ASI1600MM-COOLのタグまとめ

ASI1600MM-COOL」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはASI1600MM-COOLに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ASI1600MM-COOL」タグの記事(19)

  1. 『フルアーマーBORG・完全体』出撃準備♪ - あぷらなーと

    『フルアーマーBORG・完全体』出撃準備♪

    ★ここまで長い道のりでしたが・・・ようやく、『フルアーマーBORG』が当初夢想した仕様に到達しました。目指したのは、「Hαナロー・SⅡナロー・OⅢナロー・RGB の全てを同時露光してしまう」という、まさに『ど変態仕様機』。★まずはカメラ・・・カメラはZWOの冷却CMOSカメラです。 ASI1600MC-COOL×1機 ASI1600MM-Cool×2機 ASI1600MM-Pro×1機の合計...

  2. 『リバースパレット』の早見図公開 - あぷらなーと

    『リバースパレット』の早見図公開

    ★念願のナローバンドによる「鮮やかなバラ」色々と試行錯誤しましたが、ようやく鮮やかな発色のバラ星雲を三波長ナローバンドで撮影することができました。そこで、今後のために「一目でやりたいことが分かる」ような早見図を作ってみました。S:SⅡ A:Hα O:OⅢ の各波長による撮影データを ☆通常のパレットではR/G/Bのいずれに割り振ったか ☆新たに考案した『リバースパレット』ではC/M/Yのいず...

  3. ナローバンド撮影の『裏パレット』 - あぷらなーと

    ナローバンド撮影の『裏パレット』

    ★お待たせしました♪先日より試しているナローバンド撮影における三波長合成カラー化の『見慣れないカラーバリエーション』ですが、一通り確認作業が済んだので、いよいよ種明かしです。はい。従来のHα・SⅡ・OⅢナローをカラー化するためのカラーバリエーションには、上記のような色具合のパレットは存在しません。★・・・と、その前におさらい♪ご承知のように光の三原色はRGB(赤緑青)の3色です。その3色を組...

  4. 鮮やかさ優先でバラ星雲を処理してみる - あぷらなーと

    鮮やかさ優先でバラ星雲を処理してみる

    ★種明かしは次回ということで・・・前回のエントリーで、従来のナローバンド3波長のカラー合成6パターン以外の可能性について言及しましたが、さらに処理を進めたので、色々なカラーバリエーションをお見せします♪★バラ星雲で『あの色合い』を出してみるナローバンドカラー合成の名手の方は大勢いらっしゃって名作が多数公開されているのですが、その中でもあぷらなーとが憧れていた『色合い』というものがあります。そ...

  5. 立体感優先でバラ星雲を処理してみる - あぷらなーと

    立体感優先でバラ星雲を処理してみる

    ★人生初のSAOバラ星雲ゲット♪先日の好天で、ようやく『フルアーマーBORG』で3波長ナローバンド一気撮り作戦は成功したわけですが・・・・ナローバンド初心者なりに、ナローバンドで撮影した画像の処理方法が少しだけ分かってきました。★お楽しみはここから!さて、ナローバンド撮影の面白さは、疑似カラー化する際の方向性が色々楽しめることですよねぇ。ええと、3バンド全てを使ってカラー合成するとなると・・...

  6. 『フルアーマーBORG』で薔薇を撃つ - あぷらなーと

    『フルアーマーBORG』で薔薇を撃つ

    ★珍しく、条件が揃いました!ここのところ、なかなか「お休み」+「月が無い」+「晴れ」の三拍子が揃わなかったのですが、ついに条件が揃いました。これはもう、千載一遇のチャンス♪冬の寒波の襲来でめちゃくちゃ寒いですが、『フルアーマーBORG』ニワトリ出撃決定です。実は、大晦日に「ファーストライトで『年越し薔薇』だっ」と意気込んだのは良いものの、月が明るいし、自作レデューサの選定間違えて『日の丸ゴー...

  7. クールピクセルにお悩みの方に朗報♪ - あぷらなーと

    クールピクセルにお悩みの方に朗報♪

    ★マイナーバージョンの違いにより差はあるもののASI1600MM-COOLは大変優秀な冷却CMOSカメラで、私などは2個も買っちゃったのですが、私の『1号機』の最大の弱点は、ウジャウジャ出てくるクールピクセルでした。大晦日に『年越し薔薇』したときの画像をダーク・フラット処理して、位置合わせ無しで119枚コンポジットした画像です。こんな感じで黒点まみれになってるわけですね。さらに、これを位置合...

  8. 『フルアーマーBORG』で「年越し薔薇」 - あぷらなーと

    『フルアーマーBORG』で「年越し薔薇」

    ★たしか以前バラ星雲を撮影したのは・・・自称「天文ファン」のくせに、よくよく考えてみると、超メジャーな「バラ星雲」を撮影した記憶が一度しかありません。それも、高校生の頃にファミスコ60S+コニカGX3200を使って撮影したきりという・・・。さて、フルアーマーBORGの初陣が2回連続で空振りに終わったので、このままでは年が越せぬとばかり、大晦日の夜に「年越し蕎麦」ならぬ「年越し薔薇」を敢行。昼...

  9. ASI1600MM-COOLの『のっぴきならぬ問題』④ - あぷらなーと

    ASI1600MM-COOLの『のっぴきならぬ問題』④

    ★少し真面目に比較データを取ってみましたまずは、お断り。先日のエントリーでASI1600MM-COOL2号機の出力データを解析してみて、 ①「L1L4素子」と「L2L3素子」との間には、出力輝度に差がある ②その違いは比感度(ゲインの違い)では無く、差分のようだ ③「L1L4素子」は「L2L3素子」よりも高めの数値が出ていると書いたのですが、「ポカミス」が発覚しました。元々、MM2号機はビー...

