ASL Starter Kitのタグまとめ

ASL Starter Kit」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはASL Starter Kitに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ASL Starter Kit」タグの記事(6)

  1. 急いで口で吸え - ウォーゲームだもの

    急いで口で吸え

    ASL Starter Kit #4の「Kawaguchi's Gamble」です。ジャングルをじわじわと進む日本軍がHand to Hand Combatで海兵隊を圧倒していくのに驚きました。しかし、勝利条件を達成する時間が全然足りなくなり、ゲームとしては合衆国の勝ち。さて日本軍はどうすればよいか。そう考えるべきところのはずでしたが、個々の戦闘での日本軍の強さが強烈すぎて、海兵隊...

  2. オースターベークのピアット - ウォーゲームだもの

    オースターベークのピアット

    ASL Starter Kit #3のシナリオ「Monty’s Gamble」です。マーケット・ガーデン作戦の4日目、アーネムに向かおうとする第9SS装甲師団のカンプグルッペ・ハーダーと、それをオースターベーク市街で待ち伏せるサウススタッフォードシャー連隊第2大隊の戦闘。上の画像はイギリス軍の初期配置。HIP(隠匿配置)なのでゲーム開始時はボード上に何もない状態です。ドイツ軍は3本ある街路の...

  3. スコードもリーダーもないんですが - ウォーゲームだもの

    スコードもリーダーもないんですが

    ASL Starter Kit #3のシナリオ「Clash at Borisovka」です。両軍とも戦車だけで歩兵もリーダーも小火器も使わないので、移動フェイズと3つの射撃フェイズだけでターンが終わります。別のゲームをプレイしているような感じと言えなくもないです。ソ連軍が10両のT-34で、ドイツ軍がPz VIE(タイガーI)を2両とPz IVF2(4号F2)を4両。より多くの敵戦車を破壊し...

  4. ヨシフ・トゥリー・ピャーチ・アジーン - ウォーゲームだもの

    ヨシフ・トゥリー・ピャーチ・アジーン

    ASL Starter Kit #3のシナリオ「Joseph 351」です。1944年8月にブルターニュ半島の先端で、合衆国軍レンジャーと自由フランス軍がドイツ軍を攻撃します。ドイツ軍の後方には捕虜収容所から脱走したソ連兵がいて、そのリーダーがヨシフ351と呼ばれていたとのこと。ドイツ軍がセットアップした後でダイスをふり、連合軍の兵力と勝利条件を決めます。今回は「6」で質の良い合衆国軍レンジ...

  5. テプラのトリマー、これはいいですよ - ウォーゲームだもの

    テプラのトリマー、これはいいですよ

    キングジムのRT36W、買いました。本来は「テプラ」で作ったラベルの四隅を丸く切り落とすための道具、「トリマー」です。これをウォーゲームのコマの四隅を落とすために使うと便利である、と最近あちこちで話題になっています。大きさの異なる2種類の曲線を切ることができるのですが、小さい方の曲線で切ったのが上の画像です。1/2インチのコマも5/8インチのコマも、いい感じにカドが取れます。うっとりする美し...

  6. 雄(おんどり)さんは激レアながら実在の苗字 - ウォーゲームだもの

    雄(おんどり)さんは激レアながら実在の苗字

    ASL Starter Kit #4で、日本軍の最良(10-1)のリーダーが「オンドリ大尉」(Cpt Ondori)という名前になっています。それはさすがにどうかと思ってWeb検索していったところ、人数は非常に少ないものの「雄さん」という方がいらっしゃるのだそうです。疑ってすみません。「なまえさあち」さん、お世話になりました。汎用コンポーネントでいろいろな戦場を描くゲームでは、マップやコマに...

総件数:6 件

似ているタグ