高子のタグまとめ

高子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高子」タグの記事(55)

  1. 熊阪台州氏(その2)55~散策の帰り道② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)55~散策の帰り道②

    案内文の中に以下のように、「阿武の松原」は熊阪氏によって広く知られるようになったらしいことが記される。江戸時代の後期この地区の南に位置する「高子村」(現保原町)で儒学者・詩人としてこの地に多くの足跡を残した「熊坂三代(覇陵・台州・盤谷)」によって「阿武の松原」が広く知られるようになったと言われる。それで、熊阪氏の書籍情報を確認すると、「信夫歌」の「信達二郡輿地略図」には、この「阿武の松原」が...

  2. 熊阪台州氏(その2)54~散策の帰り道 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)54~散策の帰り道

    高子山からの帰り道、この「阿武の松原」碑の前の道に出たのは意図したことではない。偶然だ。前回、この「阿武の松原碑」を訪ねて整理したのは2009年だ。当時から、この碑は町指定文化財だったはずだが、多分案内板はなかったと思う。近所の人に何度か尋ねてようやくたどり着いた記憶がある。https://kazenoshin.exblog.jp/8799433/今回もここに立ち寄るつもりなかったのだが、そ...

  3. 熊阪台州氏(その2)53~谷文晁氏との交遊④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)53~谷文晁氏との交遊④

    「熊阪台州氏(その2)51~谷文晁氏との交遊②」で整理したように、寛政6年(1794)夏、文晁氏は、瀬上駅を通りながらも、自ら熊阪家白雲館に立ち寄ることはなかったということだ。実は、この時以外にもう一回、ひょっとすると高子にも立ち寄ったかもしれないという憶測があったようだ。それは、前回整理の定信公が文晁氏の「真景図」を描くことのできる画力を認めることともかかわっているようだ。文晁氏は、若い日...

  4. 熊阪台州氏(その2)52~谷文晁氏との交遊③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)52~谷文晁氏との交遊③

    正直に言えば、先の整理では、心のどこかで文晁氏の「永慕編(熊阪台州)」挿絵は、地元の画家周俊・淑翰が描いた二十境図の模写ということをマイナスイメージでとらえているところもあった。しかし、文晁氏と定信公とのかかわりを確認してみて、その模写を通して真景を見抜く力の持ち主であることが分かった。文晁氏は元々「真景図」を描くことのできる画力の持ち主だったようだ。その力が「集古十種」での模写などで更に磨...

  5. 熊阪台州氏(その2)51~谷文晁氏との交遊② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)51~谷文晁氏との交遊②

    今までは、谷文晁氏については「熊阪台州氏(その2)46~高子山の『高子二十境』⑦」で確認したように、「江戸文人画壇の重鎮」との捉えで整理してきた。この時に、さらりと「卓越した画技とともに学問もあって、松平定信や田安家の後援を得て」いることにもふれておいた。地域を散策する者の視点として、松平定信公とのかかわりという視点を加えての整理もしておきたいと思うのだ。先に、散策とのかかわりで松平定信公に...

  6. 熊阪台州氏(その2)50~谷文晁氏との交遊 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)50~谷文晁氏との交遊

    谷文晁氏は、「永慕編」に三代唱和の挿図を描いている。また、谷文晁氏の交友関係を確認すると、熊阪台州・熊阪磐谷の名が挙げられている。したがって、熊阪親子二代との交友関係にあるようなのだが、谷文晁氏側の資料で具体的な交友関係は確認できなかった。先に台州氏との交遊関係が確認できた太田南畝氏との交遊関係確認を通して谷文晁氏との交遊関係を確認できないかということで、先に確認した「浮世絵文献資料館」のペ...

  7. 熊阪台州氏(その2)49~高子山の「高子二十境」⑩ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)49~高子山の「高子二十境」⑩

    前回は、「白雲」という言葉のイメージが気になって「白雲洞」を整理した。本当は高子山にかかわる「高子二十境」までの整理のつもりだったので、付け足しの整理だ。ただ、この「白雲洞」は「高子二十境」の十九番目にあたり、その二十番「古樵丘(こしょうきゅう)」がそのすぐ隣の丘だ。「白雲洞」の散策時にはそちらの案内表示も見ている。「高子二十境」の最後の二十番を残すのは区切りが悪い。「谷文晁、高子二十境図を...

