高杉晋作のタグまとめ

高杉晋作」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高杉晋作に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高杉晋作」タグの記事(10)

  1. 交流ノートより - 平隊士 静馬 Blog

    交流ノートより

    板橋の新選組交流ノートより喫茶店でコーヒーなどを飲みながらさらっと、このような絵を描く人達がいます凄いです

  2. タクのありきたりな趣味 - タクの日記ヤバイ

    タクのありきたりな趣味

    ありきたりな趣味ですが、本を読むのが大好きで、特に歴史小説が大好きなんです。坂本龍馬や高杉晋作、宮本武蔵や伊達政宗、黒田如水等々本のお陰でいろんな偉大な人物と出会えることが出来ました。僕なんかは影響を受けやすいので、吉川英治の宮本武蔵を読んだあとは、歩き方や立ち姿まで武蔵であったらこうなのではと変わってしまいました。山岡庄八の高杉晋作を読んだときは、国を思い、志しなかばでこの世を去った最期の...

  3. 山口市へと走る続100名城山陽・四国幕末維新とスタンプツーリング - SAMとバイクとpastime

    山口市へと走る続100名城山陽・四国幕末維新とスタンプ...

    高杉晋作が眠る東行庵(とうぎょあん)を後にし、まだまだ走るぞ山口市へ。向かったのは続100名城大内氏館跡。室町時代、周防・長門の守護大内氏が築いた館。西門が復元されている。 それでは本日の締め、高嶺城址へと登る。 晴れていたらこんな山城も、黒く厚い雲が頂上付近に掛かり、今にも泣き出しそうだったので写真を撮る心の余裕もなく、電波塔駐車場まで急坂を一気に駆け上がる。こんな時間帯で車の対向が無いの...

  4. 晋作が眠る山辺の里へ山陽・四国幕末維新とスタンプツーリング - SAMとバイクとpastime

    晋作が眠る山辺の里へ山陽・四国幕末維新とスタンプツーリング

    「外国と戦うぞ!」と攘夷攘夷と叫んでみたところで、下関戦争であっさりと負けてしまった長州藩はこの後一転徳川幕府の倒幕へと突き進むこととなる。このあたり坂本龍馬が裏で動いているんだな、薩長同盟とかetc。 前田台場址を後にして向かったのは高杉晋作が眠る東行庵(とうぎょあん)山口県を走ってる~ってすぐわかるオレンジのガードレール。 晋作の遺言で亡骸は奇兵隊の陣屋があった吉田の清水山に葬られた。そ...

  5. 1865年、高杉晋作 功山寺挙兵山陽・四国幕末維新とスタンプツーリング - SAMとバイクとpastime

    1865年、高杉晋作 功山寺挙兵山陽・四国幕末維新とス...

    9月20日(金)仕事終わりに向かった神戸六甲アイランドあいにくの雨。乗り込むは新門司行きの阪九フェリーそれでは行ってきま~す。翌21日、九州上陸もすぐさま関門トンネルで山口県へ本州へ。向かうは下関歴史博物館なのだが、ナビがこの道走れって「絶対こんな道メインと違うやろ~」ってぼやいて走る住宅街、突然こんなところに出た。 古江小辞(ふるえしょうじ)風情あるな~。 幕末維新と言えば長州藩というこ...

  6. ~萩・歴史の町~ - My  Photo  Life

    ~萩・歴史の町~

    多くの志士たちを輩出した萩。大地と人が共に歩んできた歴史が体感できる場所です。萩の三角州を中央に、左右は笠山と指月山を配し上部は長門狭の景観を描いている。初めて訪れた山口県・萩市には日本を変えた素晴らしい志士たちが集まっていたことを改めて深く知りました。旧萩駅舎大正時代末頃の建築様式を今に伝える建物。東京・京橋のたもとに日本最初の電話ボックスが登場しなぜか、その復元。(右側のボックス)蒸気機...

  7. 山陰ばかっ旅日本の夜明けは近い! - 山猫を探す人Ⅱ

    山陰ばかっ旅日本の夜明けは近い!

    萩の街をそぞろ歩きする・・・・・かなり前から胸に抱き続けた願望を叶えているワタクシなのだが・・・なぜに、このような商店街を歩いているのであろうか・・・答え・・・暑かったからw額に汗して辿りついたのは世界遺産の街並維新の立役者のひとりの生家ボランティアガイドの方の丁寧な説明に、ワタクシの木戸孝允像がちょっぴり変化しました。この家で20年間暮したそうです。いろいろと当時の神童の査証がありますが、...

  8. 孝行旅 その2 - ♪♪お散歩♪♪

    孝行旅 その2

    湯田温泉へ向かう途中で東行庵に寄り道ハスの花が終わりかけでしたが、たくさんの大きな葉と花に感激立派な鯉がうじゃうじゃ泳いでましたここは、高杉晋作にまつわる場所高杉晋作墓寄進者の名前を観て教科書の記憶を辿る寄進の灯篭もお墓も派手過ぎず、広いスペースに小ぶりながら人を語る佇まいです晋作餅を茶屋で戴きました。赤シソでくるんだ餡入り餅と軽く焼いた餅は熱々ついでに瑠璃光寺にも立ち寄りました室町時代の建...

  9. 祇園ぞめきその十六 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    祇園ぞめきその十六

    立て看板には小梨花とあります・・・当時は芸妓にこういった漢字を普通充てないのですが・・・高杉晋作に祇園の芸妓いづつの小りか有り・・・は田中緑江さんの著述などで存じ上げていましたものの、それ以上の話はなかなか出てきません。慶応三年版『四方の花』をみると、確かに祇園のいづゝ屋の芸子に小りかの名があるので、史実を裏付ける資料となるでしょう。この年、いづゝ屋には芸子、ま...

  10. 高杉晋作その三 - たちばな*つれづれ日記

    高杉晋作その三

    昨年から続いていた高杉晋作ですが飛び飛びになっていましたが今回で完結です。連合軍に砲台が占拠されどうにもならなくなった長州藩は最後の望みとして、幽閉されている男にすべてを託します。高杉晋作です。晋作は連合艦隊との講和使節として全権を任されます。引き連れるは、弟分の伊藤俊輔。俊輔は留学経験があり、通訳として同席します。高杉晋作、この時24歳。本題である山口県の「彦島の租借」を要求され晋作は翻訳...

総件数:10 件

似ているタグ