黄昏のタグまとめ

黄昏」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには黄昏に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「黄昏」タグの記事(56)

  1. 黄昏の着陸 - Qu'est-ce que c'est

    黄昏の着陸

  2. 黄昏への一歩 - たなぼた

    黄昏への一歩

    薄雲のベールをまとっておぼろの半月2分後には黄昏色に空がおちるああ秋はもう扉を開いてしまったのだ

  3. たれる - たなぼた

    たれる

    魔性というものは夜に伸びる夢の数だけ伸びて伸びて伸びきってやがて滴り地面に根を張るその根から芽吹くのは無数の希望という明日※むむむむ・・・甘いものの食べ過ぎだ・・

  4. 九月 - たなぼた

    九月

    花にはそれぞれの輝度があって夕闇の中に浮かぶものも沈むものもあるイチイとコニファーの木影でひときわ輝いているのはサフィニア雨もよいの夜が来ると瞳が憂いている今日から九月月を感じる季節が始まる

  5. 日曜日 - 空の色

    日曜日

    本日はまったりdayカメラ女子ランキング

  6. 外は春の雪から春の雨明日は晴れるらしい - たなぼた

    外は春の雪から春の雨明日は晴れるらしい

    平行の反対言葉は交差一度交差したら二度と交われない直線の性分ずっと交われない平行線の性分幾何は切ない

  7. 夕焼け空 - 浜千鳥写真館

    夕焼け空

    天気も良いので大阪湾に流れる淀川を歩いて来ました。近年、水害被害が多くスーパー堤防があります。この町は川も多く護岸に小中学校の生徒さんのアート絵が盛んです。夕陽が良く見える場所です。段々と夕陽が綺麗くなって来た。

  8. 夕焼け - 平野部屋

    夕焼け

    夕焼け。このところ、夕焼け時の太陽が大きい。と感じるのは私だけかしら・・。やたらと大きく感じる私です。右下に見えるは浜松駅前アクトタワー。夕焼け三部作。それにしても日が伸びましたね。10月と同じ太陽高度ですからね。今日は久しぶりに雨模様です。ではまたね。

  9. 雪の黄昏 - たなぼた

    雪の黄昏

    外は雪今日はめでたく真冬日で青い静寂に世界は支配されていたベートーヴェンのSilenceでも聴いてみようかそれともバッハ?雪が降る反復しながら浸食される世界はただただ眠ったまま雪の黄昏は静かすぎてひとりぼっち温かい声が恋しくなる時間※やっと搬入完了・・・タイトでした・・・

  10. 黄昏は人恋し - たなぼた

    黄昏は人恋し

    夕日のあの一瞬の輝きを有終の美と述べた先人は少なくとも私のまわりには多数いた人生が終わる前にそれがたとえ一瞬であろうと輝く時間を持てるよう人は務めねばならぬと急に文語調っぽくなってみな口をつぼめた若い時はそうした思想に触れる機会も多かったけれどもうこの年になればだれも私には説教してくれない先達の重みのある言葉とは裏腹に私なぞは黄昏は人恋しいなどと愚痴をこぼすだけで説教らしい説教ができる人生で...

  11. 雪の黄昏 - たなぼた

    雪の黄昏

    久方の昼間の雪ももう黄昏だ深山ホオジロにカケス、ヒヨドリにシジュウカラみんな短く啼いて飛んでいった冬だ冬だと思っていたけれどこうして写真を撮ると山は笑う準備中枝先がマニキュアを塗ったがごとく芽生えの赤

  12. 踏切の音 - たなぼた

    踏切の音

    雨の前は4キロ先の踏切の音が聞こえるそれが真夜中だったりすると貨物列車の通過音まで聞こえる今夜は聞こえない満天の星の夜

  13. たそがれアワー - たなぼた

    たそがれアワー

    黄昏>禍時>大禍時(逢魔時)赤が残る空>青くなった空>さらに闇が深くなりつつある青黒い空誰か判別不能な時間>まがまがしいことが起こりそうな時間>魔物や災禍に遭遇する時間魔物いなくなりましたね妖怪ならまだいるけれど樹木希林さんみたいな妖怪になりたいな山国暮らしも長くなったので地平線や水平線に墜ちる夕日にしびれます※今日もしつこくお腹が凹む体操体操だけに大層しんどい(゚Д゚;)

  14. 黄昏 - Qu'est-ce que c'est

    黄昏

    明石海峡の黄昏

  15. 飛行機雲 - たなぼた

    飛行機雲

    Gminorを聴きたくなる

  16. 風の道 - たなぼた

    風の道

    そのときを待つ

  17. 豆本 - たなぼた

    豆本

    ゆえあって豆本を三冊ほど作って可愛いと自画自賛していたけれどそれはそれなりに苦労もあって果たして52頁もある本を豆本などと呼ぶのだろうかと独り思案に暮れてみたり夜が長いからいけないいくら考えたって朝が来ないんだものああ天女が舞っているようだねあの向こうにある山ねいくつか登ったんだよデビューかいシニアの集い60歳のデビューってところね毎日山に登ることを思って決められたルートをたどっているけど若...

  18. 冬の夕焼け - たなぼた

    冬の夕焼け

    冬の夕焼はたちまち暮れる凍てついたはくちょう座がたちまち西の山に消えるそんな季節になった

  19. 切片 - たなぼた

    切片

    記憶の切片がすっとしみこんでいく黄昏時「有り難い」の反対は「当たり前」だ・・・というのが今流行っているけど「当たり前に暮らせること」ほど「有り難いこと」はなく純粋に反対言葉じゃないんだろうと思う「ありがとう」の反対が「この野郎!」でもいいわけで「ありがとう」の反対が「恨めしい」なんてこともあるはずだ日が陰ってからは今までは見えなかった常夜灯が円を描いてCMOSに記録されていく「当たり前」の反...

  20. 秋の夕焼 - たなぼた

    秋の夕焼

    にじみ出した色がまじりあい秋の夕焼はたちまち消えゆくミルクいっぱいのチャイがこゝろにも体にもあたたかい

総件数:56 件

似ているタグ