黒澤明のタグまとめ

黒澤明」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには黒澤明に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「黒澤明」タグの記事(63)

  1. 蜘蛛巣城(1957) - 帰ってきた!万年帰宅部 

    蜘蛛巣城(1957)

    黒澤監督の映画「蜘蛛巣城」を見た。昔々、チェッカーズのメンバーとしてアイドル的人気を誇ってた藤井フミヤがファッション誌「オリーブ」で好きな映画に挙げてたのがこの作品。それ以来、ずーっと気になってて今回やっと見ることができた。蜘蛛巣城 [ 三船敏郎 ]価格:2200円(税込、送料無料) (2021/3/23時点)楽天で購入<感想・三船敏郎の目ヂカラ!!>〇シェークスピアの「マクベス」が土台にな...

  2. 黒澤明遺作「雨あがる」三島事件 - 憂き世忘れ

    黒澤明遺作「雨あがる」三島事件

    黒澤映画の題名の裏読みはすべて終わりましたが、遺作となった脚本「雨あがる」が、気になる。監督は、芥川の死から何から、ぜーんぶお見通し。「三島事件」は狂言で、三島は海外へ。メンバーの一人が、のちの森田童子さん。と、私も同じ推理だった。証拠が無いので断言はできませんが。そうなると、森田必勝さんのその後が気になる。監督は知っていると思う。だから「雨あがる」がアヤしい。「雨あがる」ってどーですか。「...

  3. 黒澤映画「夢」原爆投下への恨み? - 憂き世忘れ

    黒澤映画「夢」原爆投下への恨み?

    残り一個「夢」1990年。観ていると寝てしまう。二回そうだった。表紙の右下に「虹」。これだけで(;゚0゚)ハッ!「源氏物語」の「夢浮橋」→戦を表している。映画の内容も「源氏物語」形式。「暗夜行路」「和解」「細雪」などと一緒。「サ四」=サ斜目=細雪の「ささめ」と読める。「細雪」の「雪」が「ワタ」に変化している。「素晴らしき日曜日」で、監督の重要なテーマが感じられた。そっち方面か。「美しき日曜日...

  4. 黒澤映画「赤ひげ」つづき - 憂き世忘れ

    黒澤映画「赤ひげ」つづき

    前記事で「赤ひげ」=「若い獣」と書きましたが。「赤ひげ」は医者の話。観た記憶ある。かなり悲惨な場面多かった気が。これが何で「若い獣」=八百長、と結びつくのか。ひっかかるのが「小石川養生所」ググッたら、やっぱ「人体実験」の噂。西洋医学ですから。火のないところにナントヤラ~。この頃は、其角先生はいない。「その心」を引き継いだ誰かが「何か」を残していて、黒澤監督は真相を知ったのかもしれない。と、妄...

  5. 黒澤映画「赤ひげ」太陽の人がネタ🌞 - 憂き世忘れ

    黒澤映画「赤ひげ」太陽の人がネタ🌞

    1962年「椿三十郎」と1965年「赤ひげ」を「太陽の人」がテーマと読みました。「椿三十郎」は芥川賞🌞 ネタだと思う。「赤ひげ」が、「若い獣」の「もの」が足らん。「若い獣」はプロボクシングの話で、だいぶ前ですが、私のヨミは「八百長」「若い」=八下い=八下ゐ=八も=八百*百舌の「も」「獣」=じゅう=長🌟 「若い獣」=八百長 !!(^_^;)今、...

  6. 黒澤映画「素晴らしき日曜日」敗戦ネタ? - 憂き世忘れ

    黒澤映画「素晴らしき日曜日」敗戦ネタ?

    1947年「素晴らしき日曜日」テーマの多くが文壇のインチキと読めた。「虎の尾」と「生きものの」だけは歴史のウソを暴いている。「素晴らしい」といえば「日本国紀」\(^_^ )「素晴らしい歴史を持った国」→「白々しい歴史を持った国」と読んだもんだから、脳にへばりついて取れない。「白々しき日曜日」と読んでしまう。「素晴らしき日曜日」1947年A.素=もと=原晴ら=はら=原=素=しろ=白=爆しき=予...

  7. 黒澤映画「続姿三四郎」正宗白鳥? - 憂き世忘れ

    黒澤映画「続姿三四郎」正宗白鳥?

    「続姿三四郎」1945年「姿三四郎」は「三四郎」=七郎で、深沢七郎関連と読んでいる。「続」も似た様なものかと思ったら、全然違う感じ。こうなりました。「続姿三四郎」1945年A.続=そく=鼠く鼠=子=こ=木=きく=く姿=次女=ちめ=ち下む=ち寛「続姿」=菊池寛三四=サ下五=サ介=芥郎=ろふ=六二=八=三五=川後「三四郎」=芥川後B.続=糸売=芝居姿=すがた=す下た下た=下タ=下六=五三四郎=三...

