鳥海山のタグまとめ

鳥海山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鳥海山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鳥海山」タグの記事(134)

  1. クマの人身被害 - 花立の花情報

    クマの人身被害

    令和元年9月21日(土)鳥海山において、登山道で登山者がクマに襲われるという事例は過去40年は無く、初のケースになると思われます。冬ごもりを控えて食料の確保に血眼になるこの時期、利用頻度が低く、人の気配が薄い登山道がクマの活動エリアに拡大した可能性もあります。加えて、ブナの不作も影響したはずです。本来クマは臆病で、一定の距離があればクマのほうが逃げます。後ずさりしてもクマのほうから近づいて来...

  2. シャトルバス運行のお知らせ桑ノ木台湿原 - 花立の花情報

    シャトルバス運行のお知らせ桑ノ木台湿原

    9月14日、15日、16日桑ノ木台湿原入口まで有料シャトルバスを運行致します。様子を見て来ました。令和元年9月6日(金)初秋のブナの森にはフィトンチッドが溢れています。http://www.wakando.jp/fiton-35/whats-fitontid.htm第一デッキより見るサワギキョウウメバチソウ第二デッキよりエゾオヤマリンドウ増えたススキが気になります・・・桑ノ木台湿原は、ジオパ...

  3. めぐりあい - Aruku

    めぐりあい

    鳥海山外輪山「行者岳」から見る「新山」標高:2236mここから見る景色が好きです。今年4度目の登頂来る度に変わる景色が楽しくて何度も来てしまいます。NTTレゾナント株式会社検索数から見る人気の登山スポットを発表!https://www.excite.co.jp/news/article/Kyodo_prw_201908079542/夏の1位は「鳥海山」うれしいっ!!喜びは励みになって生きがい...

  4. この時期に行きたくなる山その2 - Lock-design.

    この時期に行きたくなる山その2

    ども。清涼感をもとめて行きたくなる大東岳とは違ったモチベーションでこの時期に行きたいのが焼石岳。こちらは数年前に一人で登った事が有るのですが、ピークまでの登山道がバリエーションにとんでいて凄く楽しかった思い出が有ります。しかも天気がよければ鳥海山まで見渡せるパノラマビューは絶景です。本気で行きたい。。。。LINE@始めてみましたデカールステッカー裏オーダーシステムInstagramLock ...

  5. 風待ち - 空のはしっこ

    風待ち

    鶴岡市海が 見たいと思った7月、最終日梅雨明けした途端暑い...ひどく(^^;;すっかりバテ気味ですが食欲は 落ちてないみたい(笑)この時期に聴きたくなる大好きな曲「風待ち」です(^^)

  6. 今を楽しむ - Aruku

    今を楽しむ

    山頂付近に咲く鳥海山固有種チョウカイフスマ出会いに感謝休日は今を充実させることに集中するタイプです(^^♪登山はピークハントより一日をゆっくり楽しむ方です・・・気持ちが満たされたからなんだろうな山頂にsnow peakのマグカップ忘れたΣ(・ω・ノ)ノ!ショックだけどまっいいか悩んだり悔んだりするよりも楽しめたことに感謝何か一つ手放したらそれよりもずっといいものがやってくる!!つきが楽しみ(^^♪

  7. 来る度に - Aruku

    来る度に

    扇子森から七五三掛に向かう登り返しの手前にてハクサンイチゲが出迎えてくれました一週間ごとに移り変わる山の景色今年4度目の鳥海山来る毎に好きになります

  8. 鳥海湖 - Aruku

    鳥海湖

    海の日は山を堪能しました(笑)鳥海湖で一息この景色を見てると疲れが癒されます遠くにある尖った雲ステキ!!

  9. シャトルバス運行のお知らせ (桑ノ木台湿原) - 花立の花情報

    シャトルバス運行のお知らせ (桑ノ木台湿原)

    令和元年7月13日~7月15日の連休桑ノ木台湿原のシャトルバスが運行されます。様子を見て来ましたので、参考になれば幸いです。令和元年7月9日 桑ノ木台湿原ノハナショウブコバギボウシ梅雨の長い中休み、乾いた東風が心地よかったです。同日の祓川周辺の様子も載せておきます。五合目 祓川ヒオウギアヤメ六合目 賽の河原オオバキスミレ七合目 御田御田の雪渓御田の雪渓から見る七ツ釜避難小屋イワハゼ別名:アカ...

  10. ヤマアジサイ - Aruku

    ヤマアジサイ

    鳥海山の麓に静かに咲くヤマアジサイ令和最初の七夕の日天の川を待ちながら地上の星を撮りました【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!

