Mのタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはMに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「M」タグの記事(41)

  1. ハイブリッド - 我儘な人生は許されるのか?

    ハイブリッド

    ハイブリッドを見せていただくこちらも外観上の差別化は、あまり目立たないが、エンジンルームを見ると4気筒エンジンが、鎮座していた、、、確かに、エクステリアにおいて個人的には、ハイブリッドを主張しない方が正解だと思った、

  2. 何らアピールポイント無し - 我儘な人生は許されるのか?

    何らアピールポイント無し

    トロフェオを見せていただいた最上級グレードのアピールポイントがほとんどないあえて挙げるとしたらサイドベントの上のロゴくらいもう少しクルマに詳しくない人にも見た瞬間に違いがわかるような外観上の差別化があった方が良いと思うのだがこれは、貧乏育ちの宿命ということで、、、、

  3. 試乗車 - 我儘な人生は許されるのか?

    試乗車

    のエクステリアがあまりにも私のど真ん中だったので撮影させていただくビアンコのネリッシモPにカーボンパーツでアクセントを付けカッコ良かった、

  4. 夏場は機械洗車に限る - 我儘な人生は許されるのか?

    夏場は機械洗車に限る

    夏場は、スタンドの機械洗車に限る自宅で洗車するのは、地獄、

  5. 限定 - 我儘な人生は許されるのか?

    限定

    マセラティがまた限定車を設定拡販のためには、何でもやるという事なのだろう今回の限定車は「Fトリブート」で、レヴァンテとギブリに設定されロッソ・トリブートとアズーロ・トリブートの2つの外装色が準備されている白や黒ではないので、日本では売りにくいと思うネリッシモパッケージに黄色のアクセントで更なる差別化を図ったようだギブリが1528万円レヴァンテが1713万円で先日発表された、藤原ヒロシとのコラ...

  6. サンルーフ - 我儘な人生は許されるのか?

    サンルーフ

    私は、サンルーフ不要派しかし、愛車はサンルーフ装備これは、ディーラー発注済みで条件が合うクルマを購入したから不要の理由はボディーカラーがブラックだからサンルーフのファッション性も低いし車重は重くなるしサンルーフを開ける事は無いためせめて、ボディーカラーがビアンコだったらブラックルーフになるので見た目がカッコ良くなるのだが、

  7. 20mm - 我儘な人生は許されるのか?

    20mm

    6月に導入した20mmその画角、結構気に入ったカメラに付けっ放しにしたいくらい超広角レンズについて以前、タムロンの15-30mmを所有していたしかし、ほとんど撮影に使用することなく手放してしまっているレンズフィルター装着不可の出目金レンズだった事重たくて大きいレンズだった事で意図的に持ち出すのを避けていた私しかし、導入した20mmは軽量コンパクト単焦点で画角が決まっているからかえって使い勝手...

  8. セダンは絶滅危惧種 - 我儘な人生は許されるのか?

    セダンは絶滅危惧種

    私は、セダン推進派である(苦笑)が、私が勝手に師匠と崇めている7月6日の国沢さんのブログを見て愕然としたセダンは「格式」を感じさせるくらいのメリットしかないステーションワゴンやハッチバックすら古い!国沢さんの指摘は正しいのだろうか、、、私は、YouTube YouTuberに価値があるとは思えない昭和を引きずる時代遅れの「じじい」なのだセダン、ハッチバックこそが王道とするクルマ選びの指針に変...

  9. にやける - 我儘な人生は許されるのか?

    にやける

    7月3日担当氏が、ギブリハイブリッドのビアンコとギブリトロフェオのネロの2021年モデルのフォトを、メールで送ってくれたそのフォトが、あまりにも良くて何度もフォトを見てしまった私は、ギブリとクアトロポルテのデザインをかなり気に入っている今回は、私の知りうる限りでメーターの意匠の小変更ナビ画面の大型化車内温度などの音声認識への対応リアのランプのデザイン変更等が実施されただけだがかなり魅力的に感...

  10. 最近のM様 - 我儘な人生は許されるのか?

    最近のM様

    マセラティが、グランツーリスモの新型をそう遠くない時期に発表しそうだ6月に入り、突然、GTのプロトタイプのフォトがネット上に拡散私は、MC20がデビューしたことでグランツーリスモは凍結されるのではないかと思っていたので、想定外だったEVモデルだけかと思っていたがガソリンエンジンモデルもあるらしいデザインについては、偽装されたプロトタイプを見た感じだとそれこそ、MC20に似たヘッドライトを採用...

  11. 2021年モデル - 我儘な人生は許されるのか?

