高原のタグまとめ

高原」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高原に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高原」タグの記事(218)

  1. 冬の流れ - 自然と仲良くなれたらいいな2

    冬の流れ

    湯ノ湖から戦場ヶ原を経由して中禅寺湖に注ぎ込む湯川。しゃくなげ橋から上流部を撮る。( PENTAX KP+DA16-85mm / 栃木県日光市・奥日光 )

  2. 淡い晴れ間 - 自然と仲良くなれたらいいな2

    淡い晴れ間

    庵滝氷瀑を見てからおよそ1時間かけて戻った小田代ヶ原は 淡い晴れ間が広がりつつあった。( PENTAX KP+DA16-85mm / 栃木県奥日光・小田代ヶ原 )画像クリックで少し大きくなります

  3. 雲が切れてきた! - 自然と仲良くなれたらいいな2

    雲が切れてきた!

    庵滝氷瀑を見た帰り、今まで曇っていた空が 突然切られたように青空が広がりはじめた。( PENTAX K01+DA12-24mm / 栃木県日光市・奥日光 )

  4. 薄日射す - 自然と仲良くなれたらいいな2

    薄日射す

    一昨昨日、晴れ時々曇りの予報で出かけた奥日光の戦場ヶ原だったが、ご覧のように雪がちらつく天気だった。積雪は40㎝ぐらいだったろうか。時々わずかに薄日を射す時があったので 時間をかけてその時を狙ってみた。( PENTAX K01+DA12-24mm / 栃木県奥日光・戦場ヶ原 )画像クリックで少し大きくなります

  5. 西郷村甲子大橋の紅葉ラスト - 日本あちこち撮り歩記

    西郷村甲子大橋の紅葉ラスト

    撮影日2020年11月4日このエキサイトさんのサイトはフリーコースで1Gまでの画像容量の契約なんです。2年前に、そろそろいっぱいになるかなあ〜と言う事でGOOさんのほうに日本あちこち撮り歩記2を引き継ぎとして始めたのですがやはり長い間のこのエキサイトさんのサイト、このアドレスも気に入ってる、しかも私の仕事関係にも印刷してしまっているので継続することにしました。いわゆる有料コーナーに移動です。...

  6. 2020-10-27 - 思い立ったが吉日

    2020-10-27

    雲海を一度でも良いから撮ってみたいと、思い立って湧水町の魚野ハンググライダー場に行ってみた。この魚野は県北の湧水町と宮崎県えびの市の境にあり、標高200mほどであろうか。えびの市から小林市一帯は、大昔の火山活動(加久藤火山=霧島連山はこの火山の一部)で出来た盆地で霧が発生しやすい所である。この時季、この盆地は雲海が出やすいので、カメラマンたちが集まってくる。早朝3時過ぎに車で出向いたが、放射...

  7. 草津白根から志賀高原 - デジカメ写真集

    草津白根から志賀高原

    今日も朝から雨。気温も上がらず寒い一日でした。今日は在庫写真から。5年前の明日(10月10日)に撮影した草津白根から志賀高原への山道で撮った紅葉の景色です。この時は松之山での稲作の総仕上げの脱穀作業に行く前に寄り道して紅葉を撮りに寄って撮ってきました。走った道は国道292号志賀草津高原ルートです。このルートは標高が2000mくらいと高いので10月の初旬でもう紅葉が始まってました。秋の紅葉の写...

  8.  茅野市蓼科大滝その1 - 日本あちこち撮り歩記

    茅野市蓼科大滝その1

    撮影日2020年9月18日原生林を抜けるといきなり左手に流れが見えます。前夜からの大雨で雑魚川も水量が増しています。まずは流れの上流のカットです。到着したのは雨降りの日暮れ時、と言う事で持って来たのはレンズ一本。う〜ん、軽井沢みたいにフル装備で来れば良かった。と、今から嘆いても遅かった・・・ですので画角の変化が付けられません・・・(T_T)流れの下流側です。紅葉時はモミジ・カエデが色づいて良...

  9. 茅野市蓼科・苔と原生林の世界ラスト - 日本あちこち撮り歩記

    茅野市蓼科・苔と原生林の世界ラスト

    撮影日2020年9月18日左側から流れの大きな音が聞こえてきます。遊歩道もそろそろ終点が近いです。その終点にあるのは高さ25M、横10Mの雑魚川の中の滝では最大の蓼科大滝です。でも時刻も日の入り近くになり、それでなくても雨降りの日ですのでだいぶ暗くなってきました。次回からは蓼科大滝のカットです。おまけ今日のまりちゃん今日でなく昨日のカットの続きです。お兄ちゃんの方もリードを持ちたくて交代で散...

  10. 高原のノゴマ - azure 自然散策 ~自然・季節・野鳥~

    高原のノゴマ

    202010スズメ目ツグミ科ノゴマ(野駒)超遠くにノゴマを発見!!・・証拠写真になります。。リベンジしたいと思いますが、ここのところ天気が雨模様ですね。。。休みに限って雨。。。ご覧頂きありがとうございます。↓↓よろしければ・・応援のクリックを頂けれ幸いです。

  11.  茅野市蓼科・苔と原生林の世界その3 - 日本あちこち撮り歩記

    茅野市蓼科・苔と原生林の世界その3

    撮影日2020年9月18日雨に濡れたサワラの原生林、ちょっと湿り気を帯びると彩度が増してコントラストがはっきりしますね〜遊歩道は自然に作ってくれた石畳です。登りも揺るかですし、苦にならない道のりです。紅葉の頃は結構混雑するらしいですが、今この時刻は行き交う人もいません。なんだか不安になってきますね〜(^_^;)根元が大きく穴の空いている樹木もあります。なんか動物の窠にでもなっているのかな?ま...

