2017年製作のタグまとめ

2017年製作」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには2017年製作に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「2017年製作」タグの記事(49)

  1. ブルーハーツが聴こえる - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ブルーハーツが聴こえる

    ★★★★★★☆☆☆☆WOWOWで。6編からなるオムニバス。全部で150分ほどある。監督、脚本、出演者はそれぞれ別々で、物語の関係もない。最も気に入ったのは最初の「ハンマー(48億のブルース)」。いちばんコミックでコント的。だから東京03の角ちゃんなんでしょうけど。広角レンズを使った画面も面白いし。次は4つ目の「少年の詩」。1987年が舞台で、主人公の少年は小学校の高学年かな?自分と同年代にな...

  2. オリエント急行殺人事件(2017年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    オリエント急行殺人事件(2017年製作)

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。原作も昔のも知らない。けど、楽しめた。ただ、かなり駆け足かな、と。キッチリ描くと3時間を越えるのかもしれないけど、削ぎ落として削ぎ落としてエッセンスだけにした感じ。だからせっかくのキャストが顔見世だけになってしまっている。とはいえ、ミシェル・ファイファーは儲け役。

  3. リングサイド・ストーリー - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    リングサイド・ストーリー

    ★★★★★★☆☆☆☆WOWOWで。軽いコメディ。単純なプロットで、重い気分にならず、気楽に観ることが出来た。主演の2人が良い。特にむくれたときの佐藤江梨子が良い。プロレスのリングが設営される様子が出てくる。ああやって作るんですね。

  4. ビジランテ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ビジランテ

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。単純な話なんだけれど。登場人物も限られているし。でも、これをこういう風に分かりやすく映像にするのは難しいんじゃないかと思う。監督自身の脚本なので、映像化を念頭に書かれているのは当然だけれども、予算もあまりないような感じだし。全編、緊張感がみなぎっていて、それが最後まで持続しているのも良い。タイトルは自警団の意だそう。そのものズバリの自警団も映画には出てくるけ...

  5. ユリゴコロ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ユリゴコロ

    ★★★★★☆☆☆☆☆WOWOWで。プロットは悪くないし。演出も演技も悪くない。出演者も充実している。にもかかわらず、冗長で退屈。特にクライマックスのご都合主義、無理矢理感がヒドイ。しんどかったなぁ・・・

  6. 火花(2017年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    火花(2017年製作)

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。原作は未読。しかし、この映画が上手く出来ているのはよく分かる。脚本、演出、いずれも良い。真面目に丁寧に作られているのがよく分かる。決して粗製乱造ではない。主演の2人も大きく、映画の成功の半分ぐらいはあの2人の力なのは確か。しかしながら、トータルとしての出来はたいして期待していなかっただけに余計に感心した。

  7. カメラを止めるな! - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    カメラを止めるな!

    ★★★★★★★★★☆MOVIX八尾で。話題になっているので観たかったところ、今日から八尾でもやることになったので。トリュフォーの「アメリカの夜」みたいな映画。三重構造になっている。上手く考えられている。そのアイデアの勝利。また最初に<本編>を見せてしまって、種明かしは後からという構成も良い。正直なところ、<本編>部分は少々しんどいところがある。特にカメラが手持ちなので酔ってしまいそうになるし...

  8. チェイサー(2017年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    チェイサー(2017年製作)

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。6歳の息子と公園で遊んでいるときに電話がかかってきたため少し目を放した隙に子供を連れ去られる。駐車場で犯人が車に乗り込むのを見かけたので、自分の車で追跡するシングル・マザーのお話。90分ほどなので、始まってすぐに事件が発生、追跡劇が始まる。そのため、テキパキと無駄なく進み、飽きることがない。序盤で前夫との離婚条件についての話ちょこっと出てくるが、終盤にそれに...

  9. ワイルド・ドライバー - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ワイルド・ドライバー

    ★★★★★★☆☆☆☆WOWOWで。ニュージーランド産のカーアクション。この映画自体、リメイクだそうで、オリジナルは未見。羊に自由を!とか動画配信とか出てきて、その辺はアップデートしてある。オリジナルもそうなのか分からないけれど、1970年代後半のアメリカ産カーアクションに憧れて作られているのはよく分かる。撮影されているのはニュージーランドの田舎の方が主。羊に囲まれたりしてるしね。だからどこか...

  10. スクランブル(2017年製作) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    スクランブル(2017年製作)

    ★★★★☆☆☆☆☆☆WOWOWで。フランスとアメリカの合作。二番煎じというか、三番煎じというか。過去の車がメインのアクション映画からマーケティングして作っているのがよく分かる。だから中身がまったくないし、脚本がダメダメ。予算は結構かかっていると思うのだけれど、それでこんなものしか作れないとは。時間の無駄だった。

  11. 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。大佐はシーザーを捕らえた後、どうしたいのか。猿たちを奴隷として使い捨てにしたいのなら、しかるべきときに処刑すべきだったのでは?と。つまり、そうすることなく、シーザーを生かしたのは映画を前に進めるためだけだったのでは?と思ってしまいまして。そんなわけで、非常に前のめりで観ていたのだけれど、そこ以降はグッと冷静にラストまで。クライマックスなんて大スペクタクルなん...

