2017-2018東京のタグまとめ

2017-2018東京」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには2017-2018東京に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「2017-2018東京」タグの記事(8)

  1. 6月10日 グレゴリオ聖歌演奏法(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    6月10日 グレゴリオ聖歌演奏法(東京)

    グレゴリオ聖歌演奏法ミサ通常唱のトロープスについて学ぶ。挿入句であるトロープスには3種類:1. 既存の曲のメリスマ部分に新しい歌詞をあてがう2. 歌詞はつけずに新しいメリスマを挿入する3. 新しい旋律を新しい歌詞付きで挿入する 洗礼の聖ヨハネのミサの一環として取り組んでいるミサ4番のキリエ cunctipotens genitor とグロリアのトロープスを練習(新しい楽譜を配布)。Gradu...

  2. 6月3日 ルネサンス音楽入門(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    6月3日 ルネサンス音楽入門(東京)

    6/3祐天寺のフォンスフローリス古楽院にて櫻井先生の指導のもと、ルネサンス音楽入門講座の第3回目が行われました。 前半はイザークのProphetariummaximeの222ページまで歌詞を当てて歌い、後半は223ページの音取りまで歌いました。 ☆この時代の楽譜には歌詞が厳密に音符の下には記載されていないのでどの音符でどの歌詞を歌うかは奏者の裁量に任される部分が多い。 ☆省略形で書いてある...

  3. 6月3日グレゴリオ聖歌入門 (東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    6月3日グレゴリオ聖歌入門 (東京)

    祐天寺のフォンスフローリス古楽院で第3回目のグレゴリオ聖歌入門講座が実施されました。講師は渡辺先生です。キリエのトロープス"Lux et origo"を前半に、後半はグロリアを歌いました。☆グレゴリオ聖歌は移動ドの世界。先唱者の高さに合わせる。☆構えずに流れに身を任せて歌う。☆トロープスとは、聖歌のメリスマ部分に新たに歌詞を挿入した曲、歌詞も旋律も新たに作りそれを既存の聖...

  4. 5月27日 ルネサンス音楽2 イザークのモテット(ミサ固有唱)(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    5月27日 ルネサンス音楽2 イザークのモテット(ミサ...

    5/27 13時から、ルネサンス音楽2の第2回目の講座が花井先生の指導のもと祐天寺のフォンスフローリス古楽院で行われました。今日はテキストP.48までのハレルヤ唱を歌詞なしで歌うところまで学びました。 ☆グレゴリオ聖歌:フレーズがどこからどこまで続いているかが大事。→現代譜の区分線を見る。小区分線は一旦区切りをおいてもいいが、次につながりがある。旋法的にもつながりを意識するが、この時、旋法...

  5. 5月21日 中世の音楽トロープスとオルガヌムを歌う(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    5月21日 中世の音楽トロープスとオルガヌムを歌う(東京)

    5/21 14時から祐天寺で安邨先生指導のもと、中世の音楽講座の第2回目が行われました。今週は、先週の第四ミサのキリエの復習とAd organum faciendumについて、女声がオルガヌム声部,男声が定旋律に分かれて歌いました。Ad organum faciendumはオルガヌム声部を作るための教則本のようなもので、その中にCunctipotens genitor Deus旋律 1音に対...

  6. 5月6日 グレゴリオ聖歌入門(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    5月6日 グレゴリオ聖歌入門(東京)

    2017/5/610:00祐天寺のフォンスフローリス古楽院にてグレゴリオ聖歌入門講座の第二回目が櫻井先生のもと行われました。今回は、実際の歌い方のテクニックに重点を置いた指導をうけながらキリエとグローリアを歌いました。☆ドミナントが来たらその音にとどまるイメージ。☆音程が変わる時に喉で切らないように。イメージとしては急速なポルタメント。有声子音の時も同様。☆ピタゴラス音律純正な五度を取ってい...

  7. 4月8日 ルネサンス音楽入門(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    4月8日 ルネサンス音楽入門(東京)

    【ルネサンス音楽入門】4/8 13:30-16:00祐天寺のフォンスフローリス古楽院にてルネサンス音楽入門講座第1回目が花井哲郎先生の指導のもと行われました。☆17世紀以降と16世紀までと記譜の仕方が全く異なる(16世紀までは小節線がない、各パートが別々に書かれている、四分音符基本ではない、リガトゥラなど今の楽譜と大きく異なる)☆ムジカ・フィクタについて→当時の人は歌いながら判断して半音上げ...

  8. 4月8日 グレゴリオ聖歌入門(東京) - フォンス・フローリス古楽院ブログ

    4月8日 グレゴリオ聖歌入門(東京)

    【グレゴリオ聖歌入門】4/8 10:00-12:304/8祐天寺のフォンスフローリス古楽院にてグレゴリオ聖歌入門講座第1回目が花井哲郎先生の指導のもと行われました。☆ミサの固有唱と通常唱の区別について。聖歌隊が歌う歌について。聖歌というのは典礼のためにあり、教会暦に則る。☆グレゴリオ聖歌としては、楽譜に記載されている内容は10世紀以降時代と共に徐々に単純化。それと同時にポリフォニーの発展がみ...

総件数:8 件

似ているタグ