  11. 祓川の夜 - Aruku

    祓川の夜

    令和最初の七夕は晴れでした鳥海山と天の川みなさまの願い事が叶いますように(^^♪

  12. 記憶と記録 - Aruku

    記憶と記録

    マイヅルソウ何かに惹かれてシャッターを切る「見晴台」から「とよ」に向かう途中の休憩小学校の自由研究を思い出しました(;・∀・)今は亡きオヤジとカメラを持って高山植物の名前を分布を調べながら写真集を一緒に作った記憶写真と登山の始まり写真は一瞬を切り撮って表現します瞬間をカメラに収めるという意味と同時にその一瞬に沢山の時間を凝縮するということでもありますシャッターを押す瞬間に想う過去の記憶や感情...

  13. 日常と非日常 - Aruku

    日常と非日常

    しっとり小雨の鳥海山7合目「御浜」を目指してお写んぽ日常では見ることの出来ない風景河原宿ではチングルマが見頃を迎えてました色々な考える事が多い毎日から離れてファインダーから見る新鮮な景色は息抜きになります(^^♪【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!

  14. 桑ノ木台湿原令和元年6月25日 - 花立の花情報

    桑ノ木台湿原令和元年6月25日

    シャトルバスの運行終了後も、桑ノ木台湿原への問い合わせがポツポツあります。きょうも一件、県外の遠方からありました。アプローチは、森の休憩所に駐車し、片道3キロの林道を徒歩で移動しなければなりません。あと 1km この看板の500メートル先に、湧き水があります。林道の終点、遊歩道の入り口。久しぶりの雨で、イモリが歩いていました。遊歩道脇のフタリシズカ令和元年6月25日(火)桑ノ木台湿原ノハナシ...

  15. 鳥海山・百宅ルート ~ 2019年6月1日 - ソロで生きる

    鳥海山・百宅ルート ~ 2019年6月1日

    昨年11月の初滑りから6ヵ月以上になる山スキーシーズンもいよいよ終わりだ。名残惜しいようなホッとする様なとにかくひと区切りという気持ちになる。シーズン最後の山スキーを板納めと呼んでいるが、今シーズンの板納めは鳥海山の百宅ルートにした。先週は百宅集落からの長い林道がまだ開通していなかったため、登山口まで1時間以上歩いたそうである。今週は開通しているだろうと期待して百宅登山口を目指した。気がかり...

  16. 外輪の花 - 花立の花情報

    外輪の花

    外輪に咲く ミヤマキンバイ同じ位置から南を遠望すれば、月山と朝日連邦が浮いている。令和元年6月14日(金)鳥海山快晴無風、そして無雲。秋田駒、岩手山、和賀岳、真昼岳・・・・栗駒、高松、虎毛・・・・・山座同定が容易に楽しめました。そして法体の滝 も確認できました。新山 (享和岳)享和元年 (1801年) の噴火でできた溶岩ドーム。218年の時の経過は、自然の営みにおいてはつかの間で一回の星の瞬...

  17. 令和元年 6月 13日 (木)桑ノ木台湿原 - 花立の花情報

    令和元年 6月 13日 (木)桑ノ木台湿原

    ブナ林では、エゾハルゼミとカッコウの合唱会でした。レンゲツツジも踏ん張ってくれています。シャトルバスの運行は16日(日)までです。ワタスゲが見ごろになっています。

  18. Reflection - Aruku

    Reflection

    冬師湿原から見る鳥海山と天の川静かな夜珈琲を片手にゆっくり過ごすじかん空気の匂い珈琲の香りここちいいです(^^♪

  19. 桑ノ木台湿原令和元年5月30日の様子 - 花立の花情報

    桑ノ木台湿原令和元年5月30日の様子

    桑ノ木台湿原令和元年5月30日遊歩道ブナ林内の花ズダヤクシュユキザサホウチャクソウチゴユリツクバネソウ木道沿いの花ミツガシワ開花したレンゲツツジ開花直前のレンゲツツジ開花前のこの造形が、蓮華(ハス)に似ている事が名前の所以である…っという説もあります。年によってはこの湿原がレンゲツツジとワタスゲのコラボで埋まる事もあります。・・・・平成28年が、まさにそんな年でした・・・・今年はその共演、無...

  20. 元気に育て - 空の色

    元気に育て

    田圃に可愛らしい苗が並びました。カメラ女子ランキング

総件数:134 件

似ているタグ