風物のタグまとめ

風物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには風物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「風物」タグの記事(61)

  1. 神戸の年明け - 高原に行きたい

    神戸の年明け

    大晦日音を消した「ゆく年くる年」の画面で時刻を確かめながらベランダの戸を開け耳を澄まします。0:00、ボォ~~~~と汽笛がきこえてくると今年も聞けた!と安堵します。停泊中の船が新年を祝って一斉に汽笛を鳴らすのです。何隻もの音が高く低く合わさって聞こえる年もありほとんど聞こえない年もあります。聞こえない年は入港が少ないのかな、景気が悪いのかなと心配になります。今年は我が家のあたりは1~2隻のよ...

  2. 長居植物園(大阪市)のクリスマスイルミネーション - 高原に行きたい

    長居植物園(大阪市)のクリスマスイルミネーション

    一眼レフ歴初めてのイルミネーションの季節、寒くても一度は撮ってみなくてはと出かけました。しかし・・・夜の植物園があんなに寒いとは!大阪の街中だからと見くびっていました。早々にひきあげてあとで案内図を見ると半分くらい見逃していました。根性が足りません。三脚なしで持っている2本のレンズの明るい方、40mmのマクロレンズで撮りました。反省点色々、疑問も色々です。

  3. 奈良若草山と東大寺周辺 - 高原に行きたい

    奈良若草山と東大寺周辺

    秋の名残に奈良を訪ねました。今年の奈良の紅葉はあまりよくなかったそう。ほとんど終わっていましたがやはり古都と鹿の組み合わせには他所にない魅力がありました。日没の若草山も内外の観光客でいっぱい。夕陽をバックに思い思いのポーズをとって写真を撮っています。人が途切れる瞬間を待ちますがなかなかありません。でも皆楽しそうで穏やかな良い光景でした。 朝日に輝く東大寺...

  4. やまと尼寺精進日記:音羽山観音寺の紅葉 - 高原に行きたい

    やまと尼寺精進日記:音羽山観音寺の紅葉

    Eテレの「やまと尼寺精進日記」、全国放送でしょうか?尼さんお二人とお手伝いさんの丁寧で穏やか、明るい暮らしぶりがとてもすてきで月一回の放送を楽しみにしています。お住職様たちを見守り何かと支える里の方たちとの交流もほのぼのします。中大兄皇子(天智天皇)とのちの藤原鎌足が大化の改新の談合をしたことで有名な談山神社の鬼門除けに音羽山(標高851m)の山中(標高600mほど)に建てられた1200年余...

  5. 鳥取大山(だいせん) - 高原に行きたい

    鳥取大山(だいせん)

    大山へ行きました。鍵掛峠への道が積雪で通れず予定していた大山の姿は撮れませんでしたが代わりに思わぬ白銀の世界が見られました。奥津渓花崗岩の柱状節理と紅葉の名所ですが少し時期が過ぎていました。 茅葺小屋のある田園風景の御机地区です。背後の山に時折霧が流れる美しい里ですが電線だらけ!なるべく電線がはいらないアングルで撮ったのですが民家や電線が写ってももっと広々ゆったり山里らしい風景を撮れば...

  6. 万博記念公園紅葉 - 高原に行きたい

    万博記念公園紅葉

    Expo'70からはや半世紀近くが過ぎました。言い古された「光陰矢の如し」が身に沁みます。夏にハス池だけ行ったのですが他もとてもいいと聞いたので再訪しました。園内も台風21号で多くの木が倒れプラタナスの並木道はいまだ通行止めです。近くなら毎日散歩したいくらい気持ちの良い森、庭園、公園になっていました。PLフィルターの練習をしようと入れたつもりがリュックを開けたらなかった!この頃そん...

