養蜂のタグまとめ

養蜂」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには養蜂に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「養蜂」タグの記事(40)

  1. 鈍った体を鍛えなおす 春の訪れとシーズンスタート - みつばちとニュージーランドで暮らす PicoMiere

    鈍った体を鍛えなおす 春の訪れとシーズンスタート

    ここのところちょっと寒い日が続いていますが、その前は日によっては半袖でもいられるほど暖かい日が何日もあって、誰も彼もが春の訪れを喜んでいます。山には真っ白の雪最近、私も養蜂に誘われる事が増えてきました。こんな気持ちのいい日は大歓迎!広々した気持ちのいい場所で上手に越冬した元気のいいみつばちたちのお世話(のお手伝い)をしていると最高のお仕事だな、と思わせてくれます。冬の間に鈍って、まだまだ体の...

  2. 田舎便り120とろ~り蜂蜜、そしてらっきょう漬け - タワラジェンヌな毎日

    田舎便り120とろ~り蜂蜜、そしてらっきょう漬け

    一昨年、その前と2年間、まったく田舎に姿を見せなかった日本蜜蜂たちが、戻って来てくれたのは、昨年の春のことでした。その後、この春の分蜂群を含め、今年は7つの巣箱があります。そのうちの昨年からの巣箱2つから、先日蜂蜜を採取しました。たっぷり蜂蜜が入っているかとみえて、とても重かったです。出来るだけ、蜂さんたちが下のほうに下がるようにしてカットするのですが、たくさんの蜂さんたちが、一緒に来てしま...

  3. 女王蜂育成中 - 良え畝のブログ

    女王蜂育成中

    先日、無事にセイヨウミツバチの採蜜ができました。今年は2箱なので量は15~20kgくらいといったところです。春の花の香りをいっぱい閉じ込めた爽やかな味の蜂蜜でした。さて今は分蜂シーズン真っ只中です。女王蜂の翅をあらかじめ切ってあるので、分蜂しても蜂が激減することはありません。しかし、新しい女王蜂を作ろうとする勢いは止まりません。そこで、女王蜂の王台(幼虫の巣房)がいくつか付いた板を別の巣箱へ...

  4. 日々の作業 - 良え畝のブログ

    日々の作業

    美しい萌黄色と心地よい温度、時々吹く風が最高に気持ちよい季節です。そして、作業がはかどることに無上の喜びを感じています。思い返せば去年も今の時期くらいまでは順調だったのですが、ジャガイモの獣害以降、、歯車が狂いました。悪い事態から面白い発見することもあるので、悲観しているばかりではありませんが。とにかく今年は慢心せずにとにかく慎重に作業を進めています。セイヨウミツバチの箱がようやく2段になり...

  5. 今シーズン最後の収穫と手袋の穴 - みつばちとニュージーランドで暮らす PicoMiere

    今シーズン最後の収穫と手袋の穴

    (最後はいつも秋のビーチハニージューです)昨日、ついに今シーズン最後の収穫をしてわ〜、おつかれさまっと最後の一箱を終えて夫婦でハイファイブ🤚しました。私はシーズン中数える程しか手伝っていないのに、手袋に穴があきました!2年前の手伝い始めの頃は「ゲートの開け閉めだけでも助かる」と言われていたのが、もっと色々出来るようになってきたもんね。頑張った。うん、頑張った。と、自分...

  6. みなぎる春の力 - 良え畝のブログ

    みなぎる春の力

    今日は全ての農作業をこなしました。苗の水やり、鶏の餌やり、蜜蜂の内検、電気柵の改良、耕運機で耕すという工程でした。百姓らしくなってきました。はじめて見ました、ルバーブの新芽です。ダメかなと思っていた株が生きていました。それにしてもグロテスクかつ美しく、まさに生命の誕生を思わせる姿をしています。種採り用の田辺大根も蕾をつけていたので、交雑防止のネットを急がなくていけません。今週から暖かいので、...

