黒田夏子のタグまとめ

黒田夏子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには黒田夏子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「黒田夏子」タグの記事(4)

  1. 黒田さんも「オバケ組」? - 憂き世忘れ

    黒田さんも「オバケ組」?

    黒田夏子さんの登場で、今までの推理が崩れた、というのか、逆に納得できたというか…。文学賞は「商法」だと気づき、裏にゴーストライターがいると思われる作品が目についていた。証拠はまったくなく「作品を読む限り」としか言えません。芥川の時代からだと思う。芥川は夭折していますから、オバケの親分は谷崎でしょうか。アトをついだのが、源氏鶏太、深沢、開高健って感じ。川端に関しては、太宰、龍胆寺、その他女性作...

  2. 「abさんご」全部数字の語呂合わせ? - 憂き世忘れ

    「abさんご」全部数字の語呂合わせ?

    イヤな予感がして、パラパラしたら、うーん、あり得るなあ、これ。だいたいさあ、何で横組なの?句読点が、カンマとピリオドって……。〈受像者〉うけ・しょう・しゃ2474848aというがっこうとエイト・イ・フ・下ツ・コ・フ・ト=8121522*と=歩=2bというがっこうのヒー・ト・イ・フ・下ツ・コ・フ・ノ=12121521*ビート=打つ=ふつ=2?どちらにいくのかとト・チ・ラ・ニ・イ・ク・ノ・下10...

  3. 黒田夏子さん「タミエ」は635と読む? - 憂き世忘れ

    黒田夏子さん「タミエ」は635と読む?

    「あこがれ」は黒田夏子さんのことを書いているのではと、図書館で「abさんご」借りて来ました。芥川賞の「abさんご」は横組ですから、左開きです。この作品は、ちょっと解らないので、全部読んでいません。五十年前というと半世紀前、1963年、1968年の作品は縦組で、右開き。裏側が表紙になっている。文学賞が信じられなくなっている私としては、確実に受賞者が書いたものを読みたい。「商人の手あか」にまみれ...

  4. 「あこがれ」黒田夏子さんのこと? - 憂き世忘れ

    「あこがれ」黒田夏子さんのこと?

    最近の作品はどうゆう感じかと、2015年、第一回渡辺淳一文学賞受賞「あこがれ」。ウィキにないので、あらすじはAmazonレビューなどをご覧下さい。新潮社はこちら。「あこがれ」https://www.shinchosha.co.jp/book/325624/小学生の話。麦という男の子とヘガティー(あだ名)という女の子が主人公。第一章が、男の子視点の一人称。第二章が、女の子視点の一人称。こういう...

総件数:4 件

似ているタグ