4月の花の手帳のタグまとめ

4月の花の手帳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには4月の花の手帳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「4月の花の手帳」タグの記事(28)

  1. マーガレットの園芸種 - 楽餓鬼

    マーガレットの園芸種

    マーガレットキク科モクシュンギク属マーガレットの園芸種と教えていただきました。マーガレットの和名はモクシュンギク(木春菊)ですが,この名で呼ばれることはほとんどないようです。ちょっと離れた所からでも中心の赤い「目玉」が目立ちました。サントリーフラワーズの育成種「ボンザマーガレット」シリーズの「ローズピンク」によく似ていますが,確証はありません。 花径は3センチほどです。マーガレットの花言葉...

  2. 小さなかけら,スーパーアリッサム - 楽餓鬼

    小さなかけら,スーパーアリッサム

    アリッサムアブラナ科ロブラリア「スーパーアリッサム」と教えていただきました。アリッサムとはニワナズナ(庭薺)のことですが,暑さに強い品種として作り出された品種が「スーパーアリッサム」です。アリッサム(ニワナズナ)はこれまでにもよく見かけましたが,ほとんどは白色でした。このような紫色はを初めて見ました(写真では赤紫色ですが,実際は濃い紫色でした)。これは「パープルナイト」と呼ばれるものでしょう...

  3. ミドリハコベです - 楽餓鬼

    ミドリハコベです

    ミドリハコベナデシコ科ハコベ属ミドリハコベ(緑繁縷)です。「近くの公園」です。いつも見てるコハコベかと思いましたが,なんとなくこんもりとしているので,近寄って見てみると茎が緑色です。コハコベの茎は赤紫に近い色です。これまでにもあったのでしょうが,初めて気づきました。コハコベは明治期に渡来した渡来種ですが,ミドリハコベは在来種です。島崎藤村の「小諸なる古城のほとり」の「緑なすはこべ」はミドリハ...

  4. ムラサキケマン - 楽餓鬼

    ムラサキケマン

    ムラサキケマンケシ科キケマン属ムラサキケマン(紫華鬘)です。背丈は20〜30センチほどです。園芸種かと思いましたが,全国各地に普通に生える在来種です。検索してみると,背丈は50センチくらいにまでなるようです。すらっと伸びた茎にたくさんの筒状の花を付けます。 【ケマン(華鬘)】元々は貴人に捧げられた生花で作られた花環とされていますが,やがて仏殿内に飾られるようになったようです。素材も生花から木...

  5. ミチタネツケバナ(道種浸け花)の果実です - 楽餓鬼

    ミチタネツケバナ(道種浸け花)の果実です

    ミチタネツケバナアブラナ科タネツケバナ属最初はスギナの類かなと思いました。街路樹の根元,歩道の脇などによく見かけます。ミチタネツケバナの花後,と言うよりも上方に突き出した果実です。根元にわずですが,葉が残っていて,ミチタネツケバナであることがうかがえます。かつてタネツケバナとミチタネツケバナの違いの一つに花を取り囲む「茎の残り?」を挙げたことがありました。その「茎の残り?」に見えたものはどう...

  6. ジャノメギク(ベニジウム) - 楽餓鬼

    ジャノメギク(ベニジウム)

    ジャノメギクキク科ベニジウム属「近くの公園」です。ジャノメギク(ベニジウム)は2度目です。昨年の12月の末に「ベニジウム,和名は『寒咲きジャノメギク』」として書きました。通常は今頃の花です。昨年の12月には「白っぽい綿毛に覆われた葉が特徴的です」と書きました。確かに白い綿毛は葉だけでなく茎をも覆っていますが,それほど印象的ではありません。時期の違いによるのでしょうか,それとも単なる私の印象だ...

  7. まだ桜は咲き続けています - 楽餓鬼

    まだ桜は咲き続けています

    「近くの公園」の桜の開花は3月26日でした。そして4月初めには満開となりました。 きよう,12日。すでに散ってしまった桜もあります。まだまだ,葉の一葉もなく満開の桜もありますすでに散ってしまったもの。まだまだ満開のもの,その中間のもの,その割合は1:2:1くらいでしょうか。この4日ほど強い風が吹きました。加えて,8日には8.5ミリ,一昨日の10日には16.5ミリの雨がありました。それでもなお...

