鰹のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鰹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鰹」タグの記事(17)

  1. から旨鰹のコチュジャン和え - ふみえ食堂  - a table to be full of happiness -

    から旨鰹のコチュジャン和え

    こんにちは。「おしゃれ」で「おいしい」気分がググッとあがるそそる料理を作りましょ。元ファッションデザイナーの料理家、金子ふみえです。きのうからテレビにリモコンが見つかりません...撮影のためにテレビを消すときに使って以来、とんと姿が見えないんですよねぇ。広くないわが家のどこに隠れたのかなぁ。テレビつけられなーい、と今朝まで静かなわが家だったんだけど、さっき手動でつければいいことに気がついた!...

  2. 生ウニなどなど@サンタバーバラ・シーフードフェスティバル - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    生ウニなどなど@サンタバーバラ・シーフードフェスティバル

    今回、一泊旅行に出た理由がサンタバーバラのシーフードフェスティバルに行くことでした。そして、生ウニを食べること。一個10ドルです。その価値はあるかというとNOです。ウニはお寿司屋さんで食べる方がおいしいですね。フレッシュだから良いという訳ではない。その他、地元でとれたカツオ、カニ、等々。持って帰るのにはチョット大きすぎますね。結局、魚屋さんで買うことになりました。地元でとれた赤マンボウを買っ...

  3. 鰹が無い! - その日・その日

    鰹が無い!

    こちらには・直接的な台風は来ないものの風雨の買い物は・車でも嫌なので早めに行って来ました。スーパーには・・・「鰹」と名の付くものは何も無かった!(≧∀≦)(1尾も・お刺身も・切り身も・冷凍物も)仕方なく・出来上がりの感じが似てる「メカジキ」を買ってきました。(私は食べないので・どんなかな?)これから作ります。だって・今日は私の好きなTV番組があるので(笑)メカジキのカレーを作ります。魚のカレ...

  4. 2018年8月◯日 鰹 - 駅西の小さなご飯屋

    2018年8月◯日 鰹

    鰹の旬は初夏と秋、今は端境期の時期である。「先月の豪雨から魚がのうなってしもうてなぁ。川も海も変わってしもうたんかなぁ」と魚屋のご主人が仰る。「ほんとに、今は大穴子や天然鰻の時期なのに全く見かけませんねぇ」「旬じゃないけど今日の鰹はましじゃよ」「じゃあ、それを八つ一(1/8のこと)ください。あと大鰯と烏賊も」店に帰って鰹の端切れをひと口味見してみたけれど、初鰹の鮮烈さには欠け、戻り鰹のような...

  5. 鰹と水茄子で一品 - まほろば日記

    鰹と水茄子で一品

    昨日掲載したビストロのお料理の一品、鰹と水茄子の組み合わせがとても気に入ったので、さっそく家でも合わせてみました。とても簡単です。鰹の藁焼きは好みの厚さにスライス、水茄子も同様にカットして、さっと水にくぐらせザルにあげます。大葉と交互に挟みながら器に盛りつけ、上から、柚子胡椒、新生姜のすりおろし少々、ごま油、醤油を加えたドレッシングをまわしかけいただきます。(写真の色がおかしくて、すみません...

  6. 自宅で夕食/三井記念美術館で鑑賞 - まほろば日記

    自宅で夕食/三井記念美術館で鑑賞

    昨日はお休みのはずでしたが、仕事の都合で、オットさまはお休み返上となりました。夜は、自宅で夕食を用意していただきました。かつおの藁焼きのサラダ昨晩は、少し洋風にしてみました。たっぷりのサラダとかつおの藁焼きのスライスを並べ、マヨネーズ、ポン酢、粒マスタードを混ぜたソースをかけ、大葉の千切りを散らしました。にんにくは翌日を考え、やめておきました。おかひじきの胡麻和えおかひじきは塩少々を入れた熱...

  7. 鰹ステーキと 新玉ねぎのお椀 - ミセス サファイア 静けさの中で

    鰹ステーキと 新玉ねぎのお椀

    春は、「春眠暁を覚えず」で、陽気としては 寒すぎず暑すぎず、眠りが心地良い日が多いです。最低気温が 六度から八度くらいになると眠気を誘うといわれ、この期間のことを「春眠期間」ともいうようです。明るくウキウキする春ですが、一方では冬の間、寒さに耐えていた身体を休めるための大切な春の眠りなのかもしれません。昨日は、月例業務があり 終日 家にいましたが、愛犬とともにウトウトと気持ち良い時間も 持て...

  8. 筍と豚肉のピリ辛炒め - まほろば日記

    筍と豚肉のピリ辛炒め

    午前中は凄まじい嵐でしたが、午後から少しづつ晴れてきた昨日。夕方からはオットさまと外出して、食材も買い出しして帰宅しました。そんな昨晩の夕食です。また鰹の藁焼きです。写真だと黒っぽく写っていますが、実際はもっと赤いです。高知から届いた藁焼きの鰹のサクを直前に自分でカットしています。薬味は、新玉ねぎ、大葉と生姜、にんにくもちろん高知の天日塩でいただきます。筍と豚肉のピリ辛炒め昨年はアレルギーを...

