高石教会のタグまとめ

高石教会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには高石教会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「高石教会」タグの記事(25)

  1. やっと花にたどりつきつつある。 - 御言葉をください2

    やっと花にたどりつきつつある。

    外階段のペンキを塗り終える時が近づいてきて、やっと花にたどりつきつつあると思った。教会の庭に咲いている花を見る余裕もない生活をおくってきたが、補修、ペンキ塗り、ニス塗り、壁紙の張り替えと進んできて、やっと、花に目が行くようになっている。何十年もかかった。花はそこにある。しかし、見えないのである。しかし、キリストは花に目を向けられていて、それを取り上げて話をされた。にほんブログ村人気ブログランキング

  2. 壁紙を初めて貼る。 - 御言葉をください2

    壁紙を初めて貼る。

    はじめてだから、あまり上手にできなかった。素人は素人。プロはプロである。

  3. 玄関の扉を塗り終える。 - 御言葉をください2

    玄関の扉を塗り終える。

    こげ茶色に。外階段も塗り直す必要があり、いくらか手をつける。玄関の扉は、技術に自信がなかったのであるが、だんだん塗り方が上手になっていたらしく、わりに簡単にできた。外階段の後は、オルガン奏者の背にある壁紙をかえることが残っている。それで、ひと段落ということになろう。しかし、この「日曜大工」は、かなり気晴らしにはなった。

  4. 裏門側のフェンス、おおかた完了。 - 御言葉をください2

    裏門側のフェンス、おおかた完了。

    塗料塗り、ひと段落。まだ塗り残しているところがあるが、ざっと見渡したところ、気が付かない程度になった。あとは、教会堂の入り口の扉。それにしても、錆び落ちて、用を果たせなくなっているところもある。ぼろぼろに錆びているのである。ペンキ塗りをして始めて、気が付いた。もう長い間、誰も気づいていなかったに違いない。道具を手に取って仕事をして初めて気づくことがあるものだと思う。にほんブログ村人気ブログラ...

  5. 青いペンキ塗りを一番喜んでくれたのはこどもたちのようである。 - 御言葉をください2

    青いペンキ塗りを一番喜んでくれたのはこどもたちのようである。

    ふと気が付くと、最近青いペンキを塗った、フェンスの縦の柵を、小さな男の子が、握りしめて確かめている。どうやら子どもたちの方が、ペンキ塗りに気付くらしく、手で握りしめて、確かめている。そこは昨日塗ったところだった。にほんブログ村人気ブログランキング

  6.  フェンスのペンキの剥がれたところを取り、青く塗り直していると - 御言葉をください2

    フェンスのペンキの剥がれたところを取り、青く塗り直し...

    この地上にあるものは、錆びたり、古びたり、腐ったり、朽ちたり、滅びて、過ぎ行くものであることを感じる。すると、主が言われた言葉を思い出す。「あなたがたは地上に富を積んではならない。そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、また、盗人が忍び込出盗み出したりする。富は、天に積みなさい。そこでは、虫が食うことも、さび付くことも盗み出すこともない。あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。」...

  7. 裏門沿いのフェンスを塗り直している。 - 御言葉をください2

    裏門沿いのフェンスを塗り直している。

    青色で。なんとなく大変な仕事だと思っていたが、これまでいろいろな塗装の仕方を習得してきたので、さきほど始めたら、仕事ははかどっている。近くを通る人たちが挨拶してくれる。何人も。向こうから声をかけてくれる。小学生の女の子も。にほんブログ村人気ブログランキング

  8. 今日、昼から教会員の方の葬式がある。 - 御言葉をください2

    今日、昼から教会員の方の葬式がある。

    その方は、土曜日の9時過ぎにみもとにめされた。昨日は、礼拝の後、南海地区の集会があり、夜、その方の自宅で、「前夜の祈り」。今すでに、会場の準備は整っている。そして、もう一人、教会員の方ではないのだが、お一人の方の葬儀を引き受けている。ここ一週間、二週間の内になくなられるおそれのある方がいらっしゃるのである。

  9. 正面玄関の横のフェンスのラッカー塗りを終える。 - 御言葉をください2

    正面玄関の横のフェンスのラッカー塗りを終える。

    13年前、高石教会に赴任してきた時から、気になっていたところ。伽羅橋駅から見て、正面の左側の一角。13年間気になっていたのだが、とても手をつけられないだろうと思っていたところについに手が届いた。もう一箇所、正面で気になる所があるが、これもアイデアを練っている。しかし、しなければならないことは山ほどある。大阪教区の「教会と天皇制」を考える特別委員会の委員長を辞めた途端に、二箇所ほどから声がかか...

