高村光太郎のタグまとめ

高村光太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高村光太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高村光太郎」タグの記事(5)

  1. 第89回朗読ライブ - 劇団ぐるーぷ連

    第89回朗読ライブ

    開場19:00~¥1000+ドリンク代(別料金)※当日チケット購入できます。ご心配な方はお気軽にお電話ください(0985-27-8451ライフタイム)尚、時間の都合上プログラムが変更になる場合があります。ご了承ください。皆様、如何お過ごしでしょうか?今回、台風24号、25号で被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。ぐるーぷ連でも台風の影響で、本公演中止、10月の朗読ライブ延期と前代未聞の事態...

  2. 晩秋の展覧会 * salon de peinture au fin de l' automne - ももさへづり*うた暦*Cent Chants d' une Chouette

    晩秋の展覧会 * salon de peinture ...

    マグリットの絵と、庭の柿もみじで遊んでみたら…(2016年)ゆつくりとやまとの丘に冬は来て白楊(ぽぷら)もみぢをさらさら鳴らすlentement l’ hiver est venu sur une colline en Naraet fait murmurer les cheveux des peupliersヒヨドリも渡り鳥になることがあるとか(11月7日撮影)The brown-eare...

  3. つれづれ - すさまじきものにして見る人もなきブログ!

    つれづれ

    「頬骨が出て、唇が厚くて、眼が三角で、名人三五郎の彫った根付の様な顔をして魂をぬかれた様にぽかんとして自分を知らない、こせこせとした命のやすい見栄坊な小さく固まって、納まり返った猿の様な、狐の様な、ももんがあの様な、だぼはぜの様な、めだかの様な、鬼瓦の様な、茶碗のかけらの様な日本人」高村光太郎「根付の国」道程 (愛蔵版詩集シリーズ)高村 光太郎/日本図書センターundefinedさすがえいえ...

  4. 東京駅 - たなぼた

    東京駅

    歩け、歩けどんなものが出てきても 乗り越して歩けこの光り輝やく風景の中に 踏み込んでゆけ 僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る高村光太郎道程より義母の願いが叶うようにと水先案内人の愚息君と10㎞歩きました歩きながら子へ孫へと託す思いは時代を超えて一緒だなと道程を思い出しながら歩きました時々は立ち止まっても光のほうへどんどん歩いていって欲しいと思いました

  5. 明治44年の春、高村光太郎は札幌にいた。 - 札幌日和下駄

    明治44年の春、高村光太郎は札幌にいた。

    北原白秋様札幌にも斯の如きものあり。此は昨日の出来事に候。今円山は花ざかり。五月十日(絵はがき「札幌見番観桜会」)高村光太郎(1911年)明治44年の春、高村光太郎は札幌にいた。都会の喧騒を離れて、月寒で羊飼いになろうとしたのだ。光太郎28歳のときのことである。札幌は桜の季節であった。光太郎は、札幌の桜の絵葉書を、北原白秋に宛てて出した。「円山」は花ざかりとあるから、光太郎も円山の桜を楽しん...

総件数:5 件

似ているタグ