  7. 大阪三休橋筋 - 高原に行きたい

    大阪三休橋筋

    しばらくご無沙汰しました。台風21号大きな被害があった地域の方々に遅ればせながらお見舞い申し上げます。神戸でも今まで経験したことがないくらいの強風で山でも街でも何本もの木が倒れました。風が吹き抜けた南北の通りが特にひどく紅葉を楽しみにしていた近所のアメリカ楓や唐カエデの並木はほとんど葉を落としてしまいました。残った葉は茶色く縮れています・・・先日本町の富士フイルムフォトサロンへ先輩のコンテス...

  8. 清水寺の狛犬さん - 写真その日その日(My Life with Photo)

    清水寺の狛犬さん

    10月はじめの京都旅行で清水寺を観光した時、久しぶりに狛犬さんを見ました。わりとシンプルな趣で、どちらかというと新しい制作ではないかと思われました。(ネットで見たら、元々あった金属製の狛犬像は太平洋戦争で供出させられて、戦後に石像が寄進されたとのこと)まずは、「阿」の狛犬さんそして、「吽」の狛犬さんと思ったら、こちらも口を開いています。両方とも「阿」の狛犬さんで、今まで出会ったことがありませ...

  9. 野仏 - 写真その日その日(My Life with Photo)

    野仏

    京都観光で清水寺を訪れた際、境内を歩いていた時に道ばたで見かけた野仏さん6体。かなりの歳月を経ていると思われ、かなり風化が進んでいて目鼻が無くなっている仏さんもいます。野ざらしではなく、庇の中にある仏さんの場合は少しは良いようです。一方、金閣寺の参道で見かけた野仏さん8体のグループも同じように風化が進んでいます。中央にはお釈迦様がいて、周りはお弟子さんなのでしょうか?不思議なことに、こちらに...

  10. 大台ケ原ブナの森 - 高原に行きたい

    大台ケ原ブナの森

    大台ケ原へ行きました。と言っても登山や観光のコースではなく道路わきのブナの森で少し撮ってきました。ブナは漢字では橅(木へんに無)と書きます。木目が通らず、腐りやすく狂いも大きいので建築用材には向かないとされ、役に立たない木だというのでこの名がついたという説があります。成長が遅く直径が40cmになるのに100年かかると言われます。建築には向かないかもしれないけれど雨水を抱きとめ、ふかふかの落ち...

  11. 津屋川と明星輪寺のヒガンバナ - 高原に行きたい

    津屋川と明星輪寺のヒガンバナ

    岐阜県へ彼岸花を撮りに行きました。まずは津屋川堤防。こんなにたくさんの彼岸花を見たのは初めてです。カメラマンも多い!三脚が林立し圧倒されてなかなか撮影モードにはいれません。時間に限りがあるので気を取り直してがんばりました。見頃は少し過ぎた感じでしたが養老山地を望む美しい所でした。明星輪寺(みょうじょうりんじ)は濃尾平野を一望する石灰石の山、金生山(きんしょうざん)の山頂に686年持統天皇の勅...

  12. 函館旅行-3 - 写真その日その日(My Life with Photo)

    函館旅行-3

    北海道新幹線の現在の終点である新函館北斗駅と、その駅前で観光客のお迎えをしている「ずーしーほっきー」です。北斗市の公式キャラクターとして平成25年にデビューした「ずーしーほっきー」は、ゆるキャラというより、キモカワイイ感じです。モデルはホッキ貝の握り寿司とのことですが、その特異な風貌ゆえに注目を浴びているようです。はこだて未来大学の学生さんたちが主となって考案したデザインとのことですが、まさ...

  13. 奈良長谷寺 - 高原に行きたい

    奈良長谷寺

    お彼岸ですね。お墓参りの帰途、足を伸ばして長谷寺へ行きました。牡丹、紅葉、四季折々の花でも有名ですが紅葉には少し早い今観光客は少なくて講の方々がお経を唱和されていたりお百度を踏んでいるらしい方などお寺本来の姿を見られたように思います。真言宗豊山派の総本山として名だたる聖域ですがおごそかな中にも穏やかで親しみやすい印象の美しいお寺でした。 ...

