WRCのタグまとめ

WRC」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはWRCに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「WRC」タグの記事(57)

  1. 慶應優勝、シトロエンWRC撤退 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    慶應優勝、シトロエンWRC撤退

    第50回明治神宮野球大会の決勝が行われた。東京六大学野球で全勝優勝、完全優勝を逃してしまった慶應義塾大学にとって今季限りで退任する大久保監督を胴上げできる最後のチャンスであった。特に4年生にとってその思いは強かったようだ。そしてその4年生が躍動した。主将の郡司が初回にいきなり先制2ランを放って関西大学に先制パンチを浴びせると先発の高橋佑樹は7回までパーフェクトピッチングを披露し、大会初の完全...

  2. シーホークス辛勝、侍ジャパン惜敗、WRC第14戦中止 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    シーホークス辛勝、侍ジャパン惜敗、WRC第14戦中止

    NFL第10週のMNFは大熱戦であった。NFC西地区の首位攻防戦、8連勝中の49ersと7勝2敗のシーホークスの対戦、シーホークスにとっては負けると地区優勝が危うくなる敵地開催ではあるが負けられない試合であった。試合は49ersがいきなりFGを成功させ先制した。シーホークスの攻撃は不発に終わり、次の49ersではTDを奪った。0-10とリードされてしまったシーホークスの攻撃は第2Qにはいって...

  3. NFL第5週TNF、WEC富士FP、WRC第12戦デイ2 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第5週TNF、WEC富士FP、WRC第12戦デイ2

    NFL第5週のTNFが行われた。シーホークス対ラムズというNFC西地区のライバル対決である。ともにこれまでは3勝1敗と地区優勝を狙えるポジションにいるだけに負けられない試合であった。特にホームのシーホークスは勝たねばいけない試合であったがいきなりファンブル、リカバーをラムズにされFGで先制されてしまった。また攻撃もラムズの守備陣に阻まれてしまい0-6とリードされる苦しい展開であった。シーホー...

  4. WRC、WECはじまる、そして明日はサモア戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC、WECはじまる、そして明日はサモア戦

    2020年のWRCスケジュールが発表され日本での開催が決定した。11月22日から行われるラリー・ジャパンが楽しみだ。開催が決まって直後にWRC第12戦ラリー・グレートブリテンがはじまった。シェイクダウンでトップタイムをマークしたトヨタのミークが初日のSS1でもトップタイムをマークしてトップにたった。地元ということもあり気合いがのっているのかもしれない。選手権ポイントでトップをはしるタナックは...

  5. 大谷のシーズン終了、ラリー・トルコはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷のシーズン終了、ラリー・トルコはじまる

    エンゼルスの大谷翔平のMLB挑戦2年目のシーズンが終了してしまった。18号を打って、打点も62打点とし自身のシーズン最多記録を更新したと思っていた矢先、球団から14日にロサンゼルス市内の病院で左膝の二部膝蓋骨の手術を受けるとの発表があった。8~12週間で完治するというが、プレイオフ進出を逃して来季を見据えた段階での手術は早い方がよいと判断したためであろう。GM談話によれば先天的なものだそうだ...

  6. 王位戦決着は最終局、明日からWRC第11戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    王位戦決着は最終局、明日からWRC第11戦

    将棋の第60期王位戦七番勝負第6局が行われ、木村一基九段が119手で豊島将之二冠に勝利して対戦成績を3勝3敗の五分とした。雌雄を決する第7局は25~26日に都市センターホテルで行われる。昨年は豊島将之二冠が菅井七段を破って王位となったが果たして今年はどんな結末となるのだろうか。両者は竜王戦挑戦者決定三番勝負でも対局しており、その結果をあわせると最近9番は豊島二冠が5勝4敗とリードしている。5...

