香りの薔薇のタグまとめ

香りの薔薇」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには香りの薔薇に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「香りの薔薇」タグの記事(25)

  1. ジュードの香りさえ有れば - カヲリノニワ

    ジュードの香りさえ有れば

    今日の紹介はイングリッシュローズのジュード ジ オブスキュア1995年ジュードジオブスキュア、香りは超濃厚でしかも質の高い香りが備わっている花色も見ての通り独特でこの花を一目見てとても気に入ったこのブログは第三弾だが最初に作ったブログの題名にはお気に入りのこの薔薇の名前を入れていた薔薇を育て始めるまで薔薇には全く興味が無く薔薇と言えば高芯咲きの薔薇というイメージしか無かった僕ジュードなどのデ...

  2. マダム イサーク プレール2018後編 - カヲリノニワ

    マダム イサーク プレール2018後編

    さて前回お伝えしたマダムイサークプレールの後編です前回投稿した時はPCで丁度良いくらいの色味にしていたが後でスマホで確認するとただでさえブログに投稿すると画像が劣化しているのに最近のディスプレイは極彩色寄りというか色彩豊かな設定になっているので色が濃すぎて滲んでしまってガッカリしたので今回は少し色味をあっさり目でお届けしようと思っているやはり全景でみるとレディオブシャーロットとマダムイサーク...

  3. マダム イサーク プレール2018前編 - カヲリノニワ

    マダム イサーク プレール2018前編

    今日の紹介はマダムイサークプレールブルボン系のオールドローズ、フランス1881年この品種を紹介するようになって一番花の紹介もやっとここまで来たかと思ったこの品種はとても気に入っている品種でいつも推しで紹介している品種(笑)そのおかげか検索をかけても僕の記事がバラの家の次に来るくらいなんだろう、品種としてもとても気に入っているのだが、耐寒性や耐病性などを含めこの品種には僕のバラ栽培を色々と試さ...

  4. ソニア・リキエルとアブラハム・ダービー - カヲリノニワ

    ソニア・リキエルとアブラハム・ダービー

    今日の紹介はソニア・リキエル2018年一番花フランスはギヨーの薔薇(発表1995年)ソニアリキエルはアブラハムダービーの交配に用いられたイエロークションとアロハが交配に使われている違うのはソニアは更に複雑な交配の元産まれた薔薇だアブラハムと共通しているのは花弁の複雑な色合いと超が付くほどの強香ということだろうかただこの薔薇はアブラハムと違ってピンクの薔薇と言い切ることが出来る中心にアプリコッ...

  5. 埋もれて咲く - カヲリノニワ

    埋もれて咲く

    今日の紹介はジェントルハーマイオニー2018年一番花イングリッシュローズ2005年発表マットな葉、繊細な花弁に淡いピンクの花のER(イングリッシュローズ)DA社ではミルラを思わせるオールドローズの濃厚な香りと有るが僕はこの薔薇はミルラを基調としたローズ香りだと思うそしてその香りはとても独特で特に一番花は一度嗅ぐとその後はすぐにハーマイオニーだと判別できる程の独特のミルラ香だ物置の壁面に誘引し...

  6. 何色でもない薔薇 - カヲリノニワ

    何色でもない薔薇

    今日の紹介はアブラハム ダービー2018年一番花1985年発表のイングリッシュローズアブラハムダービーは前庭のパーゴラの一番目立つ角に植栽してあるこの簡易パーゴラから見ると左奥に南東の植え込みが見える狭い植え込みに大きな薔薇が数種植えてある、それを過ぎると主庭が有るというわけだ我が家は三方殆ど薔薇に囲まれているのだった塀の色が違うのはクリーム色っぽい方は元々ブロック塀で僕がジョリパットでDI...