  7. 養蜂3年目がはじまる - 良え畝のブログ

    養蜂3年目がはじまる

    前回の記事にも書いたとおり、種蜂が本日到着しました。久しぶりの対面に緊張しました。3年目の養蜂が今日からはじまります。太陽が雲に隠れ気温も低め、決して作業日和とはいえない1日でした。午前中に蜜蜂が入ったダンボールが到着しました。郵便局の方もおっかなびっくりしながら配達してくれました。蜂たちも長旅でさぞ疲れたことでしょう。箱を開けるとこんな感じでびっしり、調子は良さそう。はじめは緊張してたけど...

  8. 春の歌が響く - 良え畝のブログ

    春の歌が響く

    三寒四温の春、今日は暑いくらいでした。季節は合図を待たずしてはじまっていきます。春は生命が躍動するのとは裏腹にいつもせつなさや悲しみを内包していると感じます。だから儚く美しく感じるのでしょうか。みちくさの梅の花も満開からそろそろ終わりに近づきました。ブーンブーンと音がするので、近づいてみると蜜蜂が訪花していました。よく見るとセイヨウミツバチっぽい。うちは金曜日に種蜂が到着するので、まだ蜂はい...

  9. お疲れ様でしたと驚きのアップグレード - みつばちとニュージーランドで暮らす PicoMiere

    お疲れ様でしたと驚きのアップグレード

    こちら、ほぼアンティークのフォークリフトこの夏も、ものすごい音をたてながらも大活躍それが、シーズンももうすぐ終わりという時になって突然動かなくなってしまいました。これまでも何度も動かなくなって何度も修理に来てもらっていたのですが、ついに本当に壊れてしまった様です。さあ、どうする!最後の収穫がまだまだある、フォークリフト無しではとてもとてもやりきれない。。という事で、臨時出費はものすごく痛かっ...

  10. 巣箱の引越し - 良え畝のブログ

    巣箱の引越し

    はじめての移動養蜂です。蜜源植物(今は烏山椒)の多いであろう山の中へ、1箱だけ巣箱を引越しさせました。日の出前、ミツバチが外へ飛び立つ前に巣門を閉め、軽トラに載せ移動します。今年は実験的に1箱だけの移動にしましたが、1箱でもすごく神経を使う作業でした。とにかく緊張しっぱなしで、綿密に準備していたつもりでも、忘れ物など反省すべきことがありました。朝の5時過ぎにはなんとか移動が完了し、ひと安心で...

  11. 田舎便り112・・・元気一杯の蜜蜂たち - タワラジェンヌな毎日

    田舎便り112・・・元気一杯の蜜蜂たち

    今年5月末に3年ぶりでやって来てくれた日本蜜蜂くんたちその後、どうしているかというと・・・・3週間ほど留守にしていたので、心配していたのですが久しぶりに行ってみると、と~っても元気!4段重ねの巣箱にしていたのですが、蜂の数もうんと増えていて箱を足さないと巣が満杯状態のようです。暑いせいもあってか、一杯巣箱の外に出ていました。2段ずつ足して、全部で6段にしたら、外にいた蜂さんたち、箱の中に入っ...

  12. 3度目の分封 - 良え畝のブログ

    3度目の分封

    本日、早朝にニホンミツバチの箱がまたひとつ増えました。結論から言うと、ニホンミツバチの群が今年、3度目の分封しました。それを今朝、どうにか捕まえることができ、群が3つになりました。先日、不在の時に分封し、友人に分封群を捕まえて持って帰ってもらったばかりでした。今年はさすがにもう分封しないだろうと思っていたところ、昨日の夕方16時頃、またしても不在の時に分封の知らせが入りました。立て続けに起こ...

  13. 【飛】ブンブンが飛びまわる平和な朝。 - いつかきっと

    【飛】ブンブンが飛びまわる平和な朝。

    おはよう、ブンブンぶん。・この蜂たちはうちの子たちなのかしらん。ラベンダーの蜜を集めて巣に戻ったらラベンダー味(香り)の蜂蜜ができるのかな。ラベンダー畑を作りたい。そう思ったあの時のわたしの頭の中に蜂はいなかったなぁ。こうしてブログで振り返ると、頭に浮かんだことをしっかり企画立案し予算を組んで計画的に動いてるね。やるじゃん、じぶん(笑)。想定外の展開もそれはそれで愉し♡ということで、今日もま...

