AORのタグまとめ

AOR」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAORに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AOR」タグの記事(52)

  1. 大人な夜の為の音楽(AOR)とAIMP - ピンキージャンク

    大人な夜の為の音楽(AOR)とAIMP

    AORというかジャズちっくと言うか、ムードミュージックって言うのかこのジャンルには疎いけど好きだったりする。正直このアーティストのCD持ってるのを忘れてたし(笑)中学校の頃、AORが好きだったんだよ。いかにも田舎な住宅地に住んでる丸坊主の発想で、なんとなく都会を感じたかったんだよ。今週の土曜の夜はそんな気分でね。今日はAIMPってプレーヤーをステレオコンポ風のスキンにしてじっくりと聴こうっと...

  2. ジェームス・イングラム追悼「アメリカ物語 Somewhere out there」 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    ジェームス・イングラム追悼「アメリカ物語 Somewh...

    今週飛び込んできた「James Ingram」さんが66才で脳腫瘍でお亡くなりになったというニュースはショックでした…クインシー・ジョーンズの大成功はこの人の上手すぎるヴォーカル無しにはありえなかったのでは…彼の声、節回し、巧さについては、渋谷・グランドファーザースでバーボンソーダ15杯くらい飲んでもきっと語り尽くせないのですが…1曲挙げろと言われると難しすぎるのですが、デュエットしていた相...

  3. 屋根裏部屋からのお宝。Songs in the Attic=さよならハリウッドbyビリー・ジョエル♪ - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    屋根裏部屋からのお宝。Songs in the Att...

    先月から、「バッサリと」断捨離するとかしてるとか書きましたけれども。モノって収納できるスペースがあればそこにずっと入れ込んでおけるっちゅー仕組みなわけです。あふれたモノたちを、「とりあえずよろしく〜」的にせっせと運び込んでいた、「屋根裏」。(父はこういうのを作るのが得意で大好き)ここから、とりあえずあれこれを下ろしましてと…(作業するのにちょうど良い、アスレタのシャカシャカしたジャージという...

  4. Michael Franks 「Tiger In The Rain」 (1979) - 音楽の杜

    Michael Franks 「Tiger In Th...

    自宅に戻ってますが、ここ千葉は終日すっきりしない天気でした。東京は澄み切った青空が広がった1日だったらしいですが。なんとなくどんよりした日にはマイケル・フランクスがお似合い。彼のヴォーカル、音楽スタイルって、ワンアンドオンリー的な存在ですよね。それ故に彼に対する評価は、嫌いな人は嫌い!好きな人は好き、と大きく2つに分かれるのではないでしょうか。もちろん私は大好きです。ボサノバタッチで、気品・...

  5. 勤労感謝の日に「9To5」byシーナ・イーストン。働き方改革、する気でしないとブラックのままだよね… - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    勤労感謝の日に「9To5」byシーナ・イーストン。働き...

    最近、規則正しい生活が続いておりまして、頭に浮かぶ曲はSheena Eastonの「9To5(ナイントゥーファイブ。9時から5時まで。」です。同じくらいの時期に、ドリー・パートンが映画「9時から5時まで/9to5」の主題歌を歌ったので混乱を招きましたが、このふたりを見間違えることは決してありませんでした…笑シーナ・イーストンがデビュー当時にミュージックフェアに出たのを、僕んちでキンカマと一緒...

  6. Pablo Cruise 「Worlds Away」(1978) - 音楽の杜

    Pablo Cruise 「Worlds Away」(...

    先日のポール・マッカートニーの名古屋公演、良かったです!当日は会社の早帰りを確行、一旦に寮に帰り、自転車でナゴヤドームに参戦しました。全37曲、およそ2時間半。またもポール、一切水も飲まず、フルスロットルで我々を楽しませてくれました。正直、過去のセットリストと骨子は同様の選曲ですが、それでも中盤辺りからの盛り上がりは流石ですね。特に今回は「新曲…だがや」とか「でら最高!」と名古屋弁を披露(笑...

