BOOKSのタグまとめ

BOOKS」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはBOOKSに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「BOOKS」タグの記事(162)

  1. ハイイロガン(灰色雁) - 世話要らずの庭

    ハイイロガン(灰色雁)

    イギリス西部の水辺でみたハイイロガン。日本でも冬の渡鳥として見かけるマガン(真雁)に似てるが、嘴の根元の白い部分がない。日本では、迷鳥として稀にしか見られないようだ。ハイイロガンの仲間には、ハイイロガン(灰色雁)とキバシハイイロガン(黄嘴灰色雁)の2種がいるが、これは嘴が黄色っぽいからキバシハイイロガンかな。ハイイロガンの嘴はピンク色をしてるはず。子供の時とっても面白く見てた『ニルスの不思議...

  2. 初めて見た鳥:モリバト(森鳩) - 世話要らずの庭

    初めて見た鳥:モリバト(森鳩)

    ロンドン近郊の路上を歩いてた。ヨーロッパ、西アジアに分布する鳩。首の後ろだけが白い。日本のどこでも見られるドバト(カワラバト)に似てるけど、ヨーロッパのバスク地方ではとても人気のある狩猟対象で、秋には狩猟フェスティバルなんかも開催されているようだ。ドバトを見慣れた身としては、へええ、これを食べるのか……と微妙な気持ちになるが、モリバトは果実ばかり食べてるので美味しいという記事も読んで、なるほ...

  3. 冬眠から起こされる(キタテハ、『音楽』) - 世話要らずの庭

    冬眠から起こされる(キタテハ、『音楽』)

    曇天だけどそんなに寒くない休日。上着無しで外に出て少し庭仕事した。冷んやりした空気が気持ちいい。土を天地返ししたらコガネムシの幼虫が何匹も出てきたので、庭で地面をついばんでるアオジたちに放ってやる。小鳥たちは驚いてパッと逃げるけど、そのうちまた降りてきて、冬場の貴重なタンパク源にありつくだろう。それか幼虫がまた潜るのが早いかな。それから枯葉を掃き集めて、ワッシとつかんで腐葉土置場に放り込もう...

  4. 『日韓激突 「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機』 手嶋龍一 佐藤優 - 浦安フォト日記

    『日韓激突 「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機』 ...

    『日韓激突 「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機』を読みました。さすが私の尊敬するお二方、充実の内容です。日本外交の羅針盤ともなる内容です。海洋国家日米と大陸国家中北、そこに韓国が大陸国家として近寄る。GSOMIA破棄問題も含んだ2019.12.25初版の最新作です。これなら皆お金払って本を読むことに納得されると思います。

  5. 『オリーヴ・キタリッジの生活』(エリザベス・ストラウト) - 世話要らずの庭

    『オリーヴ・キタリッジの生活』(エリザベス・ストラウト)

    朝の庭に出たら良い匂いがした。日本スイセン(別名、房咲水仙)があちこちで咲いてる。昨日読み終わった本の中で、主人公が何度も「早く球根を植えないと地面が凍ってしまう」みたいなことを考えてたのを思い出す。先週はバラと木苺類の剪定と誘引をしたから、今週は球根を植えようかな。園芸の常識としては時期は逃しちゃってるけど、経験から言うと、いつ植えても意外と何とかなるんだよな。これは例外的な時期に植えたん...

  6. 続 定年バカ - 浦安フォト日記

    続 定年バカ

    続 定年バカ。定年関連本の書評中心です。読まないで良い本がわかって良いです。でも出版業界的にはマイナスではないかと。

  7. 雨の日カワセミ、夜中に犬に起こった奇妙な事件 - 世話要らずの庭

    雨の日カワセミ、夜中に犬に起こった奇妙な事件

    天気悪い日曜日。お母さんと末っ子は朝のお出かけに、お父さんは温泉に行きました。途中から小雨が降ってきて、娘とお母さんは家に戻り、薄暗い部屋で一緒にこたつに入って過ごす。窓から入ってくる白っぽい細雨の光、時計の音くらいしかしない静かな世界で、娘はスケッチ、私は読書。こういう休日って心がシーンとして好きだ。前夜が色んな人たちとの賑やかな食事会だったから余計に。まだ明日も休みって嬉しいね……と娘。...

