骨董のタグまとめ

骨董」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには骨董に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「骨董」タグの記事(17)

  1. 福がいっぱいの骨董小皿 - MY Dear LIFE

    福がいっぱいの骨董小皿

    昔から古いものが好きです。いつからかと言うと、幼稚園の時に「大きくなったら何になりたい?」と聞かれ、「こっとうやさん」と答えていたほど。三つ子の魂・・・で、未だに街でも旅先でもネット上でも、骨董屋さんやアンティークショップを見かけると覗かずにはいれらません。最近の出会いはこちらの印判の小皿。昭和初期と比較的新しいもので、全く高いものではないのですが、七福神の皆さんのなんともゆるい表情にたまら...

  2. ガラクタ趣味から機能主義へ転換する - 人生は楽しむのが一番!

    ガラクタ趣味から機能主義へ転換する

    この頃は完全に覚醒した。もうガラクタ集めはやめだ。右のような古民家カフェを見ていると、最近は"祟られている"ように感じる。若い人はこれがよいと感じてはいけない。未来へ向かっての創造性が無くなる。老人もそうだ。「昔はこんなによかった、、」と無責任な懐古の快楽の中だけに生きるだけでこの世を去って行くことになる。それはそれで幸せなのだが、私は嫌だ。左は"バウハウス"。ナチスドイツが退廃的だと禁止し...

  3. 盛岡へ③ 骨董屋さん - きつねこぱん

    盛岡へ③ 骨董屋さん

    前日よ市で目星をつけたものがあった下の子と翌日、アンティークショップ「百萬堂」さんへ行ってみました。店先には「買い取り致します」の張り紙。私にはよくわかりませんが下の子が言うには価格が安めとのこと。商品が所狭しと並び積み上げられていて地震のときがちょっと心配。昨日は糸巻きを探してこられたお客様が値切った時に店主があっさりと断っていたのを聞いていたので価格交渉は無理な店と判断(笑)下の子は昨日...

  4. 小さいものに力を注ぐ - 瓢屋hisago-ya

    小さいものに力を注ぐ

    座布団代わりに「へだて」の重ね。小さい物は掛けた手がすぐに見える。

  5. 盛岡へ~② 材木町 よ市 - きつねこぱん

    盛岡へ~② 材木町 よ市

    盛岡に住む友人に25年ぶり?に再会した後、また後で飲みに行く約束をして、子どもたちと材木町で毎週土曜日に行われている「よ市」に出かけてみました。「材木町よ市」は盛岡で40年以上続くストリートマーケットで4月~11月の毎週土曜に約430メートルの商店街が歩行者天国になり、沿道は100店舗以上の露店で賑わうとこのと。もう終了時間に近いこともあってそろそろ店じまい。でもまだまだ人は溢れていて凄い賑...

  6. 茶壺「古竹矮」 - 中国古陶磁 陶枕斎

    茶壺「古竹矮」

    最高級ウーロン茶・岩茶の故郷である福建省武夷山は、1999年、世界遺産に登録された。世界遺産も今や珍しくはないが、自然と文化の複合遺産は、そう多くはない。「碧水丹山」と形容される、風光明媚な峡渓谷が広がり、様々な珍しい動植物が生息している。穏やかで豊かな自然の中に、遺跡や道教寺院、宋代の茶園など、文化の跡も残されている。風景保護区内のハイキングコースを歩いていると、美しい竹を多く見かける。古...

  7. 茶筒 - 中国古陶磁 陶枕斎

    茶筒

    紹興酒で知られる紹興は、水と緑の美しい街だ。名前は忘れたが、大きな池のある、中庭の見事な寺で、美味しい昼食をいただいた。スープや炒め物もさることながら、最後に登場した焼きそばに、悲鳴をあげた。美味しいのだ。日本で言えば、万能ねぎだろうか、香り高い細ねぎが、薄茶色い麺と炒められただけの、実にシンプルな焼きそば。油の新鮮な耀きと甘みに、麺のうま味が合わさって、何とも美味しい焼きそばだった。あまり...

  8. 骨董品、置物、アンティーク商品買取り致します! 大吉サファ福山店です。 - 大吉サファ福山店-店長ブログ

    骨董品、置物、アンティーク商品買取り致します! 大吉サ...

    福山市内、尾道市内にお住まいの皆様こんにちは。毎日元気に年中無休で営業しております(^^当店ではアンティークな置物や骨董品も買取りしております。骨董品、置物、アンティーク商品買取り致します! 大吉サファ福山店です。こちらは前に買取りさせて頂きましたイタリア製の置物です。ご自宅にある価値のわからない置物や陶器などありましたら是非当店にお持ちください(^^♪専門スタッフが査定させて頂きます。骨董...

  9. コンビニ近隣被害者の会がコメントをくれました - 音作衛門道楽日記

    コンビニ近隣被害者の会がコメントをくれました

    コメントの欄に、久しぶりに書き込みがあったコンビニ近隣被害者の会の代表ね・・・・引越しをして落ち着いたって書かれているい、何もできない自分ってそうさ、低周波音症候群の被害は10年経っても政府も企業も、認めないしな・・・・喜ばしい輪島の鶴亀しかしなあ、、こちらが更新すると必ず  大騒ぎの来訪者でいっぱいよ加害者が見ているんだよね・・・論文も読めるやつか??みんなが知っているのにここが SNSの...