  7. スティーブン・ビショップ来日公演、逃した〜…♪ - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    スティーブン・ビショップ来日公演、逃した〜…♪

    最近、あまり「このアーティストのライブは行きたい!」という気になる場面がありませんで…CDとか聴いてればいいかなー、とか、来日しないとか、以前にすでに観に行ってるとか、いろいろですが…Stephen Bishopは、まだライブには行ったこと無いし、あー!なんでちょうどその時、都合が悪いかなぁ…と、今後の楽しみを残しつつ。好きな曲はたーくさん、ありますが、「Red Cab To Manhatt...

  8. 「半分、青い。」終了!これにも「エンドレスラブ」を見て、あれこれと思い入る。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    「半分、青い。」終了!これにも「エンドレスラブ」を見て...

    永野芽郁ちゃんファンで北川悦吏子脚本ファンですから、このドラマ、その日のうちにはどうにかその日の分を観ようと頑張っていた。漫画家時代=オフィス・ティンカーベルが一番好きだったので、その後の舞台で映画とかカフェとかものづくりとかの時にいろんな人が登場したのは(面白かったけれど)僕にはあまり要らなくて、もっともっと秋風先生や菱本っちゃん、ボクテ、そして裕子=大好きな清野菜名ちゃんを観ていたかった...

  9. サーカス / ウィンター・アルバム - 無駄遣いな日々

    サーカス / ウィンター・アルバム

    購入日2018年8月15日購入場所BOOK・OFF分倍河原MINANO店購入価格1中古CD¥950(当時定価¥3,200)備考オリジナル1988年発売夏のブックオフパトロールで見つけたものです。サーカスの88年発表、ファンハウスからリリースのアルバムです。多分88年に発表されて、再CD化はされていないでしょう。帯の価格表示は税表示なしです。なのでもろに30年前のCDで、キズ一つ無いミント状態...

  10. TOM SNOW / HUNGRY NIGHTS - 無駄遣いな日々

    TOM SNOW / HUNGRY NIGHTS

    到着日2018年8月14日購入場所日Amazon通販購入価格1CD¥945(定価1,080の11%OFF)備考オリジナル1982年、2016年リマスター赤い夕陽のジャケットが渋い...、これは日本盤のみのジャケットですね。オリジナルはヒゲのトム・スノウがセンターにドヤ顔風なジャケット、これでは売れないと雰囲気を変えたアルバムが多いよね。ラリー・リーのアルバムは鈴木英人氏のFMステーションなジ...

  11. Boz Scaggs / Fade Into Light - Listen To The Music

    Boz Scaggs / Fade Into Light

    昨日のお出かけの際に聴いていたアルバムです。企画盤ですが貴重なアンプラグドバージョンが入っていたりで久々に引っ張り出してi-Podに入れた1枚。この人の声って本当にいいですよね。映画「大統領のクリスマスツリー」の主題歌だったタイトル曲は隠れた名曲ですね。1. Lowdown (Unplugged) 2. Some Things Happen 3. Just Go4. Fade Into L...

  12. WILSON BROS. / ANOTHER NIGHT - 無駄遣いな日々

    WILSON BROS. / ANOTHER NIGHT

    到着日2018年8月6日購入場所タワーレコード通販購入価格1SHM-CD¥2,700備考オリジナル1979年、2014年リマスター(アルバム本編)、ボートラ付(シングル・オンリー)ワーナーのAOR紙ジャケット・シリーズ、結構渋いのが出ますね。何度目かの再発ですが今回は紙ジャケ化にシングル・オンリー楽曲がボートラで追加されました。79年唯一のアルバム、ウィルソン・ブラザーズのアナザー・ナイトで...

  13. CHRISTOPHER CROSS / 南から来た男紙ジャケット - 無駄遣いな日々

    CHRISTOPHER CROSS / 南から来た男紙...

    到着日2018年8月6日購入場所タワーレコード通販購入価格1SHM-CD¥2,700備考オリジナル1980年、2012年リマスター、ボートラ付AOR紙ジャケット・シリーズよりクリストファー・クロスのファーストがやっと紙ジャケ化されました。その昔出るアナウンスされたものの、ドナルド・フェイゲンのソロがダメで全部リリースがチャラになってしまったのにこのファーストも含まれておりました。今回は201...

  14. MICHAEL SEMBELLO / BOSSA NOVA HOTEL 紙ジャケ - 無駄遣いな日々

    MICHAEL SEMBELLO / BOSSA NO...

