馳星周のタグまとめ

馳星周」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには馳星周に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「馳星周」タグの記事(14)

  1. 馳星周作「少年と犬」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「少年と犬」を読みました。

    第163回直木賞受賞作、馳星周作「少年と犬」を読みました。買わない積りでしたが、同調圧力に敗北しました。第一章、男と犬。仙台に住む中垣和正は、とある迷い犬に目を止めました。賢そうでしたがやつれていました。東北大震災の被災者の犬かと和正は思いました。しかし飼い主はいませんでした。首輪には多聞という名前が書いてありました。和正は犬を家に連れて帰りました。和正は半グレに雇われて盗品の配達の仕事をし...

  2. 読まされてしまった「少年と犬」(馳星周) - 梟通信~ホンの戯言

    読まされてしまった「少年と犬」(馳星周)

    眼医者の翌日は歯医者、ものは順にいって、三茶へ。暑さと膝痛にくたびれて病院のドアを開けたとたんに迎えてくれる冷気とモツアルトが心地よい。「どうですか、このごろは?」「このごろ、ここが痛くて、とくに一昨日はひどかったです」例によってX線写真を見ながら、痛みの原因を探っていく。コーノスという義歯のバランスが崩れて、奥の歯が破壊されて(消毒中)、そのために隣接する歯に負担がかかって、骨が炎症を起こ...

  3. あれっ、犬に感じる無償の愛? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、犬に感じる無償の愛?

    【 馳星周:少年と犬 】先日、直木賞受賞作「少年と犬」(馳星周著、文藝春秋)を読んだ。以下はインタビュー記事からの一部抜粋。https://books.bunshun.jp/articles/-/5521最後に多聞がたどりついたのは、九州・熊本。そこでようやく再会を果たしたのが、言葉を失ったひとりの男の子だった――。「実は単行本の最後に収めた『少年と犬』は最初に書いた話です。でも通しで読んだ...

  4. 日がな一日・・・ - WEEKEND PARADISE

    日がな一日・・・

    朝5時過ぎに目が覚めても、病院では何もやる事がないから、本当に退屈・・・貧乏性の身としては、一日中 on the bedではね〜病院内のドトールへ開店と同時に来て、まずはブレンドコーヒーを一杯飲んでから、2冊ばかり本を読んだ。1冊は、馳 星周の直木賞受賞作 “少年と犬”・・・馳 星周のデビュー作 “不夜城” は、当時としては衝撃的な小説で興奮して一気に読んだ。しかし続編の “鎮魂歌”は、余り...

  5. 馳星周作「神の涙」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「神の涙」を読みました。

    この作家さんの小説はつまらないのでもう買わないと決めていたのですが、彼の故郷である北海道回帰を果たしたという書評を見つけて、元道民で元熱烈馳ファンの連れが買ってしまったので読みました。アイヌの木彫り作家、敬蔵と孫の悠の暮らす弟子屈の家に、雅比古が訪ねて来ました。アイヌである事を嫌う悠は、弟子屈を出て、釧路か帯広の高校に行きたがっていました。金の無い敬蔵は、悠の為にいくつか木彫りを売って金を作...

  6. 馳星周作「ゴールデン街コーリング」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「ゴールデン街コーリング」を読みました。

    私はかつて馳先生の熱心なファンだったのですが、最近は読むのを止めています。それは小説神奈備を読んでからの事でした。以後何冊か刊行されていましたが、一冊も買いませんでした。しかし、この小説は読まねばならない。なにせリンクした書評で、まさにこのような小説を出すよう要求していたのです。まさか馳先生がこのブログを読んだはずもないと思いますが、最近の馳先生の仕事ぶりを見ていれば、まあ編集者なら誰でもこ...

  7. 読書三昧2018年9月末まで - わたらせ

    読書三昧2018年9月末まで

    9月に読んだ本(9月一杯追加編集します)●光あれ著者:馳星周光あれ (文春文庫)/馳 星周(文庫:文春文庫) - 相原徹は、生まれ故郷の敦賀―原発に税収と雇用を頼る街から出ることなく、子供時代を過ごし、仕事を得、家庭を持った。未来を描けないこの街での窒息...本を通販で売っている紹介をコピー内容をうまく表しているか疑問?紹介文転載●天国の一歩前著者:土橋章宏表紙裏に老人ホーム・介護施設の分布...

