骨格標本のタグまとめ

骨格標本」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには骨格標本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「骨格標本」タグの記事(11)

  1. 千葉市動物公園:動物科学館~あなたの知らない「骨の世界」(November 2020) - 続々・動物園ありマス。

    千葉市動物公園:動物科学館~あなたの知らない「骨の世界...

    千葉市動物公園の動物科学館と言えばエントランスにあるアジアゾウの骨格標本が一際、印象に残りますが・・・こんな催しが行われていましたこれ見て、ぱっと何の骨か分かる方は結構マニアですよねそう千葉市動物公園の代名詞でもあるレッサーパンダですこれは、まあまあ分かりやすいかもアミメキリンの頭骨です左端の見切れているのはミニブタですいやこれ怪獣じゃんって言いたくなりますがアーストロン・・・ではなくマレー...

  2. 挑戦!トガリネズミ骨格標本(閲覧注意)・その1 - なまらや的日々

    挑戦!トガリネズミ骨格標本(閲覧注意)・その1

    ~その1・エゾトガリネズミがやってきた!~(これは北大博物館の展示ケースの中にいたトガリネズミ人形です。ホンモノではありません)さて今回は、エゾトガリネズミの全身骨格標本に挑戦です。だんだん難易度が高いい。そして1か月がかりのホネ活報告、長くなってしまいました。その4まであります。事の起こりは昨年2020年の秋。むらかみ農園さんの「蝦夷尖鼠、ご希望のかたに差し上げます」という呼びかけに、ハイ...

  3. 挑戦!トガリネズミ骨格標本・その2(閲覧注意) - なまらや的日々

    挑戦!トガリネズミ骨格標本・その2(閲覧注意)

    (前回までここで精魂つきて、一回休み。)休業期間も明けて、ホネに後ろ髪をひかれつつも、ひさびさの日常生活だあ!今あせってひっぱってもいいことはなさそうだし、しばしトガリネズミには水の中でおやすみ。~その2・除肉活動~・・というわけで、定休日。1週間ぶりに、ホネ活動再開。な、なんとか、全体のイメージはあるぞ。・・・あるよな?さて、次に考えた作戦はこうです。体の場所によって、厚く肉と皮のついてい...

  4. 挑戦!トガリネズミ骨格標本・その3(閲覧注意) - なまらや的日々

    挑戦!トガリネズミ骨格標本・その3(閲覧注意)

    (前回まで:これ以上バラバラになると取り返しがつかないかも。除肉はあきらめよう)(ちなみに前々回:トガリネズミがやってきた!)さて、そうこうしているうちに2月も末です。確定申告はデータ入力も終わって大詰めまできているけれど、ここでエゾトガリネズミをほっておくわけには断じていかない。というわけで、ホネ活動再開。~その3・骨を組む~エゾトガリネズミの頭骨を触っていて、何だか鶏の頭骨に似ているなあ...

  5. 挑戦!トガリネズミ骨格標本・その4(閲覧注意) - なまらや的日々

    挑戦!トガリネズミ骨格標本・その4(閲覧注意)

    (前回まで:骨をなんとか組み上げたぞ?)(ちなみに前々回:除肉活動そして初回:エゾトガリネズミがやってきた!)~その4・大詰め~さて、1週間後。ホネ活もとうとう大詰めです。標本入れる箱も用意しましたよ。あっちょっと?なんか駄目じゃん。しっかりして!前回の最後の画像を見るとわかりますが、しっぽが設置面より下がっていて、そのまま持って来たら前にこけてしまった。そこで再びアルコールでふやかして、し...

  6. 上野動物園: 両生爬虫類館特設展示 「ハラペコロジー~なにを食べる? どう食べる?」【後編】 - 続々・動物園ありマス。

    上野動物園: 両生爬虫類館特設展示 「ハラペコロジー~...

    アフリカツメガエルです前回の続きで、上野動物園・両生爬虫類館特設展示の様子アフリカ南部から西部にかけて生息するカエルペットとしても人気の種ですが、寒さにも強い為近年では和歌山県で大繁殖し問題となっていますこちらは両生爬虫類たちの「歯」を解説する為の骨格標本オオサンショウウオ小さな歯が上下にたくさん並んでいますカエルは種類によって違いますが上の歯はあったりなかったりで、下の歯はありませんざくっ...

  7. 上野動物園: 両生爬虫類館特設展示 「ハラペコロジー~なにを食べる? どう食べる?」【前編】 - 続々・動物園ありマス。

    上野動物園: 両生爬虫類館特設展示 「ハラペコロジー~...

    2019年3月28日から開催されている(現在は休園中)上野動物園・両生爬虫類館の特設展示「ハラペコロジー」両生爬虫類の生態に疑問を抱いた少女ロージーとともに謎を解明していくというコンセプト主に、何をどう食べているのかといった疑問を中心に進んでいきます公式記事よりパンサーカメレオン特徴的な舌の解説さらには、もっと分かりやすいように骨格標本も展示してあるというこだわり舌骨(ぜっこつ)の様子が分か...

  8. 嗚呼、東山動植物園~オキとの再会(December 2018) - 続々・動物園ありマス。

    嗚呼、東山動植物園~オキとの再会(December 2...

    東山よ!私は帰ってきたーーーーーー!!という訳で12月中旬、帰省した際に久々に東山動植物園へ行って来ましたえーっと、6年ぶり・・・そんなにもなるのか↓東山動植物園メインの当時のブログ「東山か・・・何もかもみな懐かしい・・・」などとつぶやきながら動物会館へ足を運んでびっくりしましたなんとオキさんがいるではないですか素晴らしい出来の剥製で、目頭が熱くなりましたオキさんに再び会わせてくれた、剥製師...

  9. 上野動物園:両生爬虫類館特設展示「ミヲマモル」~その1:骨をつき出しミヲマモル - 続々・動物園ありマス。

    上野動物園:両生爬虫類館特設展示「ミヲマモル」~その1...

    見事な擬態を披露しているのはコケガエル昨年3/26~12/28まで、上野動物園・両生爬虫類館で開催されていた特設展示「ミヲマモルDr.ペトルの秘密の倉庫」両生爬虫類たちの身を守る為の多彩な技の数々を実際の生物たちとともに紹介した見ごたえのある楽しい展示でしたモウドクフキヤガエルヤドクガエルの中でも最強レベルの毒の持ち主ド派手な黄色い体色は、外敵に対する警告であると言われています毒をとばしてミ...

  10. 【注:骨画】 - 創り手、覚え書き。

    【注:骨画】

    ふとした時に美しいなぁて思う。

  11. たまには趣味の話を。【注:骨画】 - 創り手、覚え書き。

    たまには趣味の話を。【注:骨画】

    どうもマッツォです。最近ツイッターにばかり呟いてブログには新作のお知らせくらいしか書かなくなっているので、ここはひとつ趣味のものでも書こうかと思います。はいこちら。ペタンクと呼ばれる球技に使う球です。フランスのアンティークショップで見つけて一目惚れ、取り寄せました。ペタンクは初めは木製の球を使っていたのが、重さと耐久性をあげるため、木製の球に釘を打ったものを使うようになり、現在では金属製の球...

総件数:11 件

似ているタグ