高島のタグまとめ

高島」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高島」タグの記事(30)

  1. (滋賀)はぎの露 純米吟醸 直汲み 無濾過生原酒 / Haginotsuyu Jummai-Ginjo Muroka Namagenshu - Macと日本酒とGISのブログ

    (滋賀)はぎの露 純米吟醸 直汲み 無濾過生原酒 / ...

    近所の酒屋で購入した日本酒です。旨し。はぎの露 純米吟醸 直汲み 無濾過生原酒醸造元:株式会社福井弥平商店(滋賀県高島市)杜氏:-原材料:米,米麹原料米:-酵母:-精米歩合:60%アルコール度数:17度日本酒度:-酸度:-アミノ酸度:-取得価額:3,190円/1,800ml↑はぎの露 純米吟醸 直汲み 無濾過生原酒

  2. (滋賀)はぎの露 純米酒 / Haginotsuyu Jummai - Macと日本酒とGISのブログ

    (滋賀)はぎの露 純米酒 / Haginotsuyu ...

    純米酒頒布会2月の日本酒です。旨し。はぎの露 純米酒醸造元:株式会社福井弥平商店(滋賀県高島市)杜氏:杉本和寛(-)原材料:米,米麹原料米:滋賀県産吟吹雪酵母:-精米歩合:70%アルコール度数:15度日本酒度:+1.0酸度:1.7アミノ酸度:-取得価額:2,750円/1,800ml↑はぎの露 純米酒

  3. 今季初の紅葉狩りだった日の本来の目的地 - あ お そ ら 写 真 社 

    今季初の紅葉狩りだった日の本来の目的地

    前回ポストの目的地だったのは、紅葉と雲海を眺められるスポットとして近年大人気となっているらしい、福井県小浜市と滋賀県高島市を結ぶ「おにゅう峠」です。靄が立ち込める中に紅葉色の光が拡散して、風景全体がオレンジのベールに包まれている光景が、まるで紅葉の色素が空気中に溶け出したかのよう。頂上付近まで登ってくるまでの滋賀県側はずっと霞んでいましたが、その霞の中から秋色の木々たちがフワリフワリと現れる...

  4. 駆けぬけてゆく秋 - あ お そ ら 写 真 社 

    駆けぬけてゆく秋

    叡電二ノ瀬駅(叡電乗り鉄)以外では京都市内で撮った写真が一枚もない・・・そもそも市内の紅葉スポットには出かけなかったのです。そのぶん観光客が少なそうな所に出かけて令和元年の秋を楽しみました。

  5. メタセコイア並木 - HIGEMASA's Moody Photo

    メタセコイア並木

    少しぐらいは色づいているだろうと思って行ってみたがこの通り。11月7日に訪れたが、見事なほど青々としていた。このメタセコイア並木、これで3回目の失敗だ。今まで冬の雪景色を2回失敗している。この冬もまたリベンジするが、うまくいくかいかないかはお天気次第。滋賀・高島メタセコイア並木にて

  6. 高島 - 小樽スケッチ

    高島

    2019/10/20撮影

  7. 高島 - 小樽スケッチ

    高島

    2019/10/20撮影

  8. 高島 - 小樽スケッチ

    高島

    2019/10/20撮影

  9. 高島 - 小樽スケッチ

    高島

    2019/10/20撮影

  10. 安曇川 Sato Kitchen - Hare's Photolog

    安曇川 Sato Kitchen

    1234今日は、古くからの友人と京都の南部から遠く滋賀県 琵琶湖 西北の高島市安曇川町Sato Kitchenさんでランチしてきました。ここは土日のみ営業されてまして、自家栽培されてる野菜が美味しかった。Sato kitcheniPhone 6sOct. 6, 2019

  11. 遠くの稜線に思いを馳せた移ろぎゆく季節 - あ お そ ら 写 真 社 

    遠くの稜線に思いを馳せた移ろぎゆく季節

    盛夏の間に一度は来たかったのだけどタイミングを逃してしまって、なんか昨年も同じパターンでしたが、既に収穫を終えてしまった「滋賀県高島市の畑地区」に行きました。此処に登って来るまでは結構な範囲で稲刈り前の田んぼが多かったので、もしかしたら間に合うかも?と期待したのですが。それでも此処の野焼き風景を見られたので、それはそれで良かったです♪谷の風にのって燻された空気が静かに漂ってくると、それが懐か...

