3月のタグまとめ

3月」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには3月に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「3月」タグの記事(226)

  1. お酒なしの夕ご飯と昼ご飯 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    お酒なしの夕ご飯と昼ご飯

    3月20日(土)お散歩した日の夕ご飯。なんとなくmicro-cafeの影響を受けている、ような。味噌汁付き。紅菜苔のお浸しとこぶ高菜漬け。豚肉、キノコが入ったご飯をふきの葉っぱに包んで蒸しています。3月21日(日)のお昼卵とじ炒飯?ちょっとリゾット風。ラスター製麺の平たいほうとう を好みの太さに切ってトマトパスタに。紅菜苔やキノコ入り。粉チーズを振ったらイタリアン(?)。3月25日(木)昼ご...

  2. 花が咲き始めたカフェ・スウィートへ - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    花が咲き始めたカフェ・スウィートへ

    3月最後の日のカフェスィートのコーヒーとケーキ。常連さんが桜のケーキが食べたい!とリクエスト。ピンクの部分は苺たっぷりにレモンで酸味を加え、ロゼワインのゼリーを上に。桜のエキスとかは入ってませんが、桜〜って感じで美味しい!コーヒーカップはヴィンテージノリタケ。空気除菌器が新調されてました。春の花が咲き始めてます。チューリップは球根を植えて。どんな色になるか楽しみだったそうです。帰りの野川。桜...

  3. 手づくり市 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    手づくり市

    調布駅広場で手づくり市が開かれてました。布田天神でも見かけるお店も。バッグ買っちゃった。剣道の道着の布を裏返しに使って刺し子したものだそうです。ビックカメラでトースターを探してました。あれ?これは焼く場所が二段になっているトースター前面が綺麗すぎて鏡になっちゃってます。奥様eとしては手強いシワがのびる奴が気になる。大学の噴水が珍しく働いてました。のび丸はその後仕事。奥様eはカフェスウィートへ...

  4. 太刀魚三昧 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    太刀魚三昧

    昨日から干していた太刀魚が程よく干されて本日のフィッシュチップスに。ジャガイモは鹿児島の新じゃが「ニシユタカ」。キャベツと干し豚肉と行者ニンニクの炒め煮。タイムとセージ風味。もちろんニンニク風味も。あんかけ状態です。スペイン・カタルーニャ産の白。有機栽培のマカベオ100%。マカベオは普通カヴァのブレンドぶどうとして使われてますが、単独のスティルは初めて。ワインのつまみ1が茶振りナマコの酢の物...

  5. 太刀魚にシャルドネ。 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    太刀魚にシャルドネ。

    メインが魚なので干し肉チップスでビール。「鹿児島産新ジャガイモ(茹で焼き揚げ)、和牛(A5)腿ブランデー幽庵干し(オーブントースター)」久しぶりの一番搾りは美味しい!太刀魚の中骨をパリパリに揚げて追加。骨がおいしいってこういう食べ方ならではね。「太刀魚中骨二度揚げ」「のらぼう菜(茹で鰹醤油洗い)」シャルドネ!というのび丸からのリクエスト。気軽なACシャブリを用意。フランス産白5本セットの一本...

  6. 沖縄の店でお菓子を買って・・ - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    沖縄の店でお菓子を買って・・

    3月29日北多摩病院の遅い桜も満開。都道から武蔵境通りへ。比較的新しい住宅の中の道も桜は終わりね。菓庄奥乃浜で楽しくおしゃべりして・・(沖縄出身の先客がいておしゃべりが止まらないので待っていたら、奥乃浜のマダムが気づいてくれて・・助かった笑。でも沖縄なまりの弾ける会話をのんびり聞けて楽しかったですよ。くだんのお客は数日後の集まりのためサーターアンダーギー20個注文したそうです。そういうことも...

