AIのタグまとめ

AI」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAIに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AI」タグの記事(138)

  1. 蓼科高原(36) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    蓼科高原(36)

    ホテルの横の川------------------2回目のワクチン接種の翌日も何もなく、夜中に起きた時に腕が痛いかなと思ったが朝起きたら何ともないので、夢だったのかも。発熱に備えていろいろ準備したのだが、備えあればすべて無駄という状況だ。【AI はチャットで問題解決ができるか】以前にも紹介した自然言語処理AI の BERT を使って、プリンターの取扱説明書をもとに問題解決ができるかやってみた...

  2. 蓼科高原(8) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    蓼科高原(8)

    信州の原村に戻ってお昼を食べた。蕎麦屋に行ったのだが、駐車場の車は8割が首都圏から^^;お客さんが多かったせいか、幸い普段は使わない別室に通された。蕎麦屋なのにマイセンなどの洋食器が洋風でアンティークな棚にいっぱいある部屋だった。出窓にはかわいい小鳥の置物。----------------自然言語処理 AI の BERT (Bidirectional Encoder Representati...

  3. AI - めでこのゴハンノオト

    AI

    思い出して苫米地さん本を読んでいますが、これ、面白いです。苫米地さんは90年代のアメリカでAI開発チームが立ち上がった時のメンバーだったそうで、当時の研究ですでにAI開発の理論も道筋も出来上がったけれども、コンピュータ技術が追いつかないためにそれ以上先に進めずペンディングとなった、という経緯が書かれています。AIとは人工知能なのだから、人のためにあり、人の知能に近づくことが最高のAIであって...

  4. 美しい勝利 - 桃青窯696

    美しい勝利

    将棋を一度も差したことがないわけじゃないがしかしそれも小学生の遊びで終わった爾来将棋に息の長い興味を持ったわけでもないしかし全く方向違いの目線から将棋の勝ち負けに別枠の関心を持つようになったのは藤井聡汰二冠とAIの出現だった余談は省くとして今行われているプロ将棋の対局はネットを通して実況放映されていてそれを見ないと判らないことから話しの突破口にしよう画面上には二人の棋士が対座し勝負が始まる先...

  5. 「AI」とは? - 日向興発ブログ【一級建築士事務所】

    「AI」とは?

    最近よく聞く「AI」という言葉です。AIは「人工知能」という漠然としたイメージはあっても、実際にAIに何ができるか、説明できる人は意外に少ないのではないでしょうか。AIは、人間の脳神経の回路に着想を得て作られたネットワークで、コンピューターが自ら学習し、より精度の高い判断を行う技術だといわれます。現在、AIブームになり、今までのない仕事が生まれてきています。ssb◆ 日向興発が自信を持ってお...

  6. 白馬の春(40) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(40)

    写真の左側の外に普通のテントも張られていた。キャンプ場に行ってコーヒーを飲む疑似体験は出来たので満足^^---------------今日も昨日に引き続き、TensorFlow lite の Model Maker で遊んだ。説明すると長くなるが、一言で言うと簡単に AI を作る方法。この手のものは最近よく出ていて、以前のブログに書いたが Google や Microsoft などが出してい...

  7. 白馬の春(25) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(25)

    カメラ女子。撮影でも焼かない^^----------液晶温湿度計の表示を読む実験で使ったOpenCVというライブラリーで顔認識ができるということなのでやってみた。カスケード分類器と呼ばれる技術だ。顔を10枚くらい撮影して、その特徴を数値化したデータを作り、Webカメラで撮影しながら顔を識別させる。かなりいい加減にデータを作ったのに、顔を左右前後に動かしたりしてもちゃんと認識する。ラズベリーパ...

  8. 白馬の春(15) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(15)

    タンバールで撮ってみた。絵画のような世界だ。----------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(エピローグ)】音声分類をするAIを作ったのに、それをラズベリーパイに入れようとしたら肝心の音響解析ライブラリーlibrosaがインストールできないことが発覚した。一日中、ネットを探し回ったがうまくできる情報はひとつも無かった。すっかり諦めていたのだが、今日ふとしたことから、...

  9. 白馬の春(9) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(9)

    青木湖----------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(7)完結編】いろいろな障害に阻まれて振出しに戻ったこのプロジェクトだが、気を取り直して今週はホットワード検出に取り組もうと思う。ホットワード検出ではSnowboyという技術が知られているのだが、いざインストールしようと詳細を調べたら、なんと2020年末でSnowboyプロジェクトが終了していたorz関連サイトも...

  10. 白馬の春(5) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(5)

    中綱湖のオオヤマザクラは2か所あって、カメラマンには右側が人気^^この日は風もあったので、湖面の反射は見られなかった。まあ、反射すればいいというものでもないと思うが。----------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(4)】音声分類のAIを作らないといけないのだが、そのためには学習用の音声ファイルがたくさん必要だ。幸い音声感知録音ソフトができたので、「エアコン点けて」...

