WRCのタグまとめ

WRC」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはWRCに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「WRC」タグの記事(46)

  1. WEC開幕、WRCデイ1、そして香港オープン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WEC開幕、WRCデイ1、そして香港オープン

    WEC第5戦上海6時間レースがはじまった。初日はフリー走行が行われたがあいにくの雨模様、それでもトヨタチームは順調にセットアップをすすめたようで、相変わらずのワンツー体制で初日を終了した。今日の予選、明日の決勝とどんなレースをしてくれるのか楽しみである。そしてWRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ1が終了した。午前のSSでトップタイムをマークしていたトヨタチームであったが午後はマイナートラ...

  2. 大坂3回戦進出、大谷、トラウトダブル受賞、週末はラリー・GB - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂3回戦進出、大谷、トラウトダブル受賞、週末はラリー・GB

    テニスの女子チャイナ・オープン2回戦、大坂なおみが登場し、世界ランク37位のコリンズと対戦した。第1ゲームをいきなりブレイクされてしまった大坂であったがここからがすごかった。続く6ゲームを連取して6-1で第1セットを奪うと、なんと第2セットは6-0と1ゲームも落とすことなく連続して12ゲーム連取スケジュールつ快挙でベスト16に進出した。またWTAからはWTAツアー・ファイナルズへの出場も発表...

  3. ラリー・ジャパン開催決定か、バドミントン女子優勝、清宮2戦連発 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラリー・ジャパン開催決定か、バドミントン女子優勝、清宮...

    2019年にラリー・ジャパンが開催されるようである。昨日開催契約を締結したというニュースが流れたのが発端である。ただこのニュースはフェイクだったようで、正式には内諾を得たようで、JAFからFIAに開催日程を登録申請したということらしい。ただ、登録申請をしたということはラリー実現へむけての一歩であり、2019年開催の現実味が帯びてきた。開催は中部地方で11月か9月だそうだ。トヨタチームも連勝し...

  4. 大谷代打3ラン、トヨタは2種目同日制覇 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷代打3ラン、トヨタは2種目同日制覇

    エンゼルスの大谷翔平がレンジャーズ戦の7回に代打で登場した。乱打戦の試合、7-6とエンゼルスが勝ち越した場面での登場であった。一死1、2塁と追加点のチャンスであった。カウント2-1からの4球目は高めのストレート、ローボールヒッターの大谷にしては珍しく豪快なアッパースイングを捉えた打球はグングン伸び、バックスクリーン左に飛び込んだ。見事な一発で10-6と勝利を決定づける一発であった。このところ...

  5. 日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走

    全国高校野球選手権準々決勝、日大三高は下関国際に7回途中までノーヒットノーランに抑え込まれていた。試合も0-2とリードされており、今回の日大三高はベスト8止まりと思っていた。しかし野球はわからないものである。8回裏、飯村、柳沢が初球をとらえて連打で無死2、3塁と同点のチャンスをつくると代打の高木も初球をとらえて中前に同点打をはなって2-2の同点に追いついた。そして二死3塁から主将の日置が一塁...

  6. WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山

    ATP1000・W&Sオープン2回戦、錦織圭はワウリンカのパワーに屈する株式会社たちとなって4-6、4-6のストレート負けで2回戦で姿を消した。テニスの質をあげていきたいと語っていた錦織であったが、全米オープンの前哨戦では望んだ結果は得られなかったようだ。果たして本番でどこまで勝ち進むことができるだろうか、一抹の不安を感じてしまう。WRC第9戦ラリー・ドイチェランドがはじまった。ヒュンダイチ...

  7. WRC第5戦、大谷の一か月 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRC第5戦、大谷の一か月

    WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナデイ3が行われた(すでにデイ4も終了している)。デイ2でトップにたったトヨタのタナックはこの日も絶好調のようで7本行われたSSのうちなんと5本のSSでトップタイムをマークして2位との差を46.5秒に拡げた。タナックは高速のグラベルラリーに強さを発揮しているが、その速さにプラスしてトヨタヤリスWRCの性能の良さも加味されているようだ。実際、タナックのインタビ...

