NFLのタグまとめ

NFL」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはNFLに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「NFL」タグの記事(44)

  1. NFL開幕、ラグビー完敗、U-18もサヨナラ負け - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFL開幕、ラグビー完敗、U-18もサヨナラ負け

    NFLの2019年シーズンが開幕した。例年であれば前年のスーパーボウルチャンピオンチームが開幕試合に登場するのだが、NFL100周年ということもあり、週替わり企画の第1弾「最も古いライバル対決」と題しベアーズとパッカーズのNFC北地区に属するチームの試合が行われた。ベアーズは1920年からNFLの前身組織であるAPFAに参戦し、 当時の球団名は「ディケーター・ステイリーズ」だった。1922年...

  2. 琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ

    インディカーシリーズ第3戦アラバマグランプリでポール・トゥ・ウインを飾った佐藤琢磨、いい流れで第4戦のグランプリ・オブ・ロングビーチに挑んだが結果は8位であった。予選も8位であったので予選順位を守ったレースとなったことになる。イエローフラッグもレース序盤で1度出ただけとあって、レース自体、動きの少ないものであったようだ。その中での8位は評価できるものといえそうだ。5月はまさにインディ500マ...

  3. 藤井七段新記録ならず、ドルフィンズの新HC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段新記録ならず、ドルフィンズの新HC

    将棋の第77期C級1組順位戦第10回戦が行われた。師弟同時昇級かと騒がれた藤井聡太七段であったが、残念ながら近藤誠也五段に敗れてしまった。師匠の杉本昌隆七段も船江恒平六段に敗れてしまい、4棋士が8勝1敗となり、最終戦での昇級争いはこの4棋士と7勝2敗の高崎一生六段の5棋士で争うこととなった。ただ藤井七段は順位が他棋士に比べると下位(昇級初年度なので下位である)のため最終戦は勝利することが絶対...

  4. いよいよスーパーボウルはじまる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    いよいよスーパーボウルはじまる

    あと20分で第53回スーパーボウルがはじまる。今年は17年ぶりとなるラムズとペイトリオッツの戦いである。前回の対戦ではデビューイヤーとなったペイトリオッツのQBブレディが最後のドライブでパスを連続成功させてFG圏内にチームを推し進め、決勝FGでペイトリオッツが勝利した。ここからペイトリオッツがスーパーボウルの常連となった歴史的な試合でもあった。果たして今年はラムズQBゴフが当時のブレディのよ...

  5. NFLラムズ、チーフス快勝、日本も決勝Tへ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFLラムズ、チーフス快勝、日本も決勝Tへ

    NFLディビジョナルプレイオフ2試合が行われた。まずAFCはチーフスとコルツの対戦であった。今シーズン、2年目のQBマホームズの大活躍で12勝をあげたチーフスとコルツの対戦であった。チーフスの攻撃がどこまでコルツの守備を翻弄するかと思われたが、結果はマホームズのパスがコルツディフェンスを翻弄し、逆にチーフスディフェンスがコルツオフェンスを完封(前半終了間際までファーストダウンを許さなかった!...

  6. ベスト4決定、大谷の社会貢献活動 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ベスト4決定、大谷の社会貢献活動

    NFLワイルドカードプレイオフ2日目の試合は2試合とも手に汗握る試合であった。AFCはレイブンズとチャージャーズが対戦した。第16週ではレイブンズディフェンスがチャージャーズオフェンスを撃破して22-10で勝利(しかも敵地で)しており、この試合もレイブンズ有利かと思われていた。ただ試合はチャージャーズディフェンスが奮起した。レイブンズQBジャクソンに思うようにパスを投げさせずにし、スクランブ...

  7. NFLポストシーズン開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFLポストシーズン開幕

    いよいよNFLプレイオフがはじまる。まずワイルドカードプレイオフが日本時間の6日朝にタイタンズ対コルツ戦からスタートする。1日目は続いてカウボーイズ対シーホークス戦が行われ、7日にベアーズ対イーグルス、レイブンズ対チャージャーズの試合が行われる。いずれも好カードでどのチームが勝ちあがっても不思議ではないと思う。個人的には2年ぶりにプレイオフに出場するシーホークスに注目している。もともとディフ...

