MCUのタグまとめ

MCU」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMCUに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「MCU」タグの記事(9)

  1. 『アベンジャーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アベンジャーズ』

    <MCU>第6弾。バラバラだったピースがようやく一つの形になった<フェイズ1>の締めくくり。冒頭から畳みかけるような展開で、事件の勃発、アベンジャーズの各メンバーの紹介と招集、ロキの企み、アベンジャーズの分裂からの再結集へと殆ど無駄のない2時間半だ。これまでの作品群を見ていない観客も、最低限の情報は与えられるのでそれなりに愉しむことは出来るだろうが、勿論全ての作品に目を通している人なりの特権...

  2. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

    <MCU>第5弾で、時代は第二次世界大戦の最中。ワンパターンに陥らないように、マーベル・スタジオも色々と目先を変える工夫を凝らしている。頭と終わりは現代で、最後にはお馴染みニック・フューリーが出てくるものの、それ以外はレトロフューチャーを感じさせる要素はあるもののアナログの世界で、これまでのスーパーヒーローが出てくる作品群に慣れていると新鮮に感じられる。ただそこは<マーベル・シネマティック・...

  3. 『マイティ・ソー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マイティ・ソー』

    <MCU>の4作品目。「アイアンマン2」はコールソンがムジョルニアを発見するシーンで終っているが、そのシーンはこの作品の中盤で再現され、ソーがオーディンによってミッドガルド(地球)へと追放されたのが「アイアンマン2」のクライマックスと同時期だったことがわかる。この辺りから<MCU>は複雑なパズルの様相を呈してくる。この作品の舞台はアスガルドやヨトゥンヘイムといった異世界が中心になっているので...

  4. 『アイアンマン2』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アイアンマン2』

    <MCU>の第3作で、前作「アイアンマン」同様にパラマウント・ピクチャーズとマーベル・スタジオのプレゼンツ。DVDとBlu-rayは配給がパラマウントになった関係で前作のソニーではなくパラマウントからリリースされていたが、現在はディズニーから再リリースされている。物語は前作ラストの記者会見の模様をアントンとイワンのヴァンコ父子が見ているところから始まるが、アバンタイトル後はその6カ月後へと飛...

  5. 『インクレディブル・ハルク』 - 【徒然なるままに・・・】

    『インクレディブル・ハルク』

    <MCU>の2作目で、こちらはユニバーサル・ピクチャーズとマーベル・スタジオのプレゼンツ。ハルクに関しては今もユニバーサルに権利があるようなので、この作品の続編を含めハルク単独の作品を作るにはハードルが高いらしい。日本ではこちらの作品が「アイアンマン」より先に同じソニー・ピクチャーズの配給で公開され、ソフトもソニーから出ている。<MCU>のBOXセットが発売出来ないのは、日本では「アイアンマ...

  6. 『アイアンマン』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アイアンマン』

    もう何度 見てる・記事にしてる んだよう、と呆れられそうですが、今年は<マーベル・シネマティック・ユニバース>の一つの締めくくりの年。しかも今が最新作の公開前に第一作から順番に全部を見る最後のチャンス!ということで、正月早々<MCU>のお浚いを敢行します。2008年、全てはこの作品から始まりました。この作品はパラマウント・ピクチャーズとマーベル・スタジオのプレゼンツ。ただ日本ではソニー・ピク...

  7. 『シュガー・ラッシュ/オンライン』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『シュガー・ラッシュ/オンライン』(2018)

    「シュガー・ラッシュ」の続編。前作で大親友となったラルフとヴァネロペ。しかし単調だけど安定した毎日に満足しているラルフと、外の世界の刺激を求めるヴァネロペの気持ちはすれ違うようになっていた。そんなある日、「シュガー・ラッシュ」の世界が壊れてしまう。ゲームを製作した会社は今はなく、修理に必要な部品はインターネットのオークションでしか手に入らないと知ったラルフとヴァネロペは、接続されたばかりのイ...

  8. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

    Blu-rayソフトが出たので改めて観賞したが、<マーベル・シネマティック・ユニバース>の10年、そして19作目の重みをひしひしと感じる作品だった。これまでの作品群でメインを張ってきたキャラクターたちの殆どが登場。お馴染みの顔ぶれ同士の再会もあれば初めての出会いもあるが、そこは同じ世界の住人たち、その邂逅はスムーズに描かれている。そして全編が見せ場。各キャラクターが作品中でどのくらい映ってい...

  9. 『ブラックパンサー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ブラックパンサー』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の18本目だが、13本目の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の続き。その一件からどのくらい時間が経過してるのだろうか。というのもティ・チャラと再会するまでナキアが王の死を知らなかったからで、いくら彼女がスパイとして世界各地を飛び回り多忙を極めていたとしても、小なりと雖も一国の王の死、それも世界で注目されているソコヴィア協定絡みで殺害されたとなれば...

総件数:9 件

似ているタグ