風物詩のタグまとめ

風物詩」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには風物詩に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「風物詩」タグの記事(78)

  1. ほおずき 鬼灯 - 和風・和柄 背景素材屋

    ほおずき 鬼灯

    (c)norah - イラスト素材 PIXTA - ほおずき, 鬼灯, 草花, イラスト, 挿絵, カット, 植物, ホオズキ, オレンジ色, 挿画, 風物詩

  2. 五山送り火“妙” - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    五山送り火“妙”

    今宵五山の送り火はTV中継で見ていました昼にはそのうちの「妙」が見えそうなところにいたので近くに行ってみました手前にあるのは教習所なんですね点火を外で見る時にもTVを受信しながら見てる人が…実況があると見易い感じになります

  3. あとりえ校のまどべ - HIMICO - FINDER

    あとりえ校のまどべ

    涼しげな風鈴の音が…FOASあとりえ校SINCE 1985https://www.foasnet.comWEB工房GECKSINCE 1995https://geck.foasnet.com

  4. 流しそうめん@神楽坂店 - ゲストハウス東京

    流しそうめん@神楽坂店

    恒例の流しそうめんをやりました。みんな楽しそうに食べてます。でもいつも思うんだけど、西洋人はお餅とそうめんはあまり好きじゃない気がする。

  5. 五条坂 陶器まつり - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    五条坂 陶器まつり

    昨日10日が最終日だったんですよね五条坂の陶器市眩しく暑く…落ち着かない調子で見てまわりました建物の影が出来ている南側の通りから散策です ↑郵便局前日傘を差したり窄めたりああ陰に救われる…毎回陶器でなく汁椀のところで立ち止まってしまう(購入)この五条通り沿いも更地が目立つホテル予定地とあります更地になると以前は何だったっけ?と思うことが多くなります

  6. 海の青と空の青 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    海の青と空の青

    海へ行ってきたという訳じゃなく海へ行きたいって、今そういう気分が全身に充満しています(なんのこっちゃ)美しい海よどうか、どうぞいつまでも美しいままで…写真は4、5年ぐらい前に行った兵庫県北部の竹野浜です

  7. 風鈴 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    風鈴

    風鈴の音色が心地良いのは昔の話になったなぁ一軒一軒の住宅が密接に建ち並んだからか受ける者の聴こえ方かオフシーズンに外に出すからか特別なスペースに幾つもの風鈴が並べられて音が大集合で鳴るのはOK昨今はそういう感じそれに集まって来られる人たちは思いの外多い

  8. シューベルト/即興曲集Op.90 & Op.142 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/即興曲集Op.90 & Op.142

    No.183:器楽曲シューベルトは、その生涯に100曲以上ものピアノ曲を作曲していますが、その最後を飾るのが2組の「即興曲集」です。この2組は、4曲ずつ作品90と作品142としてまとめられていて、どの曲もシューベルトらしい旋律の美しさを楽しめる佳曲だと思います。私は『ヴィルヘルム・バックハウス最後の演奏会』のアンコール曲として録音された盤で初めて、作品142-2の即興曲を聴きました。1969...

  9. モーツァルト/弦楽四重奏曲第22番変ロ長調K.589 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/弦楽四重奏曲第22番変ロ長調K.589

    No.182:室内楽曲1789年4月、モーツァルトはプロシァ王が待つベルリン近郊ポツダムの宮殿に旅行した際に、チェロを巧みに演奏するほどの音楽家でもあったプロシア王から6曲の弦楽四重奏曲の作曲依頼を受けました。ところが、思うように捗らず、6曲中の3曲が完成しただけでした。これが弦楽四重奏曲第21番から第23番にかけての、いわゆる「プロシャ王四重奏曲」というわけです。その中の第22番は、依頼主...

  10. 引くに引けない - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    引くに引けない

    先日行った流れ橋の近くに咲いていた紫陽花です金網を突き抜けて通りの外へ前へ前へと出てました(笑)小ぶりなうちに外へと出たんでしょう…頭でっかちは引っ込みがつかないわね(笑) 真ん中の青が綺麗でした

  11. 【7/6、8】夏の風物詩!谷中・根津・千駄木食べ歩きと入谷朝顔市~豆富料理「根ぎし笹乃雪」のご昼食~ - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    【7/6、8】夏の風物詩!谷中・根津・千駄木食べ歩きと...