  10. 中之島香雪美術館3月21日OPEN - 料理・器・花・上質な暮らし教室『COUTURE de Miue クチュール・ドゥ・ミュウ』神戸・芦屋・西宮・夙川・苦楽園・大阪

    中之島香雪美術館3月21日OPEN

    3月21日水曜よりオープンしております。3.21-4.22中之島香雪美術館 開館記念展「珠玉の村山コレクション」〜愛し、守り、伝えたい〜私もお伺いします。古美術、茶道具好きの方は是非。Couture de Miue井植 雅子

  11. 色絵柴垣紅梅桜花文蓋茶碗 - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    色絵柴垣紅梅桜花文蓋茶碗

    江戸時代中期 1700年代の色絵蓋茶碗です薄手のちょっと深みのある器形江戸時代中期の伊万里焼の良い表情をしていますちょうど柿右衛門様式から古伊万里様式に変容する時期の意匠です白磁は乳白の濁し手ではなく、伊万里の少し青みのかかった磁胎濃淡の呉須で水のながれを表わし赤絵で繊細な柴垣を描いています木の幹部をグレイかかった紫の顔料で塗り込んでいるのが、この様式の特徴葉っぱも濃い緑と紫で表しています器...

  12. 中国古陶磁の魅力 - 中国古陶磁 陶枕斎

    中国古陶磁の魅力

    2018年3月1日から、陶枕斎新特集「マイフェイバリット」(~6月末まで)が始まります。タイトルの通り、陶枕斎が大好きな中国陶磁を、4カ月にわたって特別展示いたします。これは本当に漢や唐、宋や元の、古い時代に焼かれたものなのか。あるいは清代、乾隆帝が推し進めた政策のように、古き良き時代の作品をお手本にして作られたものなのか。はたまた今から80年ほど前に、大量に製作されたと言われる模倣品の類な...

  13. 明治時代のままごと - Clearing Method  クリアリング・メソッド

    明治時代のままごと

    祖母のままごと。1900年生まれなので、100年以上経っている。実家のものを随分処分したが、残しておこうと思い、とりあえず仕事場に運んだものが数箱。夕べ、整理を始めたら、収拾がつかなくなり。。。気分転換に、保管のための内容確認写真を撮った。爪の大きさほどの急須も陶器でできており、絵付けされ、蓋もある。湯のみには、糸底も。皮むきもよくできている。小さな方は、幅が5ミリほど!櫛も柘植でできている...

  14. 我が家のお雛様 - ダイアリー

    我が家のお雛様

    遠く故郷を離れても、離れているからこそ我が家で欠かせぬ日本の習慣がある。そのひとつは3月3日の桃の節句。私の為だけの拘りでは無くて子供達に彼らのアイデンティティーとして日本の文化や習慣を教えたかったから。3月3日は夫の誕生日でもあるので、当日の食事メーニューは娘の好物の五目ちらし寿司と夫の為にはバースディケーキでお祝いするのが我が家の慣わしだ。竹の金蒔絵が描かれている漆塗りの三宝に飾った古い...

  15. 春のきざし - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    春のきざし

    Imari ware / ca.1800s hand-painted the cherry-blossom designまだまだ寒い日が続いていますが日射しからは春の気配を感じますもうあと一か月もすればあの桜の季節がやってきますきょうは桜の模様の伊万里をご紹介桜と言っても華やかな「そめいよしの」ではありません幽山に咲く山桜です日本画の特徴である「余白」を生かした作画です少し青みを帯びた泉山陶...

  16. アンティーク 網代 銀象嵌 鶴の図 煙草盆 煙草入 - アンティーク(骨董) テンナイン

    アンティーク 網代 銀象嵌 鶴の図 煙草盆 煙草入

    アンティーク 網代 煙草盆と煙草入です。銀象嵌で鶴が彫られています。ヤフオクに出品中です。生前整理、遺品整理のお手伝いもさせていただきます。捨てる前にご相談ください。壊れた時計、使わない筆記用具、古いラジオ、50年以上前の物は人気があるものが少なくありません。家を売却する、引っ越しをする時はお問合せください。思わずお小遣いになるかも知れません。本日の買取品はOMEGAコンステレーション、ラド...

  17. ***コンパクトな都心のお宅で暮らす人として,,, - 柿崎こうこの 別冊 ビューティーセブン

    ***コンパクトな都心のお宅で暮らす人として,,,

    "50㎡台までのコンパクトな都心のお宅で暮らす人たち”というテーマで 自宅を取材していただきました。今の住まいを探す時の最優先事項は”窓前の抜け感”。不動産屋でそれを伝えると「都内でそれは厳しいですね〜」と言われることが大半です。稀にそう言わない方もいて、これまでもそういう方に最後までお世話になることが多かったと思います。この部屋を探した時の不動産屋さんも、根気強く気持ちよくお付き合いしてく...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