麹のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには麹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「麹」タグの記事(45)

  1. 4斗ガメ - 自然栽培 果樹カナン

    4斗ガメ

    米麹九キロも自家製ムロ部屋のお陰でどうにか成功し3月に作った味噌と一緒に4斗ガメに収めました。合計60キロぐらいになりましたが、余裕で入りました。陶器を作っている知人に見つけてもらった4斗ガメは最高です。亀の口の回りのくびれた所に針金のバンセンを巻いて適当に締めると亀が何かの衝撃でのひび割れ予防になるそうです。亀の形も道具を使って混ぜやすく出来ている様です。知らない事が沢山ありますが、よく考...

  2. 美しくなれる ほんのり甘い麹水。 - オステオパシー整体院 Harmony★☆★

    美しくなれる ほんのり甘い麹水。

    昨年くらいから、麹水を愛飲してます。"麹水"って、知ってますか?ここ数年、麹の甘酒がブームになってます。もともと甘酒好きの私もだいぶ前から、麹の甘酒にハマって、甘酒が作れるヨーグルトメーカーを買い、作っては飲んでいました。でも大好きな甘酒も、毎日飲むと、飽きてしまい、次第に作らなくなり、、、、。

  3. 寒麹を作る - 暮らしの中に優しい時間

    寒麹を作る

    寒麹は秋田の伝統調味料だとか。塩麹は月1の割合で作っているがこの寒麹は初めてのトライ。文字通り寒さの盛りに作る調味料だ。使うのは仕込みから半年以上経ってから。時間が生み出す醸しの味。一応記録してアップ。塩麹は塩と麹と水で作るが寒麹は水無し。その分一度作っておくと保存性は高い。いわゆる三五八床の類。もち米で固めのおかゆを炊いてから麹を混ぜる手順は甘酒作りと同じ。違うのはあまーい甘酒が翌日出来上...

  4. 麹作り - 自然栽培 果樹カナン

    麹作り

    作業倉庫の中に麹作り用のムロ部屋をだるまストーブの横に作りました。簡易的な1坪もないものですが、3月にうちで取れたお米で麹作りをしてみようと思います。電源がないため部屋の中の温度を練炭で上げようと思いますが、30度ぐらいにするには外気温が15度ぐらいないと無理のようです。あとは感を頼りにしてみようと思います。結果は又後日に!

  5. 身欠きにしんを使って - 暮らしの中に優しい時間

    身欠きにしんを使って

    寒さまっただ中お変わりありませんか。気になりながらもブログ投稿滞っていますが風邪もインフルも縁遠く暮らしておりますのでご心配なく。歳を重ねるほどに病気知らず元気になっていくのは不思議です。今年は少しのんびり優雅に過ごしたいと年頭に思ったのも束の間相も変わらずやるべき課題は増える一方で・・。自分で自分を追い立てているそんな毎日です。手持ちの身欠きにしんで麹漬けとオーブン焼きを作りました。↑は...

  6. ”さつまいも麹” いかが⁈ - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ”さつまいも麹” いかが⁈

    金曜日に分搗き玄米を蒸して菱六さんの麹菌をつけて、今日まで育てて参りました。先ほど無事に出麹しました。出来はまぁまぁ80点くらいかな。器械で麹を製造しているわけではないので、出来具合は毎回違います。水分が多めだったり、はぜ回りがちょっと足りなかったりなど、まぁいろいろあります。けれども今回はよさげです。麹作りは常に温度計とにらめっこ、麹菌の様子を温度の上がり具合で判断し、麹菌が活発に育ってく...

  7. かぶら寿司の本漬け作業 - 暮らしの中に優しい時間

    かぶら寿司の本漬け作業

    麹床が整ったので今朝かぶら寿司の本漬け作業。1週間前に塩漬けしたかぶらにブリを挟んで甘ーい床に漬けこみ冷気の中で熟成を待つ。今日漬けて大晦日から年初めが食べ時。今年はブリの塩漬け予定日に手ごろな養殖ブリが見つからず天然もので。ということで例年の3倍強の出費に驚愕。戸惑いながらもまあ致し方なし・・。平成最後の暮れもあとわずか。瞬く間に時間は過ぎていく。事無く平穏に暮らしていることにまずは感...