  14. 【蜂】セイヨウミツバチがやってきた! - いつかきっと

    【蜂】セイヨウミツバチがやってきた!

    おはわう、新しき家族に興味津々の犬。おかあさん、あのブンブン言いながら飛び回ってる細かいさんがいるあの場所に近づいちゃいけないの?なんだか、楽しそうにブンブンしているよ。実々、あれはね養蜂箱っていうの。あのブンブンさんたちが時間をかけておいしいハチミツを作ってくれるのよ。だけどね、セイヨウミツバチは気が荒いから近くに行っちゃダメよ。チクッて刺されて実々の鼻がテニスボールみたいに腫れちゃうのよ...

  15. 卯の花 - 良え畝のブログ

    卯の花

    最近ずっと気になっていた花があります。山野の路傍に沢山咲いている白い花。うちの畑ではありませんが、巣箱のある場所からそれほど離れていない場所です。ちょうど雨のやみ間で幻想的な風景です。名前は聞いたことがあったけど、しっかり見たことはありませんでした。ウツギ(別名:卯の花)だと思います。間違っていたらご指摘ください。調べてみたところ、ミツバチの蜜源となる花のようです。実際に訪花しているところは...

  16. 花と虫の仲 - 良え畝のブログ

    花と虫の仲

    少し肌寒く薄暗い夜明け、ミツバチはまだ飛び立っていません。早朝5時、夜明けと同時に作業がはじまります。今年2回目の採蜜をしました。ミツバチを飼い始めて、花や植物の見方が大きく変わりました。ミツバチが訪花する植物が気になるのはもちろんですが、他にも様々な虫が花には訪れます。お花畑のように見えるのは、一株から小さな花が無数に咲くニンジンです。ミツバチが訪花しているのは見たことがありませんが、アリ...

  17. 田舎便り112ついに・・・蜜蜂くんがやってきた。 - タワラジェンヌな毎日

    田舎便り112ついに・・・蜜蜂くんがやってきた。

    5年前に、初めて日本蜜蜂を飼うことを始めました。初めて、蜂蜜を採ったときは、とても感動したことを今でも覚えています。そして、あの小さな蜂が、正確な六角形の巣を作ることにも驚きました。それから、2年ほどは、順調に蜂が巣箱に来てくれたのですが・・・ここ、2年ほど、私の夫の田舎の辺りは、日本蜜蜂が激減して全くと言っていいほど、姿を見なくなりました。元々、農薬の影響で数が減っているとは、聞いていまし...

  18. 光を求めて - 良え畝のブログ

    光を求めて

    まるで印象派の風景のように光が変化し、いつもの花や緑がより綺麗に見える一日でした。種採り用として残しておいた春菊は観賞用としても十分な花を咲かせます。春菊にはミツバチが来ていません。その代わりにハナムグリというカナブンの仲間が集まってきます。まぶしいほどの黄色。これだけあると相当量の種が採れます。朝からたくさんのミツバチたちが勢いよく飛び出していました。何かの花が咲いたかなと上を見上げると、...

  19. 帰ってきた分封群 - 良え畝のブログ

    帰ってきた分封群

    連休前くらいから西洋ミツバチたちは波乱万丈の日々です。女王蜂が死んだり生まれたり、分封したりしています。そして、今日また分封されました。しかしそれは以前に分封された箱でした。もう古い女王は存在しないので、考えられる理由として、女王が2匹いるのを見落としてしまったと思いました。しまったーと、思っていたら顔の高さくらいの栗の木に蜂球をつくったので、難なく分封群を捕獲しました。これで2群に分かれて...

  20. 女王蜂の翅 - 良え畝のブログ

    女王蜂の翅

    今日は女王蜂の翅を切るという大仕事をしました。ミツバチたちは時期が来ると群れを分ける為に新しい女王蜂を産みます。そして古い女王蜂と働き蜂の群は巣から出て行ってしまいます。そのことを分蜂(ぶんぽう)と言います。そうすると群の半分くらいの蜂を失ってしまうので、大ダメージをくらいます。そこで、女王蜂の翅を切ってしまうと飛行できないので、群は女王と共に出て行くことができず巣に戻ります。こうやって分蜂...

総件数:40 件

似ているタグ