  8. 黒澤映画「悪い奴ほどよく眠る」風流夢譚の真相 - 憂き世忘れ

    黒澤映画「悪い奴ほどよく眠る」風流夢譚の真相

    1960年「悪い奴ほどよく眠る」時期からして「風流夢譚」書き換え疑惑と推理。何でも思い通り、欲しいものは親が用意してくれる。そんな過保護なボンボンが、はじめて出会う「ダメだし」が「失恋」。こればかりは、親の地位も金も役に立たない。何か落ち度があるともいえない。人間を成長させますね。(*´―`*)とっかかりは「悪」=あっ (゚д゚;))こんな感じ。「悪い奴ほどよく眠る」1960年A .悪=わる...

  9. 黒澤「生きものの記録」信長、タイへ(^。^)/ - 憂き世忘れ

    黒澤「生きものの記録」信長、タイへ(^。^)/

    黒澤映画の裏を解読してきて、残りわずかとなった。「虎の尾を踏む男達」が、義経=ジンギスカン。表の歴史では「ありえない」ことになっている。でも、真実はつねに「隠されて」後世に伝えられる。と思う。私が知ったのは「其角の句」から。もう一つ、其角の句に度々出てきたのが「信長がシャムへ」思い込みと言われればそれまでですが「幻庵」「風の中のマリア」「北斎」が、このことを描いている(あくまでも私のヨミ)。...

  10. 黒澤映画「静かなる決闘」雪やコンコン♪ - 憂き世忘れ

    黒澤映画「静かなる決闘」雪やコンコン♪

    1949年「静かなる決闘」です。「静かなる」ときたら「ドン」「ドン」が足らん。「ドン」とは何か。すべては勘で。「静かな(る)ドン」のドンが足らん静=しず=賤=川=下八=な=雪*雪崩かな=下な=に=ふる=る決=月=クニ=国闘=とう=東の=き=来=クルドン=戸ん=こん=今が足らん=河太郎=カッパ=あかがね=若菜=光*源氏物語「雪ふる国」今東光「ふる」=振る=揺れ=幽霊「雪国」の中の幽霊、今東光 ...

  11. 黒澤映画「どん底」えーっ、師匠もΣ(°Д°υ) - 憂き世忘れ

    黒澤映画「どん底」えーっ、師匠もΣ(°Д°υ)

    びっくり仰天です。1957年「どん底」ちょっとだけ記憶に残っている。「どん底」って言葉、何かが変化した感じします?こんなの解るワケないじゃん!だったのに、解った。なんでこんなに、世界がつながるんだろう。志ん生師匠とか北斎とか、裏を知らなかったけど「好きだった」人たち。どん底=十ん亭=五五ん亭=古今亭「志ん生」が足らん=志ん生代作川端、掌の小説「雪隠成仏」この話、江戸の小咄と落語の枕で聞いたこ...

  12. 「デルス・ウザーラ」天才少年登場 💐 - 憂き世忘れ

    「デルス・ウザーラ」天才少年登場 💐

    1975年「デルス・ウザーラ」素朴な疑問で「デルス・ウザラ」でいいでしょ。「ー」いらん。ほーら来た「らん」=代作。「ーい」さんの代作。「ボーイ」と読めるけど、ただのボーイじゃなーい。「ー」=伸ばし棒「のば」=野わ=やわ=柔=十=天「し」=四=三一=才「棒い」=ボーイ💐 天才少年代作少年の名は。「デルス・ウザーラ」「・」転「ウザーラデルス」ウ=ムザー=「ザ」マイナス=消...

  13. 「蜘蛛巣城」〈赤光〉代作疑惑 Σ(°Д°; - 憂き世忘れ

    「蜘蛛巣城」〈赤光〉代作疑惑 Σ(°Д°;

    1957年「蜘蛛巣城」原案が「マクベス」ね。観ました。細かいことはまったく覚えていない。でもいいの、問題はタイトルの方。「蜘蛛」でアッとなる。「源氏物語」の「篝火」=蜘蛛それと、芥川「蜘蛛の糸」。切れないで「のびる」→「金いる」テーマは「地獄の沙汰も金次第」国語の先生、ちゃんと子どもたちに教えてます?脱線しちゃった。「蜘蛛巣城」=篝火の巣城「篝火」とは何か。川端に同名の小説がある。また川端ネ...

  14. 「わが青春に悔なし」監督も川端の代作? - 憂き世忘れ

    「わが青春に悔なし」監督も川端の代作?

