AIのタグまとめ

AI」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAIに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AI」タグの記事(5)

  1. シンギュラリティ - くろやぎと花子

    シンギュラリティ

    「AI vs 教科書が読めない子どもたち」新井紀子著シンギュラリティ(singularity)とは英語で「特異点」AIの世界では、人工知能が人類の知能を超える転換点「技術的特異点」と言うそうです。それがいつかと言えば2045年問題らしいです。AIのことはぜんぜん分からないけれど、この先生のプロジェクトで「AIに東大を受験させる」とか現役の高校生に設問出したりした結果難しいけれど少しだけ理解で...

  2. 蓼科高原(36) - Tullyz bis /R-D1ときどきM

    蓼科高原(36)

    ホテルの横の川------------------2回目のワクチン接種の翌日も何もなく、夜中に起きた時に腕が痛いかなと思ったが朝起きたら何ともないので、夢だったのかも。発熱に備えていろいろ準備したのだが、備えあればすべて無駄という状況だ。【AI はチャットで問題解決ができるか】以前にも紹介した自然言語処理AI の BERT を使って、プリンターの取扱説明書をもとに電話応対(あるいはチャットボ...

  3. 勝負の儀式 - 桃青窯696

    勝負の儀式

    金曜日の朝から土曜日の夜まで一泊二日の儀式が終わりを告げた写真では判りにくいが右の棋士は右手を盤端に置いて頭を下げている敗けを告げる合図である将棋には勝敗を宣告する審判はいない王将が行き場を失えば自動的に負けるある段階で負けを認め頭を下げるのが美学でもある「第34期 竜王戦七番勝負 第一局」その勝負がついた一瞬がこの礼である敗勢だった藤井三冠が終盤驚くべき手筋で大逆転の勝利この負けは豊島竜王...

  4. 「心」を学ぶ優しいAI 「クララとお日さま」(カズオ・イシグロ) - 梟通信~ホンの戯言

    「心」を学ぶ優しいAI 「クララとお日さま」(カズオ・...

    大きな桃を食う。ひとりで食う。皮がするりと剝けるまでには熟していない、そこまでいったら熟れすぎなのだ。真ん中に切れ目をいれて両側をずらすようにすれば、、、うまくいかなかった。山梨にいた祖母は、桃を素手にもってかぶりついた。いつもそうだというわけではなく、その場面が記憶に残っている。ぽたぽたと果汁をこぼしながらうまそうに食っていた。それを思い出しながら、そうやって食った。今の僕より若かった祖母...

  5. AI - めでこのゴハンノオト

    AI

    思い出して苫米地さん本を読んでいますが、これ、面白いです。苫米地さんは90年代のアメリカでAI開発チームが立ち上がった時のメンバーだったそうで、当時の研究ですでにAI開発の理論も道筋も出来上がったけれども、コンピュータ技術が追いつかないためにそれ以上先に進めずペンディングとなった、という経緯が書かれています。AIとは人工知能なのだから、人のためにあり、人の知能に近づくことが最高のAIであって...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