ASI1600MM-COOLのタグまとめ

ASI1600MM-COOL」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはASI1600MM-COOLに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ASI1600MM-COOL」タグの記事(62)

  1. 『くわとろ☆みるとる』によるハート星雲画像処理① - あぷらなーと

    『くわとろ☆みるとる』によるハート星雲画像処理①

    ★邪悪な新兵器『くわとろ☆みるとる』で・・・ついに出撃した『くわとろ☆みるとる+α』ようやく撮影後のファイルを処理始めました。しかし、まあ、アレですよ。LEDトレース台転用フラット板の威力と言いますか、480コマコンポジットのフラットファイルのパワーと言いますか、とにかく今までに無いほどフラットが効きます♪あ、あくまでフラット撮影初心者のあぷらなーとの主観的印象で・・・ですよ。★例えばHαで...

  2. 『くわとろ☆みるとる+α』実戦投入 - あぷらなーと

    『くわとろ☆みるとる+α』実戦投入

    注:初の試みとして、Twitterでつぶやいた内容の総集編という形式で記事を書いてみました♪★この企画はこれで完成形とにかく、200mmクラスの多連装砲がどうしても欲しかったのですが、さすがにBORGやビクセンの55mmフローライトではお財布的に無理。かといってカメラメーカー製の望遠レンズだともっと無理。クローズアップレンズを対物レンズに転用した『にせBORG』で色々と『実験ごっこ』してみた...

  3. ダークノイズ減算の謎② - あぷらなーと

    ダークノイズ減算の謎②

    ★今夜は雲が多くて撮影できないので・・・透明度もシーイングも良好なのですが、あいにく雲が多くて撮影できそうにありません。よし、こういう夜こそ絶好の『考察ごっこ』日和だッ!・・・というわけで、いつぞや公言した謎解きを進めてみます。ちなみに『公言』した謎解き予告は7つ。謎①:「ダークノイズには2種類ある?」謎②:「ホットピクセルって灯きっぱなしじゃないの?」謎③:「従来のダーク減算で消しきれない...

  4. 『とりぷる☆みるとる』で人生初のハート星雲ゲット♪ - あぷらなーと

    『とりぷる☆みるとる』で人生初のハート星雲ゲット♪

    ★邪悪な三連装『とりぷる☆みるとる』なんだかなーって命名ですが、実売価格の底値で大人買いしたMILTOL200mmF4と手持ちのBORGパーツで構成した『とりぷる☆みるとる』。この邪悪な新兵器を用いて、人生初のハート星雲を3波長ナローバンドで狙ってみました。☆撮影データは下記の通り望遠鏡:ケンコーMILTOL200mmF4×3カメラ:ASI1600Mm-Pro×1ASI1600MM-Cool...

  5. ショットノイズの『解析ごっこ』してたけど・・・ - あぷらなーと

    ショットノイズの『解析ごっこ』してたけど・・・

    ★ダークノイズさえ取ってしまえば!いつかやってみようと思ってたんですよねぇコンポジット枚数をNとしたとき、画面の滑らかさを阻害するショットノイズはNの平方根に反比例して減少していくという定説が本当かどうか。ええ、天体から到来する光を光子という粒々と解釈すればポアッソン分布に従うはずなので、確かにそうなのでしょう。でも、今まで取り切れていないダークノイズが邪魔して納得のいく結果が出なかった(コ...

  6. ノイズが取れたら、しめたもの♪ - あぷらなーと

    ノイズが取れたら、しめたもの♪

    ★長らく悩んでいた『縮緬ノイズ』とも決別かいやー。長かったです。色んな画像処理で遊んでみようにも、肝心の素材自体に載っている『消えないノイズ』のせいで画像処理が破綻してたんですね。でも『クールファイル補正法』と『手動ダーク減算法』を併用することで、かなりいい線までたどり着きました。ふはははは。ここから先は一方通行だ!邪道成就の道、突き進むのみッ!★打倒パックマン2夜連続でニワトリできるのって...

  7. 馬頭星雲・やるだけのことはやるっ!! - あぷらなーと

    馬頭星雲・やるだけのことはやるっ!!