  7. お気に入りのプリンセス - カヲリノニワ

    お気に入りのプリンセス

    薔薇の名前にはプリンセスやクイーンが沢山居る今日はこのプリンセスの紹介プリンセス オブ ウェールズ2108年の一番花プリンセスオブウェールズはハークネスから作出されたフロリバンダの白薔薇も存在するプリンセスダイアナにちなんで命名された薔薇だが今回紹介する薔薇は同じ名前でも1871年に作出されたハイブリッドパーペチュアル系のオールドローズプリンセスオブウェールズは昨年新苗で迎え今年初めて開花を...

  8. ヤング リシダス2018 - カヲリノニワ

    ヤング リシダス2018

    今日の紹介はヤングリシダス2008年のER植栽位置は前庭写真中央下の赤紫色っぽい小さな株がヤングリシダスあまり大きくなってないヤングリシダス、もう五年目の株他の株が巨大なだけに余計に小さく感じてしまうネットで検索してもあまり立派な株は見当たらないがこんなもんだろうか・・花はとても良い、写真ではマダムイサークプレールと間違えそうになるが実際には全く雰囲気の違う薔薇どちらも何色と例え難い色合いだ...

  9. イングリッシュローズ - カヲリノニワ

    イングリッシュローズ

    今日の紹介はグラハム・トーマス作出1983年写真は2018年一番花イングリッシュローズで唯一薔薇の殿堂入りを果たしている品種だ殿堂入りの選定基準には世界中どの環境でも育てやすく、人類普遍の美意識から選ばれると有る薔薇好きならば誰もがうっとりする色合い、美しさ香りが備わった薔薇実は我が家は黄色い薔薇は入れないつもりだったのだがやはりグラハムはこの目で見たかったやはりそれは正解だった、一輪咲き山...

  10. 天上の薔薇 - カヲリノニワ

    天上の薔薇

    今年もこの薔薇を紹介できることを嬉しく思うケンティフォリアのオールドローズファンタン・ラトゥールケンティフォリアと言えば一季咲きの古い系統だがこの薔薇の作出年は1900年と新しいもう既にオールドローズとモダンローズの時代分けを過ぎてから交配されている薔薇新しい品種という事もあってか繊細な花弁を持ちながらオールドの中では比較的しっかりと咲ききる事が多い花弁の繊細な薔薇は天候に左右されがちだが大...

  11. 頬を染める薔薇 - カヲリノニワ

    頬を染める薔薇

    今日の紹介はマダム ピエール オジェ1878年ブルボンのオールドローズ輝くようなシルバーピンクの繊細な花弁そのほんのりピンクが次第に頬を染めるように濃いピンクに花弁を染める薔薇オールドに人気が集まっていた頃はかなり人気の有る品種だったのでは無いだろうか僕も球形の愛らしいカップ咲きとこの微妙な色の変化を見たくなり迎えた薔薇だった昨年は植えてある場所からシュートを横に倒して誘引していた、昨年はこ...

  12. アルバのオールドローズ - カヲリノニワ

    アルバのオールドローズ

    今日の紹介はアルバ系のオールドローズマダム ルグラ ド サンジェルマンロサアルバの系統はその名の通り白薔薇が多くを占める系統西暦1500年以前に発見されたとされるアルバこのマダムルグラドサンジェルマンは1848年以前に作出?されたとされておりアルバとしては新しい品種、しかし容姿はオールドローズそのものであり繊細な美しさを楽しめる品種である古い品種に見られる濃い緑にグレーがかったような青みは薄...

  13. 光溢れる - カヲリノニワ

    光溢れる

    光溢れる庭6月24日グラハムトーマス一番花輝きの季節、喜びに満ち足りた庭に咲くグラハムトーマスの元気の出る一枚バイカウツギ(八重)と共にランキング用バナーです

  14. バロンジロードラン2018 - カヲリノニワ

    バロンジロードラン2018

    今日はバロンジロードランの紹介1897年作出の比較的新しいオールドローズでHPの薔薇ヒューレットパッカードではなくハイブリッドパーペチュアルね。非常に伸長力の有る薔薇で自作トレリスを見事に覆ってくれるポテンシャルを持つ樹勢も旺盛でベーサルは毎年出るし株の上の方でも太いサイドシュートを出すので我が家ではつるバラ並に伸びるバラである非常に個性豊かな咲き方をする薔薇で花弁の咲きはランダムに尖がりギ...

