鳥モチーフのタグまとめ

鳥モチーフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鳥モチーフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鳥モチーフ」タグの記事(17)

  1. ぴよたまちゃん - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ぴよたまちゃん

    一昨年帰国した際も、姉は沢山私に物をくれました。その中には、私の為に買って置いてくれた新品の服やアクセサリーもあれば、御下がりもありましたが、随分後になってから、「そうそう、これもあんたの為に買っておいたんだ♪」とやたらニコニコして渡してくれた物がありました。それがこの、ヒヨコの人形と言うかフィギュアです。「ありがとう」とは一応言ったものの、何故わざわざこれを?と一瞬考えましたが、………私に...

  2. イースター・パレード - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    イースター・パレード

    折しも復活祭が近付いて来て、姉もmomoko DOLLで復活祭を祝いたかろうと勝手に思い(ドール好きは兎に角イベント好き)、ドール用のイースター・ドレスを縫いました。そして、いつも通り姉に送る前に、自分で撮影しておきました。メインに使った生地は、昨年もパレットFちゃん用のイースター・ドレスに使用した、地元の生地屋で買ったパステル調のイースター・エッグ柄。何度眺めても、甘い愛らしさに溢れる布で...

  3. アラン・グレの「飛んで見える物」絵本 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アラン・グレの「飛んで見える物」絵本

    一年前の冬頃、ルイスのアンティーク・モールで、友達へのプレゼント用にこの絵本を買いました。日本でも一時プラザでグッズ展開した、フランスの絵本作家Alain Gree アラン・グレの絵本です。私にとっても、非常に好みのイラストの昔絵本です。サイズはB5変形位で、簡易ハード・カバーです。見返しが簡略化され、中面はすぐに中表紙から始まります。タイトルは「飛ぶ物を見てごらん」で、「Look Arou...

  4. スペイン象嵌の小鳥柄バングル - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    スペイン象嵌の小鳥柄バングル

    スペイン象嵌のペンダントを買った日のフリマでは、別なストールでこのスペイン象嵌のバングルも手に入れました。以前手に入れたスペイン象嵌のバングルに比べると、幅が細い分装飾もシンプルで地味です。黒い鉄地には錆があり、地金はかなりくすんで、状態は余り良くありませんでした。そして、直径が5cm位しなく凄く小さく見え、私にはきついかも~と思いましたが、試しに嵌めてみたら大丈夫でした。日本人の手首の太さ...

  5. スペイン象嵌の小鳥柄のブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    スペイン象嵌の小鳥柄のブローチ

    秋のフリマで、この黒地に金模様のシックなブローチを手に入れました。大きさの割に、重みがずっしりとあります。一目で、スペイン象嵌だとは分かりました。英語では「damascene ダマシン」、スペイン語では「damasquinado ダマスキナード」と呼ばれる、シリアのダマスカスが発祥と言い伝えられる伝統工芸で、日本語に訳すると「布目象嵌(鉄地への金銀装飾)」と呼ばれる金工象嵌です。スペインで...

  6. 小鳥柄ホーロー製ブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    小鳥柄ホーロー製ブローチ

    11月に訪れたアーディングリーのアンティーク・フェアで、まず最初に惹かれて買おうと思ったのはこのブローチです。勿論自分で欲しくなった訳ですが、友達へのクリスマス・プレゼントとして買いました。私の大好きなオーストリア製のエナメルのジュエリーで、しかもピンには、そのトップ・ブランド「ミハエル・フライ」と書いてあります。縦3×横4cm位の楕円形のカボションです。レトロなフォークロア調の花柄とハート...

  7. ウラン・ガラスのミミズクの皿 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ウラン・ガラスのミミズクの皿

    アーディングリーのアンティーク・フェアで、今回唯一の屋内会場だった建物の、いきなり最初のストールでこのミミズクのお皿が目に入りました。写真ではそれ程の色には見えませんが、薄暗い会場内では自然光だけでも激しいバスクリン色にギラギラと輝き、一目でウラン・ガラスだと分かりました。今まで全く出会った事のないタイプ、かなり凝った面白い装飾、しかもミミズクのモチーフが結構可愛く、余り場所を取らず、値段は...

  8. 小鳥と巣の絵本 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    小鳥と巣の絵本

    昨年の夏のフリマで、古い木製品とか好みのレトロ物を豊富に売っているストールがありました。其処で、この古い絵本を買いました。野鳥と、その巣を描いています。GOLDEN PLEASUERE BOOKSと書いてありますが、アメリカのそれとは無関係のようです。発行年は1965年で、元の出版元と印刷はチェコスロヴァキア。作者も、恐らくチェコスロヴァキア人だと思います。これはその裏表紙。サイズはB5程度...

  9. 花鳥風月なインタリオのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    花鳥風月なインタリオのブローチ

    今回ブラックリーのアンティーク・モールでは、私はビンテージのレース・モチーフとかの手芸材料を買いましたが、会計待ちで並んでいる時、ふとガラス・キャビネットの中でこのブローチが目に入りました。大好物のルーサイトのインタリオな上、珍しいモチーフ。更に、値段はたった2ポンド!スタッフに頼んでキャビネットの鍵を開けて貰い、商品を確認し、再び列に並ぶのがちと面倒でしたが(何せ結構混んでいた)、待った甲...

