Bluesのタグまとめ

Blues」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはBluesに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「Blues」タグの記事(8)

  1. 音楽に逃げて - 読書箚記と覚え書

    音楽に逃げて

    さっきの記事を書いた後も酒盛りしながら、CDの整理をやっていて、今Eric Claptonの1985年LA公演のCDの記録を作っている。一応何を処分したのか(持っていたのか)を記録しているのである。やってる内にBGMが欲しくなり、Youtubeで片っ端から酔っ払いの勢いで、聞きたい曲を検索して流しながらのドライブ感で落ちまくっているモチベーションを無理やり持って行っているのだ。で、それをTw...

  2. John Mayall & The Bluesbreakers「Blues Breakers」(1966) - 音楽の杜

    John Mayall & The Blues...

    素晴らしい天気ですね。ホントはこうした天気には爽快なAORがピッタリなんですが、ちょうどこってりしたブルースの本作を聴いていたので、お天気とは似つかわしくない作品をご紹介します(苦笑)。このブログを閲覧されている方でしたら、ジョン・メイオールという名前くらいはご存知かと思います。そのジョン・メイオールの傑作が本作。ブルースブレイカーズとしてはセカンドアルバムですが、正直、エリック・クラプトン...

  3. やっぱモノホンのブルースってのはHowlin' Wolfなんだろうな、と思うのはなぜ。 - 朝日のあたる猫

    やっぱモノホンのブルースってのはHowlin&#039...

    音楽をやっててピリッとしたり、きりっとしたり、シャキッとしたりなんてあんまりないんだろうなあ。特に今のわけえやつらは。たまに新しいMusicianのCD聴いてビビッとくるくらいなんだろうなあ。ほんもんが少ないっつうか、今は見当んないからしょうがないっちゃ、しょうがない。まさか桑田佳祐聴いてほんもんだあとか思ってないよねえ。だからHowlin' Wolf!!いきましょうよ、ハウリン・...

  4. 帰巣本能とTボーン・ウォーカー - Fim de Noite

    帰巣本能とTボーン・ウォーカー

    最近とみに、音楽にハマりはじめた頃のレコードをよく聴く。(聴くのものに行き詰まってるのか?)能動的に音楽を聴くようになったのは、恐らく自分の年齢が2桁になった頃だろう。廻りの誰かが聴いていたということもなかったが、なぜか古いブルーズを好きになった。最初に買ったブルーズのレコードは、Tボーン・ウォーカーの「モダン・ブルース・ギターの父」廉価盤でいくらか安かったからか、または基本中の基本だったか...

  5. Humble Pie 「Rockin' The Fillmore」 (1971) - 音楽の杜

    Humble Pie 「Rockin' Th...

    皆さん、3連休如何お過ごしでしょうか?私は千葉の房総の古刹、紅葉寺とも呼ばれる小松寺へ行って来ました。一番下に写真をアップしておきますが、紅葉が見頃を迎えておりました。さて、今回はハンブルパイの熱いライヴアルバムです。1971年発表。本作が収録されたフィルモアとは、サンフランシスコにあったライブハウスのこと。60年代の音楽シーンでは、たびたび登場してきた有名なライブハウス。プロモーターのビル...

  6. Butterfield Blues Band 「East-West」 (1966) - 音楽の杜

    Butterfield Blues Band 「Eas...

    個人的にはブルースってジャンルはそれほど好きでもなく。ただ以前こちらでご紹介したアル・クーパーの「Super Session」を聴き込んだ際に、マイク・ブルームフィールドというギタリストのことが気になり、当然のことながら本作に行き着いだ次第。強烈なブルースの中にも、面白い楽曲、いろいろな気付きもあったりして、やっぱり音楽にも温故知新が重要であると思い知りました…。本作はバターフィールド・ブル...

  7. Mike Bloomfield, Al Kooper & Steve Stills 「Super Session」 (1968) - 音楽の杜

    Mike Bloomfield, Al Kooper ...

    1968年4月30日、BSTを脱退したアル・クーパーは、すぐにコロンビア・レコードと専属プロデューサー契約を結び、画期的なレコード制作をすべく、アイデアを煮詰めていました。その内の一つのアイデアが、同年4月に発表されていたモビー・グレープの「ワウ」。このアルバム、初盤にセッションアルバムの「グレープ・ジャム」が同封されていた画期的なアルバムなんですが、そのセッションに呼ばれていたのがアル・ク...

  8. Gary Moore 「Still Got The Blues」 (1990) - 音楽の杜

    Gary Moore 「Still Got The B...

    この週末は寒そうですね~。皆さん、体調管理にはご留意ください。さて、今回はゲイリー・ムーアのアルバムを採り上げます。私なんかはゲイリーというとハードロッカーのイメージが強く、特にあの名曲「HIROSHIMA」を収録した1983年発表の「Dirty Fingers」なんかが大好きです。で…、今回ご紹介するアルバムはゲイリー10枚目のアルバム、1990年に発表された「Still Got The ...

総件数:8 件

似ているタグ