食材のタグまとめ

食材」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには食材に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「食材」タグの記事(77)

  1. 【PARIS】【街角のキャフェ、レストラン、グルメ】サンジェルマン、モンパルナス界隈 - フランス美食村

    【PARIS】【街角のキャフェ、レストラン、グルメ】サ...

    【VIDEO】【dailymotion】playlist【VIDEO】【dailymotion】ncpfrance【Pinterest】【PARISパリ】【naoparis ncpfrance】【Pinterest】【GOURMET】【naoparis ncpfrance】【Pinterest】【naoparis ncpfrance】【France】 【Zecharger】スマホユーザー向け...

  2. 笊貝と鯛の塩漬け - べルリンでさーて何を食おうかな?

    笊貝と鯛の塩漬け

    笊(ざる)貝、ドイツではHerzmuscheln。身の色は赤貝に似てますがとり貝の仲間です。名前の由来は貝殻の模様が笊の様だからだそうです。日本ではもっと大きい、大きめのハマグリくらいらしいですが(でもたくさん獲れないから流通はしてない)浅利よりも小振りです。味はかなり濃い、貝が好きじゃない人には、新鮮でも匂いは少しキツイかもしれない。新鮮で活きが良くても、匂いが気になったり、または日本人は...

  3. 梅をいろいろ漬けました。 - Blooming Kitchen 坂の上の小さな料理教室

    梅をいろいろ漬けました。

    2018.7月のレッスンご案内→★こんにちは Blooming Kitchenです。神戸市の自宅で料理教室を主宰しながら、出張料理教室、季節や食材に合わせたレシピ提案、さまざまな商品を使ったお料理の試作などお料理全般のお仕事を承っています。お問合わせ:bloom02032005@yahoo.co.jp梅仕事始めました。毎年漬けていた梅干しはここ2年程休止中ですが、梅酒と梅シロップは何かと重宝...

  4. なぜバーリで食べる生タコはクルリとしてるのか? - 情熱的イタリア生活 

    なぜバーリで食べる生タコはクルリとしてるのか?

    そのまま、バーリ旧市街を歩いていると、タコ料理専門店『La Tana del polpo』あり。ここも次回ということで。タコ料理はバーリのローカルフード。急に思い出したんですが、そういえば先日食べた生タコ。なんで生なのに白くてクルッとしてたのか。生なのに、茹でたようなコリッとした食感。調べてみました。その秘密はタコ採りの後の処理。豪快なその方法をコチラ(15分で長いのでチョビチョビ飛ばして)...

  5. 今の旬、ふたつ(パスタ編) - べルリンでさーて何を食おうかな?

    今の旬、ふたつ(パスタ編)

    それはサマートリュフとあんず茸。パスタにして美味しい食材は数あれど、この二つは意外と目立たない、しかしピカイチです。トリュフは黒、そしてかなり高価な白があります。キャビア、フォアグラに並ぶ三大珍味。パスタにして美味しいのは、トリュフか?そういえば昔、缶詰のベルーガキャビアを頂戴し(92年ごろ)それは大きな缶で今ならKaDeWeで5-6万円じゃないかと思います。キャビアは船旅でも食しましたが、...

  6. 次回は必ずフォカッチャ バレーゼをここで。『Panificio il fiore bari』 - 情熱的イタリア生活 

    次回は必ずフォカッチャ バレーゼをここで。『Panif...

    お客様と一緒の場合、街を歩いていても、自分本位で店を見たりすることをなるべくしないようにするわけで、たまたま見つけた興味深いものも今度ゆっくりプライベ-トで、ってことになります。バーリの旧市街を歩いてたときのこと。それでも同僚が、タラッリ-二(プ-リアの伝統的な小麦スナック)を買いたいと言い出して、私好みの老舗のPanificio(パン屋)の前を通りかかったんで、入ってみることに。中に入ると...

  7. ステーキ&玉ねぎのワンスキレットミール - Kyoko's Backyard ~アメリカで田舎暮らし~

    ステーキ&玉ねぎのワンスキレットミール

    よく行くアメリカのスーパー(Kroger系)では、毎週金曜日、何かしらの商品が無料になるデジタルクーポンが発行されまして。無料になる商品は大概が食料品。普通にお菓子とかドリンクの時もありますが、割とインスタント系食材(手軽に〇〇が作れます的な食材)の新商品も多め。普段自分ではあまりは買わないので、結構楽しみにしております。先週もらった商品はクノールのワンスキレットミール。オーガニックのブラウ...

