5・6年生のタグまとめ

5・6年生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには5・6年生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「5・6年生」タグの記事(44)

  1. 2018読み聞かせ29回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ29回目

    三びきのやぎのがらがらどんマーシャ・ブラウン作せたていじ訳福音館書店本体価格1200円時間=5分絵本=3歳くらいから どろんこハリージーン・ジオン文マーガレット・ブロイ・グレアム絵わたなべしげお訳福音館書店本体価格1200円時間=6分絵本=3歳くらいから今日は読み聞かせ最終日。6年生はもしかしたら絵本を読んでもらう機会も最後⁉︎かもしれません。なので、おそらく保育園幼稚園で読んだであろうこの...

  2. 2018読み聞かせ28回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ28回目

    王さまになった羊飼い松瀬七織・再話イ・ヨンギョン絵福音館書店本体価格1600円時間=13分絵本=5歳くらいから1年ほど前に福音館から出た新刊です。チベットの昔話で、絵は「あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま」の作家さんでした。主人公の男の子に、子ども達は親近感が湧くようで、動物の声が聞こえるようになるのも新鮮です。やっとわかったぞ! ジョージ・シャノン文ピーター・シス絵福本友美子・訳晶文社...

  3. 2018読み聞かせ27回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ27回目

    ノックメニーの丘の巨人とおかみさんトミー・デ・パオラ作晴海耕平・訳童話館出版本体価格1400円時間=15分絵本=5歳くらいからアイルランドの昔話です。稲妻を手のひらでぺしゃんこにしたり、フライパン入りのパンを食べてみたり、想像すると怖くて面白いストーリーに子ども達も自然と惹きつけられます。ゆっくり読んだら15分程かかりました。やっとわかったぞ! ジョージ・シャノン文ピーター・シス絵福本友美子...

  4.  2018読み聞かせ26回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ26回目

    きつねのホイティシビル・ウェッタシンハ作まつおかきょうこ訳福音館書店本体価格1300円時間=13分絵本=5歳くらいから料理上手な3人のおかみさんと食いしん坊なきつねのお話。リズミカルな進展に子どもたちも釘付けです。かさどろぼうと同じ作者さんで、色使いがスリランカらしいです。

  5. 2018読み聞かせ25回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ25回目

    おじいちゃんがおばけになったわけ オカーソン文エリクソン絵菱木晃子・訳あすなろ書房本体価格1300円時間=12分絵本=6歳くらいからある日突然に亡くなってしまったおじいちゃんは、何か忘れ物をしておばけになってエリックの前に現れます。おじいちゃんと孫のやり取りが面白おかしく、何とも微笑ましいのです。残された者にとって死は受け入れ難いものですが、読む度にこんな風に受け入れられたら…と思います。あ...

  6. 2018読み聞かせ24回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ24回目

    せかいのはてってどこですか アルビン・トレッセルト作ロジャー・デュボアザン絵三木卓・訳童話館出版本体価格1400円時間=8分くらい絵本=5歳くらいからなに不自由なく井戸の底で暮らしているカエル。食べ物もたくさんあるし、水もたくさんあるし、天井からお月さまも微笑んでくれます。が、ある時、水が底をついたのをきっかけには外に出る決意をします。 カエルが新しい世界に驚きながらも、徐々に魅力を感じて飛...

  7. 2018読み聞かせ23回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ23回目

    ちきゅうの子どもたちグードルン・パウゼヴァング文フックスフーバー絵さかよししんいち訳ほるぷ出版本体価格1400円時間=13分絵本=7.8歳くらいから環境や原発の問題について、地球や子どもたちの側から核心に迫る絵本です。ダメなものはダメ、危険なものはダメだと、みんながハッキリと反対できる日本の社会になってほしいです。この絵本のように、この小さな村に住んで、ましてや地震を経験したりすると、子ども...

  8. 2018読み聞かせ22回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ22回目

    天の火をぬすんだウサギジョアンナ・トゥロートン作山口文生・訳評論社本体価格1300円時間=6分絵本=5歳くらいから 北米インディアンに伝わる「火の起源伝説」の代表的な2つの話がもとになっているそうです。なるほど!と思う自然観に感心して毎年読んでいます。全てが豊かな時代になったからこそ、何も無かった時代から伝わるお話は、シンプルで、大事なものを語ってくれていると思います。とべカエルとべロバート...

  9. 2018読み聞かせ21回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ21回目

    あくたれラルフジャック・ガントス作ニコール・ルーベル絵いしいももこ訳童話館出版本多価格1500円時間=7分絵本=5歳くらいからいたずらやり放題の猫ラルフのお話。あまりの悪たれに子どもたちからあーっと溜息が漏れるほどです。母親の立場からすると小憎たらしい、読んでて腹が立ってきます。でもね、こんな悪たれでもちゃんと家族が恋しくなる時もあるのです。どんな子も一度はあくたれラルフの道を通ってるはず。...

  10. 2018読み聞かせ19回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ19回目

    パセリともみの木ルドウィッヒ・ベーメルマンス作ふしみみさを訳あすなろ書房本体価格1600円時間=10分絵本=5歳くらいからげんきなマドレーヌのベーメルマンスの絵本です。厳しい大自然の中で、崖に根を張りながら鹿と共存していくもみの木。その神聖な地に人間は立ち入ってはいけないような気がします。まっすぐに育つ杉林があったり、鹿が現れるこの村では身近に感じる絵本です。レトロな質感と挿絵が素晴らしく、...

