AMPELMANNのタグまとめ

AMPELMANN」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAMPELMANNに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AMPELMANN」タグの記事(4)

  1. アンペルマンブック日本版、まだ手に入ります! - べルリンでさーて何を食おうかな?

    アンペルマンブック日本版、まだ手に入ります!

    AMPELMANNブック日本版、アマゾンでも在庫なしの状態でせっかく探してくださったのにがっかりさせてしまってること、ありました。3/31に白金高輪ショップとWebショップをはじめ今までの日本でのアンペルマン販売は終了しました。もちろん、日本での活動が終わったわけではなく、近々に新しい形をご覧いただきますが国内でのアンペルマングッズ公式販売は津和野地酒初陣の古橋酒造のみと現在はなっています。...

  2. AMPELMANNは進む - べルリンでさーて何を食おうかな?

    AMPELMANNは進む

    先週のマルコス、本社にて。20年を超えたアンペルマン社、ベルリン訪問の記念に持ち帰るNo.1になり、しかし「お土産」クオリティではない、交通安全の可愛いシンボルでありながら身近に置いて楽しい商品が揃っています。そして数年前から、そのOriginalアンペルマンはそのままに「東生まれ」「東西統一のシンボル」etc.はそのままにデザインブランドとしての道も歩んでいます。グレー基調のTシャツシリー...

  3. 東ドイツ生まれのアンペルマン - べルリンでさーて何を食おうかな?

    東ドイツ生まれのアンペルマン

    AMPELMANN、東独生まれです。アンペルマン社のフラッグシップストア ウンター・デン・リンデン店があるフリードリヒ通りとの交差点に1961年にお目見えしました。壁構築の2ヶ月後というのは、偶然です。このマルコスが持ってる新聞記事は「東はどこに?」との見出し。ドイツ統一は言い換えれdば西の吸収合併です。信号機だけじゃなく全てのスタンダードが一気に西になりました。アンペルマンは東生まれの信号...

  4. AMPELMANN室内楽 デザイン集団だからこその愉しみ - べルリンでさーて何を食おうかな?

    AMPELMANN室内楽 デザイン集団だからこその愉しみ

    4月6日(金曜日)のアンペルマン室内楽、素敵なサロン茗荷谷ラ・リールさんをこの春もお借りして行います。今までアンペルマンデュエットでKBとピアノ、そしてヴァイオリンと演奏しましたが、小さめのサロンホールなので振動してくれる空気のボリュームは少ない。イタリアンオールドは広いホールでこそより良く鳴るのですが、このサロンホールは大理石で音がダイレクト。それを知ってsempliceで弾けば、響よりも...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