  8. 月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    月間MVP候補発表、週末はWRC、そして大谷効果

    プロ野球も20試合を経過し、好不調のチームがでている。パリーグでは西武が首位をはしり、開幕前台風の目になるのではといわれた楽天が最下位に沈んでいる。日本ハムは開幕3連敗と最悪のステートであったが、その後は五分の成績を残している。その中、3、4月の月間MVP候補選手がNPBから発表された。当然好調な西武からは投手部門では多和田、菊池の2投手、そして野手部門では森、山川、秋山、外崎、源田のなんと...

  9. 師弟対決、ドイツオープン、そしてラリー・メキシコ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    師弟対決、ドイツオープン、そしてラリー・メキシコ

    将棋の王将戦1次予選でこれほどマスコミが注目した一局は過去なかったと思う。現在は王将戦のタイトル戦が行われている最中だが、マスコミの数はこちらがダントツだったようだ。マスコミが大注目するのは藤井聡太六段対杉本昌隆七段の対局である。杉本七段はご存知藤井六段の師匠である。ネットで生中継され、解説は深浦九段であったが、杉本七段とはほど同時期に四段となっており親交があるどうで、心情的には杉本七段を応...

  10. ラグビー大学選手権、藤井四段、そしてWRCでは - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラグビー大学選手権、藤井四段、そしてWRCでは

    ラグビー全国大学選手権の準々決勝4試合が今日開催される。大学選手権はそのやり方がここ数年試行錯誤されてきたが今季は一発勝負のトーナメント戦が採択されたようだ。どの大会もそうだが、準々決勝の4試合が観る者にとっては一番迫力ある面白い試合となる。今年も4試合、好ガードとなった。特に注目は慶應義塾大学対大東文化大、東海大対天理大の2試合である。慶應大学は関東対抗戦G3位ながら、優勝した帝京大とは2...

  11. 侍ジャパン優勝、WEC、WRC終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍ジャパン優勝、WEC、WRC終了

    WEC第9戦(最終戦)バーレーン6時間レースが行われた。ポルシェが今シーズンでのWEC撤退を発表しており、トヨタとしては是が非でもポルシェに勝利し、年間優勝5回(このレースまでは4勝で並んでいる)を勝ち取りたいレースであった。レースはスタート直後から4台のマシンによるトップ争いが行われたが30分を過ぎるころからトヨタ8号車がトップに立ち、徐々にリードを拡げていった。7号車も2位につけトヨタの...

  12. ドルフィンズ完敗、トヨタ苦戦、今日から竜王戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドルフィンズ完敗、トヨタ苦戦、今日から竜王戦

    NFL第8節、TNFでドルフィンズはレイブンズと対戦した。前の試合でQBカトラーが肋骨を負傷して欠場することが決まり、この試合はリザーブQBのムーアが先発することになった。ドルフィンズとしてはタネヒルに続くQBの離脱である。そのムーア、前のジェッツ戦はそこそこの活躍で逆転勝利を演出したが、この試合は出来が最低であった。パスの精度が悪すぎたし、ランのタイミングもワンテンポずれており、RBアジャ...

  13. アストロズ延長戦制す、ドラフト会議、ラリーGBスタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    アストロズ延長戦制す、ドラフト会議、ラリーGBスタート

    MLBワールドシリーズ第2戦はハラハラドキドキの終盤であった。試合は3-2で最終回アストロズの攻撃であった。8回までドジャーズが勝ち越していると今季は負けなし、守護神ジャンセンが絶大の安定感であった。ところがこの試合、早め早めの継投策が失敗してしまった。本来であれば8回を負かせるはずのモローが7回ピンチの場面で登場し、このピンチは無失点に抑えたが、8回に先頭バッターに2塁打を打たれて守護神ジ...

  14. ドジャーズ連勝、トヨタは4位、ドルフィンズ辛勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ドジャーズ連勝、トヨタは4位、ドルフィンズ辛勝

    MLBナリーグの地区シリーズ、先勝したドジャーズであったが第2戦はDバックスに先制されてしまった。しかし今シーズンのドジャーズは先制されても追いつくだけの能力があった。2回そして4回に得点をあげ3-2と逆転、5回一死からポストシーズンから中継ぎを担当することになった前田健太が登板して3人を完ぺきにおさえてリードを守った。ドジャーズは5回にも連打で大量4点を追加し、結局この試合も8-5で勝利し...

