の味方にはなかなか会わない。折伏の達人にもなかなか...

    最近、ガンダムや北斗の拳などを見ていて思ったことがある。それはガンダムであれば戦場でどれだけのジオン軍に会うかであるが、ジオン軍側から見た確率は少ない。ガンダムにあったモビルスーツはことごとく破壊される。北斗の拳も野盗や悪いグループの手下がケンシロウに会う確率は少ないだろう。会えば確実に殺されることになる。現実の世界でもそうではないかと思う。とくに宗教であれば創価学会や顕正会員が法華講の卓越...

  7. 創価学会や顕正会の活動はすべて時間の無駄だ。そんな時間があるならほかのことに使え。2 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    創価学会や顕正会の活動はすべて時間の無駄だ。そんな時間...

    このタイトルで一度、書き込みをして。最近も思うところがありブログを書いてみた。創価学会や顕正会の皆さんは時間貧乏になります。会合の忙しさは半端ではない。これらの宗教は脱会して将来のために時間を使ってはどうかと思うのだが。資格を取るとか、その他にも趣味に時間を使うとか?そうしたほうが絶対にいい。創価学会や顕正会をやめても罰などありません。怖がる必要もないのです。スポンサーサイト毎日25分のマン...

  8. 顕正会は創価学会の偽本尊を批判しないのには理由がある。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    顕正会は創価学会の偽本尊を批判しないのには理由がある。

    創価学会の偽本尊のことは顕正会はあまり言わないことはなぜかを考えてみたい。いうまでもなく創価学会の本尊は偽物である。簡単に話せば平成三年に破門されたのちに平成五年に独自で本尊を制作して会員に販売した。その時には日顕上人様の本尊と交換して本物の本尊を燃やして処分した。これも恐しいことである。かつて二代会長の戸田先生もご本尊は作ってはならないと戒めている。「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわ...

  9. 創価学会や顕正会の活動はすべて時間の無駄だ。そんな時間があるならほかのことに使え。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    創価学会や顕正会の活動はすべて時間の無駄だ。そんな時間...

    『創価学会や顕正会などはすぐに脱会せよ』このように言っても当事者たちは従わないまた反発するだろう。例えば創価学会で活動をするとどれだけ時間がとられるのか?これを考えてみるといい。例えば男子部なら地域の会合で月曜日には地区協議会は大体ある。男子部の集まりも1週間に一度ある。それ以外にも地域の唱題会が週に一度あり月に一度は地区当監があり、座談会があり、同時中継がある。合計すると15日を活動に費や...

  10. 日本経済は破綻しない。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    日本経済は破綻しない。

    顕正会の連中は国債が発行されすぎて日本は破綻すると言っている。宗教的なことを混ぜて言うが浅井の言うことを聞かないから日本は経済的にもその他の面でダメになるなどと言ってはいるがそれを裏付ける御書の文証はどこにもない。勝手な我見である。よく浅井が予言をしたが当たったためしもなくそんなことは御書のどこにもない。これもまた我見だ。では本題に入るが日本経済は政府が大量の国債を発行したから日本が破綻する...

  11. 顕正会は社会的弱者を勧誘している。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    顕正会は社会的弱者を勧誘している。

    最近、顕正会と偶発的に顕正会と会う機会が多い。彼らはよく街頭で新聞を配っている。ビラも見た。内容はすごくお粗末で会長である浅井昭衛の予言等あり到底日蓮大聖人の仏法とも思える内容ではない。また顕正会の新聞には自らを正当化するために御法主上人様が日蓮大聖人の御遺命を守らないから顕正会はそれを許さないようなことを言っているがかなりおかしい。簡単に説明すると浅井の予言についてはソ連が攻めてくる、中...

  12. 最近の創価学会員や顕正会員は情けない。法華講を恐れて逃げ回る。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    最近の創価学会員や顕正会員は情けない。法華講を恐れて逃...

    最近、創価学会員や顕正会員は法華講だと正体を明かすと逃げ回るようだ。折伏が偶発的に一人に対して法華講と創価学会や顕正会がするときはしぶしぶ出てくるようだが。ほとんどの場合こうした偶然はなく「私は日蓮正宗の信徒であるというと」言うと、恐れ怖がり逃げるのだ。これはなぜなのかと考えていた。創価学会や顕正会によって事情は違うらしい。※創価学会の場合創価学会員の家に法華講員が訪問折伏して正体を明かすと...

  13. 親から子へ宗教の相続は難しくなった。 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    親から子へ宗教の相続は難しくなった。

    最近の傾向性では真如苑などの特殊な宗教は抜かして信者数を減らしている。最大の原因が親から子への信仰の継承がうまくいかないからだ。それは古い宗教に傾向性が強い。創価学会も信者数を激減させている。(創価学会に関しては現在、会員を減らしてはいるが日本最大の宗教団体で絶対的優位性は保ちつつ信者数を減らしている)創価学会はかなり悲惨な状況でもある。会員たちが搾取され功徳もなく罰の現象ばかりではやりたい...

総件数:13 件

似ているタグ