AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF EDのタグまとめ

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF EDに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED」タグの記事(13)

  1. M81&82  - 安倍奥の星空

    M81&82 

    昨夜は今年初めての星見メンバーとの遠征でした。あいにく雲の通過する天候でしたが、それでも大気の安定した1時間程、撮影を楽しめました。対象は春の系外銀河巡りではお馴染みのM81&82ですが、短時間の露出でもM81の腕がキレイに写っているのには驚きです。いつもの河川敷に比べて往復に1時間以上余計に時間はかかりますが、それでも暗い空で撮影するメリットが多いことを、再認識しました。(Jan. 21、...

  2. 今年の初撮りはパンスターズ彗星(C/2016 R2)で - 安倍奥の星空

    今年の初撮りはパンスターズ彗星(C/2016 R2)で

    体調が完全回復したので、昨夜はいつもの河川敷までプチ遠征してみました。対象は年末から気になっていた、パンスターズ彗星(C/2016 R2)です。暗いものの立派な尾があるという天文ブロガー諸氏の情報をもとに期待しておりましたが、すでに西に傾いた対象が静岡市の光害の影響を受け、条件はかなり厳しかったです↓それでも反転しますと、コマから画面上方に不規則なイオンテイルがあるような気もしますが・・↓う...

  3. NGC3184 - 安倍奥の星空

    NGC3184

    先週末は今年最初の完璧な空の条件でしたが、ちょっと体調を崩してしまい、残念ながら遠征が出来ませんでした。気になる彗星の追跡は後日の課題としまして、今回は昨年末に撮った系外銀河(NGC3184)をUPします。まずは近隣に位置する、おおぐま座の後ろ足の美しい二つの星(λとμ)とともにフレーミングしてみました↓さらに拡大しますと典型的なフェイスオン銀河が確認出来ますが、細部まで観察するのは300m...

  4. ハインズ彗星(C/2016 T1)と流星 - 安倍奥の星空

    ハインズ彗星(C/2016 T1)と流星

    本日未明が今年の撮り納めになりました。月明かりの条件から撮影時間が2時間しかありませんでしたが、予定の3対象を順次撮影。そのうち処理の終わった、ハインズ彗星(C/2016 T1)をUPします。この彗星は約11等級と暗いながらもしっかりした尾と彗星独特のエメラルド・グリーンが美しく、現在ふたご~やまねこ座境界付近を猛スピードで移動中です。今後最盛期には低空になり観測出来ないのが残念ですが、1月...

  5. パンスターズ彗星 (C/2016 R2)の奇妙な尾 - 安倍奥の星空

    パンスターズ彗星 (C/2016 R2)の奇妙な尾

    その後もパンスターズ彗星(C/2016 R2)の尾が気になるので、クリスマス・イブに速攻で撮ってきました。やはり核から北東に青いイオンの尾が伸びて回旋しているようです。さらに右斜め下方にはアンチ(ダスト)テイルもあるような気がします。今後月が満ちてきますが、このまま年末まで追跡してみたいです!(Dec. 24、2017 1:07~ 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E P...

  6. パンスターズ彗星 (C/2016 R2) - 安倍奥の星空

    パンスターズ彗星 (C/2016 R2)

    観測好機の続くパンスターズ彗星(C/2016 R2)が、ヒアデス星団に近づいてきました。光度は11等級ながら、可愛いブルーの尾が写るので確認は比較的簡単です☆↓さらに拡大しますと尾は本体上方にかすかに伸びているようにも思えるのですが・・。これからも定期的に観察していきたいと思います↓(810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600  Captu...