  8. 寒くなりました。 - 暮らしの中に優しい時間

    寒くなりました。

    朝から底冷えのする日。時節柄麹作りに追われている毎日です。毎年恒例のかぶら寿司の仕込みもそろそろ考えなければ・。手始めに今季第一号のべったら漬けを作りました。自家製麹で固めの漬け床を作って大根を漬けたのは1週間前。大根の水分が漬け床に溶け出てただいまこんな感じです。↓真っ白な漬け床にべったら漬け。冷気の中で熟成される漬物が美味しくなる頃。春から大活躍していた糠床は、塩蓋して床下で来春まで眠...

  9. 醤油麹を作ったよ - 娘といっしょ

    醤油麹を作ったよ

    一昨日、何年かぶりに醤油麹を作った。今回の麹は熊本のピュアリィから取り寄せた自然栽培の米麹だ。500gで1袋1200円で税込1296円がまとめて3袋買うと3510円だったので3袋買った。乾燥麹の塊がないか確認してもし塊があったらほぐしておく。清潔なタッパーに麹500gを入れ、その上に醤油750ccを注いでよく掻き混ぜる。毎日スプーンで1回軽くかき混ぜる。常温で1週間で完成\(^_^)/完成し...

  10. 手作り 塩麹と醤油麹  2018 - Hawaiian LomiLomi サロン  華(レフア)邸

    手作り 塩麹と醤油麹 2018

    第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「料理・お弁当」部門に 応募します。麹をばらしているところ。 乾燥のみやここうじを使ったり、スーパーで売られている近隣の麹屋さんのものを使ったりします。麹の甘酒を作るときに、麹が余るとついでに作る 塩麹や醤油麹。時間は少しかかりますが、とても簡単にできます。お料理に入れると なんでも2割増し 美味しくなって 嬉しいんですよ。覚えにレシピを載せておきます...

  11. 麹由来の”グルコシルセラミド”! - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    麹由来の”グルコシルセラミド”!

    この間、TV番組でお味噌は美肌に有効だと、大学教授の方が推奨しておられました。この”グルコシルセラミド”は、麹の発酵する過程で多く作られるとのこと。この先生曰く、「肌の基底層にグルコシルセラミドが働きかけて、肌全体を活性化させるスイッチをonにする。グルコシルセラミドを肌の細胞に与えると、肌のバリア機能がup。肌が元気になり、水分量をアップしてくれる。」いいですね。👍...

  12. ”でんぷん”があれば麹に - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ”でんぷん”があれば麹に

    昨日、一分搗き玄米の麹を出麹しました。出麹というのは、麹菌を種付けして引き込んでから約48時間後に製麹を終わらせること。8月に、寺田本家のご当主からアドバイス頂いたことを念頭に作ってみました。確かに、今までの麹よりも麹菌のはぜ回り(まとわり)が良かったです。しかし、まだ課題が残ります。はぜ回りは確かに良くなっていますが、その割には糖度が思うほど高くない。そこは、なんとかしなくてはいけません。...

  13. 天然の甘さでいも羊羹 - 暮らしの中に優しい時間

    天然の甘さでいも羊羹

    砂糖を極力抑えて米麹から作った甘酒の自然の甘さその糖化力を活かして作ったいも羊羹。口に入れるとほろっとほどける食感。中に皮つきの蜜煮を混ぜ込んでいる。作って冷蔵庫に一晩寝かせたらいい感じに落ち着いた。サツマイモ生地本体には砂糖は一切加えず蜜煮の煮汁を利用した。蜜煮は水2:甘酒1:きび糖1の割合で炊いたもの。竹串がスッと通る程度に炊いてからボールの上に笊をセットして煮汁を受け止める。蜜煮の汁...