  8. 名城大二冠達成、プレイオフ進出チーム決定 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    名城大二冠達成、プレイオフ進出チーム決定

    年末の風物詩となった感のある富士山女子駅伝、過去5回の大会ではいずれも立命館大学が優勝しており、立命館大学の6連覇あんるか、全日本大学女子駅伝を制した名城大学の二冠なるかに注目が集まっていた。レースは1区から小波乱があった。全日本選抜の佐野がトップでタスキ渡しをしたのであった。男子の駅伝では選抜チームがトップを走るケースはほとんどないのでちょっとビックリしたが選手層の薄い女子の場合は考えられ...

  9. NFL第16週、TL入替戦、バレー皇后杯 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFL第16週、TL入替戦、バレー皇后杯

    NFL第16週が行われている。現地時間土曜日にはレッドスキンズ対タイタンズ、レイブンズ対チャージャーズの2試合が行われた。レイブンズ対チャージャーズの試合は地元のレイブンズが攻守でチャージャーズを圧倒した試合であった。レイブンズのQBといえばフラッコであるが、最近は新人のジャクソンが先発QBとして活躍している。そのジャクソンは足も速く、元イーグルスのビッグの再来といわれている。そのジャクソン...

  10. 慶應あと1歩、日本ユニシス3連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    慶應あと1歩、日本ユニシス3連勝

    ラグビー大学選手権の準々決勝4試合が行われた。慶應義塾大学は早稲田大学との対戦であった。対抗戦ではわずかの差で敗れているだけにリベンジに燃えるチームであったが前半3分に先制トライを奪われてしまった。しかし慶應大学は8分に相手陣深くに蹴りこんだキックを早稲田SO岸岡がキックでクリアー、そのボールをWTB宮本がチャージしチャージしたボールが胸にすっぽりと入って逆転のトライ(&ゴール)をあげた。そ...

  11. NFLも15週、地区優勝決まる地区あり - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFLも15週、地区優勝決まる地区あり

    NFL第15週がMNFを除き終了した。残すところ後2週となり、地区優勝が決まる地区もでてきた。AFC東地区、ドルフィンズはバイキングスとの試合であった。第1Qに3TDを奪われ、QBタネヒルも9サックを浴びてしまいいいところなく17-41で敗れてしまった。これでプレイオフ進出の可能性はかなり低くなってしまったといえる。この試合に勝利すれば地区優勝が決まるペイトリオッツはスティラーズとの試合であ...

  12. リバーズ悲願なるか、バドミントン快進撃、そしてラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    リバーズ悲願なるか、バドミントン快進撃、そしてラグビー

    NFL第15週のTNFが行われた。AFC西地区の首位攻防戦であり、またシード権1位争いでもあるチーフスとチャージャーズとの対戦であった。チャージャーズのQBリバースは同期にマニング弟、ロスリスバーガーがいるQB黄金世代であるが、唯一スーパーボール出場経験がないQBでもある。すでにベテランの域にはいっており、今季こその思いがチームにも強いようで、今季は好調チャージャーズを牽引している。一方のチ...

  13. 激戦NFL第14週、金子入団会見 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    激戦NFL第14週、金子入団会見

    NFL第14週は各地区首位チームに受難の試合が多かった。AFC東地区はドルフィンズとペイトリオッツの対戦であった。ここまで6勝6敗のドルフィンズとしてはプレイオフ進出には負けられない試合であった。地元でのペイトリオッツ戦は相性がよく、ひょっとすると勝てるのではと思っていた。試合はTDの奪い合いとなり、前半はドルフィンズが3TD、ペイトリオッツが4TDと1TD差でドルフィンズがリードされてしま...

  14. テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズメンバー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズ...