  10. 講壇の床のニス塗り終わる。 - 御言葉をください2

    講壇の床のニス塗り終わる。

    最後に、ツヤ出しのクリアーラッカー・スプレーを100円ショップで購入してきて、ニス塗りした床をコーティングして終わる。大してお金はかからなかった。これで10年ぐらいはもつだろう。

  11. 下駄箱、修理・塗装を終わる。 - 御言葉をください2

    下駄箱、修理・塗装を終わる。

    下駄箱の一部が補修を必要としていたが、完全には補修できなかった。しかし、ある程、できたので、私の実力では満足するほかない。塗装は、いちおう終えていた。人気ブログランキング

  12. 献金箱の塗装をした - 御言葉をください2

    献金箱の塗装をした

    長年、礼拝で使っている献金箱をニス塗装した。

  13. 外も腐り、内も老い、崩れ - 御言葉をください2

    外も腐り、内も老い、崩れ

    かって教会付属幼稚園の園庭だったところは、今は教会の駐車場に使うことが多いが、その片隅に今も、幼稚園時代にたてた小さな小屋がある。木造で、外にあるので、白いペンキは剥がれ、一部は、腐って木の板の一部がなくなって穴を開けている。そこをいくらか防水し、さきほど、板をねじで張り止めた。ベニヤ板で古いものを使ったので、ながくもたないかもしれない。応急処置である。応急処置のままで終わるかもしれない。と...

  14. 朝、教会の庭にある小屋の一部を修理 - 御言葉をください2

    朝、教会の庭にある小屋の一部を修理

    小屋は、20年前にたてられたものだが、その前身があったらしい。一箇所、朽ちてきているところがあるので、そこを修理した。歯医者のことを思い出した。虫歯ができると、歯医者は、麻酔をかけてから、虫歯のところを削りとり、何度か、消毒のために、患者に来るように言い、虫歯をけずったところには詰め物をする。虫歯のところがきれになったと判断すると、歯医者さんは、型をとって、かぶせるものなど準備して、それをあ...

  15. CS再開、礼拝 - 御言葉をください2

    CS再開、礼拝

    こどもたち、3人。礼拝、ヨハネよる福音書15章18~27説教題「真理の霊が証しをなされる」礼拝出席者30名。弟子たちが「迫害」を受けるようになることについて語られるイエス。

  16. 塩辛トンボが一匹、田圃の上を飛んでいた。 - 御言葉をください2

    塩辛トンボが一匹、田圃の上を飛んでいた。

    それは、1か月に一度、通っている泌尿器科のそばにある田圃である。町中に残っている申し訳程度に残っている小さな田圃であるが、水が張ってあり、青々した稲の葉が一面に広がっている。その道に近いところ、水がよく見えるほとりの上を塩辛トンボが一匹飛んでいるのである。昔なつかしいものを思い出させるような景色。病院から帰ってみると、教会の玄関近くのコンクリートに油蝉が一匹、腹を見せて落ちていた。もう死んだ...

  17. 木材保護剤、塗るべきところに塗る。 - 御言葉をください2

    木材保護剤、塗るべきところに塗る。

    また塗る所が見つかるかもしれないが、基本的、塗るべきところは塗ったと思う。最後の最後に、一番痛んでいるところを見つけた。それは、教会の庭(旧園庭)にある小屋である。赤い三角の屋根がある小さな小屋なのであるが、外にあるので長年風雨にさらされてきた。2000年につくられたものであるが、その気になって、よく見てみると、床の片隅の一つは、木が腐り始めていて、穴が少しだけあいていた。他にも、屋根の裏の...

  18. 軽い手抜き工事がされていた。 - 御言葉をください2

    軽い手抜き工事がされていた。

    テレビ番組で、リフォームの番組があったが、あれを観ながら、意外に手抜き工事が多くされていることを知った。特に心が痛んだのは、貧しい人たちの家にそういうところが多かったことである。それに比べたら、手抜きと言っても、土台に関わるようなところではなく、仕上げの出来ていいところがいくつかあったということである。仕事を途中で放り出したような感じである。納期がが来たから、仕上げをしなかったのだろうか。た...

  19. 昨日、教会堂の一角が手つかずのことに気づいた。 - 御言葉をください2

    昨日、教会堂の一角が手つかずのことに気づいた。

    昨日、掃除をしていて、高石教会の倉庫の一角が、かなり手つかずであることに気づいた。もちろん、この10年以上、その景色は見て来たのだが、それに手をつけるのは、自分にはできないと思って諦めていたところがある。しかし、やり始めたら、そう手間をかけずに、修理できそうである。暇をみつけながら、作業しよう。これも、「死ぬまで前進」のひとつである。誤解のないように書いておくが、わたしは特に病気になっている...

  20. 今日は、礼拝、その後、こどものディキャンプ - 御言葉をください2

    今日は、礼拝、その後、こどものディキャンプ

    今日は朝9時からの「こどもの教会」の礼拝はなく、午後からこどもたちのためのディキャンプ。スタッフ(先生)たちがやってきて、準備を始めている。今日のディキャンプが終わると、夏休みに入る。夏休みなしで、という声もあるが、これまでずっとしてきたことはなかなかやめられない。わたしは、ディキャンプには最初からは参加できない。同じ南海地区の土師(はぜ)教会の牧師就任式に出席することになっている。夕方から...

総件数:25 件

似ているタグ