  7. 太刀魚の逆襲 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    太刀魚の逆襲

    朝、のび丸は魚市場から帰ってきて自転車置き場で立ち往生。草履の鼻緒が切れたので新しい草履を奥様eに持ってきてもらうまで。出だしから不吉だった。武士のような太刀魚身も分厚くて立派な千葉産。喜んで捌き始めるのび丸・・返り討ちにあったぞ。鋭い歯は死んでても鋭かった。スパッと切れて出血したのでテープで血止め。ま、こんなこともあるね。のび丸の手は火傷や切り傷などで結構満身創痍。お疲れ様です・・・。

  8. オオアラセイトウ - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    オオアラセイトウ

    3月29日建物に囲まれた小さな空き地。何にもなかったのに気がついたら菜の花とオオアラセイトウがいっぱい花開いてました。花だいこんとか紫だいこんの花とか通称は大根系ですがオオアラセイトウこの名前がなかなか好きです。桜の季節、上ばっかり見てましたが足元にもいろんな花が春を告げていました。春を感じる一枚

  9. 3月もたくさんのアクセスを頂きありがとうございました - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    3月もたくさんのアクセスを頂きありがとうございました

    3月も当ブログにたくさんのアクセスを頂きありがとうございました。2月の28日に比べると、31日間もあったので、やはりちょっと長かったような気がします。日本では桜が満開になり、あちこちから花便りがたくさん届きました。写真だけではありますが、心晴れやかな気持ち、前向きな気持ちにさせてくれます。その反面、コロナウィルスの当地での状況は過去にないほど日に日に悪化しています。最早いつ、誰が罹ってもおか...

  10. 冷蔵庫にあるのび丸の秘密のおつまみ袋・・ - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    冷蔵庫にあるのび丸の秘密のおつまみ袋・・

    冷蔵庫にある何が入っているかわからないビニール袋あれこれ。中身をちょっとずつ出しているのび丸です。右のローストビーフに見える肉は干し肉。フィッシュチップス干しボウズギンポとジャガイモの素揚げ。お芋は茹で・焼き・揚げ一夜干し魚の素揚げは旨いね。春なのでわらびの卵とじ。わらびは春の食感。美味しいローストビーフに見えた干し肉をオーブントースターであぶったもの。焼く前は生ハムのような感じ。ビーフジャ...

  11. 焼きそば弁当 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    焼きそば弁当

    花の下でランチしたいのび丸。穴場、見つけてきました。お昼ご飯用に作った焼きそばをアルマイト弁当箱に詰めて・・普通家で食べるだろうみたいなメニュー。満開をちょっと過ぎて・・・いただきま〜す。タラの芽付き。青空に桜。花より団子。焼きそばもいけますな〜。食べたらちょっとお散歩。楓の花もちゃんと咲く春です。今年は暖かくて春の花がみんな急ぎ足ですね・・。ごちそうさまでした。

  12. 年度末に - 笑顔がいちばん ♪

    年度末に

    先日同級生数名でお喋り(オンライン)してた時ひとりが「そういえば新年度の予定とかあるの?」と言った一同シーン (-_-)みんな「年度」などとは無縁な年金生活者だから新年度って言われてもね・・(-_-;)とはいえ、うちの夫も同級生だけど新年度もお仕事継続するそうでこのご時世、仕事が出来るだけシアワセなのかもしれないその夫が先日どこかで貰って来たボールペン久々に見た珍しい5色ボールペン今でも作っ...

  13. ニュウナイスズメ№2 - しもちゃんの撮影日記

    ニュウナイスズメ№2

    2021年3月31日オスのニユウナイです桜の蜜を採取する為に早いスピードで飛び回ります。r花びらを切り落とします300

  14. 花を求めて南へ - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    花を求めて南へ

    3月26日(金)北は深大寺、南は多摩川調布はお散歩場所が多いね。ハケを下ります。そのちょっと手前。敷地も広くて立派な施設ですが元保健所。なんで潰したかね〜。コロナ対策の拠点にもなってたはず。ハケを下って左へ。先日検診から帰るタクシーの運転手さんが多摩川、桜満開だよと。そんなことを聞いてはじっとしてはいられないのび丸です。大輪の真っ白な八重椿。この家は売りに出ていました。住宅に囲まれた広い公園...