    NFL第12週のMNFが行われテキサンズが同地区のタイタンズと戦った。第1Q、いきなりタイタンズにTD、そしてFGを決められ0-10とリードを許してしまった。しかし連勝中のテキサンズはここから反撃、TDを奪って7-10とすると第2Q早々に逆転のTDを決めて14-10とした。圧巻は第2Q中盤、自陣ゴール前からの攻撃、RBミラーのランがあれよあれよという間にタイタンズディフェンス陣をすり抜けてな...

  15. NFL第12週、ラグビー早慶戦、日本ハム新入団会見 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFL第12週、ラグビー早慶戦、日本ハム新入団会見

    NFL第12週のTNFが行われた。サンクスギビングデイということもあり、NFC同地区の3試合が行われた。それぞれ地区首位のチームが登場したが、なかでも東地区はレッドスキンズ、カウボーイズの勝てば首位という一戦であった。結果はカウボーイズが一度は逆転を許したものの再逆転に成功し31-23で勝利し、6勝5敗で首位にたった。南地区では今季絶好調のセインツがファルコンズを圧倒し、31-17で勝利した...

  16. 藤井七段快勝、MNFは大熱戦、そして日本ハムには - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段快勝、MNFは大熱戦、そして日本ハムには

    NFL第11週のMNFが行われた。AFC、NFCで首位にたつチーフスとラムズの一戦はお互いに死力を尽くした戦いとなった。両チームとも50点を超えたのはNFL史上初めてのことだそうだ。前半を終了して23-23の同点、そして第3Qでラムズが2TDをあげて40-30とリードし、これでラムズかと思ったがチーフスも第4Qに反撃を開始した。わずか開始5分の間に2TDを奪って44-40と再逆転してしまった...

  17. NFL第11週、ラグビー日本代表、そしてバドミントン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    NFL第11週、ラグビー日本代表、そしてバドミントン

    NFL第11週が行われた。第11周はドルフィンズ、ペイトリオッツともバイウィークで試合はなしであった。第12週へ向け、果たしてQBタネヒルの怪我の状態はどの程度回復したのだろうか。さて今季は混戦のNFL、調子がいいのはセインツである。QBブリーズを中心に攻撃力が抜群のようだ。イーグルス戦ではイングラムが2TDをあげる活躍で48-7で快勝した。開幕戦黒星スタートであったがこれで9連勝である。テ...

  18. ドルフィンズ連敗、青山学院圧勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ連敗、青山学院圧勝

    NFLも早いもので第5週がMNFを除いて終了した。3連勝と絶好のスタートをきったドルフィンズであったが、第4節に同地区のライバルであるペイトリオッツに完敗してしまった。そしてむかえた第5週のベンガルズ戦、前半を終えて14-0とリードした。そして第3QにもFGを追加して一時リードは17点と大きく広がり、勝ちは確実かと思われた。しかしベンガルズの驚異的な反撃を受けてしまい第4Qで3TDを奪われ、...

  19. ドルフィンズ3連勝、ペイトリオッツは連敗、清宮は6号 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ3連勝、ペイトリオッツは連敗、清宮は6号

    NFLはMNFの1試合(現在試合中)を除き第3節が終了した。ドルフィンズはレイダーズと対戦した。第1Q開始早々にTDを奪われてしまったドルフィンズであったが第2Qに同点に追いつく。QBタネヒルは第2節とは異なり、10ヤード以上のパスを投げて成功させている。調子がよさそうである。ただチームは7-10で前半を終えると、第3Qに追加となるTDを奪われて7-17とされてしまった。しかしドルフィンズも...

  20. ブラウンズ2年ぶりの勝利、大坂ベスト4、桃田もベスト4 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ブラウンズ2年ぶりの勝利、大坂ベスト4、桃田もベスト4

    NFL第3節のTNFが行われた。約2年白星のないブラウンズはジェッツと対戦した。今シーズンはキックが1本でも決まっていれば勝利した試合が2試合もあり、うまくいけば開幕2連勝であった。しかし現実は1分1敗とまだ白星はあげられていない。一方のジェッツは開幕からルーキーQBダーノルドを先発に起用して1勝1敗とまずまずの成績である。ブラウンズにもドラフト全体1位指名のQBメイフィールドがおり、ルーキ...

総件数:44 件

似ているタグ