CDのタグまとめ

CD」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはCDに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「CD」タグの記事(9)

  1. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その449 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:アドルノは、極めて音楽に精通し、生前から称賛されながらも、「そんな口をきく勇気をあなたはどこで得たのですか?」と詰問されたりもしている。こんな事まで言われる傲慢不羈な音楽評論家はめったにいるまい。 そんな事から、この人自身が書いた音楽を集めたCDを聴いてみた。現代音楽の録音が多い、ドイツのWERGOから「テオドール・W.アドルノ音楽作品集」という一枚が1990年に出ている。 19...

  2. 【お知らせ・ギターコンサート】3月8日(金)19時~ FANA大阪店 - Mrs.Piggle-Wiggle's lemon drops

    【お知らせ・ギターコンサート】3月8日(金)19時~ ...

    雪解け、フキノトウ、こも外しと、春の訪れを感じる便りが届きはじめましたね。さっそくですが、お知らせです。“CD発売記念コンサート”ポスターで微笑むのは、私のギターの先生・松岡滋さんなのです!発売のCDは、『そよ風の中、自転車に乗って~佐藤弘和ギター二重奏作品集』広い青空&自転車 のジャケ写が印象的。春のそよ風のあたたかさ、やわらかさを感じながら、桜咲く川べり、公園を自転車で走り抜けていく.....

  3.   秋の音色 - No Man's Land

    秋の音色

    今朝は気温が低くちょっと秋めいていた。やっぱり秋はフィルターコーヒーだよなぁと勝手に決め込んで、ペーパーフィルターを使ってコーヒーをちょっと濃いめに淹れた。「珈琲」という琥珀色の味がする。季節をちょっと早どりしていつもなら秋も深まる10月末から11月にかけて聴くアルバムを出して聴いてみた。ダヴィッド・オイストラフ(David Oystrakh)BACH: Violin Concertos N...

  4. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その447 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:ダンテがいくら、トルバドゥールの芸術に感化されたにせよ、日本において、トルバドゥールの本やレコードなどを楽しんでいる人は、限りなく少ないのではないか。そもそも、情報がなさすぎる。雑誌、書籍等に取り上げられる「名盤」などと呼ばれる録音でも、トルバドゥールなど見たことがない。グレゴリオ聖歌から、デイヴィッド・マンロウの「ゴシック期の音楽」くらいまで空白になるイメージがある。 「吟遊詩...

  5. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その446 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:今回は、19世紀英国の画家、ターナーが描いた「ベッリンツォーナ」(スイス南部の地名)という絵画を、表紙にあしらったもの。英国Nimbusレーベルが40年近く前に出した「The Dante Troubadours」(ザ・ダンテ・トルバドゥール)というCDを聴いてみる。1982年にイギリスのリュート奏者、歌手のマーティン・ベストが中世アンサンブルを率いて録音したCD(ニンバス・レーベ...

  6. CDに上手く落とせないPCに保存だけ - 天星音と6匹にゃんず

    CDに上手く落とせないPCに保存だけ

    こんにちは。昨日の雨からまだ気温が上がりません。少し涼しい。今朝は7時前に目が覚め、急いでトイレに。夢の中でトイレする夢を見たら現実も伴って、シーツは洗濯です。ああ情けないということで何時もより早起き。洗濯機を回した頃はまだ雨が降っていて、にゃんずにごはんをあげて飼い主も食べて。おかずは昨夜の残りのひじきの煮物。にゃんずにはお魚取られました。掃除機を掛け終わったら丁度洗濯も終わり新しく買った...

  7. 名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その445 - 音楽嫋々・クラシック名演奏CD&レコードこだわりの大比較。理想の感動体験への旅。

    名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」...

    個人的経験:今回、取り上げる、「ワン・ヴォイス」と銘打たれた、キャサリン・ボットが歌った、「中世トルバドゥール、トルヴェールの愛の歌」(1995年に録音されたもの)などは、解説の書きっぷりが、特に私には気になるがゆえに、「嘘じゃないか」と感じてしまう一枚である。(原題:Sweetisthesong)解説を書いた、ジョン・スティーヴンスという人は、Song, Narrative, Dance ...

  8. リサイクルショップで - 操の気まぐれ日記

    リサイクルショップで

    午前中は庭に出て草を取ったり、花を撮ったり過ごしていると「欲しい物があるから買い物行くぞー」の一声に賛同してヽ(○´∀`)ノ♪出かけます撮った花新顔も登場ですシャクヤクとオダマキおなじみライラックとスズランCDを求めてブックオフへ行きました新刊はもう無いちあきなおみのCDですからもうなかなか見つかりませんGEO(ゲオ)も回りましたがないどちらも滅多に行かないお店なので珍しく見て回っていました...

  9. パッケージソフトへのこだわり - シェーンの散歩道

    パッケージソフトへのこだわり

    CDのケースの厚さは1cm1000枚立てて並べると10メートルになります。厚さが5mmのケースに入れ替えてはいますが、それでもラックが埋まってはみ出ています。HDDに録りこんでパソコンで管理することも考えましたが・・・そのためにプリメインアンプを買い替えたのに年寄りはやっぱりパッケージソフトでいくのがいいと結論付けて昨日回転式の7段のラックを買いました。パーティクルボードの家具とは呼べないし...

総件数:9 件

似ているタグ