OUTのタグまとめ

OUT」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはOUTに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「OUT」タグの記事(9)

  1. ベルジャーエフ再読大和希一郎 - 『猫と私』

    ベルジャーエフ再読大和希一郎

    ベルジャーエフのドストエフスキーの世界観を何十年ぶりかで読み返した。わかい頃もいろいろ学んでえいきょうを受けた本だが歳をとって読み返すと、また新しいものがみえてくるものだ。ひとは老いることもまたいいものなのだと思う。ドストエフスキーの作品のなかの頂点でもある『大審問官物語』は人間の自由と強制、人の生の意味と信仰がほんとうの自由なこころからのものでなくては、人間の真の幸福はない。専制的な社会主...

  2. コロナ自粛大和希一郎 - 『猫と私』

    コロナ自粛大和希一郎

    コロナ自粛で。読書と音楽を聴く時間が増えている読書は、自分の書斎の蔵書のよみかえしがおおい。外に行かずにすむし、やはり読みやすく興味ある本が少なからずあるなかにはほどんど内容を忘れかけているものが多い。しかしやはり古典は何度読んでもいい。おんがくのほうはおもにLPレコードできいているクラシック音楽だがおとがやさしいので癒される。なんじかんも聴いていられる。

  3. コロナ自粛大和希一郎 - 『猫と私』

    コロナ自粛大和希一郎

    コロナ自粛で。読書と音楽を聴く時間が増えている読書は、自分の書斎の蔵書のよみかえしがおおい。外に行かずにすむし、やはり読みやすく興味ある本が少なからずあるなかにはほどんど内容を忘れかけているものが多い。しかしやはり古典は何度読んでもいい。おんがくのほうはおもにLPレコードできいているクラシック音楽だがおとがやさしいので癒される。なんじかんも聴いていられる。

  4. コロナ自粛大和希一郎 - 『猫と私』

    コロナ自粛大和希一郎

    コロナ自粛で。読書と音楽を聴く時間が増えている読書は、自分の書斎の蔵書のよみかえしがおおい。外に行かずにすむし、やはり読みやすく興味ある本が少なからずあるなかにはほどんど内容を忘れかけているものが多い。しかしやはり古典は何度読んでもいい。おんがくのほうはおもにLPレコードできいているクラシック音楽だがおとがやさしいので癒される。なんじかんも聴いていられる。

  5. コロナ自粛大和希一郎 - 『猫と私』

    コロナ自粛大和希一郎

    コロナ自粛で。読書と音楽を聴く時間が増えている読書は、自分の書斎の蔵書のよみかえしがおおい。外に行かずにすむし、やはり読みやすく興味ある本が少なからずあるなかにはほどんど内容を忘れかけているものが多い。しかしやはり古典は何度読んでもいい。おんがくのほうはおもにLPレコードできいているクラシック音楽だがおとがやさしいので癒される。なんじかんも聴いていられる。

  6. カラマーゾフの兄弟について大和希一郎 - 『猫と私』

    カラマーゾフの兄弟について大和希一郎

    カラマーゾフの兄弟について慶応義塾大学の山内志朗さんの紹介記事が読売新聞(11・29.2020)文化面に出たので、興味深く読んだ、現在のコロナ時代を恐れ過ぎず共生することを、ドストエフスキーからまなべという一文であった。改めて,ドストエフスキーはつねに新しい作家であるとおもった。『カラマーゾフの兄弟) という作品もいろいろな読み方ができて哲学・宗教・心理学・民俗学・もちろん文学・推理小説と...

  7. パソコンにハッカー - 『猫と私』

    パソコンにハッカー

    ぱそこんにハッカーがはいりましたよとでんわがきたら用心!それがハッカーになります相手にしないでくださいご用心!

  8. 読書について大和希一郎 - 『猫と私』

    読書について大和希一郎

    小林秀雄の初期のエッセイに『読書について』というのがある。こんどそれを読み返してみて、紹介してみたくなった。・・・ある作家の全集を読むのは非常にいいことだ。・・・文は人なり・という言葉があるが、この言葉の深い意味を了解するにのには、全集を読むのが、一番手っ取り早いしかも確実な方法なのである・・・・・書物が書物に見えず、それを書いた人間に見えてくるのには、相当な時間と努力とを必要とする・・一人...

  9. 司馬遼太郎批判の本大和希一郎 - 『猫と私』

    司馬遼太郎批判の本大和希一郎

    司馬遼太郎を批判する本を古本市で見つけて買って帰った。『司馬遼太郎をなぜ読むか』桂英史著〔新書館)である。司馬遼太郎の[ひとり勝ち)がつづいている。司馬遼太郎という作家が七十二歳で亡くなったおよそ三年前、僕たちはいたる所でその死を惜しむ声を耳にした。それ以降も、司馬に対する、いささか恥ずかしくなるほどの礼賛は現在までつづいている。と、書き出したこの著者はつぎつぎと司馬遼太郎を批判し続けるので...

総件数:9 件

似ているタグ