  8. Parisサンジェルマンデュプレ、ドゥ・マゴゥの味 - やさしい光のなかで

    Parisサンジェルマンデュプレ、ドゥ・マゴゥの味

    iphotoの整理をしていて昨年のパリ一人旅の時到着した夜、ざっと荷ほどきをしてアパルトマンから5分の賑わうサンジェルマンデュプレのランドマークドゥ・マゴゥのテラス席で一人ワインと共に食べたアボカドと蟹のミルフィーユの写真を見つけライムはないけれど、レモン蟹も、アボカドも冷蔵庫に材料がある、、、セルクル(型)もある、、と味を思い出しながら作ってみた。ワインを飲んでいる夫、美味しいね~アボカド...

  9. 我が家の日常345 - 診療室日記

    我が家の日常345

    ずいぶん昔から、西洋料理のアーティチョークの煮込みに興味があり、食べてみたいと思っていたのだが、なかなかチャンスがなく、いまだに食べたことがない。で、育ててみようと、10数年前にアーティチョークの種を手に入れ、畑に植えた。芽を出しまともに育ったのは三本ほど。でも、なかなか蕾はつかず、何年後かに、一本だけ蕾をつけた。食べようか種を採ろうか迷っていたら、チビが、「種を採って、増やしてから食べるほ...

  10. オリ-ブの仁丹 - 情熱的イタリア生活 

    オリ-ブの仁丹

    怒涛の仕事アテンド3週間がやっと終わりました。北から南まで何往復もして、しまいには何処に居るのか分からない状態(笑)その模様をぼちぼちとアップします。まずはプ-リア、弊社のシェアホルダーのある、BITONTOでオリーブ畑視察。丁度開花も終了し、小さな実がつき始めたところ。ここら辺は、コラティ-ナ種やチーマディビトント種。プ-リアでもエリアや海抜が違うだけで、オリ-ブの実の成長も変わります。こ...

  11. 千葉産の大きな鱸の香草詰めオーブン焼き - やさしい光のなかで

    千葉産の大きな鱸の香草詰めオーブン焼き

    今日のレッスンのリクエストはお魚料理でした。オードブルはシラスとミニトマトを使って可愛いタルティーヌパスタはボッタルガ(カラスミ)パウダーのフェデリーニメインは旬の鱸一尾の香草詰めオーブン焼き香草はヴェランダで育てている新鮮なハーブを摘んでお腹に詰め込み、人参やレモンを散らしより一層の香りの良さを楽しみます。デザートはベイクドチーズケーキ。しかし、、、お魚料理をリクエストしたご本人は喉の痛み...

  12. ショスタコーヴィチ後のブランチ - べルリンでさーて何を食おうかな?

    ショスタコーヴィチ後のブランチ

    ミラノのクリスチャン、一泊でベルリンに来てました。拙宅じゃなく泊まりはホテル、来てることも彼のSNSで木曜の夜中に知りました。訊けば木曜も金曜も終日会議、金曜の夜に仕事の後すぐのフライトでイタリアに戻り、最近スカラ座が忙しくて平日の朝しか会ってないというカタリーナと子供たちとドイツからの友達の誕生日をリグーリア海に面した別荘で祝う予定だったそうです。しかし金曜の夜、ポツダムのサンスーシ宮殿の...

  13. ゴンタの散歩道でさくらんぼ狩り - 情熱的イタリア生活 

    ゴンタの散歩道でさくらんぼ狩り

    気温はグ-ンと上昇し、日中は30度ぐらい。今、イタリアはさくらんぼがまさに旬。ゴンタの散歩道のさくらんぼも、すずなり状態。(これはマラスキーノではありませんよ)。公園の敷地内はさくらんぼも皆のもので、誰でもとっていいんですよ♪小さな足台を自宅から持参して、採りましたよー!まさに授かりものとはこのことで、おいしくいただくとします。

  14. 大吟醸赤城山と炭火焼と鯖寿司+和美人 - べルリンでさーて何を食おうかな?