  8. 強風の中の野鳥、東方綺譚 - 世話要らずの庭

    強風の中の野鳥、東方綺譚

    学校の冬休みも始まり、午前中は娘と遊びに出かけ、家族集まってお昼を一緒に食べて、それぞれの予定に別れる感じのリズムが出来上がりつつある。で、今日の午後は一人で城跡なんか巡るサイクリングをしてみたけど、強風に煽られて何度か自転車がフラつく。危ない、危ない。さてはダイエット効果で、すでに体重軽くなっちゃったか!?日差しは強くて眩しいが、強風&突風で首元から風が流れ込んできて来て体が少し冷える。風...

  9. 2019 冬休みの目標(誰の?) - 世話要らずの庭

    2019 冬休みの目標(誰の?)

    家の中がリボンやら何やらで散らかってるクリスマス。贈物を交換しあって楽しい。一番の恩恵を受けるのはいつも末っ子だ。みんなからのプレゼントに埋まってニコニコしちゃって、愛されポジションだなー。そして私は今年は子供から凄いものをもらった。マッサージのためのヘッドギア。ブレオ・ヘッドスパ iBrain装着するとロボコップか白いザクみたいになる。なんつうか、働き始めると財力が違うな。嬉しいけどちょい...

  10. クリスマスの切株ケーキ - 世話要らずの庭

    クリスマスの切株ケーキ

    今晩、子どもたちがみんな集まるというので、お昼のうちにリクエストされてたブッシュ・ド・ノエルを作った。丸太じゃなくて切株型だから、スーシュ・ド・ノエルと呼ぶべきか。で、完成して眺めるに……装飾過多で、なんか垢抜けない出来栄えになってしまった。ううう。敗因は明確。飾り付け用のキノコや落葉や苔やドングリもいちいち手作りしたせいで、どれも全部使いたくなっちゃったんだよな。全部乗せ過ぎ。過ぎたるは及...

  11. おくのほそ道 - 浦安フォト日記

    おくのほそ道

    おくのほそ道。平泉に行きましたので、おくのほそ道が読みたくなって買ってきました。ところがこのブログで随分前に掲載していました。歳かしら。いやですね。ところでこの本、解説も平易で、とても勉強になります。

  12. 死の天使:ドクツルタケ?シロタマゴテングタケ? - 世話要らずの庭

    死の天使:ドクツルタケ?シロタマゴテングタケ?

    純白の非常に美しいキノコ。このように「全身真っ白で・首元にフリル・足元に壺」という姿なのは、ドクツルタケ(毒鶴茸)かシロタマゴテングタケ(白卵天狗茸)だ。両者とも姿はよく似ていて見分けるのが難しいが、どちらにせよ猛毒キノコで、少量の摂取でも死に至る。しかも、激しいコレラ様の症状が一旦治ったように見えた後でも、処置せずにいると内臓破壊が着々と進み、その一週間ほど後には血を洗面器2杯も吐いて死に...

  13. 『きのこの名優たち』(ロラン・サバティエ) - 世話要らずの庭

    『きのこの名優たち』(ロラン・サバティエ)

    フランスのきのこ図鑑……なのかな?原題は"Le Gratin Des Champignons"−−ってことは「キノコのグラタンの本か?」って思うが、グラタンには「社会的エリート、上流階級」の意味もあるから、『THE・キノコ界のエリート』って意味っぽい。つまり、著者選り抜きの優雅なキノコたち。ちなみに料理のグラタンだと、gratin de champignonsになるのかな...

  14. ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)→ 食べなくもない - 世話要らずの庭

    ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)→ 食べなくもない

    地面に、プルンと弾力のあるカラフルなゴムのような菌類が広がっていた。このオレンジ色の大柄な茸は、ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)というらしい。ふふっ、さすがにこれは食べられないよねーと根拠もなく判定したら、茸名人たち曰く、「いや食べられるよ、そんなには食べないけど」。くそっ。外した。酢の物やサラダなんかに使えると言う。つまり、キクラゲみたいな感じ?さらにウェブで調べたら、フランスではこのキノ...

