黒い雨訴訟のタグまとめ

黒い雨訴訟」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには黒い雨訴訟に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「黒い雨訴訟」タグの記事(6)

  1. 黒い雨訴訟“控訴取り下げを” 広島市に市民団体 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    黒い雨訴訟“控訴取り下げを” 広島市に市民団体

    おつかれさまでした。こういうとりくみ、つみかさねていきましょう!黒い雨訴訟“控訴取り下げを”|NHK 広島のニュース黒い雨訴訟“控訴取り下げを”12月24日18時45分広島高等裁判所で審理が続くいわゆる「黒い雨」をめぐる裁判について、市民団体が被告の広島市に対し直ちに控訴を取り下げるよう求めました。広島に原爆が投下された直後に降った、いわゆる「黒い雨」をめぐる裁判で、ことし7月、広島地方裁判...

  2. 「黒い雨訴訟」についての声明 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「黒い雨訴訟」についての声明

    「黒い雨訴訟」についての声明1945年8月6日、被爆直後に現在の安佐北区、安佐南区、山県郡も含む広い範囲で放射能を含む「黒い雨」が降り、広島3区は小説「黒い雨」では主な舞台ともなりました。しかし、国の基準では多くの「黒い雨」被害者が被爆者手帳交付の対象外とされてきました。だが、2020年7月29日、広島地方裁判所は手帳を交付するよう被爆者事務を取り扱う広島市や広島県に求めていた84人全員の原...

  3. 「黒い雨」主人公避難の地古市橋駅前 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「黒い雨」主人公避難の地古市橋駅前

    「黒い雨」主人公避難の地古市橋駅前1945年8月6日、今の中区から安佐南区の会社に出勤途中の小説「黒い雨」主人公の閑間重松は、横川駅で被爆。市内を彷徨った挙げ句、命からがらこの古市橋駅に到着し会社の寮に転がり込みます。その黒い雨ゆかりの古市橋駅から、黒い雨訴訟控訴するな(してしまったら取り下げろ)、世界のヒバクシャ救済へを引き続き訴えて行きます。#黒い雨訴訟で国は控訴断念せよ!

  4. さとうしゅういち参院広島補選への決意8月3日 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    さとうしゅういち参院広島補選への決意8月3日

    さとうしゅういちは2020年8月3日早朝、広島市安佐南区古市橋駅前などで街頭演説を実施しました。8月6日を前にこの場所が小説「黒い雨」の主人公・閑間重松が被爆した場所であることを強調。日本国政府は「黒い雨訴訟」で控訴しないことをもとめるとともに、この判決を契機に世界のヒバクシャの救済を前進させようと、力を込めました。また、「日本は核兵器廃絶チームの監督として核兵器禁止条約を率先して批准すべき...

  5. 広島市と県、国に控訴断念要望黒い雨訴訟 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    広島市と県、国に控訴断念要望黒い雨訴訟

    これは良かった。是非とも国は控訴断念を容認していただきたい。もちろん、いままでの立法不作為も改めていただきたい。https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=667482comment_sub_id=0category_id=256

  6. 黒い雨訴訟 84人の原告全員を被爆者と認める判決 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    黒い雨訴訟 84人の原告全員を被爆者と認める判決

    「黒い雨訴訟」で広島地方裁判所は29日、広島市などに対し、84人の原告全員を法律で定める被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう命じました。三権分立の国の裁判所の判決としては極めてオーソドックスな判断をしたと評価します。市や県(広島市以外の被爆者事務を管轄)は、控訴しないでほしい。国は立法の不作為をみとめ、黒い雨の過小評価をやめてほしい。そして、黒い雨の過小評価是正をつうじ、広島の放射能被...

総件数:6 件

似ているタグ