  15. 藤井四段2次予選進出、ペイトリオッツ辛勝、杉田惜敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井四段2次予選進出、ペイトリオッツ辛勝、杉田惜敗

    藤井四段が第11回朝日杯将棋オープン戦の1次予選決勝に登場した。対局相手は宮本広志五段、先手となった藤井四段、過去の棋戦で先手番では無敗だけに期待がもてる一戦である。戦局は42手まで2008年の棋聖戦1次予選の対局と同型であった。果たしてこのとき8歳の藤井四段がこの将棋を知っているかは微妙であるが、PCで将棋を勉強している藤井四段、きっと知っているであろう。戦局は藤井四段が攻める形となり、宮...

  16. 上原プロ初勝利、WRC第10戦、ディミトロフマスターズ初V - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    上原プロ初勝利、WRC第10戦、ディミトロフマスターズ初V

    2カード連続の勝越しをかけて日本ハムは西武と戦った。日本ハムの先発は上原であった。昨年のドラフト1位、大型左腕として期待されていながらここ数戦は先発するものの常に1発を打たれてしまっていた。一方、西武の先発はファイフであった。上原は初回、二死1、2塁とピンチを招くが無失点で切り抜けると打線は四球、盗塁、四球で一死1、3塁と先制のチャンス、ここで中田がタイムリーを打って1-0と先制した。上原は...

  17. トップリーグ開幕、WRCデイ2、杉田は完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    トップリーグ開幕、WRCデイ2、杉田は完敗

    ジャパンラグビー トップリーグ2017-18が開幕した。今季のトップリーグは世界主要各国の中で最初にはじまる国内リーグだそうだ。2019年W杯を目指す日本代表にとって重要となるトップリーグであり、それは世界各国で代表入りを狙う選手にとっても重要なリーグである。そのこともあり、特に今季はメジャーな外国人選手も多数トップリーグに参戦している。開幕週は金、土、日と3日間にわかれて試合があるのもラグ...

  18. 日本ハム連敗脱出、週末はWRCドイツ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗脱出、週末はWRCドイツ

    気がつけば5位が定位置となってしまった日本ハムであるが最下位ロッテとの差はわずか1ゲーム、優勝の翌年は最下位というのが定番となってしまう危機に直面している。そんな日本ハム、昨日のソフトバンク戦の先発は村田であった。初回に中田のタイムリーで先制した日本ハムであったが、2回に2四球、バント、内野ゴロでソフトバンクに同点に追いつかれてしまった。しかし4回、四球にはじまり一死2塁からレアード負傷にか...

  19. ラリー・フィンランド、トヨタが首位、鈴鹿8耐はヤマハがポール、スーパーラグビーは - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラリー・フィンランド、トヨタが首位、鈴鹿8耐はヤマハが...

    鈴鹿8時間耐久レース、トップ10によるポールポジション争いが行われ、ヤマハの中須賀克行が2分6秒038でトップタイムをマークし見事に今日のレース、ポールポジションからスタートする。MuSASHi RTから出走する中上貴晶は途中までポールを狙えるタイムをたたき出していたが、ダンロップコーナーと最終シケインでミスをしてしまい全体で5番手タイムとなってしまった。MotoGPだとミスは命取りになって...

  20. ラリー・フィンランドデイ2、鈴鹿8耐、そして佐藤琢磨など - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラリー・フィンランドデイ2、鈴鹿8耐、そして佐藤琢磨など

    モータースポーツ関連のニュースが目白押しであった昨日であった。まず目に入ったニュースは佐藤琢磨に総理大臣顕彰というニュースであった。インディ500優勝のご褒美(?)だそうで、8月4日に首相官邸で顕彰式が行われることとなったという。今週はインディカーシリーズ第13戦が行われる。このレースで好成績をおさめて凱旋してほしいものである。やはりポルシェが今年限りでWECから撤退するそうだ。ポルシェとす...

総件数:46 件

似ているタグ