  8. 読書記録「蒼き山嶺」 - SEのための心理相談室

    読書記録「蒼き山嶺」

    読書記録馳星周「蒼き山嶺」 抄録は以下の通り。『元山岳遭難救助隊員の得丸志郎は、残雪期の白馬岳で公安刑事・池谷博史と再会した。2人は大学時代、山岳部で苦楽をともにした同期だった。山頂までのガイドを頼まれた得丸が麓に電話を入れると、警察に追われた公安刑事が逃げてきていると聞かされ…。』導入部の出会いが全て偶然、という点さえ飲み込めれば、面白く読める小説でした。中盤以降はひたすら苦しく山を...

  9. 読書記録「神(カムイ)の涙 」 - SEのための心理相談室

    読書記録「神(カムイ)の涙 」

    読書記録馳星周「神の涙」 抄録は以下の通り。『アイヌの木彫り作家・平野敬蔵と孫娘・悠の家に、尾崎雅比古と名乗る若い男が訪ねてきた。穏やかな日常と消せない過去。怒り、殺人、逃亡の果て、男はアイヌの地でなにを見たのか…。感動のネイチャーサスペンス。』ミステリの範疇を超えた大河小説と言ってもいいほどの傑作です。時間軸、地域の広がりはごく狭いものですが、印象は大河小説の趣です。北海道とアイヌと...

  10. 馳星周「アンタッチャブル」 - 湘南☆浪漫

    馳星周「アンタッチャブル」

    マフィア系統の作品が多い印象があるんだけど、この作品は警察の公安が舞台。こういった作品もあるんだね、と言う意外感が大きい。

  11. 復活祭/馳星周読みました。 - Brixton Naoki`s blog

    復活祭/馳星周読みました。

    復活祭/馳星周前回ここに載せた誕生祭の続編そもそもこれ読むために誕生祭を10年ぶりに読み直したのです。物語は前作の誕生祭はバブル期の80年代後半でしたが今作はそこから10年たちIT産業をターゲットにします。10年前になにもかも失った主人公とその兄貴分がIT産業の会社を起業します。今回は株式を公開して株価をつりあげる10年前に踏み台に使われた女達がそれを嗅ぎつけのっとろうとする狂ったゲームを最...

  12. 誕生祭/馳星周読み直しました。 - Brixton Naoki`s blog

    誕生祭/馳星周読み直しました。

    一昨日のリニューアルDJイベントは開始する直前に雷雨!防音した店内にまで雷の音が聞こえてくるほどそれでも音の良くなった店内には気持ち良く音が響きました!リニューアルDJイベントは今週土曜も開催その翌日は貸し切りとなっています。そしてこの本を読み直しました。誕生祭/馳星周復活祭というこの誕生祭という本の続編が発売されてなんせ読んだの10年以上前でもう内容忘れていたのでまずはこっちを読み直そうと...

  13. 馳星周作「暗手」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「暗手」を読みました。

    かつてはこの作家さんの熱心な読者でありました。全小説を読破したものでした。ただ、この数年この作家さんはすっかり力を落としてしまっています。なにせ軽井沢のでかい家で大型犬二頭と幸せに暮らし、登山にのめりこむ有様です。リア充そのものですよね。そんな暮らしをしている作家さんにノワール小説など書けるはずもありません。この前作から買うのを辞めてしまったのですが、これも熱狂的な馳ファンである連れが、Ki...

  14. 暗手  /  馳星周 - HarQ Photography

    暗手 / 馳星周

    暗手/馳星周(amazon)いつの頃からか、写真を通じて友人となった馳星周氏の新刊の小説である。久々の暗黒系犯罪小説ときけば、読まないわけにはいかないのだ。といっても、最近の暗黒系犯罪小説以外も読んでるのであるが(笑)小説の批評をするほどいろんな本を読んでるわけではないが、彼の作品は面白い。GWに大混雑に出かけるのも良いが、どっぷり小説の世界に入り込むのも良いのでは? ブログランキング

総件数:14 件

似ているタグ