  8. 花麦 - 楽餓鬼

    花麦

    オオムギ(大麦)イネ科オオムギ属「近くの公園」の花麦が見頃です。花麦は園芸で観賞用に栽培されるオオムギのことです。麦がアレンジメントやドライフラワーに使われること最近までしりませんでした。オオムギには二条オオムギと六条オオムギが代表的です。麦の穂は6列になっており,その全てに実が付くのが六条大麦,2列だけに実が付くのが二条大麦だそうです。大麦の栽培は約1万年前からで,当初は二条大麦だけでした...

  9. 今年も花見は「近くの公園」で - 楽餓鬼

    今年も花見は「近くの公園」で

    きょうの最高気温は平年より4.8度高い22.9度でした。5月初旬の暖かさ,いいえ,暑さ(?)でした。もちろん今季最高です。池の周囲を一回りした後,午後のひとときを「私のベンチ」で過ごしました。風はありましたが,シャツとベストで充分でした。その風が花びらを池面に浮かばせます。花が散るといっても,ほんの時折のことで,まだまだ「散り初め」以前です。明日の未明から明け方に雨が予想されていますが,気温...

  10. オッタチカタバミとタチカタバミの違い - 楽餓鬼

    オッタチカタバミとタチカタバミの違い

    オッタチカタバミカタバミ科カタバミ属かつて「どっちなのか,タチカタバミとオッタチカタバミ」でその違いについて①オッタチカタバミは花後に果柄が下垂する②オッタチカタバミは根が浅く簡単に抜けると書きました。①については必ずしも下垂しないものもあるようです。しかし,もっとはっきりとした違いがありました。オッタチカタバミは葉柄や花柄が1箇所からまとまって出ますが,タチカタバミは互生です。「どっちなの...

  11. なぜこんなところに,カワヂシャ - 楽餓鬼

    なぜこんなところに,カワヂシャ

    カワヂシャゴマノハグサ科クワガタソウ属カワヂシャと教えていただきました。歩車道境界ブロックと側溝蓋との隙間です。カワヂシャはその名のように川岸,水路,水田などに生育する越年草です。茎は直立または斜上し,背丈は10~50cmになります。街中のコンクリートの隙間にひと株,なぜ生育したのでしょうか。このカワヂシャの背丈は5センチほどです。花径は3〜4ミリほどです。ほとんど白色ですが,薄青色の筋がみ...

  12. ゲンペイモモ(源平桃) - 楽餓鬼

    ゲンペイモモ(源平桃)

    ハナモモバラ科サクラ属街中で見ました。「枝垂れ桃」のプレートがかけられていましたが,ゲンペイモモ(源平桃)です。1本の木ですが,白と赤の花を咲かせるので,源氏の白旗と平氏の赤旗になぞらえて「源平」です。ハナモモの1品種,八重で花の色を白色,赤色,桃色に咲き分けます。また,赤と白の絞りの花も付けます。ゲンペイモモを知った,と言うよりも教えていただいたのは10年以上も前のことになります。ゲンペイ...

  13. 再々復活したアカメガシワ - 楽餓鬼

    再々復活したアカメガシワ

    アカメガシワトウダイグサ科アカメガシワ属2年前,「近くの公園」横の歩車道境界ブロックの歩道側に生育し,その後除去されましたが2度も復活して力尽きた(?)アカメガシワのひこばえです。再々復活したようです。ひこばえは3本ですが,1番高いものの背丈は20センチほどです。アントシアニンによるのでしょうか,春の新葉らしくてっぺんは赤味がかっています。成長の早いアカメガシワがこれからどうなるのかちょっと...

