AVANT GRAND N3のタグまとめ

AVANT GRAND N3」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはAVANT GRAND N3に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「AVANT GRAND N3」タグの記事(73)

  1. PAVANE(パヴァーヌ)フォーレ - 風任せ自由人

    PAVANE(パヴァーヌ)フォーレ

    本日、さいたま市は雪になっている。神奈川ギフの発生が確認されてから2週間以上経ち、桜も満開。今が里のポイントの最も好い時と思われるので残念でならない。その雪はかなりの勢いで降っていて、我が家ベランダから見るさいたま新都心駅近くの高層ビル群は霞んでしまっている。雪のさいたま市さて本題に入るが、フォーレのPAVANE(パヴァーヌ)を弾いた。フォーレは私の好みの作曲家の一人。美しい旋律と精妙な和声...

  2. 日本古謡「さくらさくら」 - 風任せ自由人

    日本古謡「さくらさくら」

    すっかり春めいてきた。今回のピアノ演奏は日本古謡「さくらさくら」。曲に合わせてバックには2018年4月上旬に京都で撮影した桜の写真を入れてみた。主な撮影地は平安神宮神苑、原谷苑、京都府立植物園、仁和寺、天龍寺、宇治平等院。この年は桜の開花が早く、染井吉野は既に散ってしまっていたが、枝垂桜や御室桜などを堪能できた。使用楽器のAVANT GRAND N3はハイブリッドピアノ。いつものグランドピア...

  3. ピアノ・ソナタ ニ長調 KV284c(311)から第1楽章モーツァルト - 風任せ自由人

    ピアノ・ソナタ ニ長調 KV284c(311)から第1...

    今日は父の米寿のお祝いの昼食会があった。それ以外の時間はこの録画や動画の編集に打ち込んだ。曲目はモーツアルト作曲のピアノ・ソナタニ長調KV284c(311)から第1楽章。ピアノ演奏の背景には2006年12月に訪れたザルツブルクとザルツカンマーグート地方のハルシュタットで撮影した写真を入れてみた。この記事でもその写真の一部を掲載しよう。モーツァルト生誕の家シュテハン大聖堂ホーエンザルツブルク城...

  4. 「私のお気に入り」ミュージカル『サウンドオブミュージック』より - 風任せ自由人

    「私のお気に入り」ミュージカル『サウンドオブミュージッ...

    「サウンドオブミュージック」は好きなミュージカルの一つだ。その中の「ドレミの歌」は子どもの頃から知っていたが、このミュージカルそのものを知ったのは社会人になってからだった。そして、すっかりお気に入りになってしまい、今までに何回見ただろうか。全てのシーン、音楽をいつでも頭の中に思い出すことができる。このミュージカルの中には「ドレミの歌」、「もうすぐ17歳」、「すべての山に登れ」、「エーデルワイ...

  5. 「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ - 風任せ自由人

    「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ

    2019年最後のピアノ演奏は「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ。この曲の楽譜は、前回の「Merry Christmas,Mr.Lawrence」が載っていたのと同じ全音楽譜出版社の「王様のピアノ映画・ミュージカル」に入っていた。編曲は水上浩介。さて、前回の記事にAVANT GRAND N3のヘッドフォン端子からカメラに入力すると録音音量が大きすぎ、小さくするとヘッドフォンの音が小さ...

  6. Merry Christmas,Mr.Lawrence - 風任せ自由人

    Merry Christmas,Mr.Lawrence

    一月に1曲はピアノ演奏を投稿しようと思っている。バッハのsinfoniaも2曲練習していて、チャイコフスキーの「四季」も候補として楽譜を手に入れてあったが、2週間ほど前、急に映画音楽はどうかな?と思って、映画やミュージカルの曲集を引っ張り出した。そうしたら、その曲集に坂本龍一の「Merry Christmas,Mr.Lawrence」が入っていて、なんとなく「これだ!」と思い、それから練習を...