  8. 熊阪台州氏(その2)47~高子山の「高子二十境」⑧ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)47~高子山の「高子二十境」⑧

    「伊達の香り」が示す「玉兎巖」の位置を参考に、「玉兎巖」の漢詩に添えられた谷文晁氏の挿図を見ていると、高子山の北側から眺めた風景という事になるだろうか。「丹露盤」の漢詩に添えられた谷文晁氏の挿図は高子山の西側から眺めた風景だ。こちらの実風景は、高子山の稜線を確かめるのに何度か眺めていたのでなじみ深い。それに対し、「玉兎巖」の漢詩に添えられた谷文晁氏の挿図と実風景の関係性をスムーズに感じとるこ...

  9. 熊阪台州氏(その2)46~高子山の「高子二十境」⑦ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)46~高子山の「高子二十境」⑦

    「伊達の散歩道(伊達市商工観光課)」の「高子二十境めぐり」という散歩資料の「伊達氏発祥の地・高子ヶ丘と丹露磐」案内に、この図が添えられる。「永慕編(熊阪台州)」の二十境の「丹露盤」の漢詩に添えられた谷文晁氏の挿図だが、そうであることは説明はされない。誰でもが、当然知っていることとされているようだ。谷文晁氏を「美術人名辞典」で確認する。江戸後期の文人画家で、元・明・清画や狩野派・土佐派・文人画...

  10. 熊阪台州氏(その2)45~高子山の「高子二十境」⑥ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)45~高子山の「高子二十境」⑥

    この「龍脊巌」の案内柱は、駅前に掲げられる「高子二十境遊歩道案内」で示される位置にたつものだ。先に「高子20境『龍背巌』と首塚」で整理したのは、そちらだ。https://kazenoshin.exblog.jp/9390709/公的機関が配る散歩コース案内では、こちらが案内される。今回参考にさせていただいている「伊達の香り」では、その四番「龍脊巌」は、高子山の西稜線の岩場をイメージさせる。今...

  11. 熊阪台州氏(その2)44~高子山の「高子二十境」⑤ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)44~高子山の「高子二十境」⑤

    二番「玉兎巖」は、今回参考にさせていただいている「伊達の香り」では、一番「丹露盤」の東側の岩場としている。ただ、駅前に掲げられる「高子二十境遊歩道案内」の案内板や「高子二十境巡りコースマップ」など、公的機関が配る散歩コースでは、その位置は別のところとしている。そこには、案内柱も建っているようだ。それはともかくとして、「玉兎巖」の「玉兎(ぎょくと)」は、辞書的な意味は「仏教や道教の影響を受けた...

  12. 熊阪台州氏(その2)43~高子山の「高子二十境」④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)43~高子山の「高子二十境」④

    今回の散策で、「将帰阪」とされる付近に丹露盤に向かう道筋を案内する標柱をみつけたのだが、これは偶然ではない。ここに来るたびに、山裾の西側から南側にかけて眺めまわしていたのだ。それは、山頂から南に向かう嶺に沿った道筋が、どこに向かうのかなぁと思って探っていたところがあるのだ。最初に山頂の岩場である丹露盤を目指したのは八幡神社脇からだが、その時に、山頂から尾根筋を走る道筋の行方が気になっていたの...

  13. 熊阪台州氏(その2)42~高子山の「高子二十境」③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)42~高子山の「高子二十境」③

    厄介なのは、散歩人程度の素養では、解説されて直ぐに納得といかない事だ。解説されたことの言葉の確認が必要になる。まずは、「孤標は、ただちに承露盤であり、仙人掌であり金狄掌である」とあることについての確認。「孤標」とは、他よりも一際すぐれているという意を含んで「山や樹木の特出的頂端」を意味するようだ。覇陵氏がいう特出的頂端は、丹露盤と称する高子山山頂の岩を指している思う。その鑑賞の解説では、この...

  14. 熊阪台州氏(その2)41~高子山の「高子二十境」② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)41~高子山の「高子二十境」②

    高子山山頂の「丹露盤」について最初にふれたのは、「高子ケ岡の『亀岡八幡宮』」の散策の時だ。https://kazenoshin.exblog.jp/6331746/また、「福島の鉱山35~信夫地方の鉱山⑧~高子付近の鉱山と高子二十境」でも、ふれている。https://kazenoshin.exblog.jp/23048300/「丹露盤」は、風景としては、散歩人の現在持ち合わせている知識でも識...