  12. 茅野市蓼科・苔と原生林の世界その2 - 日本あちこち撮り歩記

    茅野市蓼科・苔と原生林の世界その2

    撮影日2020年9月18日苔と原生林の森の中の遊歩道は、夕方と言う条件も合いまって寒いくらいでした。駐車場で見た車の温度計では19度でしたが、森の中ではそれよりも2度くらい低いかも・・・・広葉樹を見てみると、わずかばかりの紅葉がすでに始まっていました。原生林と言う定義は、自然林と言う条件が第一ですが、ここはその条件に叶う森だそうで。サワラの原生林が素晴らしい所です。サワラと言うと、あすなろの...

  13. 茅野市蓼科・苔と原生林の世界その1 - 日本あちこち撮り歩記

    茅野市蓼科・苔と原生林の世界その1

    撮影日2020年9月18日蓼科高原のプール平の駐車場にやっと到着。しかし時間は4時を過ぎて周辺はちょっと薄暗くなった雨降りの蓼科でした。時間も遅いし中止か?なんて車内で相談しているとなんだかちょっと明るくなったような・・・そして雨も小やみ状態、では行くだけでも行こうか、と言う事でカメラも何時降られても良いように最小設備にして出発でした。渓谷まで別荘地帯の歩道を歩き、いざ遊歩道を下ると・・・・...

  14. 上田市美ヶ原の雲海と雨雲 - 日本あちこち撮り歩記

    上田市美ヶ原の雲海と雨雲

    撮影日2020年9月18日改めて美ヶ原高原って、上田市だったんですね〜まあ、三つの町にまたがってると言うのは知っていましたが、ここ美術館の場所は上田市でしたか・・・その美術館前の道路は、この日は通る車は皆目状態。それはそうです。なんたって、予報通り大雨状態ですから。そんな時、一瞬雨が上がり珍しい光景が出現。雲海と雨雲のコラボです。車外に出て撮影も、もの凄い風です(^_^;)車のドアの開け閉め...

  15. 2020-163 水浴び後のゴジュウカラ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-163 水浴び後のゴジュウカラ

    少し前に撮ったゴジュウカラです。水浴びを、木が邪魔して撮れませんでしたが、水遊び後のひと時を辛うじて撮れました。何とか写真に撮らさせてくれたゴジュウカラに感謝です。

  16. 2020-160 遠くのアオゲラ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-160 遠くのアオゲラ

    渓流の対岸の木にアオゲラを発見。色々な木に移動し落ち着きがありませんでした。やっと見つけたアオゲラ直ぐ下の葉っぱの中へ。今度は、また奥の木へ。遠くてアオゲラが分かりにくいと思いますが、久し振りのアオゲラに感謝です。

  17. 2020-159 アカゲラ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-159 アカゲラ

    小鳥の鳴き声を頼りに脇道へ入った所で、アカゲラが飛んできて奥の枯れ枝に止まりました。直ぐ、上の方へ動き出しました。まだ上って行きます。ここまで来て一休みと思ったら、飛び去って行きました。前景に邪魔な枝がありましたが、姿を見せてくれたアカゲラに感謝です。

  18. 思い出の撮影行池の平湿原前半 - 日本あちこち撮り歩記

    思い出の撮影行池の平湿原前半

    撮影日2005年10月30日兼ねてから行きたかった湿原のひとつ、池の平湿原。この2005年にやっと行く事が出来ました。それも高峰高原から林道で行こうと言う大胆計画(^_^;)なんたってこの林道、雲の中を走る林道として有名ですから。通常はバイクのツーリングで有名で、車で行こうなどとは私らくらいなもんで・・・絶景の中を走って到着した池の平湿原、天上の湿原として知られてます。なにせ雲が足下から流れ...

  19. 2020-157 原生林の片隅 - 近隣の野鳥を探して2

    2020-157 原生林の片隅

    高原の遊歩道脇を切り取ってみました。野鳥観察用の超望遠レンズで切り取ってみました。朽ちた木に新たな芽吹きがありました。季節外れの紅葉。ツンツンと飛び出した苔が気になりました。赤い実が沢山ついていたので、小鳥が来るか?殆ど枯れた笹の新たな芽吹きです。野鳥に会えず、寂しい高原でしたが新しい発見が出来ました。野鳥も今回みたいに、ノートリミングで撮ってみたいです。

  20. 裏手に回る - ちょっとネコばか

    裏手に回る

    知る人ぞ知るナイスビューポイントでしたが、ポツポツと取り上げられているうちにすこしずつ訪れる人が増えていったようです。ここんとこ行ってませんが。そんな場所を少し離れて裏側に回ると、思いがけない風景を発見したりします。

総件数:218 件

似ているタグ