    ★まさかの晴天で急遽出撃したもののダークノイズについて『考察ごっこ』をしようと決めていたのに急に晴れるもんだから、急遽『三連装・ガチBORG:グランデ』でニワトリ出撃しました。目標は「打倒!馬の首」だったのですが、ここにきて『サッポロポテト現象』が勃発。一気にテンションが下がっちゃいました。でもやるだけのことはやってみましょう。そもそも、馬頭星雲はあぷらなーとが超苦手とする天体。これまでまと...

  8. 晴れた!でも『好事魔多し』 - あぷらなーと

    晴れた!でも『好事魔多し』

    ★『ダークノイズ』の秘密、早よええ、そのつもりでした。それこそ休日つかって徹夜で『解析ごっこ』するつもりでしたよぉ。・・・でも晴れちゃった!これはもう、お部屋に閉じこもって『解析ごっこ』している場合じゃないッ!!★というわけで♪やっぱ、あぷらなーと と言えばコレでしょう(笑)。BORG89ED×3+冷却CMOSカメラ×3で構成した魔道兵器:『三連装・ガチBORG:グランデ』(対SAOナローバ...

  9. ダーク減算処理についての『不快感』の正体 - あぷらなーと

    ダーク減算処理についての『不快感』の正体

    ★ずっと感じていた『不快感』冷却CMOSカメラはその温度を低下させることによってダークノイズ自体を低減させるとは言え、星雲などを炙り出そうというレベルの画像処理においては、まだまだ大量のダークノイズが邪魔になります。そこで、暗闇で撮影したダークファイルを減算することによりノイズを消すのが常套手段なのですが・・・・。ええと・・・画像処理の下ごしらえとしてステライメージのバッチ処理で「ダーク補正...

  10. 人工星テスターで『のっぴきならない』こと発見?② - あぷらなーと

    人工星テスターで『のっぴきならない』こと発見?②

    ※ご注意:前半は「前振り」で、後半が「本題」です★『ど変態機材』には困難が山積み一見、着々と魔道の兵器を量産しているように見えるあぷらなーとですが、実はその陰で『黒歴史』も量産しておりまして、試作品の段階ではお蔵入りしそうになるのがたいていなんですねぇ。ただ、今年は『やりたいことリスト』を公言しているだけに、少なくともその大半は実現したいものだと楽しく悪戦苦闘してます。例えば・・・①二連装『...

  11. 人工星テスターで『のっぴきならない』こと発見?① - あぷらなーと

    人工星テスターで『のっぴきならない』こと発見?①

    ★三連装『にせBORG』のファーストライト時に先日、北アメリカ星雲などの撮影時に、ふとした気まぐれで恒星を用いた焦点内外像を動画撮影してみました。だって・・・・「1600円レンズの威力を見るがいいっ!」なんて強がってても実際のところ不安じゃないですかー。光軸が大幅にズレてない?偏心が沢山残ってない?球面収差でボロボロとか?・・・・もう、心配材料が満載。幸い、Haナローバンドで見る限りそれらは...

  12. 『ガチBORG』VS『にせBORG』 - あぷらなーと

    『ガチBORG』VS『にせBORG』

    ★戦艦と駆逐艦?毎度~。怪しげな機材ばかりを量産中のあぷらなーとです。しかし、同じ『三連装』といっても、そのスケールは全く違いますね。こちらは『ガチBORG』三連装※本物のBORG89EDので組んだ89mmのEDアポクロマート三連装・・・で、こちらは『にせBORG』三連装※クローズアップレンズNo4で作った口径50mm相当のアクロマート三連装赤道儀とカメラが同一なので、そのスケール感の違いが...

  13. 三連装『にせBORG』出撃③ - あぷらなーと

    三連装『にせBORG』出撃③

    ★1600円対物レンズの性能とやらを先日来取り組んでいるクローズアップレンズを対物レンズに転用して自作した『三連装にせBORG』ですが、なかなか良い感じです。せっかくですから、ファーストライトついでに、色々とチェックをば・・・。★焦点内外像のチェックアクロマートレンズは、本来メインの波長を設定してその波長に関しては球面収差とコマ収差が出ないように設計されています。ええ、たいていは人間の目の感...