  7. ルマン24時間レーススタート、WRC第8戦、エンゼルス勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ルマン24時間レーススタート、WRC第8戦、エンゼルス勝利

    第87回ル・マン24時間耐久レースがはじまった。昨年はトヨタチームのルマン初制覇なるかに注目が集まっていたが、今年のルマンは日本ではそれほど注目されていないようだ。ただトヨタチームの公式サイトではオンボードカメラのライブ映像をオンエアしておりそれなりにレースファンを楽しませてくれている。11時間が経過した段階でトヨタチームは7号車がトップ、8号車が2位を走行している。一方のWRC第8戦ラリー...

  8. 佐藤琢磨3位、週末はWRC - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    佐藤琢磨3位、週末はWRC

    第103回インディ500マイルレースが行われた。珍しくNHK-BS1で半日遅れでレースが放映された。一昨年の優勝以来、インディ500マイルレースが注目されてきたのではないだろうか。また佐藤琢磨の調子がよいことも影響しているのであろう。5列目14番手からスタートした佐藤琢磨はスタートダッシュよく数台を抜いてポジションアップしていった。インディ500の場合、ピットストップも重要な戦略となってくる...

  9. 大谷マルチ、名古屋2位キープ、トヨタ優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷マルチ、名古屋2位キープ、トヨタ優勝

    エンゼルスの大谷翔平が2試合ぶりの安打を放った。前日の試合の最終打席、結果はフライアウトであったが打ち方がよかったそうで、この日の大谷は第1打席から好調に思えた。結果はでなかったが第3打席ライナーでレフト前ヒットを放って出塁すると後続打者のタイムリーで得点をあげた。そして9回の第5打席ではライト前に運ぶタイムリーヒットでチーム7点目をあげた。オースマス監督も「今日の大谷が1番良かったと思う。...

  10. 勝ったり負けたり日本ハム、ラリー・チリはじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    勝ったり負けたり日本ハム、ラリー・チリはじまる

    このところ連勝がない日本ハムであるが逆に連敗もなく、4月27日の試合から勝ち負けを繰り返している。順番からいけば昨日の試合は勝つはずであった。3連敗と調子があがらない西武に対して日本ハムの先発は上沢直之、こちらも調子が上がらずファーム調整をしての先発復帰であった。その上沢、いきなり秋山にストレートの四球をだすと、山川にタイムリーを打たれて失点してしまった。西武の先発は多和田であった。日本ハム...

  11. 斎藤2回無失点、ラリー・メキシコ、全英オープン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    斎藤2回無失点、ラリー・メキシコ、全英オープン

    日本ハムが甲子園球場で阪神とのオープン戦を戦った。先発の斎藤佑樹は想い出のある甲子園はプロ入り初となる登板であった。今季は結果が最重要課題であるだけにこの日も結果重視の内容で2回をパーフェクトにおさえた。ここまでの登板(練習試合も含む)は3試合で無失点である。試合はこの試合から1軍復帰した中田翔が一発を放つなど3-3で引き分けた。9回に追いつくところなど見どころの多い試合であった。スーパーラ...

  12. カーリング日本選手権、ラリー・スウェーデン、錦織8強 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    カーリング日本選手権、ラリー・スウェーデン、錦織8強

    カーリング日本選手権3日目が行われた。初戦黒星スタートとなったロコ・ソラーレであったが、3日目は試合相手が格下ということもあって2連勝し、通算成績を4勝1敗とした。そして4日目はナイトセッションで北海道銀行と対戦する。北海道銀行も新メンバーとなって富士急には負けてしまったがここまで4勝1敗、今まで名勝負を繰り広げていただけにどんな試合となるのだろうか。ひじょうに楽しみである。WRC第2戦ラリ...

  13. トヨタ苦戦、バドミントンは3種目で準決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタ苦戦、バドミントンは3種目で準決勝進出

    バドミントンのインドネシアマスターズは準々決勝が行われた。代表選手が出場した日本人選手(ペア)であったが、準々決勝には男子は桃田賢斗、園田啓悟/嘉村健士ペア、遠藤大由/渡辺勇大ペア、女子は松本麻佑/永原和可那ペア、タカマツペアそして混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアが勝ち残っている。このうち準決勝に進んだのは桃田賢斗、渡辺勇大/東野有紗ペアそして女子ダブルスの2ペアであった。桃田賢斗は昨年...

