騎士団長殺しのタグまとめ

騎士団長殺し」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには騎士団長殺しに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「騎士団長殺し」タグの記事(5)

  1. 「騎士団長殺し」は「写楽」その2 - 憂き世忘れ

    「騎士団長殺し」は「写楽」その2

     四つ目の寝言、前にちょっと書きました「騎士団長殺し」=「写楽」。 「殺」の字、歪んでいます。 よーく見るとおかしなところがある「写楽」の絵と同じです。 目の前にドーンとあるのに、気づかなかったりするところも「写楽」と同じです。 てことは、編集者さんは「何について書いてあるか」をご存知なんでしょうね。 

  2. 「騎士団長殺し」は「写楽」 - 憂き世忘れ

    「騎士団長殺し」は「写楽」

    他が途中なのですが、ちょっと、どういう感じで入れているのかと、冒頭を少し読みました。主人公が、絵画教室の生徒さんである女性と関係を持ちます。この絵のことでしょう。 身体に傷があるとか、いろいろと意味深な表現があります。お持ちの方、ぜひ相撲をイメージして読んでみてください。私が興味あるのは「写楽」のそれぞれの絵の「解釈」です。他の小説同様「答え合わせ」が目的です。この「相撲絵」を私は「うさぎ」...

  3. 「騎士団長殺し」のこと - 憂き世忘れ

    「騎士団長殺し」のこと

    「騎士団長殺し」上下巻を買って、置いてあります。タイトルと、「画家」の話と知ってピンと来ました。村上春樹さんが書きそうなテーマの一つが「写楽」です。パラパラと読みましたら「九ヶ月」というワードに出会って「やっばり」と思いました。画家と来て「九ヶ月」とくれば、「写楽」しかありません。騎士団長殺しとは、曽我兄弟の話かと思います。「ノルウェイの森」を解読中ですし、そのまま置いてあります。自慢する訳...

  4. 『騎士団長殺し』 - 御影日記

    『騎士団長殺し』

    『騎士団長殺し』2回目読了。ついさっき読み終えたところ。物語の世界をできるだけ具体的にイメージしながら、じっくり時間をかけて読んだ。3月に1回目に読んだときとは、かなり違う印象が残った。自分のためのメモ書き程度だけれど、せっかくなのでここに書いておこうと思う。 1回目は過去の作品が思い浮かんだり、複雑にからみあうストーリーについていくのに一生懸命だったけれど、2回目はそういうものに引きずられ...

  5.  村上春樹の文学における「南京」 - 憂き世忘れ

    村上春樹の文学における「南京」

     ちょっと、文学評論風タイトルにしてみました。こういうタイトルの本は、まあ、鼻持ちなりません。イデアがナンタラカンタラ〜イデアって何だよ?と思って辞書を引いてみましたが、それでもサッパリ。 「村上かるた」の愛読者としては、例えば、村上氏自身が「イデア」などと書いていたら「ひでぇや」と読むべき。 比喩に満ちているということが解っていながら、なぜ、「南京」をそのまま中国の地名であるとするのか。そ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