  15. カエンタケ(火焔茸)→ 猛毒 - 世話要らずの庭

    カエンタケ(火焔茸)→ 猛毒

    猛毒。わずか3gだけで死んじゃう。絶対、食べちゃだめ。触るだけでも皮膚が焼ける。怖いから画像もちっちゃ目にしとく。こんな風に、赤い焔のように立ち上がるキノコを見たら、絶対に近づいてはいけない。なんかなー。カエンタケやドクツルタケ、ドクササコなんかの猛毒キノコの凄まじい中毒症状について調べると、キノコなんかわざわざ採って喰うもんじゃないなと思っちゃう(なんて、キノコ狩に来ておいて言う)。お腹壊...

  16. コツブヒメヒガサヒトヨタケ(小粒姫日傘一夜茸)→ 食べない - 世話要らずの庭

    コツブヒメヒガサヒトヨタケ(小粒姫日傘一夜茸)→ 食べない

    こちらはコプリーヌと違い、一夜では溶けないヒトヨタケ。極小の蛇の目傘みたいで、なかなか端正な見た目をしている。「ヒメガサヒトヨタケ」か「コツブヒメガサヒトヨタケ」のどっちかだと思うが、両者の違いは胞子の大きさなので(コツブのほうが胞子が小粒)、外見だけでは区別はつかないようだ。「コツブヒメヒガサヒトヨタケ」は腐葉の上によく生え、「ヒメヒガサヒトヨタケ」は日当たりのよい草地などに多く生えると書...

  17. 食べられる茸 → キノコ鍋(滑杉茸、紫占地、楢茸、畑占地、網平茸など) - 世話要らずの庭

    食べられる茸 → キノコ鍋(滑杉茸、紫占地、楢茸、畑占...

    楽しいキノコ狩りから帰って来て、台所に収穫したキノコを広げてみる。ここからが選択の時だ。コレってだいじょうぶなの?と、おびえた眼差しで見つめる夫。だいじょうぶだよ、と自信を持って保証するのが私の役目。家族を不安とキノコ毒から守らねばなるまい。一応、キノコ名人たちが可食のお墨付きをつけてくれたキノコたちなので安心ではあるが、念のためキノコ図鑑と毒キノコ図鑑とインターネットを駆使して、調理前に納...

  18. 阿部慎之介 - 浦安フォト日記

    阿部慎之介

    浦安なので、ご実家がお有りになります。しんのすけー。

  19. ベニシジミ(夏型、春型) - 世話要らずの庭

    ベニシジミ(夏型、春型)

    庭に彼岸花が咲き始め、秋の気配が漂ったので衣替えをした(せっかち)。ほぼノースリーブ一色だった箪笥の中身をクルクルっと一つにまとめて押入れ箪笥に片付け、半袖と長袖に入れ替える。そしたら翌日からいきなり蒸し暑さがぶり返してちょっと凹む。ううう。袖に腕通したくない……タイミング間違った。そうだよ、思い返せば判断ミスばかり、と言うより寧ろ判断ミスしかしたことがないと言えるかもなあ、私のこれまでとい...

  20. ジャノメチョウ(蛇目蝶) - 世話要らずの庭

    ジャノメチョウ(蛇目蝶)

    ジャノメチョウは、ジャノメチョウ亜科の仲間の中で一番あっさりした見た目をしてる。翅裏も表も大人しいモノトーンな感じで、だけどよく見ると眼状紋の中心が、微妙に、薄っすらと淡く青みがかって見えるのが綺麗で好き。あと、他のジャノメチョウの仲間たちのジャノメにはくっきりした金色の縁取りがあっていかにも蛇の目っぽいギラギラした目力があるのに、ジャノメチョウの眼状紋には縁取りがなくて、非常に素朴な、茫洋...

総件数:162 件

似ているタグ