  7. 霧のレイクルイーズ倉本裕基 - 風任せ自由人

    霧のレイクルイーズ倉本裕基

    最近のピアノ演奏はジャンル的にはクラシックが続いていた。そこで今回はちょっと気分転換。倉本裕基の「霧のレイクルイーズ」を弾いてみた。この曲は10年くらい前に、或るイベントでピアノを弾いてくれと頼まれた際に選んだ曲。こういう録画でも緊張するのに、70〜80人ほどの前で演奏したので、そのドキドキ感たるや凄まじいものだった。次はレイクルイーズの写真。この写真は「釣りと自然をこよなく愛す写真家」とい...

  8. Sinfonia 12&8J.S.バッハ - 風任せ自由人

    Sinfonia 12&8J.S.バッハ

    10月16日にJ.S.バッハが作曲した3声のためのSinfoniaから1番と11番のピアノ演奏動画を投稿したが、今回はその第2弾として12番イ長調と8番ヘ長調。8番は以前から弾いていたが、12番は前回の投稿後に練習を始めた。現在広く知られている2声のインヴェンションと3声のシンフォニアは、J.S.バッハが長男のWilhelm Fridemann Bachの鍵盤楽器教育のために書いた曲集が基...

  9. Sinfonia 1&11J.S.バッハ - 風任せ自由人

    Sinfonia 1&11J.S.バッハ

    本日は成田空港に飛行機の撮影に行こうかなと思っていたが、思っていたより天気がよくなかったので、どうしようかとスマホの天気予報を見たりしながらぐずぐずしていたら目的の飛行機の飛来に間に合わなくなってしまった。そこで、9月に投稿したパッヘルベルの曲でバロックの曲に触れたことをきっかけに練習をしてきたバッハのシンフォニアを録音することにした。J.S.バッハのシンフォニアは3声部の対位法的な書法によ...

  10. Aria Sebaldina  パッヘルベル作曲 - 風任せ自由人

    Aria Sebaldina パッヘルベル作曲

    「バロック・アルバム215の名作集」(音楽之友社)という楽譜集を持っている。1月ほど前、それを引っ越しの時に入れたままだった段ボールから引っ張り出した。それは、AVANT GRAND N3に搭載されたハープシコードの音色で何かの曲を弾いてみたいと思ったからだ。そして、楽譜集の中の曲をいくつか弾いてみたところ、この曲が面白そうに思えて、それから練習をしてきた。作曲家のパッヘルベルは知っている方...

  11. ピアノ・ソナタ ホ短調 作品7〜第1楽章グリーグ - 風任せ自由人

    ピアノ・ソナタ ホ短調 作品7〜第1楽章グリーグ

    前回の「ピアノ演奏」の投稿はグリーグの抒情小品集 第3集の第1曲「蝶々」だった。その曲を弾いたことでグリーグのピアノ曲に興味をもち、「蝶々」の投稿後、浦和にある楽器店に行ってグリーグのピアノ曲集を探し、オーケストラ曲として大好きな『2つの悲しき旋律 Op.34』や『ノルウェー舞曲 Op.35』、弦楽合奏で演奏される『組曲「ホルベアの時代より」 Op.40』などのピアノ編曲も入った曲集を見つけ...

  12. きらきら星変奏曲モーツァルト - 風任せ自由人

    きらきら星変奏曲モーツァルト

    今回弾いたのは、フランス民謡《ああ、お母さん、あなたに言いましょう》による12の変奏曲K.265(300e)。誰もが知っている「きらきら星」の主題が、実はフランスの民謡であり、《ああ、お母さん、あなたに言いましょう》なんて名前だったなんて、こうやって演奏してブログに掲載でもしなければ、永遠に知らなかっただろう。その主題の後に続く12曲の変奏曲のうち、最初の第1変奏曲はちょっとした思い出があり...

  13. A Whole New World - 風任せ自由人

    A Whole New World

    梅雨なので仕方ないが、これから暫く雨が続きそう。ゼフやキマルリなどまだまだ撮影したいが、今年はちょっと厳しいかもしれない。撮影に行けない日は録り溜めた音楽番組を見たり、ブルーレイディスクに焼いたり、ピアノを弾いたり・・・。久しぶりに切り絵作りもしたいななんて思っている。さて、今回のピアノ演奏は1992年のディズニー・アニメ「Aladdin」から「A Whole New World」。最近実写...