  15. 熊阪台州氏(その2)40~高子山の「高子二十境」 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    熊阪台州氏(その2)40~高子山の「高子二十境」

    「伊達の香り」のページの「福島伊達の名勝『高子二十境』」の項によると、「高子二十境」は「高子村海左園二十境」の略称とのことだ。その景勝の位置は、高子山あたりを中心にしてほぼ円形にその周辺に散在するという。http://datenokaori.web.fc2.com/index.htmlしかも、その「高子七境の確定とネーミングの手法」の項によると、「高子二十境」の一番丹露盤から七番将帰阪までは...

  16. 鴎外氏が認識する熊阪系譜⑤:熊阪台州氏(その2)39~「處士台州熊阪翁墓碑」⑦ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    鴎外氏が認識する熊阪系譜⑤:熊阪台州氏(その2)39~...

    児島定悠氏が熊阪氏になる経緯と覇陵氏とその関係については、先に台州氏代の「熊坂家蛍域」とのかかわりで確認している。その概略は以下のようだ。児島定悠氏は、保原村の尾張支藩の梁川藩御用達である熊阪助利氏と江戸で出会う。助利氏は、定悠氏は才能があると見込んで、弟太次右衛門の寡婦になっていた片平氏娟に入夫させ、伊達に住まわせて、熊阪氏を名乗らせた。児島定悠氏にとっては、助利氏が梁川藩御用達であること...

  17. 鴎外氏が認識する熊阪系譜④:熊阪台州氏(その2)39~「處士台州熊阪翁墓碑」⑥ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    鴎外氏が認識する熊阪系譜④:熊阪台州氏(その2)39~...

    初めは散策資料が案内するような観点で地域散策をしている。それで、一般的には漢詩文は近世の「支配階級」や「知識階級」の者だけの文化活動として行われていたものという認識だ。それなのに、この時代に、ここ白雲館では熊阪三代のような篤農家の指導者のもと、非武士階級の者たちが文学活動を展開していたことは特異な事であるという見え方になる。ところが、鴎外氏は、史伝「井沢蘭軒」で、作中のわたしに「磐谷の祖先は...

  18. 鴎外氏が認識する熊阪系譜③:熊阪台州氏(その2)38~「處士台州熊阪翁墓碑」⑤ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    鴎外氏が認識する熊阪系譜③:熊阪台州氏(その2)38~...

    井沢蘭軒氏や菊池五山氏と熊阪盤谷氏との交流にかかわって、「伊沢蘭軒(森鴎外)」に熊阪三代が紹介される。このことにかかわってちょっとわき道にそれる。「おくのほそ道自然歩道(福島県県民室)」に、この事を意識した表現があるのが気になっていたのだ。同書では東根道の中の一つとして、熊阪家墓も紹介される。月の輪―高子沼―熊阪家墓―愛宕山―福源寺―瀬上の各所が紹介されるのだが、「熊阪家墓」は次のような紹介...

  19. 森鴎外氏が認識する熊阪系譜②:熊阪台州氏(その2)37~「處士台州熊阪翁墓碑」④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    森鴎外氏が認識する熊阪系譜②:熊阪台州氏(その2)37...

    「伊沢蘭軒(森鴎外)」はノンフィクションの史伝で、作中のわたしは森鴎外氏と捉えてもよいのだろうと思う。ただ、作中で捉える熊阪系譜は、熊阪盤谷氏と伊沢蘭軒氏や菊池五山氏との交流という範疇で捉えられる系譜であって、作者である森鴎外氏の捉える熊阪系譜の一部でしかないのではないのかなと思う。というのは、ここでは盤谷氏を通して台州氏や覇陵氏を語るが、鴎外氏自身は熊阪台州氏の作品にも造詣が深いことは先に...

  20. 森鴎外氏が認識する熊阪系譜:熊阪台州氏(その2)36~「處士台州熊阪翁墓碑」③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    森鴎外氏が認識する熊阪系譜:熊阪台州氏(その2)36~...

    「高子から全国に発信される文学活動③~熊阪台州氏⑨」で記したように、森鴎外史伝三部作の第二「伊沢蘭軒」という作品で、盤谷氏とのかかわりで、熊阪氏3代について解説する箇所がある。https://kazenoshin.exblog.jp/23487373/連載の129回目で、文政5年(1822)の秋の蘭軒の詩は、末の三首が森枳園の手写しで、その前に看過すことの出来ない一首があるとの書き出しで、7...

総件数:55 件

似ているタグ