    大吟醸赤城山と炭火焼と鯖寿司+和美人

    日曜日、Kagodonと母を招いて炭火焼でした。土曜日に鶏レバーを買いに行ったら、まだ入荷してなかった。交通渋滞なのかエンコしたのか運転手がさぼってるのかは不明だそうですが、昨日のブログに書いた火曜日は売り切れ、このところ外れてます。砂肝もやめて仕込みは腿肉とハツにしました。というのも山芋やレンコンもですが、鯖の押し寿司は作ってあったし、写真の貝も手に入ったからです。これ、大きさはハマグリく...

  15.  【PARIS】【スーパー・街角の食材】2018年5月26日 - フランス美食村

    【PARIS】【スーパー・街角の食材】2018年5月26日

    【PARIS】【スーパー・街角の食材】2018年5月26日image069 posted by (C)naoparisimage017 posted by (C)naoparisimage008 posted by (C)naoparismore photo....▼PHOTO画像を【Google Photo】で見る【INFO MONOPRIX】【モノプリ情報】INFO MONOPRIX P...

  16. ご当地パスタ『GOGU』をピエモンテ、Casalborgone - 情熱的イタリア生活 

    ご当地パスタ『GOGU』をピエモンテ、Casalbor...

    用事があったボルゴはトリノの近郊、Casalborgone。人口1800人ほどの小さな村。あたりは野花が咲きほこり、美しい景観。(天気悪いのが残念)ほんとに小さな村です。この丘の上がチェントロ。地元の方と話をしていると、GOGUを食べなきゃね。みたいな話になって(時間がなくて何処にも入りませんでしたけど)それなら買って帰ろうと、そのGOGUをBARに寄ったついでに探すことに。村が小さいわりに...

  17. いつもの市場でbuon giorno! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    いつもの市場でbuon giorno!

    水曜日の朝、リンデンベルクへ。今でこそプレンツにもあるFrischparadiesですが僕がベルリンに来た1980年頃はSavigny広場裏にありました。ベルリン銀座クーダムの傍にあったわけですから築地と位置的には似てます。当時は本当の問屋で一般人は入れない倉庫のような市場でした。今はMoabitにありますが外観はお洒落倉庫、内部はまるで高級デリのようなレイアウトになりました。ここも10年く...

  18. キャッサバ粉 Farine de manioc - tony☆

    キャッサバ粉 Farine de manioc

    アジア食材店でじょりーがキャッサバ粉を見つけてきました。一緒にポンデケージョを作ることに。アルゼンチン出身の方が研修でじょりーの職場に来た時に本場での作り方を教えてくださったそうで…。体力勝負のレシピでしたが、モッチモチに焼き上がりました。この日のアペロに登場。娘もパクパク食べていました。マルシェではアスパラもたくさん並んでいます。少し高いけれど季節になると一度は買う asperge sau...

  19. 広尾のイタリアン、アンティキサポーリ - やさしい光のなかで

    広尾のイタリアン、アンティキサポーリ

    久しぶりに広尾のイタリアンレストランアンティキサポーリでランチイタリア地図のかかと部分がブーリア地方です。ブーリアの食材ををふんだんに使って、シャンパンのようなおしいいスパークリングで先ずはオードブルを5品を楽しみます。(盛り合わせではなく一皿一皿サーブされますよ)パスタも2種類が一皿一皿、、、これはS字マカロニを砕いたアーモンドのソースもう一品は濃厚なトマトソースのロングパスタ添えられたチ...

  20. ミラノで極上の馬刺しにぎり鮨。『SAKABAr2038』 - 情熱的イタリア生活 

    ミラノで極上の馬刺しにぎり鮨。『SAKABAr2038』

    先日用事があって、ミラノとトリノ近郊へ行ってきました。まずは、ミラノ行くなら日本食ってことで。ちょくちょく通う『ふくろう』(過去記事)料理長二宮氏が居酒屋をコンセプトに2軒目『Sakabar2038』を開店されたので、夜をねらってトライ。その代わり『ふくろう』の夜の部は自家製ラーメンを中心に変更されてます。平日だったし直前の予約でも運良く入れました。サービスの突き出しには枝豆とモエ-カ蟹の素...

1 - 20 / 総件数:77 件

似ているタグ