  9. 鰹の藁焼き/1か月が経ちました - まほろば日記

    鰹の藁焼き/1か月が経ちました

    先週末の夜、心温かい友人たちと久しぶりに早い時間から集まって愉しい時間を過ごしました。2軒目に、鰹の藁焼きのお店に伺いました。目の前で、大量の藁で鰹が焼かれます。すごい迫力です。鰹の藁焼きできたての新鮮な鰹の藁焼き、口に含むと藁の香りが広がります。かなり厚めにカットされているので、食べた時の満足感も半端ないです。我が家でも最近お気に入りの高知の天日塩をつけていただきます。お魚のステーキをいた...

  10. 鰹のたたき/青柳と九条ネギの酢味噌和え/筍のおこわ - まほろば日記

    鰹のたたき/青柳と九条ネギの酢味噌和え/筍のおこわ

    金曜日も土曜日も、夜中まで外出していました。日曜日の昨日は、一転して、静かに本を読んだりのんびり過ごし、午後からはオットさまの買い物に付き合って、夕食は自宅で簡単に用意しました。鰹のたたき薬味は、茗荷と大葉の千切り高知の天日塩をつけていただきます。実は、前日にも鰹の藁焼きをいただいていましたが、2日続けての鰹です。美味しくて元気が出ます。青柳と九条ネギの酢味噌和え愛知県産の新鮮な青柳は酢洗い...

  11. 今年お初の鰹のたたき - まほろば日記

    今年お初の鰹のたたき

    今年初めての鰹を用意して、頑張って夕食を用意しました。オットさまは、今週、海外からの客人接待で大忙しでした。昨晩の夕食風景昨日も一日中外出し、ものすごく疲れていましたが、頑張って3品用意しました。鰹の藁焼き付け合わせは大葉と生姜の千切りを水にさらして水けを絞ったものニンニクチップはごま油で低温でじっくり揚げました。にんにくの香りが移ったごま油は、本日のサラダに使いましょう。高知の天日塩をつけ...

  12. 鰹の楽しみ方 - 野口家のふだんごはん ~レシピ置場~

    鰹の楽しみ方

    鰹の漬け丼鰹をいただきました。たたきで食べることが多いでしょうか。わが家は、よく漬けにします。刺身醤油とみりんと酒で漬けダレを作ることもありますが、簡単に九州産の甘くて濃い刺身醤油に漬けるだけでも十分な美味しさ。いただく時に、大葉や白すりごまを加えこれにカボスやレモン、柚子の絞り汁をぎゅ~っとねっ!これが最高に旨い!!白飯をすし飯にするのもよく合う。刺身用のお魚は、鮮度がいいから竜田揚げ風に...

  13. おひとりさまの夕食 - まほろば日記

    おひとりさまの夕食

    昨日は、自分のメンテナンスと所用のため長時間外出しました。夕方、買い物をして、急いで帰宅すると愛犬が啼いて怒っていました。ごめん、ごめんと身体を撫でながらお散歩に出て、それから自分の夕食を準備しました。鰹のたたき今年の食べ収めになるでしょうか。大好きな鰹のたたき、イギリスのマルドンの塩をつけて、赤ワインに合わせました。戻り鰹でもわたしはやっぱり鰹が好きです。おいしい!疲れ果てていましたが、生...

  14. 鰹のお刺身/ポテトサラダ/蒲鉾のたらこ和え/焼き茄子と焼きしし唐/枝豆 - まほろば日記

    鰹のお刺身/ポテトサラダ/蒲鉾のたらこ和え/焼き茄子と...

    今日もしとしとと雨が降り続けた東京、ニュースでも報道されていましたが、かなりの異常気象ですね。まるで梅雨時のようなお天気です。真っ青な夏の青空が恋しいです。我が家はまだ夏休み中ですが、数日ぶりで自宅で夕食をいただきました。鰹のお刺身をメインに、いろいろ用意して休日の夕食を愉しみました。白ワインが進みました。鰹のお刺身我が家には珍しく生の鰹のサクを仕入れて自分で引いていただきました。脂がのり、...

  15. ブログ散歩で習得 - ミセス サファイア 静けさの中で

    ブログ散歩で習得

    元来、私は 不器用で 習得するのに 時間がかかる方だと思います。お人の2倍、3倍をかけて やっと人並みに出来るようになります。以前通っていたお料理教室も、復習しても失敗ばかり。何度も繰り返し、家族の好みの味に近づけます。ブログ散歩では、皆さまの食卓を、あるいは レストランでのご様子を どうなっているんだろう〜と失礼ながら ずっと見つめ、調味料や お味を想像し、いつも 真似っこさせていただいて...

  16. きょうはこんな日。 - うみがわ・やまがわ

    きょうはこんな日。

    久しぶりの四人会は葉山”鰹”。女将さんいつもありがとうございます。(^_-)-☆#ごちそうさま

  17. 味噌漬け二品 - 幸せごはんのJazzかげん

    味噌漬け二品

    今日も粉雪が舞う寒い一日でした。春になれば、あんなこともこんなこともきっと眩しい光のようにくるくると回り始めるはず…。と思いながらも、冬空に突き刺すように起立している裸木も案外嫌いではない。こんな夜はやはり熱燗にあうアテでちびちびと過ごしましょうか。車海老の味噌漬け①車海老(活きているもの)は首の付け根から背ワタを抜き、尾から頭に向けて串を打ち味噌床に3~5時間漬ける。(串を打っておかないと...

総件数:17 件

似ているタグ