  11. 白馬の春(4) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(4)

    中綱湖は仁科三湖の真ん中にあって、一番小さい湖。釣り人もちらほら。-----------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(3)】GoogleのTeachable Machine で作った音声分類のAIがラズベリーパイでうまく動かないので、気を取り直して話を先に進める^^;例えば「アレクサ」みたいなホットワードのあとに「エアコン点けて」といった命令を言うのだが、その命令の...

  12. 白馬の春(3) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(3)

    ---------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(2)】昨日、パソコン上で学習させた音声分類のAIモデルをラズベリーパイにコピーして動かそうとしたのだが、問題山積で、いろいろとやってみたものの、最終的には玉砕したorz音声に関してはまだ開発途中みたいで、特定の環境でないと動かないみたいだ。世界中の人がどうやってこのモデルをPythonで使うのかを聞いているのだが、明確...

  13. 白馬の春(2) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    白馬の春(2)

    せっかくなので、途中、中綱湖に寄り道した。ここは以前にもM8で撮影したことがあるが、オオヤマザクラがきれいだ。-------------【スマートスピーカー的なものを作ってみる話(1)】先週、とりあえず万能学習リモコンができたのだが、次にやりたいことはと言えば音声でリモコンを動かすこと。最近は、「明かりを点けて」と言うと部屋の照明が点いたり、音声で操作できる扇風機があったりして、ちょっと面白...

  14. 桜・2021(14) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    桜・2021(14)

    --------------ご近所さんの温泉付き別荘にまたお邪魔してきた。連休なので、緊急事態宣言が出ていようが、都会から信州に来る人は多い。そんなわけで近くのレストランなどは避けて、普段食べないようなテイクアウトの食材とお酒を持ち込んでのんびりと。時折雨がぱらつく天気だったが、庭の木を切ったり、鳥の巣箱を木に掛けたり、温泉を楽しんだり、薪ストーブを囲んでいろいろ話をしたり。もともと田舎暮ら...

  15. 富山の旅(7) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    富山の旅(7)

    --------------咳で外にも出られないので、家で遊ぶ。【鳥の鳴き声を聴いて名前を教えてくれるAIを作る話】庭にも何種類か来るのだが、鳥の鳴き声を聴いても鳥の名前がわからない。それを叶えてくれるAIが持ち歩けるサイズであるといいのだが。米ボストンのWildlife Acoustics社から「Song Sleuth」という鳴き声から鳥の名前を自動的に探し当てるスマホアプリが出ていた。で...

  16. 安曇野散策(23) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    安曇野散策(23)

    ---------------【続・機械学習ツール「Lobe」で遊んでみた話】今日もまた、マイクロソフトのノーコード機械学習ツール「Lobe」で遊んでいる。PythonにTensorflow(機械学習のモジュール)やNumpy(行列計算のモジュール)の最新バージョンがインストールできない問題は何とか対応した。若干バージョンは違っているが、エラーは出なくなった。「Lobe」がおまけで生成してく...

  17. 安曇野散策(22) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    安曇野散策(22)

    ----------------【機械学習ツール「Lobe」で遊んでみた話】マイクロソフトが買収したノーコードの機械学習ツール「Lobe」をダウンロードしてちょっと遊んでみた。チェスの5種類のコマを判別するAIを作ってみることに。「Lobe」でWebカメラを使って、5種類のコマを数枚ずつ撮影。それぞれにKing, Queen, Knight, Rook, Pawnという名前を付ける。ただこれ...

  18. ディープラーニングは,12誘導心電図から心房細動の新規発症を予測し脳卒中予防の可能性を有する:Circulation - 心房細動な日々

    ディープラーニングは,12誘導心電図から心房細動の新規...

    Raghunath S, Pfeifer JM, Ulloa-Cerna AE, et al.Deep Neural Networks Can Predict New-Onset Atrial Fibrillation From the 12-Lead Electrocardiogram and Help Identify Those at Risk of AF-Related Stroke...

  19. 蓼科の秋(12) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    蓼科の秋(12)

    --------------世の中、AIがこんなに増えてきているのに、会社でも簡単な概念すらわかっていない人が多い。普通のプログラミングは人間がコンピュータに手順を教えるので、手順にポカミスがあるとコンピュータも間違える。ミスがない人間なんていないのにプログラマーはかわいそうな存在だ。一方、AIでは入力データとあるべき結果をコンピュータに伝えるだけで、コンピュータが「手順」を考える。でも「手...

  20. 蓼科の秋(11) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    蓼科の秋(11)

    ----------------AIに文章を読ませて、トピック別に分類するプログラムがほぼ出来た。両手に余るくらいの問題にぶち当たり、それらを潰すのに時間がかかった。一番の問題はコードページ(文字コード表)違いの問題。WindowsでLinuxをやるとよくこの問題に遭遇する。プロジェクトの概要は、公開されているライブドア・ニュースの過去データから「独女通信」「ITライフハック」「MOVIE ...

総件数:138 件

似ているタグ