  11. 2018読み聞かせ18回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ18回目

    神の道化師トミー・デ・パオラ作ゆあさふみえ訳ほるぷ出版本体価格1400円時間=15分絵本=小学生低学年くらいからただ今、ほるぷ出版では品切れ重版未定のようです。大好きな本の1冊です。浮浪児が得意技を活かして道化師になり、一世を風靡した後に静かに人生を終えるお話です。毎年クリスマス間近のこの時期に読んでいます。決して明るい話ではなく、今回も主人公の命が尽きた時に、子ども達の間から「あぁっ!」と...

  12. 2018読み聞かせ17回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ17回目

    ありがたいこってす!マーゴット・ツェマック作わたなべしげお訳童話館出版本体価格1400円時間=8分絵本=5歳くらいから寒い季節に入り、我が家のもみじも紅葉が一気に進んでいます。そんな季節に読んでおきたい一冊、ユダヤの民話です。一部屋しかない小さな家にひしめき合って暮らしている家族。狭すぎて喧嘩ばかりだし、良く眠れないし…、主人はラビ・法律家に相談に行きます。ところがラビは飼っている家畜を家の...

  13. 2018読み聞かせ14回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ14回目

    ほんとにほんとにほしいものベラ・B・ウィリアムズ作佐野洋子・訳あかね書房本体価格1400円時間=10分絵本=6歳くらいからかあさんのいすの続編です。大きな瓶にお金を貯める習慣はずっと続いています。ローザの誕生日にはこのお金を使って、欲しいものを買ってもらえる事になりました。本当に欲しいものってなんだろう?あの瓶を空にするほど、本当にほしいのだろうか…。私達にも響く言葉です。昨年はとても気持ち...

  14. 2018読み聞かせ13回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ13回目

    おおきくなりすぎたくまリンド・ワード作渡辺茂男・訳ほるぷ出版本体価格1500円時間=10分絵本=5歳くらいからページ数はかなりあるのですが、サクサクと進む展開に子ども達は釘付け。まさに息を飲む展開です。作物を荒らし厄介もの扱いされる熊ですが、憎めなくて表情もお茶目です。最後はとうとう、子どもが銃を持つなんて!って今の時代は思ってしまいますが、それでもジョニーくんのおじいさんは熊狩りはしなかっ...

  15. 2018読み聞かせ12回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ12回目

    かあさんのいす ベラ・B・ウィリアムズ作佐野洋子・訳あかね書房本体価格時間=10分絵本=5歳くらいからお金の大切さ、ものの大切さを実感する、大好きな絵本の一冊です。家族でコツコツと小銭を大きな瓶に貯めていくのですが、うちでも似たような瓶を見つけたときにはお金を入れてみたりしました。もちろん底一面にも貯まらなかったけど・・・。シリーズ3部作の1作目。どれもオススメです。世界のなぞかけ昔話①どう...

  16. 2018読み聞かせ11回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ11回目

    ランパンパンマギー・ダフ再話ホセ・アルエゴ絵山口文生・訳評論社本体価格1200円時間=10分絵本=5歳くらいからインドの昔話。ランパンパンという太鼓の音がとてもリズミカルで、ついつい普段の会話でも使ってしまうほど、読み聞かせで定番、鉄板の絵本です。クロドリの武装した格好も面白いし、王様への仕返しが何とも痛快です。世界のなぞかけ昔話①どうしてかわかる?ジョージ・シャノン文ピーター・シス絵福本友...

  17. 2018読み聞かせ10回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ10回目

    ロバのロバちゃん デュボアザン作くりやがわけいこ訳偕成社本体価格1400円時間=12分くらい絵本=5歳くらいからロバちゃんは自分の耳がとても変だと気にし始めたら、毎日が楽しくありません。他の動物の耳が羨ましくて真似してみますが失敗ばかり。それはそうですよね😑誰もが持ってるコンプレックス。それに悩む6年生が多いだろうなぁと思います。脱するヒントになればいいな。我が家の娘...

  18. 2018読み聞かせ9回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ9回目

    読み聞かせ9回目。#おばけリンゴ実りの秋、いろんな果物も実る季節ですね。南国なので、さすがにリンゴの実ったところを見た事ある子はあまりいないと思います。お話の面白さはもちろんのこと、いつ花が咲いていつ実るという当たり前のことを、この絵本は語ってくれています。主人公のたったひとつの願いごとと落胆と、子ども達はあっという間に言う間にひきこまれます。ヤーノシュ作やがわすみこ訳福音館書店本体価格12...

  19. 2018読み聞かせ8回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ8回目

    ジョニーのかたやきパン ルース・ソーヤー文マックロスキー絵こみやゆう訳岩波書店本体価格1600円時間=10分絵本=5歳くらいからマックロスキーの絵本はどれも飛び出してくるような躍動感がありますね。かたやきパンが転がって行く様子、ジョニーや動物たちが追いかける様子がとても面白くって、子ども達を惹きつけます。食べ物が尽きて追い出されたジョニーでしたが、たどり着いたところは、一周回って元の家!とて...

  20. 2018読み聞かせ7回目 - 子どもの本の店 竹とんぼ

    2018読み聞かせ7回目

    サリーのこけももつみロバート・マックロスキー作石井桃子訳岩波書店本体価格1700円時間=10分絵本=5歳くらいから割と幼い子向けだと思っていたこの絵本、読み返してみるとハラハラして引き込まれるんですよね。今日もみんな静まり返って聞いてくれてました。こけももをサリー母子が山に採りに行くのですが、同じようにクマの親子も冬眠の蓄えのためにやってきます。子ども達は食べながらお母さんについて行くのです...

総件数:44 件

似ているタグ