  10. ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』③ - あぷらなーと

    ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』③

    ★天気が悪いので・・・今日は休日でしたが、1日中小雨が降る悪天候。他にやることも無いので、先日来困っている問題を少し前進させることに。どちらもASI1600MM-COOL(Pro版では無くノーマル機)なんですが、ずいぶんと特性が違ってるようで・・・。ただし、前回は個体差が出ることを全く想定していなかったので、真面目に比較できませんでした。どうせなら、フィルタやケーブルやPCのポートも条件を揃...

  11. ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』② - あぷらなーと

    ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』②

    ★全く予想外の展開を見せるASI1600MM『2号機』『フルアーマーBORG』の主要装備として調達したモノクロ冷却CMOSカメラASI1600MM-COOLの2号機の調整のため試運転していた時、あぷらなーとに降りかかってきた『のっぴきならぬ問題』。青天の霹靂とはまさにこのこと(涙)。全く想定外だったため、まともな検証はできませんが、ここで引き下がっては天リフさんも公認の『ど変態』の名が廃りま...

  12. ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』を見つけてしまった - あぷらなーと

    ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』を見つけてしまった

    ★『フルアーマーBORG』の出撃準備として・・・BORG89EDをツイン鏡筒にして、そのうちの1本にはビームスプリッタを装着し、合計3機の冷却CMOSカメラを同時稼働させて「SAOナローを一発撮りしてしまおう」という乱暴な機材、名付けて『フルアーマーBORG』の出撃準備中です。残念ながらASI1600は2台がMMで1台はMCなのですが、OⅢなら(数の多い)G画素が使えるのでMCでも代用になる...

  13. トリウムレンズからの放射線を『見る』 - あぷらなーと

    トリウムレンズからの放射線を『見る』

    ★自作霧箱の最終バージョンふとしたことから自然放射線(や二次宇宙線)を検出したくなって、ついついのめり込んでしまった自作拡散霧箱ですが・・・試作11号機を経てついに『量産型』の仕様が確定♪ ※考え得るあらゆるノウハウを結集した最終バージョン↑(しかも作成経費300円足らずというバツグンの経済性♪)さらに、「再現性」を確保するため、同じ仕様で5回ほど試作を繰り返し、同等の性能が得られることを確...

  14. フルアーマーBORG発進!? - あぷらなーと

    フルアーマーBORG発進!?

    ★なんぞこれ?!なんというか、もはやBORGとしての原型をとどめていないという・・・・(笑)いやいや、いたって真面目に組んだつもりです。★今回の改良点①ASI1600MMによる「Hαナローバンド」と「SⅡナローバンド」をビームスプリッターで同時露光②上記に加えてASI1600MCによる「OⅢナローバンド」も同時露光③純正ヘリコイドのガタを解消するため接眼部をプレート2枚で強化④V-POWER...

  15. 満月に負けない!③ - あぷらなーと

    満月に負けない!③

    ★『難敵』馬頭星雲いつも、ネット上の素晴らしい作品を見てため息をついている天体があります。メジャーな割に結構難敵な対象、馬頭星雲です。これ、すごく苦手なんですよねぇ。そばに輝星があるし、そもそも暗いし、・・・暗いお空の元で明るい光学系使わないと上手く写せそうにありません。これまでのチャレンジだと、星雲本体が淡いか盛大な『縮緬ノイズ』が出るかで全て玉砕。★3つの『新兵器』フル動員でがんばってみ...

  16. 満月に負けない!② - あぷらなーと

    満月に負けない!②

    ★満月期でもナローなら!ナローバンドは「満月期や市街地に強い」らしい。たしかに、前回画像処理したオリオン座大星雲M42は良い感じで撮影できました。とは言うものの、暗めの天体でも「そう」なのかなぁ?などと懐疑的だったので、今回は、少し暗めの天体で試してみることに。・・・まあ、前回に撮りためてたデータを画像処理しただけなんですが・・・ね。★あこがれの『シャボン玉』シャボン玉星雲(バブル星雲)NG...

  17. もう少しリアルなM42に・・・ - あぷらなーと

    もう少しリアルなM42に・・・

    ★昨日のエントリーでVMC260L+ビームスプリッタ+Hαナローを用いたオリオン座大星雲M42の高解像度画像をアップしたのですが、さすがに色が不気味だったので(もともとHαをLチャンネルにしたので仕方ないのですが)もうすこしリアルな色調に直したくて再処理することに。ついでに、画像処理の過程で1カ所(『クールファイル』の演算過程で)ミスっていたので訂正。★今回の流れ<撮影>VMC260L+自作...

  18. 満月に負けない! - あぷらなーと

    満月に負けない!

    ★休日の晩に晴れるのは久しぶり日曜日の夜は久々に晴れでした。満月付近の月が強烈な光を放っていますが、何か撮らないと気が済みません。・・・よし。こうなったら、アレを試そうじゃないか!★ビームスプリッタ+ナローバンド「あぷらなーと特製ビームスプリッター」と「Hαナローバンド」の合わせ技で月明かりをなんとかすることにチャレンジします。主砲はVMC260L。これに自作ビームスプリッタ&自作レデューサ...

  19. GIF動画投稿のテスト - あぷらなーと

    GIF動画投稿のテスト

    ★エキサイトブログは好きなんだけど3年前にブログを始めて以来ずっとエキサイトを使っていて結構お気に入りなんだけど、投稿できる画像が400kBまでという制限が痛いです。・・・というわけで、そろそろサブサイトの整備に取りかかろうかと・・・★アカウントだけ登録しているサブサイト今のところ、サブサイトとしてyahooブログを設置していて、主にyahooブログに残したコメントから飛んでくるお客さんをメ...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