  15. 毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸3 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸3

    帰ってきて休憩したらお祝いケーキ。桜のブラマンジュベリーたっぷりのエクレア一応ハッピーバースデーを歌いました。やや、これは。ちょっぴり失敬してきたのでした。洗って、袴を取って天ぷらに。いやこれは、新鮮だからか美味しい!のび丸は腕だと。はいはい。ほんの少しだからとも。春の香りをビールと楽しむのです。ボウズギンポの干物とジャガイモのフィッシュチップス。あとはお重の残りと届いたばかりの海苔で飲む。...

  16. 毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸2 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸2

    武蔵野の森公園でお弁当!上段:野良坊菜芥子和え、絹さや入り出汁巻き(卵3個5回巻き)、マテの煮貝と大根葉・鯛の子と蕗青煮、大根漬け下段:黒豆の桜鮨酢飯・煮穴子・酢飯と重ね、鯛昆布締め、早蕨(さっと茹でて薄口味醂出汁に漬ける)、タラの芽(さっと茹でて白たまり味醂出汁に漬ける)、うるい山葵とサメ皮は必携祝膳なので去年勝沼で買ってきたシャトージュンの巨峰とピオーネのロゼを開けます。かんぱーい!ほん...

  17. 毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸 1 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    毎年この日の祝膳は自分で作るのび丸 1

    朝早くから料理。前日からつけておいた黒豆とその漬け汁でご飯を炊くと桜色になります。一段落したらトリエのうかい鳥山へケーキを買いに。帰り道、うわ〜満開じゃん。帰ってきたらお重に祝膳を詰め込んで出発小さなバスに乗って15分、調布飛行場で降りて北北西を目指します。この木はフェンスで囲まれていて枝も切られてないのでとてものびのび。ウォーキング中の人たちも見惚れる。六分咲きかな。10分ほどで目的地に到...

  18. やっぱり真鯛! - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    やっぱり真鯛!

    嬉しそうに鯛の鱗をとるのび丸。千葉産の真鯛。立派です。だって次の日はお祝いの日なので。この日の夜ご飯は質素に。と言っても煮穴子の蕎麦。お酒無しっていうだけです。残念。べったら漬けとフキの青煮。真鯛は昆布締めに。満を辞して次の日にいただきます。これも楽しみ。ごちそうさまでした。

  19. マテ貝の煮貝 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    マテ貝の煮貝

    3月22日(月)の夕ご飯はビールとフィッシュチップスから。北海道の男爵(茹で焼き揚げ)とアルゼンチン海老のフライ。捌いたボウズギンポの中骨を二度揚げしたもの追加。これはマテ貝の煮貝。実山椒が効いていて旨い〜〜!!大根葉の鰹節和えと。自家製べったら漬けと浜食の深大寺しぼり。クレマンダルザスのロゼ。妙に安かった。でもとっても美味しい!マテ貝の煮貝も合う。これはボウズギンポのムニエル。カレイのムニ...

  20. 立派なマテ貝 - のび丸亭の「奥様ごはんですよ」日本ワインと日々の料理

    立派なマテ貝

    3月22日(月)魚市場でマテ貝をめっけ。スペインでは細いやつが高いのなんの。良さそう。ボウズギンポ、2回目。美味しいって知ったので。静岡の親戚からデコポンが届きました。多分果樹園直送?不揃いですが酸味も甘味もしっかりして超美味しい!のび丸は仕事だし奥様eはちょっと運動不足なので鶴川街道をお散歩。この木なんの木?派手〜。どこかで引き返そうと思いながらゆったりした下りなので自然と足が前に出ますね...

総件数:226 件

似ているタグ