  14. アイスランドとは全く無関係です,アイスランドポピー - 楽餓鬼

    アイスランドとは全く無関係です,アイスランドポピー

    アイスランドポピーケシ科ケシ属アイスランドポピーと教えていただきました。英名はアイスランドポピー(Iceland poppy)で,流通名としてもアイスランドポピーで定着しているようです。しかし,アイスランドとは無関係で,発見されたシベリアの気候にアイスランドが似ていると言うだけのようです。原産地はシベリア,モンゴル,中国です。それで和名はシベリアヒナゲシ(シベリア雛芥子)ですが,この和名は全...

  15. きょうは旧暦5月1日,サツキの季節です,そしてツツジとの違い - 楽餓鬼

    きょうは旧暦5月1日,サツキの季節です,そしてツツジとの違い

    サツキツツジ科ツツジ属きょうは旧暦5月1日,皐月です。「語源由来辞典」によれば皐月は、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になった。早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」になったとする説もあるが、「早苗」の「さ」も耕作の「さ」が語源とされる。漢字「皐」には、「神に捧げる稲」の意味があるため、皐月が当てられたと思われる。とのことです。その皐月に咲くサツキの...

  16. 「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」に行ってきました - 楽餓鬼

    「みはらしの丘」の1/2250ですが「ネモフィラの丘」...

    ルリカラクサハゼリソウ科ネモフィラ属ネモフィラ(ルリカラクサ)との初めての出会いは昨年の3月初めでした。その時に茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」内の「みはらしの丘」に咲く450万株を知りました。450万株にははるかに及びませんが,2000株の「ネモフィラの丘」が大阪にあることを知り,先日行ってきました。JR大阪駅の北の「うめきたガーデンⅡ」で,10万株の花が咲いています。貨物駅の跡...

  17. これまで気づきませんでした,「近くの公園」のナツグミ - 楽餓鬼

    これまで気づきませんでした,「近くの公園」のナツグミ

    ナツグミ(夏茱萸)グミ科グミ属ナツグミ(夏茱萸)と教えていただきました。「近くの公園」です。2〜4メートルになる落葉低木ですが,刈り込まれているために1メートル弱です。夏(6月から7月)に赤い実を付けるグミなので「夏グミ」です。その赤い実にも花にもこれまで気づきませんでした。なぜなのでしょうか。また「茱萸」を「グミ」と詠ませていますが,「山・茱萸」は「ヤマ・グミ」ではなく「サン・シュユ」です...

  18. 近所に咲いていました,クサノオウ - 楽餓鬼

    近所に咲いていました,クサノオウ

    クサノオウケシ科クサノオウ属クサノオウです。背丈は40センチほどです。「近くの公園」横の路地です。クサノオウとは8年前の8月に出会っています。場所は「ゲンノショウコ」と同じ旅先でした。もう見ることはないと思っていましたが,こんな近くで再会できるとは嬉しい限りです。クサノオウの漢字表記について,8年前には下記のように書いていますが,「草の王」を訂正です。「草の黄」茎や葉を傷つけると黄色の汁を出...

  19. 花径は1センチほどです,ヒメブタナ - 楽餓鬼

    花径は1センチほどです,ヒメブタナ

    ヒメブタナキク科エゾコウゾリナ属「近くの公園」です。ヒメブタナと教えていただきました。ブタナより小型なのでヒメブタナです。ブタナの花期は5〜9月ですが,こちらは3〜5月背丈は30センチほどですからブタナよりは10〜20センチ低いでしょうか。ブタナの花径は3センチ前後ですが,ヒメブタナは1センチ前後です。ブタナ出会ったのは2007年5月の末ですから,かなり早くに出会っています。その後もブタナと...

  20. ローマン・ヒアシンスでしょうか - 楽餓鬼

    ローマン・ヒアシンスでしょうか

    ローマン・ヒヤシンスユリ科ヒヤシンス属ローマン・ヒアシンスでしょうか。ヒアシンスには2種類あることを知りました。ダッチ・ヒアシンスとローマン・ヒアシンスです。・ダッチ・ヒアシンスオランダで品種改良され,花がびっしりと付く。1個の球根から1本の茎が伸びる。・ローマン・ヒアシンスフランスで品種改良され,花数は少ない。1個の球根から数本の茎が伸びる。写真からはよくわかりませんが,根元を見ると一カ所...

総件数:28 件

似ているタグ