    「わが青春に悔なし」1946年このタイトル、変だよね。何と読むか、ウィキで確認しちゃった。「悔い」の「い」がない。こうゆうの、絶対に見逃しちゃダメ。「い」足らん=下あ足らん=河太郎=カッパ=銅=あかがね=わかな若菜=「源氏物語」の「虎」です。芥川の「河童」で気づきました。「虎」=タイガア=代下あ=代さ=代作~が足らん=河太郎=代作 \(^_^ )わが=我が青春に=東に=十二=二十悔=かい=下...

  15. 「八月の狂詩曲」小賀正義さん=森田童子さん? - 憂き世忘れ

    「八月の狂詩曲」小賀正義さん=森田童子さん?

    「八月の狂詩曲」1991年。黒澤監督のテーマは「文壇の闇」「芥川の死」「太宰の死」「エア文豪」「三島事件」「いかさまノーベル文学賞」などが出てきました。「三島事件」は私は狂言という推理で、三島も森田必勝さんも亡くなっていないから「よかったね」です。島田雅彦「優しいサヨクのための嬉遊曲」1983年これに、森田童子の曲が入っていた。何で?次に、三島事件の四人のメンバーの辞世を読みました。同じ人が...

  16. 黒澤映画「影武者」五味さん、三島の身代わり😫 - 憂き世忘れ

    黒澤映画「影武者」五味さん、三島の身代わり&#...

    もしかすると「永遠の0」のエピローグと一致かも。死んだの、宮部さんじゃないと思いまーす。いやー、気分悪い。吐きそー。チラッと疑ったことある。五味康祐が交通事故を起こした。人身事故。二回目なのに、川端とかが「執行猶予」の嘆願。小説家ってそんなエラいのか。とムッカムカ。でもね、「三島事件」の後のこの人の発言「天の声」だったか。ものすごく意味深。時代劇の人だから刀とかに詳しい。三島の自刃が変みたい...

  17. 黒澤映画「まあだだよ」アキちゃん、人が悪いゾ - 憂き世忘れ

    黒澤映画「まあだだよ」アキちゃん、人が悪いゾ

    1993年「まあだだよ」です。ずっと、太宰や芥川の死について解読してたから、「マーダー」と来たら、これもアイツらの悪事だなと決めつけてた。でも、1993年ですからね。文壇には新たな「エア作家」がぞくぞく生まれている。監督は雑魚はいちいち相手にしない。大物のネタでしょう。「マーダー」=人殺し誰が「だよ」だよ ?(ーー゛)??「映画界の大物」ということで「だよ」=打八解った?いやー、ありえないで...

  18. 黒澤映画「白痴」伊豆の踊子ネタ - 憂き世忘れ

    黒澤映画「白痴」伊豆の踊子ネタ

    「枕草子」から、いつの間にか「永遠の0」=黒澤映画に寄り道しちゃって戻れない。残りが気になるし。「文壇の闇」は予想通りで、偽作家もだいたいは知ってた。びっくりは「太宰治殺人事件」黒澤監督、ヒネリがすごい。一個解くとグッタリ。天才の脳についていけない。「白痴」いきまーす。A . ホワイトチイチイの「いちい」欠くホワイトチイチイとは虱です。青函連絡船が出てくるらしい。観た気がするけど、覚えてない...

  19. 黒澤映画「天国と地獄」嶋中事件でしょ - 憂き世忘れ

    黒澤映画「天国と地獄」嶋中事件でしょ

    「永遠の0」にはありませんが、黒澤監督のテーマ解っちゃったので。1963年。時期的にもたぶんそう。「国」が付くでしょ。「憂国」のことだと思う。この事件は、ほんとにもう、尻ふき紙のせいで💢「憂国」の👻は 深澤八幡様。文体とゆうかセンスで解る。では。「天国と地獄」は「天と地」でいい。捨と棄のテクニック。「国獄」は棄。国獄は棄=二国はき=憂国はき「き...

  20. 「永遠の0」零戦は夜間飛行可能か - 憂き世忘れ

    「永遠の0」零戦は夜間飛行可能か

    第十一章「最期」は「一番美しく」というヨミ。解読に自信ありません。映画の方は、菊池寛と芥川の死がテーマ。「最期」「最期」315=丁なし、半のみ何が。カウントダウンが10じゃなく5から。日耳又其月「日」=くさ=草=サ早=下さ=き「耳」=みみ=三三=六=ロ=くち「又」=ヌ=下に=かふ=がう「其月」=そつき👹 菊地がウソつきもう一つ裏がありそうだけど、解りません。それよりも...

総件数:63 件

似ているタグ