  14. 甘酒と植物酵素の両方が一度にとれるよくばりなゼリーなんです。 - 初ブログですよー。

    甘酒と植物酵素の両方が一度にとれるよくばりなゼリーなんです。

    今回、ご紹介させていただいているのが、「ほんのり甘くて、半透明の甘酒と、植物酵素が一度にとれるよくばりなゼリーなんです。個別包装で、携帯にも便利。食べるのも、そのまま、上部を切り取っていただけます。香りも強くないので、食べやすいです。121種類の植物酵素で、健康サポート。甘酒には、発酵食品の麹の力も入っているので、体力回復にもおすすめ。あの甘さが苦手というかたにも、この甘酒発酵ゼリーなら、濃...

  15. ごまとシードのパン麹酵母 - パン教室への道 〜ヤチオーブン〜

    ごまとシードのパン麹酵母

    何パンて行ったら良いのでしょう。本当は、カイザーゼンメルのスタンプを試したかったのですが生地が、麹酵母の角食生地だったので、仕上がりがふっくらフワフワして、筋がなくなりました〜。さっき焼いたベーグルは、なくなったので、明日の朝食にします!旦那さんはお弁当があまり好きではないらしく、食べに行ったりする方がいいらしいのでいつもコーヒーを入れて持って行ってもらってます。最近は、おやつにパンも持って...

  16. ”はぜ回り”👍の甘糀 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ”はぜ回り”👍の甘糀

    ⇧と⇩の写真の明るさが違い、別物のように観えますが、同じものです。写真撮りが未熟なので、申し訳ございません。8/19にblogに載せた”はぜ回り”良好だと言ったものを、糖化した玄米甘糀。見た目では、ごはん粒がはっきりわかりますが、この粒は”はぜ込み”も上手くいき、口に入れて舌でつぶれるほどの柔らかさとなりました。(発芽玄米麹の甘糀は、皮つきですからそうはいきませんが・・・。)糖度も今までのも...

  17. 「はぜ回り」がいい感じです。 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    「はぜ回り」がいい感じです。

    ⇧は、今回の一分搗き玄米(玄米3~4%削ったもの)を麹菌つけてから、48時間後のもの。ほぼ出来上がりです。4日に東京で会えるとは思っていなかった、千葉県の寺田本家ご当主に自分の麹を観てもらい、いろいろアドバイスをいただいて、それを今回参考にし、今まで作ってきた玄米麹の中で一番白い。はぜ回り=麹菌をたくさん纏ったものがいい感じ(・∀・)イイ!!。白米ならば、この「はぜ回り」だけで十分なんですが...

  18. 真夏でも味噌作り - 暮らしの中に優しい時間

    真夏でも味噌作り

    通常味噌作りというのは寒中行うものだけれど短期熟成白甘味噌は真夏でも作っている。仕込みから1か月で完成で塩分少なく長期保存はできないので少量を大体隔月間隔で仕込むことになる。和菓子やお料理用に使う甘めのお味噌だ。大豆の倍量の米麹を使って作っている。↓のが完成したばかりの白甘味噌。大豆の粒がなくなる程度までフープロにかけている。同じ白甘味噌でも大豆の粒々を残した状態のものが↓肉や魚を漬けこむに...

  19. GINZA SIX - 好きなものに囲まれて2

    GINZA SIX

    連日猛暑が続いています。サッカー、負けてしまいましたね。残念!!ということで、5時には試合が終わっていたので、そのまま散歩に行きました。結構人は歩いていました。風もあまりないようなのでこの時間が正解だったと思います。これからもうこの時間には起きるように努力しないと。(無理っぽい)さて、昨日は夕方になって銀座に出かけました。今治の友人の個展が始まりました。帰りに画廊近くのGINZA SIX地下...

  20. 木の実とドライフルーツのタルトレット - Atelier Sun and Moon

    木の実とドライフルーツのタルトレット

    木の実とドライフルーツのタルトレットおひとりさま用の手のひらサイズゆっくりと煮詰めた甘酒と木の実とドライフルーツを絡めて焼き上げていますタルト生地はサクサク、ふんわりとカルダモンの風味シナモンと迷いましたが、春だからカルダモンに♪小さいながらも食べ応えありです今度の手前味噌のワークショップでのおやつタイムにお出ししますご参加予定の皆さま、お楽しみに♡☆☆☆3/24,25両日とも、あと2名様分...

総件数:45 件

似ているタグ