1957年製作のタグまとめ

1957年製作」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには1957年製作に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「1957年製作」タグの記事(4)

  1. 東京暮色 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    東京暮色

    ★★★★★★★☆☆☆NHK BSで。悲しく暗く重い話。クスッとなるところがないのも小津映画としては珍しい。原節子に有馬稲子に山田五十鈴に杉村春子と女優陣が充実。ラスト、両親の愛情が云々というセリフがある。つまり両親揃っていないと子供は寂しいんだ、ということなんだけれど。言いたいことは分かるけれど、アレは今なら言わせないでしょうね。NHKでの放送は「デジタル修復版」とされたもの。夏に出たBDと...

  2. スパイ(1957年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    スパイ(1957年製作)

    ★★★★★★★☆☆☆日本盤BDで。何も知らない、分からない主人公が大きなことに巻き込まれるお話。いわゆる巻き込まれ型のサスペンスだけれど、鍵となる人物が出てくるのが中盤過ぎと遅過ぎる。そこから後の後半は勢いも出て一気に進んでいくが、前半はまだるっこしい。2時間と少しあるけれど、その前半部分を30分ほどにまとめると、もっとテンポも良く、かなり面白い映画になったのに、と残念。物語に大きな影響はな...

  3. 情婦 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    情婦

    ★★★★★★★★★★WOWOWで。2013年10月放送分を録画したもの。かなり久しぶりに。この映画を観てから、階段にリフトが付いていると、チャールズ・ロートンを思い起こすようになりました。冒頭で弁護士の立場と付き添いの看護婦の関係をサッと示して。ごくごく短時間だけれど、あれですべて分かるのですよね。で、その後、物語の核心に入っていくけれど、これが素早い!余計なところがまったくない。今、リメイ...

  4. 穴(1957年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    穴(1957年製作)

    ★★★★★★★☆☆☆日本映画専門チャンネルで。京マチ子主演のサスペンス・コメディ。早口でしゃべりまくり、ストーリー上、いろいろな扮装で登場する京マチ子がかわいい。しかし、この手の映画に出てくる警察は決して有能とは言えない。まぁ、事件を解決するのは警察には関係のない主人公だから仕方ないのだろうけど。

総件数:4 件

似ているタグ