    到着日2018年8月6日購入場所タワーレコード通販購入価格1SHM-CD¥2,700備考オリジナル1983年、2018年リマスターいつの間にかリリースされたAOR紙ジャケットシリーズ、一時廃盤となって入手困難だったマイケル・センベロのマニアック(原題 BOSSA NOVA HOTEL)が待望の紙ジャケ化です。2018年リマスターで音質がクリアに。廃盤って知られる前にユニオンでこれのフォーエヴ...

  15. STEPHEN BISHOP / RED CAB TO MANHATTAN - 無駄遣いな日々

    STEPHEN BISHOP / RED CAB TO...

    到着日2018年6月30日購入場所HMV BOOKS通販購入価格1CD¥1,800位(マルチバイ)備考オリジナル1980年、2018年リマスター、ボートラ6曲入りスティーヴン・ビショップの80年発表の3枚目を買いました。ファンの間では1stと2ndが良くて、これはイマイチなんて声も聞こえますが、この3rdも良い内容だよね。80年らしい、乾いたアレンジに乾いたヴォーカルが心地よい。1曲目の歌...

  16.  「無言」という名の酒を頂く。思い出す"Forever"byケニー・ロギンス。 - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    「無言」という名の酒を頂く。思い出す"Fo...

    めったに手に入らない、という焼酎。こういう時に開けてみるのが良いかなぁと思って。ずいぶん前(20年くらい?)にいただいたバカラのロックグラスで、ロックでいただく。米焼酎のすっきりした感じ。口に入れるとふわぁぁあああっっって広がる香りと風味。良いお酒を少しずつ、良いグラスで(割らないように扱いが丁寧)いただくと自然と内省的な気分になります。(=ので、飲み過ぎないです)「無言」。ケニー・ロギンス...

  17. 山本達彦 & CROSS BEAT / TATSUHIKO LIVE - 無駄遣いな日々

    山本達彦 & CROSS BEAT / TAT...

    到着日2018年7月21日購入場所タワーレコード通販購入価格1CD¥2,592備考オリジナル1982年、1982年3月25日 東京・日本青年館 2014年リマスターやっとCDネタが紹介出来ます。聴いているんですけどね~。最近直ぐ寝ちゃうからね~。こう猛暑が続くと暑苦しい音が暑さを超えて汗だしてスッキリする感じもするし、清涼感ある音聴くと暑くもなく寒くもない丁度良い湿度を保った部屋で涼んだ気分...

  18. Airplay For The Planet / Jay Graydon - Listen To The Music

    Airplay For The Planet / Ja...

    久しぶりにブログを始めました。好きな音楽や娘2人がやっているバスケ、そして新しく家族になった犬の事など気ままに更新して行きます。最近購入したCDです。購入するのは3枚目かな?ジャケットも変更され、最新リマスター盤です。今の時期にぴったりのジャケットですね。7曲目の「Roxann」が本当大好き。たまんない。1. Walk the Wire (feat. Joseph Williams)2. S...

  19. Nicolette Larson 「Nicolette」(1978) - 音楽の杜

    Nicolette Larson 「Nicolette...

    暑い!暑い!暑い!連休なので、自宅(千葉)へ戻ってますが、こっちも暑い!しかも私の部屋はエアコンが付いていないので、余計に暑い!!まだ7月…、これから数か月、どうなっちゃうんでしょう。さてさて、今回ご紹介するアルバム、よくAOR名盤で紹介される1枚としても有名な作品ですね。なぜか本作はスルーしておりましたが、今回縁あり、ようやくじっくり聴くことが出来ました。個人的にはニコレットの作品というよ...

  20. 節目に聴いている"New kid in town"byイーグルス。キッドって言えないかもですが♪ - Isao Watanabeの'Spice of Life'.

    節目に聴いている"New kid in to...

    久しぶりのブログ更新。そうか、ブログって毎日書かなくてもいいんだ!と改めて気づくこの頃。さぁて、こないだ「My Life」byビリー・ジョエルでしたけれど、「節目つながり」みたいな感じで、「ニュー・キッド・イン・タウン」by The Eaglesです。空がとっても青かったのでパチリ。この曲については、過去に何度か/何度も書いてます&僕の訳した歌詞も載せてますんで、左の検索メニューから、曲名で...

総件数:52 件

似ているタグ