高杉晋作のタグまとめ

高杉晋作」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高杉晋作に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高杉晋作」タグの記事(6)

  1. 幕末京都逍遥その6「東山霊山護国神社~長州藩殉難者の墓②」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その6「東山霊山護国神社~長州藩殉難者の墓②」

    昨日の続きです。残りは下の3名、いずれも説明するまでもない人物ですね。 来島又兵衛以外は松下村塾の門下生で、高杉晋作以外は元治元年7月19日(1864年8月20日)に起きた禁門の変(蛤御門の変)で討死した人物です。 久坂玄瑞は高杉晋作、入江九一、吉田稔麿と並んで「松下村塾四天王」と呼ばれた人物ですが、その中でも、特に鋭敏な頭脳の持ち主で、高杉とともに「松下村塾の双璧、龍虎」などと称されました...

  2. 山陰ばかっ旅日本の夜明けは近い! - 山猫を探す人Ⅱ

    山陰ばかっ旅日本の夜明けは近い!

    萩の街をそぞろ歩きする・・・・・かなり前から胸に抱き続けた願望を叶えているワタクシなのだが・・・なぜに、このような商店街を歩いているのであろうか・・・答え・・・暑かったからw額に汗して辿りついたのは世界遺産の街並維新の立役者のひとりの生家ボランティアガイドの方の丁寧な説明に、ワタクシの木戸孝允像がちょっぴり変化しました。この家で20年間暮したそうです。いろいろと当時の神童の査証がありますが、...

  3. 孝行旅 その2 - ♪♪お散歩♪♪

    孝行旅 その2

    湯田温泉へ向かう途中で東行庵に寄り道ハスの花が終わりかけでしたが、たくさんの大きな葉と花に感激立派な鯉がうじゃうじゃ泳いでましたここは、高杉晋作にまつわる場所高杉晋作墓寄進者の名前を観て教科書の記憶を辿る寄進の灯篭もお墓も派手過ぎず、広いスペースに小ぶりながら人を語る佇まいです晋作餅を茶屋で戴きました。赤シソでくるんだ餡入り餅と軽く焼いた餅は熱々ついでに瑠璃光寺にも立ち寄りました室町時代の建...

  4. 祇園ぞめきその十六 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    祇園ぞめきその十六

    立て看板には小梨花とあります・・・当時は芸妓にこういった漢字を普通充てないのですが・・・高杉晋作に祇園の芸妓いづつの小りか有り・・・は田中緑江さんの著述などで存じ上げていましたものの、それ以上の話はなかなか出てきません。慶応三年版『四方の花』をみると、確かに祇園のいづゝ屋の芸子に小りかの名があるので、史実を裏付ける資料となるでしょう。この年、いづゝ屋には芸子、ま...

  5. 萩ガラス。 - 暮らしをつむぐ。* 暮らしごと・日々のこと*

    萩ガラス。

    萩ガラスの工房は椿原生林で有名な萩市の笠山にあります。地元の笠山の玄武岩を精製して内ヒビ貫入という独自技術で割れにくい耐熱性のある作品をつくられています。夫の出身の萩は20代の頃からの憧れだったのですが萩に最初にご縁ができた時には大そう嬉しかったのを想い出します。この萩ガラスは長州藩で手掛けられた硝子製造を蘇らせたもの。高杉晋作も愛した萩切り子グラスも余りにも有名です。個人的にはここのところ...

  6. 高杉晋作その三 - たちばな*つれづれ日記

    高杉晋作その三

    昨年から続いていた高杉晋作ですが飛び飛びになっていましたが今回で完結です。連合軍に砲台が占拠されどうにもならなくなった長州藩は最後の望みとして、幽閉されている男にすべてを託します。高杉晋作です。晋作は連合艦隊との講和使節として全権を任されます。引き連れるは、弟分の伊藤俊輔。俊輔は留学経験があり、通訳として同席します。高杉晋作、この時24歳。本題である山口県の「彦島の租借」を要求され晋作は翻訳...

総件数:6 件

似ているタグ