    【7/6、8】夏の風物詩!谷中・根津・千駄木食べ歩きと入谷朝顔市~豆富料理「根ぎし笹乃雪」のご昼食~入谷鬼子母神を中心として言問通りに120軒の朝顔業者と100軒の露店(縁日)が並び、毎年40万人の人出で賑わう入谷朝顔まつりへご案内!谷中の食べ歩きと根ぎし 笹乃雪の昼食付です

  12. 今年の鯉のぼり♡~旭川空港~ - 自由な空と雲と気まぐれと ~from 旭川空港~

    今年の鯉のぼり♡~旭川空港~

    今年の鯉のぼり♪結局条件がそろったのはこれだけでした(^_^;)5月5日こどもの日みなさんが健やかに大きくなりますように~~♪(*^-^*)大人は健やかにはダメですよいろいろと問題がありますものね笑

  13. モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467 - just beside you Ⅱ

    モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

    No.173:協奏曲1785年に作曲された3曲のピアノ協奏曲の中で、第20番ニ短調とこの第21番ハ長調は極めて対照的な曲です。ニ短調K.466はとても暗く、悲劇的な色彩の濃い曲になっている一方、ハ長調K.467のこの曲は明るく気品に富んだ曲となっています。特に、映画「短くも美しく燃え」のテーマ音楽に使われた第2楽章は、この上ない美しさといえます。この年のモーツァルトは、四旬節シーズンの予約演...

  14. 春の使者♪~旭川空港~ - 自由な空と雲と気まぐれと ~from 旭川空港~

    春の使者♪~旭川空港~

    この時期の春の使者といえば「ふきのとう」今年はファインダーの中で美味しく料理できました(*^_^*)撮影の合間には開く前の「ふきのとう」をせっせと収穫(*^_^*)そして・・・「天ぷら」と「ふきのとう味噌」に変わるでした(^^)/「目」だけはなく「舌」でも春の使者ですね。

  15. 君だけじゃない!~旭川空港~ - 自由な空と雲と気まぐれと ~from 旭川空港~

    君だけじゃない!~旭川空港~

    のんびりと空をゆくヒコーキ飛んでいるのは君だけではありません(^^)/今年はたくさん飛来至るところにたーくさん一同!せいれーつ!(^^)/

  16. イタドリ - 老いの小文

    イタドリ

    毎年この時季のネタにしている気がするが、散歩道にイタドリが生え出している。生まれ田舎ではこれを食す習慣があり、同居人の好物でもある。料理はすべて同居人の手によるが、湯がいて、皮を剥き、2~3日水に浸して、灰汁を抜いて等々、結構手間暇が掛かるようです。(山菜として人気があるようで、ネットには多くのレシピが載っています)今日の散歩はこの春の初物を、ポキッと小気味良い音を立てて採って来た。私んちの...

  17. 人日七草 - Miwaの優しく楽しく☆

    人日七草

    あっというまに七草。それにしても、お正月から食べ物の写真ばかり(^^ゞ趣向が丸わかりですね(笑)。でも食べることって生きること。人の体を作りだから健康で喜怒哀楽も味わうことができる。こんなところも二黒土星!土星は二黒は「生存欲」、八白は「強欲」、五黄は「支配欲」な~んて言われますからねえ。あ、「土星」の方気を悪くしないでくださいね。こんな観点もあるということです。私は自分がぴったりだと思って...

  18. 都町下・Ⅴ(みやこまちしも) - さつませんだいバスみち散歩

    都町下・Ⅴ(みやこまちしも)

    2019年最初の記事は、毎年恒例のこちらから。私事ですが、元日から熱発。本当の「寝正月」でした。本年も「さつませんだいバスみち散歩」をよろしくお願いいたします。「都町下」の以前の記事http://basumichi.exblog.jp/28969864/

  19. 謹賀新年 - へたぴ~光画館

    謹賀新年

    年が明けほぼ一週間が過ぎてしまい、今更ですが、本年もよろしくお願いいたします。とは言いつつ、今年はまだどこにも出歩けてはおらず、何もネタがないので。「初詣」元日の朝、地元の神社に初詣。例年だと近場のお世話になっている神社をもう二か所ほど回るのだけど、今年は回れず。なお、写っているのは通りすがりの方々です。Canon EOS-M + CANON LENS EF-M 22mm 1:2 STM( ...

  20. サティ/ピアノ作品集 - just beside you Ⅱ

    サティ/ピアノ作品集

    No.157:器楽曲本格的な真冬の寒気に覆われて、朝の冷え込みはとても厳しくなりました。新鮮な空気を体内へ吸い込むには少しばかり冷た過ぎますので、身体が目覚めるまで、温かい部屋で静かな時間を過ごすことにしましょう。今日のエントリーはサティのピアノ作品集です。サティのピアノ曲はほとんど透明で歪みなく、どこまでも素直な響きの連続です。そんな僅かな音が宙に舞うような調べが、とても心に優しいのです。...

総件数:78 件

似ているタグ