  12. 冬の湖北に行ってきた - あ お そ ら 写 真 社 

    冬の湖北に行ってきた

    青空リフレクションが綺麗だったので構えてみたら、上手い具合にJR湖西線の電車がやってきました\(^o^)/何の変哲もない湖岸の風景に見えるかも知れませんが・・・。此処も貴重な日本の原風景ですぞ。ちなみに上段の撮影場所は地図左側の桜並木先端あたり。霧雨+陽射しのお陰で、対岸側には虹がでました♪こう言う大きな風景を眺める時、なんとなくでも地理が分かっていると楽しいですね。右側の虹の奥に「伊吹山」...

  13. メタセコイヤ - toshi の ならはまほろば

    メタセコイヤ

    白鬚神社の後は定番の・・・本当はもう少し雪がある予定やったのに今年はどうなってるんでしょうか太陽も出ず惨敗雪のある内にリベンジD750+24-120f4、D800+TAMRON15-30f2.8撮影日:2019年1月7日

  14. ダメかと思ったが - toshi の ならはまほろば

    ダメかと思ったが

    道に雪は要らないけど夜明け前には降ってほしかった到着時の詰まった雲が日の出には十戒のように割れ太陽が顔を出した直ぐに雲に隠れたが光芒になって現れた予報では雪しかし暖かいし雪もない雪が降っている時にリベンジしたいある情景を撮るためにD750+24-120f4撮影日:2019年1月7日

  15. 白髭神社鳥居 - シセンのカナタ

    白髭神社鳥居

    滋賀県高島市ずっと撮りたいと思っていた場所です。印象的なものが撮れそうですね。

  16. 棚田百選の里へ・滋賀県高島市畑地区 - あ お そ ら 写 真 社 

    棚田百選の里へ・滋賀県高島市畑地区

    秋の滋賀県高島市畑地区にやってきました。初夏の田植え時期から約半年ぶりの再訪。季節をすっ飛ばして、いきなり晩秋ですから風景がガラリと変化していました。高島市畑地区へは国道161号から県道296号に合流して更に約20分(約11キロ程)も走らなければならない。※私の住む町からだと片道約51キロ、のんびり走って1時間半程度の道のり。その道中にある清流風景。畑集落の最上部付近で見渡しの良い道越しの風...

  17. (滋賀)萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ / Haginotsuyu Tokubetsu-Jummai Tomizujikomi Amadareishiwougatsu - Macと日本酒とGISのブログ

    (滋賀)萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ /...

    近所の酒屋で購入した日本酒です。かなり旨し。萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ醸造元:株式会社福井弥平商店(滋賀県高島市)杜氏:-原材料:米,米麹原料米:-精米歩合:60%アルコール度数:15度日本酒度:-酸度:-アミノ酸度:-取得価額:2,970円/1,800ml↑萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ

  18. 静かな湖北で - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    静かな湖北で

    一度見てみたかったんですメタセコイア並木とても長く続いていて見ごたえがありました朝早くそれも葉が赤くなる前だった為か人も車も少なく静かな時間を過ごせましたよそして近くで桜も見られましたこれは十月桜なのかなぁ?沢山の熟れたさくらんぼをつけていましたとても可愛い桜が見られて嬉しかったです^^OKINAHOURSいつだって島は、ゆったり時間チーム美らサンゴTEAM TYURA SANGO八重山日報

  19. 残したい日本の原風景♯2 - あ お そ ら 写 真 社 

    残したい日本の原風景♯2

    棚田を谷の方向に見下ろせば視界の一番奥に、山の岩肌むき出しの特徴的な山が一緒に眺められる。この山は畑の棚田風景を美しく魅せる構成要素として、その存在は大きいと思える。帰宅後に調べてみると「リトル平縦走」の登山ルートとして、多くの登山愛好家に人気がある山で、比良山系の東北に続く岩阿舎利山(686m)というようだ。岩肌あたりまでの空間距離(地図上の直線距離)が約2.8kmある此の場所からは、肉眼...

  20. 残したい日本の原風景♯1 - あ お そ ら 写 真 社 

    残したい日本の原風景♯1

    日本の原風景に会いに滋賀県高島市畑地区を訪ねました。水田に水が貼られた初夏の風景を是非とも観たかった~。このポイントからの眺めはまさに絶景です♪それにしても一枚として同じ形の田が無いって凄いですよね!この美しい風景も農家の皆さんにとっては厳しい地形であり、稲作の生産効率も悪いと言う事実を忘れてはいけません。汚さず、壊さず、騒がずを徹底しながら、畑の棚田を撮り歩きしました。多くの家に大きな蔵や...

総件数:30 件

似ているタグ