  15. しのぶれど - カヲリノニワ

    しのぶれど

    しのぶれど2006年京成バラ園芸のバラしのぶれどとは平兼盛の歌しのぶれど色に出りけりわが恋はものや思ふと人の問ふまで秘めた恋心、物思いをしているのですか?と人に問われる程に想いが顔に出てしまっているという歌まあ簡単に言うと男の恋心を歌っているのですがそれにしても顔に出て人が気付く程とはそうとう鼻の下を伸ばしていたに違いない(笑)藤色のこの薔薇今の和バラブームより少し前にヒットした薔薇だ当時...

  16. 定番のオールドローズ - カヲリノニワ

    定番のオールドローズ

    今日の紹介はルイーズ・オディエ1851年作出、ブルボンのオールドローズ早咲きで他の薔薇が開花する前から開花が始まる我が家には2株ルイーズオディエを植栽している1株は前庭のパーゴラで購入した挿し木苗もう1株は接木苗で購入し主庭に植栽したもの、紹介しているのは接木の主庭に植栽したルイーズ挿し木の方の成長がイマイチでこれは本来の開花では無いだろうと接木の株も植栽したのだがどちらも植栽場所としては良...

  17. 夏のポンパドゥール - カヲリノニワ

    夏のポンパドゥール

    連日知らさせる厳しい暑さ暑中お見舞い申し上げます北海道も本格的な夏の暑さがやってきています暑い暑いと言っても所詮は29度(汗)暑いけど猛暑を経験している地域で言えば朝晩の気温なんだとか・・本当に恐ろしい暑さですね庭も気になるでしょうがどうかご自身の身を案じて下さるようお願いいたします。暑く日差しの強い時期ですがローズポンパドゥールがとても美しく咲いて嬉しくなってしまったので紹介しておきたいと...

  18. 赤と赤の競演 - カヲリノニワ

    赤と赤の競演

    今フランシスデュブリュイと真夜が同時に咲いている以前から紹介しているのでちょっとしつこいかも知れないが二種を一緒に撮影して花くらべボルドーのような色合いで中心が赤になるフランシスデュブリュイそしてワインレッドの真夜真夜の片親はフランシスのようだが開く途中似ている時は有るが花は結構違うフランシスは開くとすぐにカップになってくるが真夜はわりと細身をキープしながら咲き進む開花が進むとフランシスは外...

  19. 黒薔薇 - カヲリノニワ

    黒薔薇

    黒薔薇フランシス デュブリュイ 1894年昨日開花が始まったと紹介したばかりだがフランシスデュブリュイが開花した下の蕾は昨日の物それが一日経って極上の開花を見せてくれた薔薇の開花って本当に美しい黒薔薇と言っても真っ黒ではない黒味を帯びている感じ、ブルーイングは殆ど無いこの薔薇は濃厚に香る花弁は多すぎず少なすぎない中輪、花が小さいとコロンと球形のカップ咲きからフワッとロゼット咲きに開くが大きめ...

  20. 夢の開花 - カヲリノニワ

    夢の開花

    今日はイングリッシュローズのジュビリーセレブレーション2016年一番花の紹介をしたいと思う今年の開花が続々と紹介される中だがどうかお付き合い頂けたらと思いますちなみにジュビリセレブレーション、毎年撮影枚数が非常に多くなる薔薇だ昨年は蕾の数は例年とさほど変わらなかったもののブッシュ系はどうも調子が悪く、開花が揃わず全景の写真が全然無かった撮影枚数も少なめかと思いきや思った以上に撮影枚数が多かっ...

総件数:25 件

似ているタグ