  14. WEC開幕、WRCデイ1、そして香港オープン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WEC開幕、WRCデイ1、そして香港オープン

    WEC第5戦上海6時間レースがはじまった。初日はフリー走行が行われたがあいにくの雨模様、それでもトヨタチームは順調にセットアップをすすめたようで、相変わらずのワンツー体制で初日を終了した。今日の予選、明日の決勝とどんなレースをしてくれるのか楽しみである。そしてWRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ1が終了した。午前のSSでトップタイムをマークしていたトヨタチームであったが午後はマイナートラ...

  15. ラリー・ジャパン開催決定か、バドミントン女子優勝、清宮2戦連発 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラリー・ジャパン開催決定か、バドミントン女子優勝、清宮...

    2019年にラリー・ジャパンが開催されるようである。昨日開催契約を締結したというニュースが流れたのが発端である。ただこのニュースはフェイクだったようで、正式には内諾を得たようで、JAFからFIAに開催日程を登録申請したということらしい。ただ、登録申請をしたということはラリー実現へむけての一歩であり、2019年開催の現実味が帯びてきた。開催は中部地方で11月か9月だそうだ。トヨタチームも連勝し...

  16. 大谷代打3ラン、トヨタは2種目同日制覇 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷代打3ラン、トヨタは2種目同日制覇

    エンゼルスの大谷翔平がレンジャーズ戦の7回に代打で登場した。乱打戦の試合、7-6とエンゼルスが勝ち越した場面での登場であった。一死1、2塁と追加点のチャンスであった。カウント2-1からの4球目は高めのストレート、ローボールヒッターの大谷にしては珍しく豪快なアッパースイングを捉えた打球はグングン伸び、バックスクリーン左に飛び込んだ。見事な一発で10-6と勝利を決定づける一発であった。このところ...

  17. 日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走

    全国高校野球選手権準々決勝、日大三高は下関国際に7回途中までノーヒットノーランに抑え込まれていた。試合も0-2とリードされており、今回の日大三高はベスト8止まりと思っていた。しかし野球はわからないものである。8回裏、飯村、柳沢が初球をとらえて連打で無死2、3塁と同点のチャンスをつくると代打の高木も初球をとらえて中前に同点打をはなって2-2の同点に追いついた。そして二死3塁から主将の日置が一塁...

  18. WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山

    ATP1000・W&Sオープン2回戦、錦織圭はワウリンカのパワーに屈する株式会社たちとなって4-6、4-6のストレート負けで2回戦で姿を消した。テニスの質をあげていきたいと語っていた錦織であったが、全米オープンの前哨戦では望んだ結果は得られなかったようだ。果たして本番でどこまで勝ち進むことができるだろうか、一抹の不安を感じてしまう。WRC第9戦ラリー・ドイチェランドがはじまった。ヒュンダイチ...

  19. WRC第5戦、大谷の一か月 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC第5戦、大谷の一か月

    WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナデイ3が行われた(すでにデイ4も終了している)。デイ2でトップにたったトヨタのタナックはこの日も絶好調のようで7本行われたSSのうちなんと5本のSSでトップタイムをマークして2位との差を46.5秒に拡げた。タナックは高速のグラベルラリーに強さを発揮しているが、その速さにプラスしてトヨタヤリスWRCの性能の良さも加味されているようだ。実際、タナックのインタビ...

  20. 月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果

    プロ野球も20試合を経過し、好不調のチームがでている。パリーグでは西武が首位をはしり、開幕前台風の目になるのではといわれた楽天が最下位に沈んでいる。日本ハムは開幕3連敗と最悪のステートであったが、その後は五分の成績を残している。その中、3、4月の月間MVP候補選手がNPBから発表された。当然好調な西武からは投手部門では多和田、菊池の2投手、そして野手部門では森、山川、秋山、外崎、源田のなんと...

総件数:57 件

似ているタグ