  12. エイリアン:コヴェナント - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    エイリアン:コヴェナント

    ★★★★★★★★☆☆日本盤BDで。「プロメテウス」はいまいちだった、という記憶があって。だから、これも映画館には行かなかった。でも、一応は気になるわけで、WOWOWでの放送を録画したのだけれど。それを観る前に「プロメテウス」を復習しておこうと観直したら、これが面白くて。で、急遽、これのBDを買いに行ったというわけでして。「ギャッ!」と大声出してビックリするシーンもあって。復習が功を奏して、存...

  13. ひるね姫~知らないワタシの物語~ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ひるね姫~知らないワタシの物語~

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。家族愛を題材にしたファンタジー。主人公が見ている夢と現実が入り乱れて。ゴチャゴチャになりそうだけれど、そうなっていない。交通整理が上手くいってる。主人公の声は高畑充希。エンドテーマも歌っている。やっぱり歌上手いなぁ。

  14. ベイビー・ドライバー - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ベイビー・ドライバー

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。アメリカとイギリスの合作。主人公のキャラクター設定が良い。悪事を働いていることは理解しているけれど、ヘンなところで無邪気で。気持ちはよく分かる(笑)全体を通してテンポも良く、飽きることもない。物語に破綻もないし。なにより音楽が良い。サントラが欲しくなる。でも、アクション・シーンが少なく消化不良気味。あと、ラストの敵を誰にするか?を間違っている。アイツじゃない...

  15. デトロイト - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    デトロイト

    ★★★★★★★★★★日本盤BDで。相変わらずのビグロー節。カメラの立ち位置は客観的。だから、観ている側は画面の中で起こっているその場所場所に偶然居合わせた人物となることが出来る。当事者なんだけれど、直接の関係はないという微妙な立場。そのせいで終始、緊張感でヒリヒリする。テンポも良く、全体を通してのリズムが良い。編集の妙。

  16. メイズ大脱走 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    メイズ大脱走

    ★★★★★☆☆☆☆☆WOWOWで。イギリス、アイルランド、スウェーデン、ドイツの合作。メイズとは北アイルランドの刑務所のこと。1980年代初めのその刑務所が舞台で、収容されているIRAの活動家たちのお話。実際にあった脱獄事件を元にしているそう。計画を立てて実行という流れなのだけれど、う~ん、面白くなかったなぁ。真面目な映画だし、手抜きもないのだけれど、とにかく地味。そもそも主人公が動かないの...

  17. ジーサンズはじめての強盗 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ジーサンズはじめての強盗

    ★★★★★★★☆☆☆WOWOWで。老名優3人による軽いコメディ。邦題がいまいちなせいか、すぐに公開が打ち切られた記憶がある。映画自体もそれほどパッとしたものではないし、特別に観るべきところがあるわけでもない。とはいえ、観ているだけでそれなりに満足できるのは流石。脚本や設定にも破綻がないしね。指南役のジョン・オーティスが良い。

  18. 関ヶ原 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    関ヶ原

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。150分ほどある。テンポが良く、飽きることはない。関ヶ原で合戦が起こるに至った経緯を分かりやすく描いている。クライマックスは当然のことながら、合戦シーンだけれど、規模も大きく、迫力十分。今の時代によく作ったもの。全編に渡ってロケシーンでの景色が美しい。いろいろ苦労が大きかったのではないでしょうか。WOWOWでの視聴だけれど、映像も美しく、サラウンドも良かった...

  19. 友罪 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    友罪

    ★★★★★★☆☆☆☆MOVIX八尾で。う~ん・・・いくつかのエピソードが並行して描かれるのだけれど。小さなの子供の命が失われることの悲しさというテーマは一貫しているものの、佐藤浩市が出てくるエピソードがその他と関係ないのですよね。本筋との関連は何?と最後まで気にしながら観ることになるし、結局、浮いているのですよね。だからこのエピソードは不要、省いた分で本筋を膨らませた方が映画としての厚みが出...

  20. 銀魂 - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    銀魂

    ★★★★★★☆☆☆☆WOWOWで。福田雄一なので、合うか合わないか、人によって大きく違うと思うのだけれど。自分は「ダメ」ということはなく、好きな方ではあるし、この映画も楽しんだのだけれど。でも、終盤の<良い話>の流れがどうも・・・原作に則った<良い話>なのかもしれないけれど、カンタンに先が読める流れで、たいした話じゃないですしね。130分もあるので終盤のその部分で退屈した。しかし、この映画、...

総件数:49 件

似ているタグ