  14. 三連装『にせBORG』出撃② - あぷらなーと

    三連装『にせBORG』出撃②

    ★紆余曲折の後・・・・ここまで長かったのですが、「ケンコーの1600円クローズアップレンズを対物レンズに見立てて自作した望遠鏡で星雲を撮る」という、無茶なプロジェクトが一応の成果を出せました。すこし振り返ります♪①ことの発端子供の頃、虫眼鏡でカメラを自作。高校生の頃まで色々と試行錯誤。②ブログを始めてからネタ用に色々と試行錯誤を再開。昼間撮影用としては、市販レンズよりも後ボケが柔らかい良好な...

  15. 三連装『にせBORG』出撃 - あぷらなーと

    三連装『にせBORG』出撃

    ★以前、冗談半分に・・・・ナローバンドフィルタを用いれば安物対物レンズでも実用になるのではないか??そんな疑問から、ケンコーのACクローズアップレンズNo4を対物レンズに見立てて自作した三連装『にせBORG』。でも、なんやかんやで、未だに天体の実写ができていませんでした。いかん。このままでは、単なるネタのまま終わってしまうではないか!よし、台風が接近する前に実写してみるとしよう。★出撃!ナロ...

  16. 流星か?人工衛星か?③ - あぷらなーと

    流星か?人工衛星か?③

    ★前回の考察で・・・国立天文台のすばる望遠鏡による流星解析で示されていた「高度の差によるピンボケ量で人工衛星と流星を弁別する」という手法は、BORG89EDなどアマチュアレベルの小口径望遠鏡では不可能だということが『考察ごっこ』されました。この件については、BORG89EDでも飛躍的に弁別力を向上させられるアイディアを準備中ですが、さてうまくいきますかどうか・・・・。とりあえず、あぷらなーと...

  17. 流星か?人工衛星か?② - あぷらなーと

    流星か?人工衛星か?②

    ★疑惑の『流星像』先日の『三連装ガチBORG・グランデ』によるナローバンドで撮影に成功した(と思われる)流星像について、「人工衛星ではないか?」との疑惑が勃発したため俄然面白くなってきました。ええと・・・ここで「せっかく喜んだのに、流星じゃないの?」とガッカリしたり「否、俺が流星だと言ったら流星だっつーの!」とムキになったりするのは、ごく正常な方々の反応。その点、天邪鬼あぷらなーとは「むう。...

  18. 流星か?人工衛星か? - あぷらなーと

    流星か?人工衛星か?

    ★渾身の『隠し球』に疑惑が勃発先日『三連装ガチBORG・グランデ』のファーストライトで偶然ゲットした、極めて希と思われる「ナローバンドで撮影した流星」なのですが・・・けむけむさんから、「イリジウムフレアじゃね?」と背筋も凍る(笑)コメントが・・・・。確かに、言われてみればイリジウムフレアに代表される人工衛星の反射光に似てるんですよねぇ。これが、通常の流星撮影のように広角レンズ+カラーカメラで...

  19. 『隠し球』公開♪ - あぷらなーと

    『隠し球』公開♪

    ★人生、何があるか分からないもの先日来、色々と画像処理している『三連装ガチBORG・グランデ』で三色ナローバンド同時撮影した北アメリカ星雲ですが・・・。ふっふっふ。実は、とんでもない『隠し球』が1つありまして・・・・。そろそろ公開と行きますか♪それは・・・・ででん!※左:Hα中:SⅡ右:OⅢ・・・お分かりいただけただろうか?はい。極めてレア・・・というか、三連装砲以外では撮影不可能と思われる...

  20. 北アメリカ星雲さらに画像処理③ - あぷらなーと

    北アメリカ星雲さらに画像処理③

    ★3色ナローバンドの『全』パレット総当たりさて、先日の『三連装ガチBORG・グランデ』ファーストライトで、NGC7000北アメリカ星雲のHα・SⅡ・OⅢ各色について120コマの原画を確保することに成功しました。となれば・・・。『あれ』をやらねばなるまいっ!というわけで、久々にやってみましょう。3色ナローバンドの既存RGB合成6パターンに、あぷらなーとオリジナルの邪道『リバースパレット法』6パ...

総件数:62 件

似ているタグ