2010年代のタグまとめ

2010年代」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには2010年代に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「2010年代」タグの記事(6)

  1. 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その3 - 気まぐれ感想文

    「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その3

    なんだか前作に引き続きカイロ・レンのことばかり書いてるような気がする。良い子よりダメな子の方が書きやすいんだよね。レイはヒーロー的なヒロインとして申し分のない子で、彼女に対するツッコミは実はあまりない。でも良い子のはずのレジスタンスは、彼らは彼らでいろいろありました。 まあ、ツッコミどころ満載でした。レイアがとんでもないフォースの使い手だったことも判明。それを言うならルークもなんだけど、なん...

  2. 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その2 - 気まぐれ感想文

    「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その2

    スノークの正体は一体なんなのだー!?……ということを思った人、きっとたくさんいたと思う。今回レジスタンスの被害、特に幹部連中の被害はハンパなかったけど、ファースト・オーダーも同様で、一体次作はどうなるのやら、さっぱり予想がつきません。 ダークサイドの悪者はシスの時も帝国の時も、師と弟子の二人組というのが基本だったのだけど、その原則が今も生きてるとするなら、スノークの弟子はカイロ・レンとして、...

  3. 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その1 - 気まぐれ感想文

    「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017) その1

    これは今までにない展開だ。とりあえず面白かったがいろいろと判断に困る。何から書けばいいのかまとまらなくて困る。これは作品自体がまとまってないということでもある。まとまってないというか、群像劇すぎてある意味散漫。これからは英雄の時代ではなく人々の時代だということか。神話は終わった?これは議論を呼ぶだろうな。ルーカスのスター・ウォーズじゃないということは、こういうことなのかもしれない。 と言いつ...

  4. 太宰治の辞書(文庫版) - 本を読みたいブログ

    太宰治の辞書(文庫版)

    北村薫(2017年)「太宰治の辞書」創元推理文庫 単行本を読んだときは、ただただ、読める幸せを感じた。 文庫版になり、改めてこのシリーズについて考えたりもした。 かつて大好きで何度も読み返したシリーズ。ある時期から距離を置き、離れていた。素直で誠実で善良な「私」と自分自身との乖離に耐えられなくなった、のかもしれない。今もうまく説明できないが、漠然とリアリティがない、と感じたのは覚えている。 ...

  5. 私たちの星で - 本を読みたいブログ

    私たちの星で

    梨木香歩 師岡カリーマ・エルサムニー(2017年)「私たちの星で」岩波書店 雑誌連載の往復書簡に若干の加筆がされたもの。 ちょうど自分自身が何となくナーバスになっていたせいか、一つの書簡を読むたびに、目頭が熱くなってしまった。 様々なことに対する失望が無関心へと向かおうとしていた自分の心に、あきらめずに道を探す二人の対話が、とても強く響いたのだと思う。陳腐な言い方だけど「希望」をさがす対話に...

  6. 米澤穂信と古典部 - 本を読みたいブログ

    米澤穂信と古典部

    米澤穂信(2017年)「米澤穂信と古典部」KADOKAWA 多くは再掲で、まとめてくれてありがとうという感じ。 新作の見どころは、古典部の短篇と、メンバーの本棚だ。 千反田えるの本棚は、良書揃いで、圧倒された。本人の資質と周囲の環境から本棚はかたちづくられる。本棚公開は、人生の公開に近いと思う。 折木奉太郎の本棚は、以前に公開されたものとの異同が気になる。入手しにくいものは除いたのかと思った...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