  7. かもめ星雲@安倍奥新観測地 - 安倍奥の星空

    かもめ星雲@安倍奥新観測地

    昨夜は星仲間の方の紹介で、新観測候補地まで遠征しました。撮影開始8分で、思いも寄らぬ雪の襲撃に遭い撤退を余儀なくされましたが、ここからの南方の展望は素晴らしく、今後の遠征地のバリエーションが増えたことが大きな収穫でした!そして気になる静岡市街の灯ですが、いっかくじゅう座の「かもめ星雲(IC2117)」で比較検討したところ、いつもの安倍川河川敷の2倍(=4分)の露出をかけてもヒストグラムのピー...

  8. M42@安倍川河川敷 - 安倍奥の星空

    M42@安倍川河川敷

    平日のお手軽撮影はいつも安倍川河川敷ですが、この夜は透明度が良く、期待以上のM42が撮れました。前回の二重星団同様、明るい星雲星団ならまだまだここでもいけそうな気がします☆そして何より車で片道20分という近さが魅力的です!(Oct. 27, 2017 810A AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED F4→5 ISO1600  Capture NX-Dで現像後 ステライメー...

  9. 二重星団(NGC869+884)とNGC957 - 安倍奥の星空

    二重星団(NGC869+884)とNGC957

    淡い星雲を狙うには、年々条件の厳しくなりつつある安倍川河川敷。それでも透明度の良い夜の天頂付近なら、まだまだ撮影対象がありまして、この二重星団(NGC869+884)もその一つです。ところで私、昔からこの可愛い星の集まりが好きで、撮影の合間には小型の双眼鏡で眺めているのですが、昨年星仲間の方の口径10cm双眼鏡で見せて頂いたその美しさは、まさに格別でした。今回は300mmで撮影しましたが、画...

  10. M42の南東に広がる分子雲 - 安倍奥の星空

    M42の南東に広がる分子雲

    11月になりまして、好天が続いております。昨日もGPVで快晴が約束されていたので、いつものように近場へ出掛けてみましたが、今が旬のオリオンを始めとする南天の空が明るいのが気になります。そこで急遽、星仲間が遠征している安倍奥のスポットまで車を走らせました。ここから往復の1時間の撮影時間を割いてでも、暗い空での撮影の方が圧倒的に有利なことと、やはり仲間と一緒に撮影する方が楽しいからです☆ただ平日...

  11. やはりM42西部の星雲群は美しかったです! - 安倍奥の星空

    やはりM42西部の星雲群は美しかったです!

    昨夜は今秋で最高の星空になりました☆そこでいつものように、星見仲間の皆さんと藁科川上流のスポットに遠征したわけですが、私は都合で夜半からの参加でしたので、すでに西に傾き始めたアンドロメダ等の秋のメジャーな対象は最初からスルーしました。そのかわり先日の光害下の試し撮りでも青い反射星雲が確認出来た、M42西部の淡い散光星雲に狙いを定めての撮影開始です。まずはアポゾナーでの全体像からですが、さすが...

  12. 魔女の横顔星雲(IC2118) - 安倍奥の星空

    魔女の横顔星雲(IC2118)

    一度望遠レンズで狙ってみたかった、魔女の横顔星雲(IC2118)。先日しし座流星群に向けての機材チェックで近場まで遠征したついでに、こちらも構図決めの予行練習です。と言いますのも、この星雲を輝やかせているリゲルが写野に入りますと、特にフレネルレンズではフレアやゴーストが必至なのです。そこで何度か試し撮りの後、輝星を写野からギリギリに外すようなフレーミングに落ち着きました。それと処理中に気が付...

  13. 再処理のM42付近 - 安倍奥の星空

    再処理のM42付近

    先程テレビを見ていましたら、静岡市の10月の降水量は例年の240%だったそうです。さすがにこれでは、星見遠征に2回しか行けなかったことにも、当然ながら納得です。ただその分時間に余裕がありましたので、秋の夜長をひたすら画像処理に充てることが出来ました。そして旧作のうち空の条件の良かった素材を選んで、フラット、カブリ、コントラスト、ハイライト調整等々、少しずつ手をかけて完成した一つが、このM42...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