2017-2018東京のタグまとめ

2017-2018東京」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには2017-2018東京に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「2017-2018東京」タグの記事(6)

  1. 11月11日 グレゴリオ聖歌入門講座(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    11月11日 グレゴリオ聖歌入門講座(東京)

    祐天寺の古楽院にて、渡辺先生の指導のもとグレゴリオ聖歌入門講座が行われました。本日は、IntroitusKyrieGloriaIte missa estを復習し、Alleluia唱の2を始めて歌いました。☆Introitus・contineのtiはツィではなくティと読む。tiの後ろに母音が来る場合、ツィとなる。(ただし、tiの後ろに母音が来ていても、tiの前にs, t, xが来ている場合には...

  2. 11月11日 ルネサンス音楽入門講座(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    11月11日 ルネサンス音楽入門講座(東京)

    祐天寺の古楽院にてルネサンス音楽入門講座が櫻井先生の指導の下、行われました。本日は、イザークのprophetarum maximeの226ページから最後までを重点的に歌いました。・声帯を寄せる筋肉を使う→エッジボイスちょうど良いところでバランスを取ると、倍音が出てポリフォニー歌うのに適した声になる。エッジボイスで音程を上下させるとき、顎の裏に指を置いて、顎の筋肉が筋肉が反発してこないように気...

  3. 10月14日 グレゴリオ聖歌入門講座(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    10月14日 グレゴリオ聖歌入門講座(東京)

    10/14 10:00〜渡辺先生の指導のもと、グレゴリオ聖歌入門講座がえびらホールで行われました。本日のテーマは指示文字について。ランとザンクトガレンのネウマ譜に出てくる指示文字について集めたプリントを片手に、入祭唱とアレルヤ唱1の指示文字をネウマの中から探し出す作業をしました。☆スルスムについて、現代の感覚だとrに見えるけどこれはs☆入祭唱の一段目terの箇所、4線譜だとrまで同じ音程であ...

  4. 10月14日 ルネサンス音楽入門講座(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    10月14日 ルネサンス音楽入門講座(東京)

    10/14 13:30より、ルネサンス音楽入門講座が櫻井先生の指導のもと、えびらホールで行われました。ハインリッヒ・イザークのProphetarum maximeの225ページから227ページまでと"インスブルックよさようなら"を歌いました。☆225ページからフェルマータまで、和声的な動きとなっているが、原則ピタゴリアンに則る。しかしとりわけトニックとして安定した三度の響きが出てきた時は三度...

  5. 9月9日 ルネサンス音楽入門(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    9月9日 ルネサンス音楽入門(東京)

    9/9 13時30~祐天寺にあるフォンスフローリス古楽院にて花井先生のご指導のもと、ハインリヒ・イザークのProphetarum maximeをクワイヤブックをみんなで見ながら225ページまでを歌いました。☆言葉の話し方と歌い方はリンクしていて、後ろの方に広がりが来るように、最初にアクセントがこないように歌う。☆和音の構成要素としての響きを保持する。自分の音に固執しないで、他のパートとの相対...

  6. 9月9日グレゴリオ聖歌入門 (東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    9月9日グレゴリオ聖歌入門 (東京)

    9/9 10時祐天寺のフォンスフローリス古楽院にて、花井先生のご指導のもと、グレゴリオ聖歌の概要についての復習からはじまり、入祭唱、キリエ、グロリア、キリエのトロープスを歌い、アレルヤ唱1,2,続唱の説明までを受けました。☆グレゴリオ聖歌の概要の復習・10世紀ごろにネウマ譜で記譜され成立・基本的に無拍であるが、詞句のリズムから三拍子で歌えるものもある。・8つの教会旋法に大雑把に分類できる。・...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