  14. 練習曲作品10-3 ショパン - 風任せ自由人

    練習曲作品10-3 ショパン

    少し前のことになるがNHKのニュース番組の特集でストリートピアノのことを取り上げた。通りかかった少年やバスの運転手という熟年男性、戦時中に少女時代を過ごし、ピアノがなかったので紙にピアノの鍵盤の図を描いて練習をしたという高齢の女性などがピアノに向かっていた。その女性が弾いたのがこの練習曲作品10-3だった。ということでそれが刺激になってこの曲を録画することにした。冒頭部分の楽譜下の題名をクリ...

  15. ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第1楽章ベートーヴェン - 風任せ自由人

    ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第1楽章ベートーヴェン

    ここに来て蝶や飛行機の撮影に追われていて、ピアノの方はあまり練習していなかったが、4月に投稿したベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」の第3楽章に続いて5月は第1楽章をと思っていた。そこで、ここ数日かなり集中して練習に取り組み、どうにか録音まで漕ぎつけた。それでも技術的に厳しいところがあってそれ以上は望めなかったり、明らかな凡ミスもあるが、特に後半はもう疲れてしまって、この辺でもういい...

  16. ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第3楽章ベートーヴェン - 風任せ自由人

    ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第3楽章ベートーヴェン

    関東地方は冷たい雨の一日となってしまった。撮影にも出られずちょっと残念ではあるが、こんな一日はピアノに向き合い、新しい曲を録画しようと思った。ここ半年ほど前からピアノ演奏の投稿をしているが、所謂クラシックの曲ではドビュッシーやラヴェル、フォーレといったフランスの作曲家の作品が多かった。そしてそれらの曲はレッスンでは習ったことがなく、自分が好きだから楽譜を買って練習してきた曲。今回は遂にベート...

  17. ソナチネ~第2楽章ラヴェル - 風任せ自由人

    ソナチネ~第2楽章ラヴェル

    こんな雨模様の日の楽しみはピアノ。ラヴェルのソナチネの第2楽章を録画してYouTubeにアップした。その第2楽章は「メヌエット」。メヌエットはフランスの民俗舞踊に由来する3拍子の曲で、バッハが後妻アンナのために捧げた音楽帳『アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集』に収録されたメヌエットがよく知られている。そのメヌエットは以前はバッハの作曲とされていたが、ぺツォルトが作曲したもの...

  18. ソナチネ〜第1楽章ラヴェル - 風任せ自由人

    ソナチネ〜第1楽章ラヴェル

    ラヴェルのソナチネはとても素敵な曲。楽譜を10年ほど前に手に入れて挑戦してみたが、慣れない和音や早い動きに指が馴染まず、すぐに諦めてしまった。その後、現在居住するマンションに引っ越してからAVANT GRAND N3で改めて練習をしてみたところ、第1楽章と第2楽章はどうにかなりそうな気がしてきた。そうは言っても満足のいく演奏にはそう簡単に近づけるものではなく、今回の録音には未消化の部分や技術...

  19. ベルガマスク組曲から「前奏曲」ドビュッシー - 風任せ自由人

    ベルガマスク組曲から「前奏曲」ドビュッシー

    今年初のピアノ曲はドビュッシー作曲のベルガマスク組曲から「前奏曲」。この「前奏曲」はベルガマスク組曲の第1曲。既に掲載した「月の光」はベルガマスク組曲の第3曲だ。※いつも満足のいく演奏ができている訳ではないし、投稿した後になって、ここがもたついているなと気付いたり、こう弾くべきだったと反省することも暫し。しかし、多少の不満はあっても、その時の自分の記録としてブログに掲載している。ところで、こ...

  20. 夢(Rêverie)ドビュッシー - 風任せ自由人

    夢(Rêverie)ドビュッシー

    今年最後の投稿になるかな。ドビュッシーの「夢」はつい最近まで意識して聴いたことがなかった。ところが、先月買ったピアノのCDにこの曲が入っていて、しかも、同じピアニストのリサイタルが今月になってNHKで放映され、そこでもこの曲が演奏されていたので、じっくりと味わうこととなった。楽譜は大学の時に買った安川加寿子さんの校註した音楽之友社の「ドビュッシーピアノ曲集Ⅷ 小品集」に入っていたので、すぐに...

総件数:73 件

似ているタグ