  10. ドイツのハート型錫製窓飾り - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ドイツのハート型錫製窓飾り

    地元のチャリティショップで、幅14cm位で大き目の、フォークロアなハート型の金属製オーナメントを見付けました。おっ、これは大好きなドイツの錫製の窓飾りではないかと手に取りましたが、それにしては金属が非常にヤワで、実際既に歪んでいるし、細工が折れて切れている部分さえあります。それで、「もしかしてドイツの錫細工を真似た中国製の粗悪品…?」と思いましたが、裏面には錫飾りで有名なドイツの「ヴィルヘル...

  11. 青いガラスのパウダー・ジャー - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    青いガラスのパウダー・ジャー

    その日曜日は晴れていたものの、朝はかなり寒く、フリーマーケットの出店数はショボい状態でした。しかしそんな日でも、何かしら買いたくなる物に出会えるのが隣町のフリマです。その日出会ったのは、この青いガラスのパウダー・ジャー(白粉入れ)でした。元々こんな「ブリストル・ブルー」と呼ばれるコバルト・ブルーのガラスには惹かれますが、小鳥の描かれている所が更に気に入りました。しかし、どう見てもヴィクトリア...

  12. ちゅんちゅんブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ちゅんちゅんブローチ

    数年前、お友達のキチ吉ちゃんからプレゼントされた、作家さん物のハンドメイドのブローチです。モチーフは日本でも英国でも御馴染みの鳥スズメですが、これでもかっと思える程マルッと可愛く作られていて愛嬌たっぷり。直径(笑)は3cm位。恐らく石粉粘土等のクレイで形成され、手彩色の上にニスが塗られたような仕様です。こんなに見慣れた在り来たりな鳥を、これ程愛らしく表現しているデザインは中々ないんじゃないか...

  13. 来週からは地元千葉そごうに出店です! - sato-ca journellement

    来週からは地元千葉そごうに出店です!

    【来週からは地元千葉そごうに出店です!】急に肌寒くなって、何度も雨の日がやってきますね。秋の台風では、悲しい思い大変な思いをされている方が未だたくさんいらっしゃってなんと言葉にしていいか分かりません。千葉そごうのお客様の中にもきっと大変な思いをされている方が大勢いらっしゃるのだろうと思います。そんな時ですが、もしよかったらいえいえお元気でしたらぜひ!10/29からの期間限定ショップに遊びにい...

  14. レトロなこけし型入れ物 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    レトロなこけし型入れ物

    昨年のキチ吉ちゃんからのクリスマス・プレゼントの中に、こんなプラスティック製のこけしが入っていました。ピンク色のモールの小鳥ちゃんもキチ吉ちゃんからのプレゼントで、こけしの中に入って送られて来ました。どちらもどう見てもかなり古く、キッチュなレトロ具合が私の好みにどんぴしゃ。こけしの中に入れたプラ・ビーズは、雰囲気を出す為に私が勝手に入れた物です。こんな風に開きます。キッチュに見えて、昔の日本...

  15. ポーランド陶器の赤い鳥柄シュガー・ボウル -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ポーランド陶器の赤い鳥柄シュガー・ボウル

    ブラックリーの「アンティーク」モールでは、新品のポーランド陶器を中心に売っているストールがあり、何もここでこれを売らなくたって…と最初は思った私ですが、この赤い鳥柄を見て、逆らい難い程可愛い!と魅了されました。そして、どうやらルイスのポーリッシュ・ポッタリー専門店より値段が安いようなので、結局一つ購入する事にしました。何故シュガー・ボウルを選んだかと言えば、単純にこれが一番安かったのと、シュ...

  16. ジェード色ウラン・ガラスのツバメ柄花瓶 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ジェード色ウラン・ガラスのツバメ柄花瓶

    ブラックリーのアンティーク・モールでも、当然ウラン・ガラスを真っ先に探しましたが、これ程広い店内なのに、今回はウラン・ガラスには不思議な程ほとんど出会えませんでした。今は余り惹かれなくなったアール・デコ時代の型抜きガラスや、高過ぎて手が出ない高級アンティーク品ですら、今回ここではほとんど見掛けませんでした。そんな中、数少ない候補に挙がったのが、この写真中央のジェード色の子供柄の花瓶。そして、...

  17. MOPの鳥型パーツ入りブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    MOPの鳥型パーツ入りブローチ

    黄色い花柄エプロンと、フリマの同じストールで一緒に買いました。縦3×横2cm強の、楕円の小さなブローチです。金属の台を、黒く塗装した上に花を描いて、更に鳥型のMOP(マザー・オブ・パール)のパーツを貼り、樹脂で塗り固めて閉じ込めたような仕様です。花は一応手描きですが、台を裏から見ると、軽量金属のいかにも安っぽい造りで、昔のアジアのお土産とかだったのではと思っています。でも、今まで見た事のない...

総件数:17 件

似ているタグ