    2021年モデル

    小変更があって商品力がアップしていた外観では、テールランプの意匠変更スモークテールになっているのが羨ましいかなりカッコ良かった、

  12. Amazonプライム - 我儘な人生は許されるのか?

    Amazonプライム

    去年、DoCoMoで機種変した際1年間無料でAmazonプライム会員になり6月のセールに参戦する事が出来た生活消耗品を中心にお得に買い物を楽しむ事が出来たAmazonで購入した方がお得な商品と楽天で購入した方がお得な商品があるので両者を比べながら購入どちらかに肩入れし過ぎて盲目的に購入するのは、賢明ではないと思う比較するひと手間がとても大切、

  13. 2021年モデル - 我儘な人生は許されるのか?

    2021年モデル

    マセラティは、予告通り2021年モデルとしてギブリハイブリッドの他ギブリトロフェオ、クアトロポルテトロフェオを追加導入した私は、ギブリトロフェオの日本導入は見送られるかもしれないと予想していたので、トロフェオ導入は意外だった同時に、ギブリハイブリッドの導入により私は、所有しているギブリのスタンダードモデル(350馬力)がハイブリッドに取って代わり、廃止されるのではないかと思っていたので、こち...

  14. セダン消滅の危機 - 我儘な人生は許されるのか?

    セダン消滅の危機

    6月15日の国沢さんのブログを読み驚いたトヨタは、クラウン(セダン)とISの次期型の開発を凍結日産は、スカイライン、フーガの次期型の開発を凍結HONDAは、レジェンドの次期型の開発を凍結しているらしいそして、クラリティは生産終了既に、トヨタは、プレミオ、アリオン、マークXを次々にディスコンとしHONDAもシビックセダン、グレイスをディスコンにしたのも記憶に新しいところセダン氷河期は、更に深刻...

  15. ブラックの時代が - 我儘な人生は許されるのか?

    ブラックの時代が

    最近、トヨタがプリウスやC-HRにブラックを基調とした特別仕様車を出したりマツダも、ブラックトーンエディションを出すなどブラックのカラーリングが注目されているM様も、ネリッシモパッケージを出したり少し前の事になるが、BMが真っ黒なX5を出すなどここ最近のクルマはブラックが人気を集めているようだ近視眼的刹那的なブラックな現代社会において車の色も、ブラックが人気を集めているのではないかと分析せざ...

  16. 窓ガラス業界は小石をまき散らす秘策に出た! - 我儘な人生は許されるのか?

    窓ガラス業界は小石をまき散らす秘策に出た!

    直接お会いしたことは無いけれど勝手に師匠と崇めている国沢さんは相変わらず、過激な記事を投稿されておられるのだが「窓ガラス業界は小石をまき散らす秘策に出た!」と題する妄想に驚いた国沢さんのフォトのような露骨なダンプは見た事は無いけれど実は、私自身、高速道路でダンプの攻撃を受けフロントバンパー、ボンネットにフロントフェンダーまで小石の攻撃を受け保険で塗装をし直す羽目に、、、高速道路を走るダンプに...

  17. 2021 - 我儘な人生は許されるのか?

    2021

    先月、2021年モデルが発表されたハイブリッドが追加された他デザイン的に小変更が施されテールライトのデザインが変わりインフォテイメントディスプレイについても改良が加えられたようだ実車を見るまで、何とも言えないがパッと見、ほぼ変更が無いのでホッとしている、

  18. ボディーコーティング - 我儘な人生は許されるのか?

    ボディーコーティング

    今回の冬からガソリンスタンドの機械洗車機で愛車二台を洗車している冬は特に、塩カル対策で下回りジェット洗浄が欠かせないから機械洗車に頼りっきり我が家には、ケルヒャーもあるのだが特に、M様はアンダーカバーに覆われているのとノズルを突っ込み辛いのもあって無理して下回りを洗車するのは、気が引けるし限界があると感じ機械洗車の方が賢明と考えた私は、愛車をピカピカにするのが好きなので月に1〜2回、洗車機で...

  19. ドアトゥドア - 我儘な人生は許されるのか?

    ドアトゥドア

    コロナ禍にあってドライブは貴重なストレス発散の手段、

  20. 2万キロ - 我儘な人生は許されるのか?

    2万キロ

    先日の、玉の湯さんへの往復で2万キロを超えたワインディングは、少し苦手ではあるが高速道路では、最高エンジンも絶好調で、燃費も10以上を維持デザインも最高でとても気に入っているフォトは、私の定番撮影スポット「長者原」コロナ禍だからなのだろう桜のシーズンは終了したがドライブにはベストシーズンであるにもかかわらず観光バスに遭遇する事も無く、交通量もフォトの通りちなみに、フォトについてワンパターンな...

総件数:41 件

似ているタグ