  14. 神戸布引ハーブ園 - 高原に行きたい

    神戸布引ハーブ園

    久々に布引のハーブ園に行きました。6年ほど前にロープウェイも含めリニューアルされたらしく とてもよくなっていました。中間駅(風の丘駅)で降り山頂駅までゆっくり歩いて往復しました。趣の異なる庭が次々あらわれて楽しいです。時折ハーブの香がします。眺望抜群。特に温室前のガーデンテラスは視界が広く見ほれました。ガーデンテラスから東南方向を望む。右手寄り一番高い山が金剛山、左へつつじで有名な(大和)...

  15. お伊勢参り - 高原に行きたい

    お伊勢参り

    伊勢神宮へ行きました。なんと小学校の修学旅行以来です。2000年の時を超え守り継がれた聖域はさすがの重みと清々しさでした。まずは内宮(ないくう)から古札納所(こさつおさめしょ)風日祈宮(かざひのみのみや)御饌殿(みけでん)正宮(しょうぐう)天照大神をお祭りする正殿(しょうでん)は幾重もの垣に守られてこの奥にあります。カメラは石段の下まで。お参りも今人が見える所までです。パワーツリーと呼ばれて...

  16. だんじり祭 - 高原に行きたい

    だんじり祭

    神戸のゴールデンウィークはだんじりです。5月4日は羽生結弦選手がお参りしたことで全国的に有名になった御影の弓弦羽神社で朝に、5日は本住吉神社で夜にそれぞれ7基ほどが宮入します。前日から町内を練り歩いた疲れも見せず本殿前で神様に精いっぱいのパフォーマンスを披露します。前輪を上げてグルグル引き回すと土埃が立ち込め地面がえぐれます。あとになるほど大変でしょうね。まずは弓弦羽神社。小さいながら由緒あ...

  17. 山高神代桜 - 高原に行きたい

    山高神代桜

    自由に出かけられるようになったら桜の古木に会いに行く旅をしたいと思っていました。今年はその第一歩です。信州の山高神代桜、今年はなかなか開花せず気をもみました。4月7日朝は雨、実相寺に着くころようやく青空がのぞきました。主幹を失った痛ましい姿ですが初々しくもあでやかなピンクの花をいっぱいつけていて胸に迫るものがありました。樹齢2000年と言われるエドヒガンです。こちら↓は韮崎市の「わに塚の桜」...

  18. こいのぼりを大井川で泳がせてみませんか - 夢みる自由人の気まぐれ旅日記

    こいのぼりを大井川で泳がせてみませんか

    先日、川根に出かけた時のことです。川根町家山付近で大井川にかかるこいのぼりを見かけました。そういえば、この季節はそうだったなと思い出しながらふと、このこいのぼりはどこから持ってきたのだろうと気になりました。調べてみると『NPOまちづくり川根の会』で不要になったこいのぼりの寄付を募集していました。どこのご家庭でも子供が小さなときは良いのですが、大きくなると不要になり処分するにも悩むものです。そ...

  19. 春の空を飛ぶ - 写真その日その日(My Life with Photo)

    春の空を飛ぶ

    お墓参りの時、頭上から軽やかな発動機の音が聞こえてきました。空を見上げるとモーターパラグライダーが2機、滑るように近づいて来ました。春まだ浅き青空の中を飛ぶのは、さぞかし気持ちのいいことだろうと思われました。

  20. 春の兆し - 写真その日その日(My Life with Photo)

    春の兆し

    月が変わって3月となりました。2月は暖かい日が多かったため、例年よりも早く雪解けが進んでいます。近くの公園では、道路から寄せ集められて丘のようになった雪山が日毎に小さくなってその様子からは春の兆しが感じられます。手前にいるのは2歳半を過ぎた孫です。勤めを終えてのんびり出来るはずだったのですが、幼子に振り回されて日々を過ごしています。

総件数:61 件

似ているタグ